タグ:捕鯨 ( 7 ) タグの人気記事

 

「シー・シェパード」の活動家はどんな人達?

 昨年の2010年1月、日本の「第2昭南丸」と衝突し、沈没した「シー・シェパード」の抗議船「アディ・ギル号」の仕返しだったのか、今年は2月9日から母船に対して特に激しい抗議活動があったので南極海で行われていた日本の調査捕鯨が遂に中止になったようです。

 調査捕鯨中止の報道では色んな裏読みもあり本当のことは良く分りませんが、シー・シェパードの妨害行為はボクから見れば立派な環境テロリストの範疇に入る団体です。そんな団体に参加しているのはどんな人たちだろう? 夏でも南極海は特別に寒い日もあるだろう、大時化の時もあり、流氷が流れる危険な海で妨害活動しているのは、一般的には大柄で逞しい海賊風の男性をイメージしてしまうが、意外と若い女性や中年のおっちゃん風のメンバーもいるという。

 ボランティア・メンバー募集の際「シー・シェパード」がする業務内容の説明は「給与なし、長時間勤務、重労働、危険な職場環境、悪天候多し」と一時日本でも流行った「3K」を遥かに上回る悪条件だが、世界中から「クジラを救いたい」と集まる毎年1000人もの人びとが応募してくるという。「不平不満を言う人、ふかふかのマットレスが好きな人、それに弱虫」は応募しないでいただきたい、というのがシー・シェパードのスタンツだが、中には珍しい体験の出来るアドベンチャーツアーのつもりでやってくる応募者もいるのだろう。

c0041039_5494667.jpg 「シー・シェパード」の抗議母船「スティーブ・アーウィン号」の船上でポーズをとるジョージー・ディックスさん(23)

 ディックスさんは、1月初めに日本の調査捕鯨船と衝突したときなどが最もスリリングだったと語る。「ええ、とんでもなく怖かったわ」とディックスさんは認める。「でもね、人は物事を受け入れていくものよ。あれは、とっても緊張した1日だったわ。とても興奮して、スリリングで、クジラたちを救うためにわたしが実際に何かしているんだって感じたわ」。
「クジラを救うこと、それはわたしが6歳のころからやりたかったことよ」。時化の海は辛いが、ディックスさんは甲板員として、ほとんどの時間を船の清掃に費やしている。

c0041039_5502166.jpg 「シー・シェパード」の2代目抗議船「ゴジラ号」の船上でポーズをとるケビン・マギンティさん(47)。 
 
 ケビン・マギンティさんは、SSの抗議船「ゴジラ」に乗るボランティアだ。 マギンティさんはオーストラリア西部で電気工事の請負業を小さく営んでいる。港に停泊中のSS船舶の電気修理を行ったのがきっかけで、今年の抗議活動に参加したという。「直接行動を戦略とするシー・シェパードは、地上で最も有効な保護団体だと思うね」と語った。だが、3か月にも及ぶことのある活動の過酷な条件には苦笑いする。「無給できつい環境で働きたいなら、ここが絶好の場所だよ」と。

c0041039_5505692.jpg 「シー・シェパード」代表のポール・ワトソン

 日本の調査捕鯨の妨害を指揮した疑いが強いとして傷害容疑などで国際手配中のポール・ワトソン容疑者は「(日本政府の)方針を歓迎する。クジラたちにとっての勝利だ」と述べた。ワトソン容疑者は、クジラの解体や保管をする母船「日新丸」の活動を妨害したことで「彼ら(日本側)には捕鯨活動を中止するしか方法はなかった」として、成果を強調。今季は計3隻の抗議船を派遣したが、来季はさらに1隻を増やす意向という。調査捕鯨には「クジラはとても知的な生き物。クジラを敬い、殺害するのをやめるべきだ」と訴えた。(共同通信)

 経歴は、1977年、国際的な環境保護団体であるグリーンピース (NGO)に所属していたが、抗議の際の非暴力に不満を持ち、脱退してSea Shepherdを設立した。動物から取られた食材(牛乳、チーズなど)を取らない菜食主義であるとし、根拠として大量の植物を必要とする家畜は環境に負荷がかかるという主旨を挙げた。当然だが、鯨肉は食べたことがないと語っている。ただし、その体型は欧米でよく見られる肥満体型で、専門医などは「明らかに動物性たんぱく質と脂質の過大摂取」と診断しており、さらには飲食店で動物性食品を食べている姿を目撃されるなど、本当に菜食主義であるかは疑わしい。(ウィッキペディア) 

