タグ:航空祭 ( 6 ) タグの人気記事

 

2010 美保基地 航空祭 ブルーインパルス+α

 美保基地航空祭の最大の呼び物はT-4ブルーインパルスチームが大空を華麗に舞う曲技飛行だろう。従って航空祭プログラムの最後を飾るイベントになっている。しかし、風は弱いが雨は降り続き、雲も低く、航空ショーの気象条件としてはどうもよくないように思われる。今日は中止かなとお客さんの多くがそう思っているように見えた。

 ところが、大勢の観客の願いが叶ったのか予定時間前になると雨は少し弱くなり、雲はちょっとだけ高くなったような気がする。場内アナウンスがブルーインパルスの離陸を報じ、パイロットが観客に手を振りながらタキシングしてゆく。



 ブルーインパルスはやむを得ず低い雲の下での編隊飛行だけになってしまい上昇しながら回転するなど曲技飛行は出来なかったが滑走路の上空を右から左に規則正しく飛ぶので何とかボクのムービーでも撮ることも出来た。昨年の小松基地では中止だったので、これがはじめてのブルーインパルスだったが、こんなお天気でも見ることが出来ただけでもラッキーだったのかな。



c0041039_9132011.jpg

 エプロンに展示された全ての機体に細いワイヤーが繋がれているのに気が付いた。ワイヤーの先は接地極を表す黒と黄色に塗られた丸い標識のターミナルにつながれている。↑左画像は救難ヘリ「UH60J」の機体の一部分で静電気などを放電させるアース線の差込口を撮ったものだが、他の航空機にも同じようなアース接続点が見受けられる。流石に高価な乗り物はちゃんと安全に管理されていると思ったものでした。

c0041039_9154253.jpg 左上画像はC-1用の20人は乗れそうな大型の救命いかだ。

 左下画像は救命いかだ用のサバイバル・キットとして展示された海水脱塩キット。これは汎用品のウオーターメーカー「サーベイヤー35」が展示されていた。カタログ値では1.2gphの能力があり、SOLAS・FAA・FDA・USCGなどで認められたサバイバル用品のようだ。価格は1999.0ドル(West Marineカタログより)

 昨年11月に小松基地でみた「F-15」に搭載される一人用海水脱塩キットは日本の栗田工業製の海水を化学的に処理する薬剤が入ったキットだったが、輸送機などクルーが多い機体は飲料水の量の確保の関係から膜系のウオーターメーカーになったのでしょうね。この装置を10分動かし約600mlの水が取れる計算になるが、固定できないライフラフトの中で重いハンドルを動かし飲料水の確保は大変でしょうね。

 小型のライフラフト用にはもっと小さいのウオーターメーカーがWestMarineのカタログに載っていたが今はないのでもう商品がないのかも知れない。どうなったのだろうか。

【関連記事】:'09 航空祭 in KOMATSU 「サバイバル・キット」
[PR]

by pac3jp | 2010-06-01 09:39 | 航空・宇宙  

2010 美保基地 航空祭 ビジネスジェット系

 美保基地のエプロンに展示されている航空機はチームで移動しているブルーインパルスを除くと大体は1機種は1機だけだが、迷彩カラーのC-1は地元なのでアチコチに10機もいる。白い機体に黒のラインが入った双発の小型ビジネスジェット風の航空機が並んでいる。

 よく見れば少し離れた場所にもずらりと並んでいる。そうか、この基地に本拠がある機体なんだと分った。説明板によるとそのシックな機はT-400中等練習機とあり、美保基地の第41教育飛行隊で輸送機、救難機などの大型機パイロットを目指す学生に対して基本操縦課程(13ヶ月)の実技訓練に使われていると記されている。

c0041039_1002718.jpg

T-400(054号機)
製 造:ホーカービーチクラフト社    定 員:乗員2、乗客4          
全 長:14.8 m              全 幅:13.3 m             
全 高:4.2 m              自 重:4,650 kg          
最大速度:M0.78            航続距離:3,000km         
エンジン:P&WC JT15D-5F ×2       出 力:1,315kg×2

