タグ:神戸港 ( 47 ) タグの人気記事

 

護衛艦「はたかぜ」見学(1)

 神戸港の東外れにある海上自衛隊阪神基地隊は通常は掃海艇の基地である。いつも岸壁には2~3隻の掃海艇が係留している。梅雨の合間の暑い土曜日、岸壁係留中のDDG「はたかぜ」の見学に行って来た。

DDG「はたかぜ」 主要目

準排水量:4,600t  c0041039_8232466.jpg
主要寸法:150x16.4x9.8x
4.8m(長さ、幅、深さ、喫水)
船 型 :平甲板型
主機械 :ガスタービン
      4基・2軸
馬 力 :72,000PS
速 力 :30kt

主要兵装 : 高性能20ミリ機関砲x2 54口径5インチ単装速射砲x2
      誘導弾発射装置x1 SSM装置一式 アスロック装置一式 
      3連装短魚雷発射管x2
定 員 :260名
就 役:S61.3.27

 この軍艦は全長150m、4,600トンの艦体を30ノットの戦闘速力で航走する為にはCOGAG方式ガスタービン4基で72,000PSの出力が必要だ。ガスタービンとはジェットエンジンのことだが、燃料は高いジェット燃料でなくて灯油を使っているそうだ。
 機関室の見学は出来なかったが、デッキ下の通路からエンジンのコントロールルームが見えたので声を掛けてみた。コントロールデスクの中ほどにエンジン操作レバーが2本出ている。ブリッジの速力通信器からの信号によって、これで2軸の出力を調整する。大型ボートのエンコンレバーよりは大きいがそう変らない大きさだ。前面パネルは照光式でやや古臭いが、20年前のデザインだから当然か。搭載されているエンジン、巡航用のスペイ×2とコンバットスピード用のオリンパス×2のガスタービンは煙突付近のハッチから短時間で取り外して交換出来ると言っていた。

 高性能な軍艦にはその攻撃や防御システムを駆動し、維持管理するための多くの電力が必要だ。DDGの対空・水上・水中へのミサイルをコントロールするためには各種コンピュータが欠かせない。そのコンピュータが正常に稼動する為の冷房が必要になってくる。この艦には4基の発電機があり合計の出力は4,500kwだとか聞いた。この数字は太平洋戦争中の超ど級戦艦「大和」の4,800KWと同じ位だといわれている。ちなみに当時、戦艦「金剛」は1,350KW、重巡「最上」は1,450KWだった。駆逐艦は220KW~380KWだったとされている。
 確かに昔に較べればフネの大きさの割には乗員は少なくなっているが、こう見ると昔の軽巡洋艦位だろうか、現代の護衛艦は沢山電気を喰うもんだね。
でも、ブリッジの操舵卓の脇に安物の扇風機が置いてあった。そこは風通しが良いので冷房はないのかなぁ、と思ったりしたが・・・。


c0041039_839948.jpg 桟橋から艦首方向から見ると、この軍艦の艦首アンカーは左舷から1個とステムから1個の計2個であるが、左右ではないのだ。商船は左右均等についている。他の軍艦の写真を見ても商船と同じタイプもある。いろいろ見ているとどうも、バルバスバウタイプのソナーを装備した艦はアンカーチェーンと干渉しないように左右につけないのだろうとボクが勝手に判断した。アンカーリングした空荷の本船のバルバスバウにチェーンが擦っているのを見た事がある。ソナーは大切な対潜兵器だ。大切にしなくてはね。


c0041039_12104753.jpg バウを横から見ると商船と同じ喫水標が入っている。ステムの喫水標の読みはは5.1mだが、4m位後にも数字が打ってある。7.8mである。どちらが本当の船体の喫水だろうかと迷ったが、4,600トンのフネには7.8mは深すぎる?ので多分、5.1mだろうと判断した。だが、あとで調べると、前は艦のベースラインからの喫水で後はベースラインから下にあるソナーからの喫水であるとわかった。艦尾にはプロペラの喫水が書いてあるのだろう。 
画像をクリックすれば大きく見えます!

