タグ:泊地 ( 35 ) タグの人気記事

 

洲本港 宴会クルージング

 淡路島の海の玄関、洲本観光港も関空と結ぶ高速船が昨年3月で廃止になり港内はガランとしていた。ターミナルビルはボートレースの舟券売り場に改装され、皮肉にも島内の競艇ファンが集まり賑やかになってきた。当然ビル内では競艇ファン向けに喫茶店や食堂も営業している。
c0041039_931595.jpg
 ボク達の仲間で宴会クルージングの話しがでたとき、大阪湾で十数隻のヨットが停泊できて宴会場が近くにあるところといったら使われなくなった高速船用の浮桟橋がある洲本港とあと1~2ヶ所くらいしか思いつかない。
 この桟橋は兵庫県洲本土木事務所が管理しているで申し込めば誰でも停泊できるはずである。今回の幹事さんが役所に桟橋の使用許可を申請したが、先方に個人のプレジャーボート向けに決まったフォームがなく本船の船舶代理店がする手続きに準じて書類を作らされたとぼやいていた。まぁ、いずれ簡単な手続きで泊れるようになるだろう。

 この浮桟橋は沖から見て右側は水産庁の取締り船用に貸してあるそうで、ボク等は左側に係留した。遅れてやってきた他の数杯のヨットは何も知らずに右側につけていたが夕方、水産庁の船が帰ってきて、さぁどうするかと見ていたら浮桟橋は諦めて岸壁に係留していた1隻のヨットを蹴散らしてそこに停泊した。

c0041039_933969.jpg 宴会場は港から近い旅館「なべ藤」。おすすめ日帰りプラン(露天風呂と宴会料理で6千円、お酒は別途)の大宴会?をする。

 宿のロビーにはご先祖が苗字帯刀を許された書き付けや、遊女屋が盛業だった頃の写真、新渡戸稲造など有名人の色紙などが展示してあり歴史ある旅館を感じさせる。

 この旅館は天保元年(1830年)創業、淡路島最古の老舗旅館で昔から多彩な人びとが訪れており、大正から昭和にかけて文豪・谷崎潤一郎が定宿にしていた。小説「蓼喰う虫」は昭和3年~4年にかけて大阪毎日新聞に83回にわたり連載された新聞小説で客室から眺めた景色や汽船の音について描かれている。そして谷崎潤一郎ゆかりの宿として知られている。

 ボクも谷崎潤一郎の小説をいくらか読んだ記憶はあるが殆ど覚えてないし、映画化された「痴人の愛」などは成人向けの映画だったように思うので純真な少年だったボクは見ていない。

 谷崎は文豪としてよく知られた作家で阪神間に長く住み多くの作品を書いたので関西生まれの作家だと思っている人もいるが、東大中退で30歳まで東京の下町に住んだチャキチャキの江戸っ子だった。37歳の時関東大震災で被災し京都へ、そして神戸・本山、岡本、魚崎、住吉と関西で13回も移り住んだ。昭和19年、谷崎潤一郎59歳、空襲が阪神間に及ぶにつれ岡山県に疎開する。やがて終戦とともに京都へ、そして熱海から湯河原へと転居する。
結局、阪神間で働き盛りの30年を過ごしたことになる。

 「蓼喰う虫」は神戸・岡本に住んでいた42歳の作品で千代夫人との離婚を考えていた時期だったという。そんな谷崎潤一郎が文章を推敲していたであろう「なべ藤」二階から、ボクは、震災後に内港を埋め立て綺麗に区画された広い道路とポピーが咲く花壇を眺めながら、たかが宴会クルージングでも昔のように船溜りのざわめきとエンジンの響や汽笛が聞こえてくればもっと旅情をかんじるのになぁ~と思ったことであった。

参考Web:名作の舞台「蓼喰う虫」谷崎潤一郎
[PR]

by pac3jp | 2008-04-16 09:20 | クルージング  

不法係留権?