 このT-400は米国から輸入されたが、元々はMU-2の後継機として三菱重工で設計・開発された「MU-300ビジネスジェット」だが、色々の事情→ここがあり米レイシオン社に譲渡され米軍用の練習機として改良されT-1Aとなり民用としてはホーカー400となった。それを航空自衛隊初の並列座席練習機として里帰り導入したということだね。
c0041039_101513.jpg

 画像はT-400のターボファンエンジン。長さ:1.6m、直径:0.68m、重さ:294kgとそんなに大きくないのに推力馬力で4223HP(THP)がでるらしい。隣には長さが6mもあるC-1のエンジンが大きかったので、これが2台で最大速力の870km/hが出るのだろうかと思った・・・。

c0041039_101493.jpg
c0041039_10111335.jpg
 飛行点検機 U-125 (042号機)

 航空自衛隊が運用している飛行点検機(航法施設検査機)である。航空航法設備などの動作点検を行うことを目的としており、自動飛行点検装置を搭載している。それまでの三菱MU-2Jに代わって、1990年(平成2年)度より3機を調達され、全機とも入間基地の飛行点検隊に配備されている。白と赤を基調とした塗装がなされている。原型は英国ブリティッシュ・エアロスペース社のビジネスジェット「BAe125-800」です。現在は米国のホーカービーチクラフト社が製造し、ホーカー800となっている。

 なお、今回の展示にはなかったが、U-125と同タイプでは国内11ヶ所の航空救援隊向けに配備された探索救難機のU-125Aがある。
[PR]

by pac3jp | 2010-05-29 10:17 | 航空・宇宙  

2010 美保基地 航空祭 C-1

 5月23日(日)米子市のJASDF美保基地航空祭に行ってきた。

 ここはC-1戦術輸送機が主力の航空輸送部隊がいる基地だと知っていた。それにボクの甥っ子夫婦がここに勤務している縁もあって前から一度は行った見たいと思っていた航空祭だった。ところが出発前夜から雨が降っているし、予報ではかなりの悪天候になるという。

c0041039_1417177.jpg 11時半頃、ぬかるんだ駐車場から基地に入る、今年は見学者の手荷物検査があったが護衛艦のようなセンサーでチェックなどでなく目視だけで適当である。まぁ、バスツアーでやってくる善男善女のグループだということですからね。

 小雨が降るエプロンにはずらりと地上展示の機体が並んでいる。ミサイルや機関砲を装備した戦闘機は1機もいないが、輸送機、練習機、救援機、偵察機、多用途機など割と地味な航空機が並んでいる。そのなかで航空祭の花形「T-4ブルーインパルス」チームの機体が見える。美保基地の主力はC-1輸送機だ、ぐるっと見渡すとエプロンや格納庫に10機くらいはいるようである。

c0041039_14125233.jpg

c0041039_1482234.jpg

 エプロンで唯一の機内見学が出来るC-1が車両や榴弾砲まで搭載できるという貨物室を開放しているので覗いてみる。大きな開口部なので雨の日でも傘の仕舞が楽だねと思いながら中に入る。
 機内の天井は高いが奥行は意外と短い、この機は中央に救急搬送の担架が8人分セットされている。内壁に簡単な座席が畳んであるが、旅客機とはえらい違いだ。コクピットの見学は出来ないが隙間からちらっと見ることが出来た。

c0041039_149238.jpg
  (クリックすると大きな絵になります)
 格納庫でC-1のジェットエンジンが展示されていた。全装備重量39トンの機体を最大速力800km/hで飛ばすエンジンは直径:約1.2m、長さ:約6m、重さ2トンの大きさだ。着陸には逆噴射がつかわれるのでジェット噴射口の後に開閉式の弁が付いていて、その作動デモが大音響つきで行われていた。戦闘機などは付いてないのだろうか、空港に行くと旅客機の着陸時には必ず逆噴射をする音が聞こえてきますよね。