 普段は小型のヨットに乗って楽しんでいるが、たまにはこうして、中身の詰まったフネに来て、ああだ、こうだと、見て歩くのは本当に楽しい。次回は艦内で見掛けた気になる装備・その他について書いてみようと思っている。
[PR]

by pac3jp | 2006-07-19 08:54 | ウオッチング  

波浪観測塔

c0041039_104886.jpg ずっと前、観測塔のある位置は西宮港奥の泊地から見れば約5マイル、六甲アイランドの沖の方にあって、セーリングの目標や練習時の回航マークとして丁度良い距離にあったので、よく使っていた。その観測塔も最近はだんだんと沖に伸びてきた新しい埋立地から僅か数百mの距離になってしまい、その付近に神戸港中央航路の航路ブイまで出来てマークとしての価値は大分落ちてしまったなと、勝手に思っている。
でも、釣り好きには好ポイントなのか、いつもよく釣り船が集まっている。

 昔から親しんできた観測塔だが、ボクがよく観測?(観察)したのはヨットのレースも練習もしなくなった頃からだ。海底から立ち上がった鋼管やぐらの上に観測ステーションが載っている。最上部からはデータリンクのアンテナと風向風速計のポールが立っている。本体部分の上部には標識灯と、観測機器の電源である大きな太陽電池パネルが3枚設置されているのが見える。

 衝突予防の大きなレーダーリフレクターがついている。この海上の構造物も我々が衝突しても、こちらが壊れるだけだが、大型船に当てられたら観測塔が壊れる。かって、復旧中の観測塔を見たこともある。でも、こんなに陸近くになってしまったので大型船の衝突はもうないだろうね。

 以前は格好のマークだった、この波浪観測塔の本来の業務は「全国港湾海洋波浪情報網」の1部に組み込まれて波浪や気象のデータを送っている重要な観測局なのだ。観測塔の東40mの海底にドップラー効果を応用したセンサー(海象計)が設置され、波の波向情報を得ている。


 ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網:NOWPHAS:Nationwide Ocean Wave information network for Ports and HArbourS)は、国土交通省港湾局、各地方整備局、北海道開発局、沖縄総合事務局、国土技術総合政策研究所および独立行政法人港湾空港技術研究所の相互協力のもとに構築・運営されている我が国沿岸の波浪情報網です。
2003年4月現在で、55観測地点で観測された全国沿岸の波浪情報は、リアルタイムで港湾空港技術研究所に収集されます。ナウファス波浪観測情報は、気象庁による波浪予報に活用され海の安全に貢献するとともに、蓄積された長期間のデータの統計解析を通じて、港湾・海岸・空港事業の計画・調査・設計・施工をはじめとした、沿岸域の開発・利用・防災に幅広く活用されています


 皆さんのお役に立つかどうかは判りませんが、この観測塔からの波浪のデータは略リアルタイムでここから見る事が出来ます。あわせて山陰・柴山港、和歌山・潮岬の波の高さも見る事が出来ます。

 こうして現在の波浪観測塔を見ていると、現在の場所は波の観測には余り適当ではなくなっているではないかと思う。観測塔のすぐ北に長方形の埋立地があり周囲は垂直のコンクリート護岸であり、三角波の多いところだ。でも、申し訳のように観測塔に面した部分は波消しブロックが入っている。

 でも、ボクにとっては利用価値がなくなった?観測塔も、数ヶ月振りにクルージングから帰って来た時、少しくさい、濁った海に立っているのを見ていると、なんとなく懐かしい思いがするのは多分ボクだけではないでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2006-07-14 10:12 | ウオッチング  

珍しい艀(ハシケ)荷役を見る

c0041039_905087.jpg 最近、「ある沖仲仕の生涯」というタイトルの本を読んだ。
 
 横浜に藤木といって、曰くいいがたい味な男がおってなあ…。今は亡き「ミナトのおやじ」藤木幸太郎の事績を調査し、考証した、ある沖仲仕の生涯の物語。(「MARC」データベースより)
 
 主人公は横浜港で長く港湾荷役の仕事をしてきて大成した人の伝記風の読み物だった。

 ボクも仕事は違うが、神戸港に面した海岸通りのビルで仕事をした事があるので、その本に出てくる神戸の港湾荷役会社も近くにあったからよく覚えている。
 海岸通り4丁目から国道を隔てた国産波止場には艀や港湾作業の人達の住宅もあり、石造りの波止場が古いミナトの雰囲気を醸していたのを思い出す。艀に沖仲仕の仕事は付きものだったが、時代は移り、貨物は専用船やコンテナ化で港内での艀荷役はなくなり、神戸港の艀も大方は焼却廃棄されたと聞いていたが、大阪湾でもダグボートに引かれた艀を見る事はあったし、港内のあちこちに艀が繋がれているのを見た事もある。

c0041039_913748.jpg 先日、珍しくバラ積み貨物船から艀荷役をしているのを見つけた。3隻の艀に小麦のようなものを積み込んでいた。勿論、昔ながらの沖仲仕は見当たらず、大きな荷役機械が動き、大量に穀物が艀に積み込まれていた。積み終わった艀は雲は厚いが、雨は降りそうでなく、風もないのでカバーもせずに神戸港内を西にむかって引き船に引かれていった。多分、兵庫運河沿いにある製粉工場向けだろう。
 でも、小麦や大豆、菜種など食品や食料品の原料の荷役や保存は食品衛生法の厳しい規制があって鋼材や石材のようにはいかないそうだが、低い橋も浅い運河も通れる艀は港の最奥部や運河沿いに立地する工場などへ、陸上輸送が出来ない大きな物や重い物を運ぶ「ミナト」の宅配便として今も便利に使われているのだろう。

