タグ:泊地 ( 35 ) タグの人気記事

 

西宮浜ボートパーク計画

 先週末、7/28 付けで地元の新聞が「西宮浜ヨット係留の簡易施設利用者反発、移転に難色」と報じた。ボクはこのヨット泊地の近くに勤め先があったので10数年前に新西宮ヨットハーバーへの移転用の仮桟橋が出来た時、そして、阪神大震災で護岸も桟橋も壊れてその後、不法係留と言われながらもいつも桟橋は一杯だった。そんな状況をずっとその外側から見てきた。 
 昔から合法的に係留していた一文字ヨットクラブは甲子園浜に係留施設を建設してもらい移転した。そして、震災で傾いた護岸の補修工事が始まり、今は元通りの護岸に復旧している。
 だが、問題の場所の北護岸は震災後11年にもなるのに今だ復旧も出来ていない。それには不法係留の問題もあるが、その護岸に隣接している用地が港湾用地に指定されていて、県が所有している。建築物は建てられず資材置き場や駐車場になっているので北護岸が傾いても誰も苦情をいう人もいない。役所の職務怠慢かもしれない。

 でも、北護岸が傾いて良かった事もあった。その護岸に面した企業の敷地がどうも僅かだが北へ広がったようだ。確かに護岸が50cm傾けば埋立地全体の地盤は沈下はしたが面積は確かに広がった。

 話しが逸れてしまったが、新聞記事によると「ボートパークの年間使用料が一艇当たり十八万円と、ほかの施設の二倍となったことにオーナー側が反発。水道や電気も使用できない施設への移転に難色を示している。」とある。
 この18万円がどのくらいのサイズのヨットの料金か、だが、県のHP によると登録長7.5mとなっている。例えばLOA9mクラスとすれば新西宮ヨットハーバーの1/3。25fクラスでも半分以下だ。

c0041039_8491559.jpg
 ボクはヨットの係留場所はヨットを安全に係留する施設があり盗難を防ぐ仕掛けがあればいいと思っている。桟橋に電気と水道がきていれば便利だが無くても良い。管理事務所、メンバーズルーム、レストラン、マリンショップもいらない。今でも使っていない。

 料金の設定では 県尼崎港管理事務所は「民間マリーナ(停泊施設)の営業を圧迫しないよう料金設定した」などとし、要望には応じられないとの姿勢を示している。 だが、近隣のマリーナはバブルの前はフィート1万円などといっていたが、バブルで値上がりし、そのままの所も多い。設備の古いマリーナでは標準価格はあるが、交渉しだいでバブル以前の係留価格にしているマリーナもあると聞いている。
役所は民業を圧迫しないように・・・など言っているが経営努力しないマリーナもあるのである程度の価格設定は必要だと思う。

 ボートパークが計画されている海面は本船の航行も殆どないし、漁船もいない。埋立地に囲まれたマリーナ設置に適した静穏な水面だ。不法係留対策で230隻くらいの係留施設の建設だけでは勿体ない。少なくとも2000隻くらいの係留スペースは充分ある。 立派な管理施設は要らないのだ。上架や修理のマリンサービスは既存の新西のを使えば良い。質素な設備でも安くて安心な係留場所を求めているヨット・ボートのオーナーは大勢居る。フネの大きさで制限しているこのボートパークもおかしい。マリンライフをリッチに過ごそうと思っている人は芦屋の高級マリーナのベルポートに、普通のヨットハーバーの便利さが欲しい人は新西宮ヨットハーバーで、係留場所では多少の不便はあっても安い方が良いと思う人にはボートパークでとオーナーに選択できるようにして欲しいもんだと思っている。

参考:阪神南地域プレジャーボート係留施設等整備について(PDFファイル)
[PR]

by pac3jp | 2006-08-04 08:55 | ウオッチング  

「いしかち」と「ハネ」

c0041039_827699.jpg 先週末、大阪湾にある泉佐野漁港のフィッシャーマンズワーフ「青空市場」に行った。ここは漁協がやっている市場だ。そして朝のお天気が悪かったので港には多くの底引き漁船が繋がれたままだった。
ボク達が週末のパーティ用食材の買出しをしていると面白い巻貝が売られてるのを発見。お魚屋さんに聞くと、「いしかち」1盛400円、30~40個位入っている。「安いけど美味しいよ」と言っている。居酒屋さんではこれを塩茹でして「付出し」として出しているそうだ。