 C-1戦術輸送機は昭和46年3月から装備が始まり昭和56年までに31機が配備されたというが、一番新しい機体でももう29年も経っていて、古いのはもう40歳だ。でも今年になって川崎重工からやっと一号機がJASDFに引き渡されたので、もう暫くすれば新型輸送機が配備され始めますね。下のXC-2の動画をご参照ください。



 ⇪ボクがちょっと気になったところ・・・試験飛行中に車輪を出しているのは突然の故障に備えているそうです。

 空挺降下するために離陸したとアナウンスされたC-1が早々と戻ってきた。どうもパラシュート降下には適当な気象条件ではないようだ。今回もブルーインパレスは駄目だろうと覚悟していた。
 <続く>
[PR]

by pac3jp | 2010-05-25 14:32 | 航空・宇宙  

'09 航空祭 in KOMATSU 大型機

 小松基地のエプロンで大小合わせて29機も並んでいるが、人気のある飛行機とそうでもない機体もあるようだ。皆さんの一番人気はやっぱり、航空自衛隊の主力要撃戦闘機「F-15J」のようだ、モデルが華を添えている写真撮影コーナーには人垣が出来ている。一方、ずんぐりした輸送機や哨戒機など大型機は写真を撮る人も少ないように思った。
c0041039_1711168.jpg

 ↑画像は「C-1」戦術輸送機 川崎重工が製造した双発のジェットエンジン搭載の国産中型輸送機。
 航続距離が短いのが欠点で次期輸送機の「C-X」が就役すれば順次更新されるという。下の【参考Web】をご参照下さい。

C-1輸送機は国産開発機で、その特色はローディング(積み込み)システムに配慮していることです。尾翼の下の後部扉が開いて、カーゴを積み込みパレットに載せれば、りゅう弾砲でもジープでも、短時間、能率的に搭載して空中投下が可能です。床に金属ロッドを立てれば担架も取り付けることができ、36人の患者の空輸ができます。通常人員なら60人、完全武装した空挺隊員なら45人収容できます。性能的には、短距離離着陸性の向上と、高高度での高速性が図られています。(空自HPより)
c0041039_17115978.jpg

 ↑画像は「C-130H」 ハーキュリーズ 米国ロッキード製 イラク戦争で空輸支援にも行っていた4発ターボプロップの輸送機。

国産C-1輸送機の補助用として、昭和56年度から購入することになった戦術輸送機。完全武装の空挺隊員64人(通常の搭載人員は92名)を乗せることができます。米国初のターボプロップ(エンジン名)実用輸送機で、「ハーキュリーズ」の名前で知られています。米空軍、海軍、海兵隊のほか、世界各国でも採用されています。(空自HPより)
c0041039_17124792.jpg

 ↑画像は「E-2C 」早期警戒機 ホークアイ 米国ノースロップ・グラマン製
 空母で運用するための機能と主翼が折りたためるようになっている。日本は空母を持っていないので格納庫に収納する時のみ便利なのかな。

E-2C早期警戒機の役割は多岐にわたります。低空侵入機の早期発見、そしてその対処の迅速化、陸・海部隊との作戦連携、捜索・救難・指揮の円滑化、陸上レーダーサイト機能の代替、通信の中継など、航空作戦を効果的に遂行する使命を担っています。昭和62年から実戦配備され、現在13機が運用されています。また米海軍が配備しているE-2CグループⅡの性能向上型であるホークアイ2000と同等機能にアップグレートされた改修型機は、平成17年から部隊配備されています。(空自HPより)

c0041039_17134092.jpg

 ↑画像は「P-3C」対潜哨戒機 オライオン 富士重工・川重(エンジン)製 
 海上自衛隊の所属で100機ぐらいはあるそうでソマリアの海賊退治にも出動している。小笠原諸島など本土から遠く離れた海上でトラブルが発生すれば「P-3C」が頼り? 