冷たさが心地よいある晴れた日、抗議船が氷を砕きながら氷海を進んでいるとき、ナガスクジラとザトウクジラの群れが、急浮上してきたという。「調査捕鯨船が水平線の遠くに見えていて、とても奇妙な瞬間だった」とディックスさんは振り返る。「辺り一帯にあの美しい動物たちがいるのを見て、あの捕鯨船の人びとのクジラに対する考え方と、わたしたちのクジラに対する考えが、まるで異なっていることに気づいて……突然、啓示を受けた瞬間だったわ」

 日本でも年々鯨肉を食べる人が少なくなってきて5000トンも在庫がたまっているという報道もあるが、ボクもこの数年は食したことがない。学校給食にクジラを食べた世代で庶民の食材だと思っていたのにいまや高級食材となり、我家の食卓には殆どやってこない。それに若い世代はクジラに対する郷愁もないし、日本人の鯨食文化に未練はない様だから大規模な母船式の捕鯨はもう限界かもしれないなあ。


【関連記事】:2011年 またも騒がしくなってきた南極海  
【参考Web】:AFPNews「過酷な仕事」覚悟でシー・シェパードに参加する人たち」
[PR]

by pac3jp | 2011-02-21 05:55 | ウオッチング  

2011年 またも騒がしくなってきた南極海

 1月になって南極海で日本の調査捕鯨が始まったらしく、またもやシーシェパード(SC)の妨害活動を各メディアが一斉に報道した。

c0041039_636347.jpg 今シーズンからSCは沈没したアディ・ギル号の代りの突撃ボートに「ゴジラ号」が登場した。このトリマランボートは前のボートによく似た外観をしているが、船体長は12mも大きく、排水量41トン、全長34.9m、幅14.1m、速力24ノットでその前身は1998年に動力船による世界一周の最短記録(74日20時間58分)を作ったケーブル&ワイヤレス・アドベンチャラーでその後オーシャン・アドベンチャラーとなっていた。

c0041039_6395795.jpg ちなみにアディ・ギルの前身アースレースは2008年に60日23時間19分の新記録だったので「ゴジラ号」は10年前だったが24ノットの速度では2週間も余分にかかっている訳だ。でも、遅いといっても捕鯨船と競えば充分に早い速力を持っているがアディ・ギル号と同じ高速タイプのトライマランなので細かい操縦性能に不安はないのだろうか?

 一方南極海での活動はゾディアックなどを多数搭載し、ドクロマークを衛星通信用レドームにを書き込んだ母船がいる。スティーブ・アーウィン号だ。
全長53m、速力16ノット、排水量1000トン、船籍オランダ。

c0041039_642277.jpg

 日本の調査捕鯨船はエコテロリスト達の妨害活動に放水銃などで対抗している。

c0041039_6445666.jpg

c0041039_6454618.jpg まぁ、民間船は海賊やテロリストにもそう強力な武器をつかう訳にはいかないが、中東のアデン湾で海賊対処活動している自衛艦などはM-2機銃と共に長距離音響発生装(LRAD)などで海賊を撃退しているそうなので大音響装置は使える可能性はありそうだがちょっと高いかもしれないなあ。

 ・・・などと思っていたが、調査捕鯨船には既に装備されていてLRADを使って抗議船を撃退したことがあるそうです。

【LRAD】とは 
テロリストなどの接近を妨害するため搭戴されている対人用で非殺傷性(生命に危険を及ぼさない)のものでは、転倒や打撲の危険がつきまとう高圧放水などよりも安全に暴徒を鎮圧することが期待されているが、大音圧に曝された場合(特に130dB SPL以上では瞬間的であっても)、2008年時点の医学では治療困難な音響性外傷や感音性難聴などの障害が残る可能性がある。

この装置はモデルによるが、直径80cm程度の椀型か四角形をしており、重量は30kg前後で、有効範囲にある対象に向け作動させる事で、攻撃の意欲を無くさせる効果もある。これは暴動などの際に催涙ガス(催涙弾など)を使用すると呼吸器疾患のある者が重体となったり死亡する危険性があるため、これに代わるものとしての利用が期待されている。ただしその一方で、断続的に強力な音波を照射された場合、聴覚障害の危険性があることも示唆されている。このため運用面では、制圧目的の場合には一度に数秒程度とし、連続照射を前提としていないことがメーカー側から示されている。