c0041039_720763.jpg
 西宮浜ボートパーク施設は昨年3月末に完成したが、管理者と使用者側のミスマッチで、出来上がった施設をまた税金で手直することになったという。
 最近、遠くから見ると西宮浜ボートパーク方面に大分マストの数が増えてきたので、久し振りに見にいった。
 近くの西宮大橋から見下ろすと、多すぎるなと思っていた小型ボート用の華奢な桟橋の数は減っている。そして、以前は狭い間隔で打ってあった杭が一本おきに間引かれて広々している。でも、そこに30fクラスのヨットが2隻入っているが、なんか中途半端な間隔に見える。
 それに役所と交渉して杭まで抜いてもらっているのにボートパークに移転しているのは全体の1~2割くらいだろうか、まだ35隻だけだ。

 西宮ボートパークは周辺の港域で不法係留しているプレジャーボートを収容する為の施設なので、この係留料金の安いマリーナに係留しようと思ったらまず、「不法係留」をして役所から「不法係留プレジャーボート」と認められる必要があるのだ。

こんな話しを聞いた。

 沖には長い一文字防波堤があり、埋立地に囲まれて波も入らない奥まった場所に短い防波堤がある。漁船も作業船もいなくて何の為に作った波止か知らないが5~6隻のフネを止めるスペースはある。既に数杯の手入れの悪いヨットやボートが繋がれている。付近に住宅もなく少し無用心だが、仕切屋のようなうるさそうなオッサンも見かけない。只で係留するには格好の泊地だった。

 ある日、フネに行って見ると役所から「貴方のヨットは不法係留です」という紙が貼ってあった。ラッキー!これでボートパークに入れる「不法係留権?」をゲットできたのだ。
 只よりは高いが、ちゃんと公から認められ、胸を張って船を保管できると喜んでいた。・・・と。

 だが、もっと安くなければ移転は「絶対嫌だ」という人もいるので、いずれ空きスペースはでてくるはずだ。その時まで暫く待てば、変な権利?を確保しなくても、きっと入れるのでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2008-01-18 07:28 | ウオッチング  

ミスマッチ?

c0041039_12383160.jpg 4月には西宮浜ボートパークが出来上がったようなのに、一向に係留するヨットやボートがいないのでどうなっているのだろうと思い先日、海から見学に行った。そこには杭係留バースが50~60隻分と小さい桟橋が付いた係留バース(左の画像)が70隻分くらい出来ていた。
 20fくらいの釣り船ならばぴったりだが、付近に係留されているヨットもボートもそんなに小さな船はそうない。殆どのヨットやボートもこの桟橋に着けることは出来ないだろうと思う。


c0041039_12405112.jpg この付近の不法係留と言われているフネ等は、国がボートパークに収容しようとしている都市河川など浅くて狭い水路に不法に係留している小型のヨット・ボートではないのだ。
 広い水域で仮設桟橋とはいえれっきとした浮き桟橋に係留しているフネも多く、マリーナと違い大きさによる係留料金の縛りもないので自然フネは大きくなる。フネのサイズは30f前後が一番多く、大きいのは40fを越すヨットも係留している。このように地域によって事情が違うので国が進める画一的なボートパーク設備では中々収容しけれないのだろう。

 今日、地元新聞の朝刊に ボートパーク「狭すぎた」 利用者ゼロ さっそく改良 と1面に掲載された。

やっぱりね! 打った杭を抜くなど追加工事が200万円もかかるそうだ。工事業者はありがたいが、費用は税金から賄うんでしょうかね?


以前の記事から:西宮浜ボートパーク計画
       :西宮浜ボートパーク着工?
 
[PR]

by pac3jp | 2007-09-05 12:47 | ウオッチング  

クルージング四日目・香川県引田港

c0041039_14524543.jpg 8月14日(火)

今日は昨日と、うって変わって穏やかな海だ。

 小豆島土庄から四国側にコースを取る。遠くから見ると備讃瀬戸航路を航行する本船は少なめに見えたが航路に近づくと次々とやってくる。地蔵埼から真直ぐに航路を横断し、香川県の三本松港、白鳥港、引田港のいずれかに入る予定でのんびりと航海する。まず、名前が気に入った白鳥港を一番の候補に上げたが、防波堤はある港らしいが詳細は分らない。とにかく行ってみる。でも着いてみるとこの漁港は直ぐ前にある筏の養殖漁業をやっている数隻の漁船と潜水作業船が泊っているだけの小さい港で水深も浅そうなのでここは残念ながらパスとする。