 新型輸送機と同時に開発されている次期哨戒機「XP-1」は4発のジェットエンジンを搭載する機体で2007年9月27日初飛行し、2008年8月29日、飛行試験1号機が防衛省へ納入され、同、9月5日 、飛行試験1号機が厚木航空基地へ移動。11月6日、飛行試験2号機が厚木航空基地へ配備されたと年表にあった。下の【参考Web】をご参照下さい。

 本日のメインイベントが午後1時になり始まる。小雨の中、ブルーインパルスチームのエンジン始動の長いセレモニーに続き、やっと1号機から次々滑走路へ向かったが、お天気はどんどん悪くなってきた。雲も低く飛んでいるジェット機の爆音は聞こえるが姿は見えない。やがて風力が増し、冷たい雨が激しくなってきた。無線を聞いていた人がブルーインパルスは中止になった言っているので早々に格納庫に避難する。
 だが、そこも人で一杯、幸い、山用のゴアテックスのカッパとゴアテックスの防水靴を履いていたのでバスの駐車場まで歩くことに、雨具のない人や小さい傘の人はシャトルバスを待つ列でも大変そうだ。

 しかし、ボクはそれからが大問題だった。広い駐車場に数百台の観光バスが停まっていて、激しい雷雨の中で自分のバスを探すのが大変だったのだ。確か、この列の端から30番目くらいだった筈と見当をつけて捜すが、既に帰ってしまったバスもあり、端がどこか分らない。社名は知っているが同じような色合いのバスばかりで見つけにくい。添乗員がバスのケータイ番号を知らせていたのがよく理解できた・・・。

 帰途は休日の高速1,000円の影響で渋滞が激しかったりしたが、バスの1人旅も割りに面白かったなあ。

【参考Web】:次期哨戒機(動画)
【参考Web】:次期輸送機(動画)
[PR]

by pac3jp | 2009-11-09 17:34 | 航空・宇宙  

'09 航空祭 in KOMATSU 「サバイバル・キット」

 第3格納庫ではF-15用装備品の各種展示をしていた。ミサイルなどの兵装・ジェットエンジン・それに脱出用パラシュートや僻地や海に落ちた場合のサバイバル・キットの展示もあった。

 作戦中の戦闘機は相手を撃墜するか、自分が落とされるか常に墜落の危険は付いて回る。作戦中、或いは訓練中の軍用機もすべてレーダーで位置を把握されているので、もし事故があればすぐさま救難機や救難ヘリが凡そのエリアに救助出動出来るシステムになっている。漁船やヨットの遭難のように連絡が取れなくなってから海保が捜索開始するなど後手に回ることはきっとないのでしょう。

 映画などで墜落する単座のジェット戦闘機のコクピットからシートごと脱出するシーンは見たことがある。

c0041039_10581980.jpg

c0041039_11310100.jpg  パイロットが脱出に成功し、無事に海上着水した時、シート下に格納されていたサバイバル・キットが入った軟質コンテナからまずライフラフト(1人用救命浮舟)が膨らむ(画像1)。
※複数のクルーが乗り組む輸送機などは船舶用と同じタイプのライフラフトが搭載されている。

 手に持っているのは夜間用のストロボ・ライト(画像2)で「救命胴衣灯」と表示がある。
(画像3)は風船タイプのレーダーリフレクター「ライフ・バルーン」。

 ↑の(画像4)は航空機用のELT(イパーブ?)とフロートの付いたアンテナベース。121.5Mhzと243Mhz(軍用)のビーコンとマイクを繋げば通話も出来る「救命無線機」。軍用機なのでGMDSSのコスパス・サーサット衛星システムなど国際機関に頼らずとも自前の救難システムで間に合うので400Mhz帯のELIは使ってないようだ。

c0041039_1151755.jpg サバイバル・キットの中に面白いキットを見つけた。「海水脱塩キット」だ。メーカーは「水のKurita」とテレビCMをやっている栗田工業製、脱塩剤と海水を混合して、飲料水を作るという。その方法はキットの中の透明なポリ袋に海水を450ml入れ、その中にパックされた脱塩剤の中から一個を投入して溶かす。そのまま封をして15分~30分間ほど静かに揺らし反応させるだけ。
 飲むときは下部の吸い口のネジを緩め吸い出す。数滴は塩辛いので捨てる。実際に飲んだ人にお聞きすと「美味しくない水ですよ」とおっしゃる。
 ヨットのライフラフトに入っている救命水は本物の水でしたが、パラシュート携行品で重いのは大きな欠点ですね。