 無動力船の艀も港内など平水区域で使われる艀と限定沿岸区域で使われる艀と航行区域が決まっているようだ。 兵庫運河沿いにある車両工場からは新幹線車両を外貿埠頭に運ぶ港内用の艀が数隻も繋がれていた。
 
 また、情報誌「みなと物語」(国交省発行)が取材した引き船船長によると神戸港~宇野港との間で月に数回、最大で3隻の艀を引いて運航しているといっていた。やっぱり、遅くても、小回りが効く輸送方法は海運物流の変化の中でも需要があるんだなと思った。
 そして、港湾荷役の仕事も、沖仲仕が活躍した時代から姿や形を変え、今後もミナトの発展をずっと支えていくのでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2006-07-03 09:14 |  

飛鳥Ⅱ

 3月5日(日)天気予報とおり今日は移動性高気圧に覆われて快晴、微風の良いお天気だ。朝早くから誘いに来た仲間のヨットと神戸空港と神戸港に入っている客船「飛鳥Ⅱ」を見物に出掛ける。港外でセールを揚げるが風弱く機帆走。神戸空港の沖から回ってゆく。新品のローカル空港も流石に朝のうちは離発着が多い。魚も新築が好きなようで新しい護岸にはよく魚がつくらしい。底引き漁船数隻が空港島のごく近くで網を曳いている。

 神戸港に入ると中突堤に飛鳥Ⅱが見える。沖から見ると隣のホテルのデザインによく似たデッキスタイルだ。いや、ホテルのデザインが客船のイメージを模したのかもしれない。

c0041039_10152329.jpg 近くに寄ってみると5万トンクラスは大きい。この岸壁はサンフラワーが使っていたが、飛鳥Ⅱは遥かに大きい。船はまだ周航前のようでお客さんも乗ってないし、デッキには塗装や窓ガラスを掃除している作業員があちこちで作業している。陸からカメラで撮影してる人も大勢いる。

 ボクも客船のシンボルはクリッパーバウだろうと思い近くでよく見る。鋭く尖っているのはバウスプリットのイメージだろう。フィギアへッドの代わりだろうか、大きなマークが書いてある。水面下にバルバスバウがあるはずだが、さすがしっかり隠して水面下で見えない。バウスラスターマークは2個書いてある。

 仲間が記念撮影をしたいと言ってきたのでハーバーランドと中突堤間の港内観光船が錯綜する海面で写真を撮った。5万トンの船と5トンのヨットでポーズとる人を上手く撮るのは難しい。あれこれやってみたが、水上警察のランチが来たので手早く切り上げる。

 一度はこんな客船でラクチンな旅をして見たいとは思うが、ヨットのクルージングでの貧乏性が身に付いてしまっているので多分、落ち着かない気分になるだろうなと、そんなことを考えながら、久しぶりの神戸港内を偵察し、港外へ。

 午後になりいつもの西風が上がってきた。メンもジブも出して久しぶりの帆走で帰途につく。NWの風、12ノット、艇速5ノット。ドジャーの陽だまりでのんびりとビール片手のセーリングを楽しむ。
[PR]

by pac3jp | 2006-03-06 10:18 | ウオッチング  

11月5日 神戸港 HAT神戸

 11月3日に出航してから好天微風のクルージングだったが、11月6日(日)は雨で昼頃から荒模様になりそうな予報なので、11月5日は岡山港付近で泊まる予定だったが、早めに大阪湾まで帰る事にした。

 志度湾を出て、備讃瀬戸に入るともう逆潮が0.6ノット。播磨灘本船航路の北側2Mのいつものコースに入る。逆潮はだんだんと強まり、鹿の背付近では2.5ノットになってきた。風は微風なのでセールパワーの助けも期待できず、パワーを上げて、逆潮を乗り切るほかはない。船底掃除をしていて、本当に良かった。