この装置は、指向性を持っているため距離の離れた限られた範囲内に音声メッセージを明確に伝えることにも利用でき、例えば災害発生時に相手側に無線受信機がなくても被災者に適切な指示を伝えたり、群衆の中の特定集団にのみ指示を出す(廻りの人間の妨げに成らない)事も可能である。

また、2009年2月7日に報じられたところでは、調査捕鯨船に対して抗議船による体当りなど、過激な妨害活動を行っているシー・シェパードに対し、日本の調査捕鯨船団が2009年2月からLRADを用いて、同団体の接近を阻止することに成功している。管轄する水産庁側は、事前に警察庁などと協議し、国内、国際法のいずれにも抵触しないことを確認し、違法性は無いとしている。抗議船船長は「この装置により妨害活動に集中することが困難になったことを認めざるを得ない」とコメントしているため、期待された効果を発揮しているようである。
(ウィッキペディアより)

【関連記事】1:エコテロリスト シーシェパードの新兵器!! 
      2:シー・シェパード「アディ・ギル号」南極海での行状! 

【参考Web】:シーシェーパード 調査捕鯨を妨害 南極海 日経WEB版
[PR]

by pac3jp | 2011-01-07 07:05 | 漁船  

ケープタウン沖でヨットにクジラが乗り上げる!

 2010年ワールドカップで世界中のサッカーファンを沸かせた、南アフリカのケープタウン沖でホエールウオッチングのヨットに体重40トンのクジラが乗り上げたと言うニュース「Whale of a tale for couple yachting off Cape Town」が7月21日 付けのBBC Newsから報じられた。

c0041039_15592066.jpg ケープタウン(南アフリカ)沖でのホエールウォッチング旅行中のカップルは、長さ10m、体重40トンのミナミセミクジラが彼女らのヨットに飛びついたとき、幸運にも彼女らには大きな被害を免れたと言います。

 ミナミセミクジラ(貧しい視力で知られている種)が、ブリーチングして水の中へ滑る前にヨットのマストにかみついたという。
 このクジラは音でナビゲートしますが、カップルは「私たちのヨットのエンジンがオフであったので、クジラは、私たちがそこにいたのを知りませんでした」そして「私たちのヨットはただ間違った時間と間違った場所にいたボートでした」といってミナミセミクジラの習性に適切に対応したホエールウオッチングでなかったようにいっていますので、乗っていたヴェルナーさん達ががこの事故を導いた疑いもありました。当地のホエールウオッチングに対するガイドラインに違反しているんのかもしれませんね。

 状況は:ヴェルナーと彼女の仲間ラルフは天気の良い日のテーブル湾にはヨットの上から遠くにクジラの姿を見ることがあった。
 彼女は、エンジンを切って、それから1時間ほどクジラを見ながら浮いたと言いました。 クジラは最初、私達のヨットから120メートル離れて登場し、それからまた潜り、 数分後、それが10メートルの近くで浮上したのを見た。
 突然、私はパートナーの叫び声を聞いて周りを見回すと、そこにはデッキにブリーチングした大きなクジラが見えた!

 そして、マストが大きな音を立てて倒れて来たとき、私は、パートナーのラルフと本能的にヨットのホィールの後ろに隠れました。クジラはヨットの側面を滑り降り海の中に・・・。

 その時、近くにいた旅行者がその瞬間をカメラに捕えました。動画はこちら

c0041039_1621611.jpg すぐに私は、幸い我々の身体は無事だったが、ヨットはどのくらいのダメージがあったかはすぐに分った。ヴェルナーさんは、ヨットの損害を修理するには8,500ポンド(邦貨で約116万円)必要かもしれないと言っている。
(日本ではマストが折れてセイルにダメージがあればもっと掛かりそうですね)

 我々はエンジンを始動して、海岸に向かった。幸いにも、私たちは水に落ちることはなかった。そして私たちが陸に戻ったとき、私は、私たちが生き残ったのがどれくらい幸運であるかがわかりましたおっしゃっている。

 乗っていたヴェルナーさんは、その後、BBCに「私はまだクジラが好きです。」と、いったと伝えられている。

 最近、日本の熊野灘・土佐湾など沿岸や近海でもクジラが増えているという印象がある。国際会議では捕鯨反対の大合唱で環境テロリストが大きな顔をしてのさばっている。かって沿岸に多数生息していたクジラ類は取り尽してしまったらしいが保護を続けてゆけばまた復活するかもしれない。でも、沿岸で小型のヨットやボートにぶち当たる位に増えても困るなあ。

 時々ヨットがクジラに衝突した話も聞いたことがある。ヨットの10倍もの質量がある巨体に衝突され一瞬に沈没してしまって行方不明になったヨットもあるだろう。イパーブも艇内収納式では持ち出す時間がない、もしもの時は固定式の自動脱着装置がついたものが必要ですよ。
[PR]

by pac3jp | 2010-08-04 16:09 | クルージング  

シー・シェパード「アディ・ギル号」南極海での行状!

