35mmの古いネガをデジタル化する!

 ずっと棚の奥に溜まっていた35mmのネガの束を“なんとかせにゃならん”と思っていたが、もう大きくプリントすることはないと思い切ったことで、安くて操作が簡単なフィルムスキャナを買い込み、お正月仕事で何とか3000枚くらいのネガを片付けることが出来そうだと取り掛かった。

 主な作業はネガのスキャンだが、ついでにネガの簡単な分類・整理もしたい。しかし、我家の壁に飾ってある写真のネガはまだ見つからない。長らく邪魔物だったのでもう廃棄されたかも知れないなあ。

 下の画像はフィルムスキャンの作業中で、大きさを較べるために置いてあるのはHDDレコーダのリモコンです。
c0041039_14142215.jpg


撮り貯めたフィルムを、自分で簡単にデジタル化

キャビン フィルムスキャン35 (CFS-2.5)

●35mm(カラー、モノクロ、ポジ)を、簡単操作で高速スキャン。
●パソコンを使わず記録メディアにダイレクト保存できるので、撮り貯めたフィルムの整理などに最適です。
●ボタン1つでスピード高画質保存
 簡単操作でフィルムを500万画素相当の画質データで保存 (総画素数:517万画素、有効画素数:503万画素)
●1枚あたり約2秒の高速保存
 保存時間は1枚あたり約2秒とスピーディー。効率的なスキャニング作業が実現します。パソコンを使わずに記録メディアにダイレクトに保存。面倒な 接続や設定をすることなくデータを手軽に持ち運べます。 (SDカード別売)
●解像度:1800dpi・記録フォーマット:JPEG・インターフェイス:USB2.0
●電源:AC 5V(100-240V)/USB
●記録メディア:SD/MMC/SDHC(4/8/16GB)

●価格:Joshin web で12,880円(送料込み)で購入。
 10日ほど納期がかかった。('09.12)        浅沼商会HPより


使ってみた感想は

◎パソコンに繋がず手早く簡単にSDカードに取り込めるが、SDの書き込むフォルダーが1つだけで画像番号も終了まで続き番号だ。2回目も同じフォルダー名でまた1から始まるのでPCに転送するときは注意がいる。
◎電源はPCのUSBからでも取れるので、USB接続だったらスキャナのSDカードをPCで操作できるのでフォルダの追加などはできる。
◎ファイルの作成日が書き込めない。(初期設定日から変わらない)
◎画像一枚の大きさは2520×1680ピクセルで容量はカラーで約1MB、モノクロは800KBくらいである。
◎スキャンした画像は大きくプリントするのはどうかと思うが、ディスプレーでは充分使えるのでデジタルフォトフレームのスライドショウなどで使ってみようと思っている。

 写真は1970年代から1997年くらいまではフィルムだが1998年からは、ぼちぼちとデジカメになってきたようでフィルムが減ってきた。そして2002年からは我家の写真は完全にデジタル化してしまった。銀塩一眼レフはまだ手元にあるが、操作がややこしい高級デジカメより昔のカメラがいいというパートナーの意見もあるのでこちらもリチウム電池を入れて動態保存しておくつもりだ。

 スキャンは1枚あたり約2秒の高速保存となっているが、新婚の頃の初々しい写真など眺めているとついつい時間がたってしまい、結局、昨日までかかった。これらのHDDに転送した3GBの画像を整理し終わるのはまだ当分先の事になりそうだなあ。


【参考Web】:アサヌマフォトアクセサリー 

 
[PR]

by pac3jp | 2010-01-07 14:25 | 徒然に  

<< シー・シェパード「アディ・ギル... ソーラーセールで太陽系をセーリング! >>