タグ:レーシングヨット ( 13 ) タグの人気記事

 

ボトムの小さい穴

c0041039_9184844.jpg
 

c0041039_9194941.jpg 
 上架して船底塗装している大型ヨットのボトムを眺めていると何かの部品取り外した後のボルト穴のようなものが左右の船底にあいている。下から覗いても船底を貫通しているようには見えなかった。普通船底を貫通している金物はブラスやブロンズの左の画像A・Eのようなスルハル金物を使っていてそれは船体外部に出る部分は薄いマッシュルーム(A)のような出っ張りがある。でもそんなスルハル金物はまったく見当たらない。不思議な穴だなぁと思っていた。

 整備しているヨット業者にお聞きすると普通のスルハル金物はついてないが、同じ目的の穴だそうだ。ボトムの出っ張りがわずかな乱流を起し、それが少ない程ヨットのスピードロスがないのだ。「このフネはプロダクションヨットだけどビルダーでボトムの凹凸がなくなるようなフラットなスルハル構造に造ってくるんですよ、凄いですね」とヨット業者がおっしゃっていた。それでよくよく穴の奥を観察すれば確かにボールバルブのようなものが見えた。でもこのヨットにはスピードセンサーを除いて大2個、小7個と合計9個の穴が開いていた。

 そこで陸置されている純レーサーを下から眺めてみるとボトムからスルハルのフランジが出っ張っているヨットはほぼないし、ボトムの穴も小さくて少ない。僅かに出ているのはスピードメーター用だ。これは計器の構造上フラットに出来ないのかの知れない。40f以上のヨットでこんな僅かな船底開口部だけで快適なヨットライフは出来そうにないなと思うが、クルージングヨットではないので大きなお世話か。

 ボクのフネはスピードロスなんてことはお構いなく造ってあるので船底にはスピードセンサーを含め11個のスルハル、大きなアース板、冷却水インテーク用ストレーナ等がついている。大きな口径のスルハルは海水インテークと両舷デッキ、コクピット、トイレ、ギャレー、洗面台の各排水口だ。小さな径はギャレーの海水、トイレ給水口である。

 ヨットレースを主に楽しむヨットと純クルージングヨットの船底フィッテングだけ較べても大分違う。もっと違うのはその船底の滑らかさだ。我艇はかなり以前に塗った船底塗料がアバタ状になっていてもそう気にせず塗り重ねているが、そんなフネはいない。彼らはきれいに仕上げたペイントの上からさらに細かいペーパーを掛けて研いでいるのだ。

 クルージングヨットの名誉のために言っておくが、全てのクルーザーがそのようにいい加減に船底ペイントを塗っている訳ではないのだ。上記はボクの整備方針?によるものであって、ボクの適当な性格が反映しているのだろう・・・ネ。
[PR]

by pac3jp | 2006-12-22 09:25 | ヨットの艤装と艤装品  

ドラゴンのコックピット

 かって、オリンピッククラスレーサーだったキールボートのドラゴン級が最近増えてきたのかなぁと感じている。ハーバーの沖でJ24クラスと一緒にレースをやっているのを良く見る。 乗っているのは年配のベテランレーサーばかりに見えるが、中には若手もいるだろうか。
 
 ずっと昔、シングルハンダーに乗っていた頃、強風で体力勝負のハイクアウトに疲労困憊しているとき、もしも、このフネにキールがあったら・・・こんなにシンドイことをせんでもええのに、と思ったことであった。
 当時、オリンピッククラス3人乗りキールボートはソリング級だった。ドラゴンよりも船型は新しいが普通のFRPヨットであった。ドラゴンはボクの行動範囲内で実物は見かけなかったので直接見比べたわけではないが、スマートなソリングの方がボク好みだなと思っていた。

 だが、数十年間海で遊んできて、ドラゴンを再び見ると今度は素晴らしいヨットに見えてきた。スピードだけで較べると速いフネは幾らでもあるが、船台に乗っているのを見ても素晴らしいと思えるヨットはそうはない。伝統ある船型、スタイルを守って長くレース活動しているクラス協会とメンバーに敬意を表したいところである。

c0041039_921159.jpg そんなレーサーのコクピットをチョット覗いて見た。なぜこんなにと思うほど多くのコントロールラインがコクピットやデッキサイドに集中している。真ん中のミドルマンというのだろうか、彼がこれらをハイクアウトしながらコントロールするのだろう。大変そうだなぁ。でもやっぱりしんどいのは狭いバウデッキで作業するバウマンか。 でもやっぱりしんどいのは艇全体をコントロールするヘルムスマンだよ!
 いやいや、レーシングディンギーはチームで試合をしているのだ。チーム内で甲乙は付け難いのだ。
 