 明石海峡航路B線付近からやっと転流し、潮に乗りだした。せっかくの潮だが良かったのはわずかな時間のみだった。神戸港中央航路から港内に入る。
 海から見る神戸港のコンテナヤード以外のあちこちの突堤では中古車で一杯だ。いまやこの港は車と建設機械の中古車で稼いでいるのかなと思いながら「やじろべー」タイプの麻耶大橋を目指す。晩秋の日暮れは早く、もう午後5時頃になるとまわりは薄暗くなってきた。
c0041039_1239959.jpg

 麻耶大橋はHWL18mと表示がある。計算上で高さは大丈夫だが、減速して、慎重に橋の下を通過する。正面がイベント広場と東に県立美術館、西側に温泉施設「なぎさの湯」がある。この付近はHAT神戸の中心部分で病院や大きなビルが並んでいる。最近オープンした映画館がついた複合商業施設もある。

 係留は正面のイベント広場の前も可能だが、港内の引き波も考慮して、西側の住宅マンション群の前の係留ビットとゴムの防舷材がある岸壁に舫う。本日のLOGは70Mだった。付近の水深は5m位。対岸の岸壁を見ると多くの艀と、小型のダグボート、交通船が数隻いる。通行は少なそうだが、念のため、ビームアンカーを入れて岸壁から少し離した。
 
 岸壁沿いは付近の住民の格好のウォーキングコースなので珍しいものがいると思うのか、次々に話し掛けられる。おしゃべり好きのクルーは結構楽しそうであった。

c0041039_124074.jpg
 なぎさの湯は@700円、まだ新しいので建物も中のお風呂も綺麗だ。土曜日の夕方だったが混雑はしていなくて、ゆっくりと入れた。ボクの夕食は下町の居酒屋が好みだが、この町は新しいビルばかりでそんなものはないようだ。仕方がないので温泉施設内の「なぎさダイニング」で食事をする。メニュには色々有るが、酒が飲めるような料理を頼んだが、そう高くはない値段のように思う。

 翌朝5時、予報ではお昼頃から降るはずの雨がもう降ってきた。ゆっくりと朝食をして向かい風で雨の中をハーバーに向かう。午前9時半、母港のポンツーンに舫い、4日間のクルージングから無事帰着した。
[PR]

by pac3jp | 2005-11-07 12:48 | クルージング  

新しい温泉付きのクルージングスポットを見つけた!!

c0041039_13264689.jpg

三宮のすぐ東部にHAT神戸とい新しい町が出来ている。
そこは新しいウオーターフロントの町で、昔は製鉄所の大工場が建っていて市民から海を隔離していたが、今やこの付近は市民に開かれた公園になり水際から港に浮かぶ大小の船を見ながら楽しめる場所になっている。

そこには住宅は勿論、県立美術館、新しいタイプの研究所、国際機関、YAMADA電気等、そして温泉施設の「なぎさの湯」がある。中にはレストランもあります。

温泉付近にヨットも横付けできる岸壁がある。美術館の前にも横付け可能。ただし、途中に摩耶大橋が懸かっているのでマストの高いヨットは通れない。表示に海面から18mとあるので注意が必要です。
画像の場所もOKですが、すこし西側に比較的引き波の少ない係留場所があります。

まだここに係留禁止などの看板はないので、今のうちに行った方が良いのかな?。
[PR]

by pac3jp | 2005-03-28 13:31 | クルージング  

港で見つけた格安の自動販売機

c0041039_8184551.jpg

この間、中突堤のレストランボート「ルミナス」を撮る為に対岸の神戸港・新港第一突堤に行ってみた。
ここは去年、富山港で台風のため座礁、難破してしまった海王丸もよく着けていた岸壁だ。
その頃、テレビで報道されていた映像を見て大変悲しかったことを思い出す。
当日は航海訓練所の大成丸が舫いを取っていた。

この突堤の先は付近で働くドライバーのお弁当スポットになっている。
お昼どきなど海が見える突堤の先にずらっと車が並び、皆さん車の中でおいしそうにお弁当を食べている。
神戸港も古い櫛型桟橋は岸壁で船舶に荷役作業をしている風景を見る事は少なくなってしまった。
貨物の殆どがコンテナーになってしまっているし、突堤の上屋は只の倉庫で本来の目的には使われてないように見える。

ここの突堤の先にブルーの船舶用清水自動販売機があった。昔からここには給水場はあったが、このようになっているとは知らなかった。
c0041039_821018.jpg

200円で477リットル、1,000円で2,385リットル・・・安い。ペットボトルのミネラルウォーターが2リットルで150円だから、この水は188分の1の値段だ。 しかも世界に名だたるKOBEウォーターだよ。・・・と言われていたと聞いたことがある。今度いって入れてみようか。・・・チョット給水ホースのサイズが合わないかな。
[PR]

by pac3jp | 2005-03-05 08:26 | ウオッチング