 外観はサザエやバイガイに似ている。学名は「ミヤコボラ」と呼ばれ、大阪湾の湾口付近に住んでいるらしい。和歌山の雑賀崎付近では「ドロサザエ」と呼んでいるが、サザエに比べると大分小さく、大きさは5~6cm位。
 これは前菜に丁度良いと衆知一決し、2皿購入。その他、タコやイカ、イワシなど新鮮な魚介類を仕入れて母港に向けて出航。往復5時間かけて食材の仕入れに行って来た。32Fのグランドバンクスの燃料代から考えたら非常に高い?買い物についたが、燃料代は太っ腹のオーナー持ち。

青空市場のある泉佐野漁港の泊地情報は←をクリック!

 夕方、手分けして料理を始める。今夜のホストはNayasaさんだ。腕によりをかけて取り掛かる。暫くして、一番料理の簡単な「いしかち」が茹で上がってきた。手持ち無沙汰にしていた仲間が、早速食べ始めた。美味しいよ!の声でコックピットに数人が集まりビールのあてに食べはじめた。
c0041039_8285318.jpg やがて、メンバーの顔ぶれも揃い、お料理も出来上がり順調に盛り上がっていた。そこに近所でシーバスを釣っていたボートから50cmくらいの「ハネ」が差し入れられた。酔っ払っていた面々はウマそうなお魚なのですぐ食べよう!と、決定。Nayasaキャプテンが手際よく捌き、早速皆で出来たあがった刺身を喰ってしまった。美味しかったなぁ・・・の感想しきり。 

 翌日、港内のチヌとスズキの船底塗料による重金属汚染度の違いと、港内に50m入った箇所でつれたスズキと港外100mで釣れたスズキの汚染度についての小論争が始まった。

 でも、もう食べてしまったので仕方がないが、汚染の可能性?がある魚の刺身を数切れ食べたくらいでは水俣病にはならないね。きっと、ビールや焼酎の飲み過ぎの方がずっと身体に悪いとボクはいつも思っているのだが・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-07-05 08:38 | 音楽・パーティ  

5月2日 能美海の駅

c0041039_2224381.jpg

広島県西部の沿岸は朝から寒冷前線の通過で怪しいお天気だ。だがここは曇り空で微風。
大崎上島南の明石瀬戸を通過、上蒲刈島付近から同じハーバーの仲間が合流、フリートは又、6艇になった。

音戸の瀬戸にかかる頃から正面からNが吹き出した。ブローは25ノットはある。呉湾は白波で一杯だ。沖に3隻の新型輸送艦のシルエットが見える。

1330 6隻は「能美海の駅」の西側桟橋に着くが予定の桟橋に先着があり使えず、暗礁がある西側を指示される。
先導した1艇が小さなブイを見落としオンザロック。キールがロックする大きな音が辺りに響く。

再度、慎重にトライし各艇はそのコースを辿り桟橋へ、だがその桟橋の串桟橋が6mと短く、横風20ノットの中、通路側に横付け、横抱きする。

浮桟橋に温泉とレストランはあるが、桟橋も短く、暗礁もあり遠来のクルージングヨットにはお勧めできないと思う。

桟橋使用料は無料。トイレはロッジでお借りできる。 のうみ温泉 @600円
江田島旧海軍兵学校にはタクシーで2,000円。呉港の大和ミュージアムにはタクシーで小用港へ出て、高速船で20分くらいだろう。
[PR]

by pac3jp | 2006-05-02 22:02 | 瀬戸内海周航  

小さい漁港の魚市場

 子供の頃、半農半漁の村の浜辺でよく遊んでいた。午後遅く、熊さんと皆んなに呼ばれていた老漁師が櫓を押して浜に帰ってくる。
 小さな漁船の船べりから生簀を覗いて、ぴちぴちと跳ねる大きな魚を見ては、アブラメしか取れない自分に較べ、本職はすごいもんだと思っていた。