 ヨットは東を向いているので三本松より岬の東にあり、土庄から23マイル、以前にも来たことがある東かがわ市の引田港に入る。ここはハマチ等の養殖が盛んな漁港で港も広い。漁協指定の係留可能な岸壁はカモメのフンと汚れた養殖網の置き場で風向きによってはかなり臭い!でも・・それを差し引いても余りある楽しい出会いがあった。

 この港に1隻だけヤマハ26が係留してある。この町にもヨットの愛好家がいらっしゃるのだなと思って見ていた。

c0041039_14555678.jpg 暑い中、久し振りの町内を歩いていると以前にはなかった施設があった。今、流行のたっぷりとある古い町並みを生かした町おこしの看板施設である。
この町には江戸時代から醸造業を主に手広く事業をしてきた「井筒屋」という大地主の財産家がいて立派な町家のお屋敷が残っていたが、没落して荒れ果てていたが、最近町が買い取り今はそこが「讃州井筒屋敷」として由緒ある建物を中心に飲食店やお土産店が入った町の観光文化の拠点として賑わっている。

 そんな町並みを歩いていると、誰にでもフレンドリーな相棒が釣具屋さんの店先にいた女性に声を掛けると「どこから来たの?」と会話が始まり、突然、港に繋がれたヨットのオーナーと出会った。それは釣具屋さん「こんちゃん」の近藤店主だった。

c0041039_145720100.jpg そして、日も暮れて少しは過ごし良くなってきた頃、今日、小豆島の地蔵埼で釣ってこられた「真鯛」とこれまた美味しい「アカアジ」の刺身をそして名物チリメンジャコと酢橘までご持参でわが艇を訪問して下さった。
町のこと、港のこと、そしてヨットの事と楽しくお喋りさせて頂く。

 彼はヨットの交友も幅広く、今のヤマハ26は「さちかぜ」の大平さんから譲って頂いたとおっしゃる。山口県の室津フィッシャリーナからご自分で回航してきたそうだ。「さちかぜ」は1975年から2年半かけて世界を周航されたベテランのヨット乗りで、奥さんが「さちかぜ航海記」を書いているので知っている人も多いのだろう。ボクはすっかり忘れていたが昔、KAJI誌に載っていた記憶がかすかにある。また譲って頂いたヨットは3年前にご夫婦が日本一周されたヨットだが、ご夫婦共、体調が優ないらしくヨットをお止めになったのかもしれないね。

 引田港は鳴門海峡から西へ11マイルで割に近いので東から瀬戸内海に入るヨットにはいい場所にある。そんな位置関係から長距離クルージングヨットの寄港も多いとおっしゃておられた。

●食事はアチコチで出来る。「讃州井筒屋敷」内にも「ごはんや醤」がある。
●お風呂は翼山温泉 港から歩いてはチョット遠い。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-15 07:03 | 瀬戸内海周航  

クルージング三日目・土庄 王子前漁港

c0041039_812318.jpg

8月13日(月)
白石島を出てからずっと強風の真上りだ。塩飽諸島の手島そして、広島青木港に寄港し、お婆さんがお店番をする雑貨屋さんでアイスクリームを買うとビールを冷やす氷は頂いて仕舞う。お昼頃、櫃石島港を偵察。瀬戸大橋付近の海は風速25KTを越え、逆潮で波も高くなってきた。盛大なスプレーを浴びながらやっとの事で温泉のある土庄東港に入る。でも東風なので何時もの浮桟橋もシブキが掛かっている。仕方が無いので王子前漁港に入ることにする。
今日は大潮の日だ。潮が引くと岸壁横付けは出来ないので、やり付けにする。追手の風25ノットで槍付けは少しばかり難しい・・・。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-14 08:12 | 瀬戸内海周航  

クルージング二日目・岡山 白石東港

c0041039_1902194.jpg

8月12日(日)
晴天だが寒霞渓から吹き下ろす20ktの東風を受け大部港を出港。ジブ一枚で6ノット。下津井瀬戸を目指す。今日の泊地はお店が何もないところなので水深3mに掘り下げた狭い水路を3マイルも遡って笠岡港で買い物する。でも、予定した港が係留不可となってしまったので白石島東港にシフトする。桟橋には既に55fの大型モーターボートが、隣には40f釣り船がいる。でも何とか割り込めた。これで今夜は安心して停泊できる!
(画像は大型ボートはお客さんの送迎に、釣り船は帰って少しひっそりした桟橋)

c0041039_1755875.jpg 今日の航路で一番面白かったのは笠岡港に至る水路だ。幅60m深さ3mに掘られてよく曲がった見通しの悪い航路をブイと水深計を交互に見て進んでゆく。勝手知ったる地元の船は全速で走っているが、ボクは慎重にコースを選んでゆく。