南極海が騒がしくなってきました!


調査捕鯨:シー・シェパード船衝突 シー・シェパード、海賊行為で捕鯨調査船を告訴
 【ブリュッセル福島良典】南極海で反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)の抗議船「アディ・ギル(AG)号」が日本の調査船「第2昭南丸」と衝突、大破した問題でSSは8日、第2昭南丸の行動が「海賊行為」にあたるとして、同船の乗組員をオランダ司法当局に告訴した。(毎日JP 2010年1月9日)


 最初は酪酸を投げたり、ロープを流し、レーザー光線を照射するなど妨害行為をしていたが、ついに監視業務をする調査船(712ton)と衝突してアディ・ギル号が沈没したというニュースが当初に流れていたが、環境テロリストたちは大破し、燃料油を流出する高速ボートを南極海に放棄し、基地に帰ってしまったという。そして、今度は法廷闘争に持ち込みマスコミから注目を浴びようとしているようだ。

c0041039_17265875.jpg

 ランチャーとカメラを構えるシーシェパード活動家及びアニマルプラネットの撮影クルーらしき男。ハルに不気味なドクロのマークが見える。
 お前たちが海賊ちゃうの?!

 監視・調査船「第2昭南丸」から撮影した衝突当時の映像↓を提供している。



  波静かな南極海に浮かぶ大破した「アディ・ギル号」の画像↓
c0041039_17273599.jpg

 調査船のスクリューを狙って曳航したロープの残骸がぶらさがっている。AG号のハッチは解放されており、自沈を意図していることが疑われる。

c0041039_1728022.jpg

 ↑大破したAG号から海上に流出した多量のゴミの中から、殺傷能力のあるボウガンのダーツが発見された。

今、ボクの一番の願いは、早くこのような海の争いが終わり、安くて美味しかった冬の味覚、ハリハリ鍋を昔のようにお腹一杯食べたいなあ~。

※画像は全て日本鯨類研究所提供

【関連記事】:エコテロリスト シーシェパードの新兵器!! 
【参考Web】:(財)日本鯨類研究所
[PR]

by pac3jp | 2010-01-12 17:59 | ボート  

エコテロリスト シーシェパードの新兵器!!

c0041039_132595.jpg 先日、南極海で日本の調査捕鯨船に対して、体当たりや薬物の投げつけなど過激な抗議活動を行っているアメリカのシーシェパードが「アディ・ギル(Ady Gil)」号という新兵器を導入したと発表した。

 そのフネは、カーボン製の78 フィート(約 23 メートル) のトライマラン で高出力のバイオディーゼルを搭載し、大豆、カノーラ油、ブドウエキス、人間の脂肪さえ使用できるバイオ燃料で動き、炭素廃棄物を全く発生しないといっている。(上の画像は航走中のアースレースで下の画像はその艇内)

c0041039_13253973.jpg 資金を潤沢に持っている環境団体とはいえこんな過激なボートを自前で開発したのだろうかと不思議に思ったが、2008年、世界一周の新記録を作ったエコボート「アースレース(Earthrace)」を買い入れたようである。

 でも、僚船の「スティーブ・アーウィン」号がいるとはいえ、こんな高速ボートで南極海で長期間の抗議活動が出来るのだろうか?ボクは南極には行ったこともないし、捕鯨の体験談を直接聞いたこともないのでなんとも言えないが、夏の南氷洋でも多分穏やかな日もある訳なので、高速を生かしてキャッチャーボートの捕鯨活動を邪魔したり、カーボンで軽量化した船体でまさか鋼船に体当たりはしないと思うが、鯨の群れを追い払ったりすることはやりそうだなあ。

 海保が捕鯨船に保安官を派遣していると報道されていたが、南極海には巡視船や対テロリストの訓練を積んだチームもいないので手も足も出ないでのしょうね。

 日本の調査捕鯨船団が何事もなくお仕事が出来ることを遠くから祈っている。

下はシーシェパードの動画



下はANNの動画




【関連記事】:サミットがらみで騒がしくなってきた神戸港 
【参考Web】:Eco-boat powered by human fat attempts round the world speed record2007 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-16 13:40 | ボート  

クジラに衝突?