 一見するとそう高くはなさそうな「海水脱塩キット」をヨットの非常用に積み込んでおくのも良い考えかも知れないが、市販されているかどうが問題ですね。

「サバイバル・キット」コンテナのその他内容品
●応急修理用具
 ボートの破れ補修に使用。
●レスキューシート
 携帯用の特殊毛布
●救難信号筒
 昼間は赤色発煙、夜間は発光して自分の位置を知らせる。
●救命糧食
 カロリーメイト風の非常食。
●救命保温具
 60度の発熱をし、70時間使用できる。

【関連記事】:ライフラフトの救命水と応急医療具 
【参考Web】:コスパス・サーサット衛星システム
[PR]

by pac3jp | 2009-11-07 11:10 | 航空・宇宙  

'09 航空祭 in KOMATSU Part1

 「休日は海だけ!」という行動パターンを随分長い間続けて来た結果、ふと、自分がへんに偏ってしまっているのではと、疑問に思うときもある。そこで「海」以外にも芸術・歴史など文化系も幅広く見聞を広めることにしているのだが、今回は「空」、近くで飛行機(軍用機)を見学できる航空自衛隊の航空祭に行くことにした。
c0041039_1137459.jpg

 11月1日(日)、石川県小松市のJASDF小松基地の航空祭に行ってきた。↑画像はずらりと並んだT-4「ブルーインパルス」チーム

 天気予報はお昼から雨になるとなっていたが、午前11時に小松基地に着いた頃はまだ晴れていてもうすぐ雨になるとは思われない青空だった。JASDFの主力戦闘機、「F-15J」の編隊が低空で轟音を引き連れて飛んでいる。格納庫前の広いエプロンには陸・海・空の自衛隊機と米海軍機まで大小29機の航空機が並んでいる。見物の人も多く写真を撮るのも人垣をかき分けてという状態だ。
c0041039_11383051.jpg

 ↑画像は要撃戦闘機※「F-15J」の後姿、V型の大きな尾翼とジェット噴射口 ここはカメラマンへのサービスかモデルさんが配置されている。(※要撃機とは、戦闘機のうち、特に、爆撃機の迎撃を目的とした機体である。)

c0041039_1139377.jpg

 ↑画像は米海軍/海兵隊の戦闘攻撃機「A/A-18ホーネット」薄いグレーの迷彩がしてあり、機体の星マークも消えかかっているように見える。

c0041039_11393683.jpg

 展示されたヘリコプター群には陸自の攻撃ヘリ、ヒューイ・コブラもいたが、JASDFのヘリコプターは救難ヘリの「UH-60J」(↑画像)がいた。機体はブルーの「洋上迷彩」に塗装されている。遭難した航空機の機材・乗員を日本の防空識別圏内をほぼカバーする捜索ができる長い航続距離(1300km)を持ち、夜間や荒天の捜索・救援のための気象レーダーや赤外線暗視装置も搭載している。
 以前、映画「パーフェクトストーム」の中で嵐の海で空中給油を受けている救難ヘリの映像を見たことがあるが、この機種でも空中給油機能つきの機材もあるので洋上での長時間の捜索も可能になる。

 航空機のパイロットなどは養成に長い時間と多額の費用が掛かかるという。作戦中に墜落しても機体はともかく人命は航空救難団所属のレスキュー部隊が確保する仕組みがちゃんと出来ている。
 山岳遭難の場合のように保険の有無でヘリを飛ばすかどうかを判断するなんてことはない。民間人と命の値打ちは同じでも国が養成に大枚を費やしたパイロット達を国が大事にするのは当然だし、もともと軍用などという物騒な乗り物に乗っている人たちですからね。
[PR]

by pac3jp | 2009-11-05 11:52 | 航空・宇宙