 航路奥の港で係留して買い物に行った相棒を待つ間も潮はどんどん下がってくる。瀬戸内海でもかなり潮汐差がある海域なので早く帰ってきて欲しいが、買い物に時間が掛かるのが欠点の男に頼んだのが失敗だと直ぐに気づいた。
 水深計が1.8mに・・・早く帰れ~!!
 
 未知の港にチャートと港湾案内を頼りに入ってゆく緊張がまた楽しいのだ。これがクルージングの一番の楽しみだね。

右の画像は電子チャートからコピーした画像です。浅い水路がよく分りますね。
クリックすると大きくなります。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-12 19:00 | 瀬戸内海周航  

備讃瀬戸クルージング一日目・小豆島 大部港

c0041039_18184932.jpg

8月11日(土)
毎年恒例のお盆クルージングに出た。今年は岡山県笠岡市の神島港に行く予定。その後点々と寄港しながら帰る予定。初日は新しく出来た虫明マリーナの予定だったが水路やマリーナ海面の浚渫工事が今だ完成せず、入港は出来なかった。仕方なく、比較的近い小豆島大部港に停泊する。港に入ると数年前にはなかった古い浮桟橋がある。近所にいたフェリー会社の人に聞くと使っていいらいとの事。ラッキー!

この港に出入りする本船も漁船も少ないようだ。お盆のこの時期でも港外にガット船が1隻と港内に小型の貨物船が1隻停泊しているきり。

●食事はフェリーターミナルに食堂、レストランの2店がある。
●お風呂は近くのビジネスホテルで入れてくれるかも。とはフェリー会社の係り員のお話。(確認していない)
[PR]

by pac3jp | 2007-08-11 18:18 | 瀬戸内海周航  

播磨灘クルージング 二日目 淡路・尾崎漁港

c0041039_18595183.jpg 今朝は二人下船する。今日からクルーは二人になる。午前6時に日生桟橋を出港。淡路島・尾崎港に向う。薄くガスがかかって穏やかな海面を機帆走で進む。今晩から雨の予報なので予定を繰り上げたのだ。お昼前、尾崎漁港に入り岸壁で作業中の漁師さんにお聞きすると今日と明日は休みなので水揚げ場の浮き桟橋に泊めたら良いと言ってくれた。ラッキー! 早速フネを回し親切な漁師さんに感謝しながらモヤイをとる。初めて入る港で上手く係留出来たときはホント嬉しい。

上の画像は漁協水揚げ場前のポンツーン。

下はいつも空いていそうな岸壁。水深は1.5mくらい。槍付けがよさそう。




c0041039_9445417.jpg オシャベリついでに付近の温泉情報も頂く。丘の上にある「パルシェ 香りの湯」港から2~3km、徒歩で40分、@600円。運動不足もあるので歩いてゆくことにする。適当に歩き出すが、かなりの登り坂だ。途中地元の人に道を聞くが「ずっと行ったらええ」とのこと。どんどん歩いてゆくがやがて道がなくなってきた。周りは雑木林の斜面だ。どうも道に迷ってしまったようだ。仕方がないのでもと来た道を戻る・・・。なんとか温泉にたどり着いたが1時間以上もかかってしまった。
 鋭かったボクの土地勘も最近はサビついてきたのかな? パルシェは地元の観光施設でゴールデンウィークなので人も車も一杯の大盛況だ。温泉施設にはレストランも付いている大きな建物である。郡家からのバス便もある。

c0041039_9563283.jpg 夕食は港の近所の食堂「宮川」地元の魚を出す店だ。ボクも地元で取れた魚をあてに地酒を少々頂く。だが、なぜか最後はとんかつ定食で〆たのだった。 (^^♪