 今日の新聞に又、玄界灘で高速船「ビートル」がクジラらしい海洋生物と接触した。同船は船体の一部が壊れたため博多港に引き返した。そして博多ー釜山間の航路では今年に入り5件目の事故だと報じていた。

 かって(1955年~1960年)この対馬海流にのってやってきたクジラを五島列島の福江島大瀬崎沖で体長30m近いナガスクジラを大洋漁業だけでも700頭近くも捕獲したそうだ。
 ボクもこの海域を昨年5月にクルージングしたが幸いというべきかクジラとは遭遇も衝突もしなかった。

c0041039_10503698.jpg ついこの間、自艇にフレミングのウインドベーンを再装着していたクルージングヨットのオーナーに「ロングにお出かけですか?」と声を掛けてみた。この方は太平洋をシングルハンドで渡った経歴もお持ちの物静かな年配のヨットマンである。

「航海の後、取り外して庭に置いていたけど、痛まないものだね。でもやっぱりフネに付いていた方がいいかなと思って」とおっしゃておられた。
 ウインドベーンを内海で使う話しから、彼が太平洋をシングルハンドで航海した時の話になり、場所は聞き漏らしたがもうアメリカに近かったのかも知れない。
 その夜は順風を得てヨットは6.5ノットで帆走していた。突然衝撃とともにバウが30度近く持ちあがり体は跳ね飛ばされた。一瞬、岩に乗り上げたと感じたそうだ。デッキに出るとマストが傾いている。オンデッキマストがマスト座から外れてしまっている! バックステイは損傷してブラブラだ。痛む体をこらえてセールを片付け、マストを支える応急処置をした。だがもう通常のセールを展開できる状態ではなくなったのでフォアステイにストームジブを上げてアメリカに向けて航海を続けられたそうだ。

 外洋でも多くの漂流物があるそうだ。シケでコンテナ船から落ちた海上コンテナや材木運搬船が流してしまった多数の丸太などがあるが後で考えたら衝突した物体はクジラだろうということになった。

 クジラは大きい。ジャンプで有名なザトウクジラで普通は体長15m、体重30トンだ。大きなものは体長20m、重さ60トンになるものもある。全長10m、8トンの33fクルージングヨットが艇速6ノットで、例えば5倍の質量のある40トンのクジラにまともに衝突すればフネは大抵沈没するだろう。マストの損傷だけで済んだとことは幸運だったかも知れない。

 過去に嵐があった形跡もないのに太平洋で行方不明になったヨットは何隻もあると聞いている。クジラに衝突して沈んでしまった可能性も充分ある。
 捕鯨が禁止になってもう大分たつが、多分クジラは増えてきたのだろう。各地にホエールウオッチング基地が出来、活況らしいと耳にする。

 ヨット乗りの皆さん、クジラの出没する海域でクルージングする時は充分ワッチして動物愛護や船体保護の観点からも危険ですからクジラには絶対当てないようにして下さいね!!
[PR]

by pac3jp | 2006-03-20 11:11 | ウオッチング  

福江島 荒川漁港です

c0041039_10341272.jpg

5月7日 奈良尾から南へ、福江島西端の荒川漁港に向け出航。
相変わらずこの海域には強風波浪濃霧の注意報はでているが沖に出るとアビームの順風で快調に走る。
大瀬崎では4mの大波で揺れるが、午後には静かな玉之浦湾 荒川漁港に入る。
港口付近に立派な浮き桟橋を発見。
漁業取り締まり船が使う桟橋だそうだが不在なので反対側をお借りする。
この港は地元船も少ないし、今日は熊本の漁船が2杯いるだけだ。
しかし港の岸壁の前に天然温泉の荒川温泉があります。入浴料は250円。スーパーは無いが多少の食材は手には入る。 温泉内にコインランドリ-がある。
五島は近海捕鯨の基地だったようで荒川も太洋漁業が昭和30年代はナガス鯨やゴンドウ鯨を660頭以上取ったそうです。
↓画像はその説明看板(クリックすれば大きくなります)
c0041039_9251926.jpg


瀬戸内海・家島のガット船に乗っていた漁船の漁師さんから大きなオキムツを頂く。ラッキー!
[PR]

by pac3jp | 2005-05-08 09:13 | 九州周航