人気ブログランキング |

熊本・八代海の打瀬網漁

 白い帆に風を一杯に孕んだ打瀬船が海に浮かぶ景色は日本の海の原風景のように思いますね。
 そんな風の力で網を引く打瀬網船は、かって漁船に強力なエンジンが積まれていなかった時代には日本全国で行われていた。しかし、Webで検索するとあちこちで打瀬船イベントとしてはあるようだが打瀬網漁業としてはもう北海道と九州・八代海だけの2ヶ所になってしまったという。

c0041039_10561545.jpg

 先日、NHKテレビで八代海・芦北漁港で「みようとぶね」の打瀬船を取材した番組があった。帆走漁船の生き残りでもあるのでヨット乗りとして興味深く番組を見た。

c0041039_10575315.jpg ボクが持っていた打瀬船のイメージは古い写真や模型から、長さは凡そ35尺、長めのバウスプリットと2本マストのジャンク風のリグで当然風上に上れる帆走性能を持っていると、思っていた。その例として98年前の1912年、愛媛の漁師たちが帆走打瀬船でアメリカに密航したこともあった。(下記の関連記事参照)

 映像で見る現在の打瀬船は、長さは随分大きくなって長さ50尺、4本マスト、特別に長い伸縮式のバウスプリット、運航用のエンジン、漁場で網を横に曳く追手専用の大小の帆、セールコントロールと網揚げ兼用の動力ウインチがある。それは昔の打瀬船から上り性能を切り取り、その分網を曳く機能を向上させているようである。操業の様子を見ると、6枚の帆を風の強弱で調整するのは大変そうで、ちょっとしたレーサー並みのチューニングをしている。まぁ、これが直接漁労の成果に結びつきますからね。

 この付近の4つの漁港に31隻の打瀬船がエビを獲る操業していて、この芦北漁港には23隻の打瀬船があり、世代の継承もでき若手が乗る船もあるという。

c0041039_1103770.jpg 底曳き網漁船はボクのホームグランドの大阪湾でも、重い網を一日中引き回し、燃料の消費も大変だろうし、それに重負荷で高価なエンジンの寿命も早いのだろうと他人事なのに心配してしまう。
 その点、ここの打瀬船は風と潮など自然現象に大きく影響を受けるが、地球環境に優しい本当にエコな漁業である。昔から行政や関係者間で漁場の規制などがきちんとされてきたのでこの伝統的な漁法が現在まで残ったのでしょうね。

 エコな漁法といえばこれも昔からある瀬戸内海・備讃瀬戸の「こまし網漁」がある。潮流の早い備讃瀬戸の真ん中で網船を止め、大きな口を開けた網を潮で流し、潮流に乗ってくる魚を獲る。漁師さんは転流まで昼寝をしていれば良いのだ。

 漁師さんにとってはエコな漁なのだが、シーズンになると航路付近はこまし網のブイだらけ、機走力の弱いヨットにとっては大変な緊張をしいる漁法だと思っている・・・。
 一方、セーリングで操業中の打瀬船は機帆走のクルージングヨットでも充分に避けられる速度ですので、八代海をクルージングした時にはお仕事の邪魔をしないように見学でもさせてもらいましょうかね。


【関連記事】1:95年前に太平洋を帆走で渡った男 
【関連記事】2:こまし網って知っていますか 

by pac3jp | 2010-01-19 11:04 | 漁船  

<< 西宮浜ボートパーク その後 国際VHFハンディ無線機の「無... >>