港のお隣は公営のキャンプサイトでトイレと流しがある管理建屋があり、トイレはそこのをお借りする。
[PR]

by pac3jp | 2007-05-04 17:36 | クルージング  

播磨灘クルージング 一日目 岡山・日生港

c0041039_18464475.jpg 五月三日 朝から快晴無風、今日のクルーはいつものメンバーと子供が一人の四人だ。本日の目的地は日生・虫明港。 微風のなか機帆走で順調に進む。やがて家島諸島の沖くらいから西風が強くなってきた。メンをワンポン、ジブを巻いて真上りのコースを激しいスプレーを浴びながらセーリングする。遠くに苦労しながら走っているヨットが数隻見える。
c0041039_18472791.jpg

 15マイルを4時間かかってやっと大多府島の島影に入り波は小さくなった。目指す虫明港へは牡蠣筏が一杯の浅い湾内を注意深く進入する。湾奥の虫明漁港は個人専用らしいカキの水揚げ設備がずらりと並び、港内真ん中では竹材で筏を組立中だ。 見渡した限りでは良い場所はない。作業中の漁師さんに聞いてもないとの事。

c0041039_1849980.jpg ここで予定変更。いつもの日生駅前桟橋に直行する。だが、すこし前に同じ方向に向うヨットがいる。泊まれるかなと案じていたが無事に係留出来た。夕食は磯料理「磯」。ここは閉店時間が午後8時と早いので急いで出掛ける。@3000円也
お風呂は少し遠くタクシー代がかかるので本日はパス!
[PR]

by pac3jp | 2007-05-04 08:26 | クルージング  

堺・出島漁港へショートクルージング♪

 仲間が先月に4月中の上架を頼んだが、もう上架整備のハイシーズンになっていて自分たちのハーバーでは船台の予約が取れないのだ。仕方なくヨット業者の紹介で堺の大浜ドックで船底塗装をやってもらう事になった。先日その回航にオーナーご家族のお帰りの足ヨット?として友人たちと出島までお供した。
 焼たてのパンをご馳走になりお昼に出港。風は弱く波はないがお天気はあいにくの曇り空。新西宮ヨットハーバーをから10マイル少し、機走で約90分。出島の大浜ドックはかって、見積り照会したコンテスト35の艤装中の新艇を見学させてもらったことがあった。それ以来、久し振りの訪問である。でも、ボクも社長さんの顔を忘れていたし彼もそのようだった。
c0041039_854670.jpg

 岸壁に上がると付近の「ごちゃごちゃ」した雰囲気は昔のままだ。沢山係留されているヨットを眺めていると「あれっ」と思うようなヨットが浮いていたりする。
 丁度、桜が満開の時期だったので出島ヨットクラブ前の桜でも見物でもしようかと歩いていると、なにやら仮設店舗のような粗末なトタンやテント張りの広いお店があり、お客さんも大勢入って中から美味しそうな匂いと賑やかな声が聞こえてくる。

c0041039_8494566.jpg 地元の漁協がやっている「とれとれ市」だ。お昼時はとうに過ぎていたが多くのテーブルにかんてき(年がわかる!)が熾り、その上には肉や魚介類が焼けている。薄暗い店内に生ビールをお盆にのせた店員が行きかう。
 中に入ると誰かが30年前の大阪・下町の雰囲気やなぁと、もらした。ホントそうだ。通路の片側にはまさに昔の雑貨屋さん風のリサイクルショップが数軒もあり気分をタイムスリップさせてくれる。

c0041039_85012.jpg 柱に「七輪、お肉付き2,000円」と書かれた張り紙がある。大阪らしく?「ビールやお酒の持ち込み禁止」の張り紙もある。床机のようなテーブルを家族や仲間で囲んで楽しそうにやっている。奥には市場のように魚介類のフライや焼き鳥、刺身や干物のお店もあり、そこであれこれ買ってきて食べるのだろう。
 どんどんとおしゃれになってゆく都心や郊外のショッピングセンターとは正反対だが大阪の原風景を見たような気がした。

 ヨットやボートで行くときは漁港内は狭く臨時係留の場所はないようなので、出島ヨットハーバーのビジターバースを予約されたらいいと思う。日本OPヨットさんのHPによれば1隻1日1,050円となっている。
 海からのアプローチもHPに案内があるのでご参考に。
[PR]

by pac3jp | 2007-04-18 08:57 | クルージング