 いつもヨットのクルージングで行き交う底曳き漁船が網を揚げているのを見ると、どんな魚が獲れるのかと近寄ってみたい気もするが、仕事の邪魔になると悪いから離れて通るのでどんなものが獲れるのか良く知らない。

 日頃は良く漁港でお世話になっているし、沖で網を曳いている漁船も良く見ているが、取っているお魚の種類や、漁協の魚市場で取引される様子を真近で見たことはなかった。

 先日、小さい漁港で底曳き漁船の水揚げと、セリを見学をすることが出来た。

 お昼前、底曳き漁船が次々と港に帰ってきて15隻位が並び、漁協の水揚げ岸壁は一杯になった。
 岸壁からデッキを覗くと、船頭さんと奥さんが漁獲物の選別に余念がない。さすが、底曳き網だ。色んな魚が取れている。貝まである。
各漁船から次々と選別されては網袋やトロ箱に入れられ、運ばれてゆく。
 鯛、チヌ、タコ、イカ、あなご、えび、キス、ベラ、シャコ、ふぐ、シタビラメ、カレイ、ヒラメ、かに、アジ、サバ、ホウボウとその他、ボクが名前のしらない魚まで多彩である。

c0041039_1323254.jpg

 セリが始まった。仲買人が6~7人いる。セリ人の前にトロ箱が並んでゆく。ここは掛け声などは掛けない。並べられた魚を見ては、自分の名前が書かれた木札になにやら数字を書いている。買いたい者がセリ人の前に木札を並べると素早く札を見て行き、落札者を決める。係りが魚をトラックや別の生簀に入れてゆく。そして、次々と漁船から水揚げされたお魚はセリにかけられ行く。市場の裏では保冷車が次々と発着している。

 仲買人も色々だ。鯛やヒラメの大物を買い付ける人、なごやフグなどの加工用の魚を買う人、町のお魚屋さんに並んでいるような魚種を買う人、満遍なく買い付けているように見える人、と様々である。
それでも、大きなピチピチと跳ねている鯛やヒラメは仲買人皆さんが覗いている。

 カメラを持って見ていたら、シタビラメ、地元では「赤した」というものや、小型のフグが多いので絵にならないと思ってか仲買人の一人が、あれを撮ったらと鯛を指差した。そして、今の時期の漁の内容を教えてくれた。

 多彩な魚介類が水揚げされているが、当然、各種類の海産物にはおのおのに旬があるのだ。あの魚は今の時期、まだ小さくて美味しくはない、あの貝はまだ身が入ってない、春先が一番だ。 等々。

 毎日、漁をする漁師さんも大変だが、毎回、買い付けをする仲買人さんもご苦労さんだと思ったことである。
[PR]

by pac3jp | 2005-12-05 13:30 | クルージング  

海の駅 しおさい市場

c0041039_20425767.jpg

海の駅を検索してみると、色んな所で多くの海の駅と称する施設ががあるのが判る。
マリーナ型海の駅は前回書かせてもらったが、ボク達クルージングヨット乗りが特に興味がある「漁港型 海の駅」に行って見た。

兵庫県赤穂市の坂越湾にある坂越漁港の「海の駅しおさい市場」だ。

仲間の「食べ放題大好き人間」であるFさんに「牡蠣食べ放題、大人2000円やで!」と教えてらったので試しに行って見た。本人は焼き牡蠣を60数個食べたそうで大満足した様子だったが・・・。しかし、今回は行った時期が悪くて当のメニューはなかったが、大勢の仲間とヨットやボートで遊びに行くには丁度良いなぁと思った。イルカショウまでやっているのには驚いた。

c0041039_20433517.jpgまず、漁港は牡蠣の水揚げ専用のようで、すぐ近くに集落はなく、係留している漁船は少ない。
係留場所は対岸の防波堤の内側に留めるが、ビットが少ないのがチョット難点だが数隻なら横付け出来そうだ。近くにトイレと水はあるがお風呂はない。
勿論、湾内なので近くの生島の周辺でのアンカーリングも可能だろうと思う。
[PR]

by pac3jp | 2005-02-11 20:51 | クルージング