 だが、艇のコントロールに失敗して、ロールオーバーしてしまったらどうなる。 まぁ確かにキールボートなので「チン」はしにくいだろうが、オープンコックピットなので海水が多量に入れば沈没してしまうかも知れない。だが、彼らは管理されたエリアで競技するレーサーなので心配はないか。

 この様にドラゴンを見ていると、ボクはこんな綺麗に磨き上げたフネに乗った彼らとレースすることは大分前から苦手だったことを思い出した。

 昔、レース中に下マーク付近で出会ったニスをピアノフィニッシュで仕上げてピカピカしたシーホースからボク達グループに「離れてくれ!」といわれたときから綺麗なボートと一緒のレースからは縁を切った。不可抗力で接触もするオープンレースで自分のフネだけを守ろうとしてレースするなんてとんでもない。そんなに大切なヨットなら床の間に飾っとけ。そんなやつが嫌いになった。

ドラゴンのコクピットを見ていて昔の変なことを思い出してしまった・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-03-08 09:44 | ウオッチング  

レース艇

 ヨットの船型は時代やルールによって変わるのだろう。最先端のヨットのテクノロジーやデサインはアメリカズカップで採用され成功した技術はいずれ一般のヨットにも普及してくるもんだろうが、どうもこの頃、ヨット雑誌も読んでないのでこの世界の動きも良く判らない。従って、日本の外洋レースの事もほとんど知らない。

 ただ、地元のハーバーで新しいレーシングヨットを見かけることはある。デザイナーやヨットビルダーはどこかまでは知らないが、へー・ホーといいながら眺めている。

c0041039_14262363.jpg
 最近、こんな船型が流行っているのかなと思うようなヨットが船台の上に置いてあった。正面から見ると四角い箱型である。それに長いストレートのキールが付いている。横から見るとバウとスターンはまっすぐに立っているし、幅の狭いキールとラダーは真にレーサーのものだ。

 ボクが知っている乏しい知識の中では、ヨットを正面から見ればワイングラス型と覚えてきたが、もうかなり古くなってきたみたいだ。昔はボトムにチヤインが付いたフネもあったが四角はなかったなぁ。断面はキールがなかったらまるで川舟だな。ハーバーの作業員に聞くと、このレーシングヨットは外国のどこかの海でチャンピオンになったヨットらしいと教えてくれた。オーナーが実績のあるチャンピオンボートを買い、日本に運ばれてきて、キールを取り付け、マストを立て、またここの海で活躍するのだろうね。

 レーサーの船型はレーシングルールが変わると、その中で一番早かったデザイナーの書いたヨットの船型がその時代のヨットのスタイルをリードしていたようにボクは思っているが、なにせ、この間までファーのマム36が並んでいたヤードにもう1隻もマムはないのだからね。
 同じヨットに10年も20年も乗っているクルージング派の世界からレース艇を見るとどうなっているのかさっぱり判らない。

 最近よく見かける新しいフランス製のクルージングヨットのハルデザインは純レーサーによく似た形をしている。ステムは直立しているし、ステム下のナックルは水面から浮いている。ボトムはフラットでキールもラダーもレーサー並みのものが付いていた。ヨットの帆走性能は良く、スピードもあるだろうが、フルクルーで乗るレーサーならいざ知らず、ショートハンドで乗る外洋のクルージングシーンではどんなもんだろうかなと思っている。

 ボクのクルージングスタイルは重めの頑丈なフネで波浪の中でも波を切り分けるように進み、波に突っ込みにくく、乗り心地がいいフネでゆっくりと航海したと思っている。確かにスピードは魅力ではあるが、レーサーではないので程々でよい。こんなことを言っていると、あの人、年がいって偏屈になってきたね、と言われそうだが、レース艇は速さが命だが、クルージング艇は頑丈が一番だよ。
[PR]

by pac3jp | 2006-01-23 14:33 | ウオッチング