タグ:ヨットレース ( 14 ) タグの人気記事

 

フネがないヨットレーサー

 週末の夕方、この暑いのに上着とネクタイを締めたビジネスマン風のおじさんと彼より少し若い二人連れがボク達がたむろするヨットのコクピットにやってきた。ヨットレースの世界では有名なレーサー「の○ーぞ」のオーナーと彼のフネの先任クルーだ。同じハーバーにいるがヨットの遊び方が違うので殆ど出会わない。

 実は今、彼ら(オーナーだけだが)が乗るヨットはないのだ。オーナーが新艇に乗り換えようと思う動機は様々だが、新艇が入ってくる時期に合わせてタイミング良く今乗っているヨットが処分できれば良いなと思っている人は多い。中古艇の場合は現物を見て決めるのでその納期は比較的短い。でも、世界的に人気のある新艇を手に入れようとするときは「最低2年待ち」とディラーに言われたと聞いたこともある。

 彼の新艇はデンマークのヨットビルダーに発注しているが納期は1年、進水は来年の6月らしい。本当なら今まで乗っていたフネをもう少し乗ってから余裕をもって売却の準備をしたかったようだが、すぐに買い手がついてしまったのだ。ヨットも我が家の娘と同じである。「番茶も出花」、あるいは貰い手がある時が売り時でもあるのだ。オーナーの決断は早かった!

 ボクはこれと全く反対の状況に嵌ってしまったことがあった。発注した新艇は着々と建造が進み、予定の期日に進水できることになっているが、今まで乗っていたヨットが中々売れないのだ。中古ヨット市場に同型ヨットが数艇売りに出ている。購入希望の問い合わせはあるが、契約までまとまらない。そうこうしているうちに新艇が入ってきた。マリーナには2隻分の係留料は支払わなくてはいけないし、それなりの掃除や整備も欠かせない。結局半年くらいたち、価格は安く買い叩かれてしまったが2隻のオーナーから脱却できたときは本当にホットしたもんだった。

c0041039_9422851.jpg でもそういえば彼はこの前も今、ヨットがないと言っていたなぁ。昔はヨットセールスの経歴もお持ちなのでやっぱり売り払うのが上手なんでしょうね。

 コンピュータグラフィックスを見ただけで発注した新艇の来年のレース計画はと水を向けると「そうやなぁ まず、東方面から鳥羽レースに勝って、東京カップも頂いて、帰って久しぶりの阿波踊りレースでも・・・」と勝ち星を指折り数えていた。取らぬ狸の皮算用ともいうが、ご本人曰く「日本一の嫌われヨットになってしもうた!」とおっしゃる。口の悪い昔仲間はどさ回りで・・・とか言っているが「悔しかったら勝ってみな」と返されるとぐうの音も出ないかも。

 レース界のことは良く知らないが大型レーサーでも外洋レースはせずブイ回りしかしないヨットもあるそうだ。ヨットの性能は良くなっても乗り手の意欲や、厳しさや辛さに耐える「根性」とかいったものが若い人達になくなってきたのでしょうかね。

 勿論、ボクもとうの昔にそんなものは無くなってしまっているけど・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-30 09:48 | ウオッチング  

船を飾る

 どんな人でも新しくヨットやモーターボートを買うとき、ずーっと心に描いてきたマイドリームボートを実現しようと考えるだろう。

 マイボートで大海原に乗りだしてゆく人、近くの海でお仲間と楽しく遊ぶ人、浮かぶ書斎にする人、フネにはそれぞれの楽しみ方があり、フネはまたそのオーナーの思いが醸し出す色んな雰囲気をもっているもんだ。

 先日、季節外れの暖かい日差しの中、アフターデッキで気持ちよく、居眠り中のボートのオーナーに声をかけてみた。彼のモーターボートはチョット小ぶりだが、フランス製の小粋なボートである。魚釣りはしないだろうか、釣りの装備は見当たらない。

 ボートやヨットには多様な遊び方があるが、自艇に安全性や航行性能を増す装備を装着したり、運航に便利な道具を作ったりする人も多いが、このボートは少し趣が違うようにボクは思った。
 ポンツーンに舫ったボートを外から眺めたり、キャビンで寛ぐときにオーナーが最高に楽しめるように作りあげられつつあると感じる。レーシングヨットとは全く対極に位置するもんだね。沖から帰ってきたレースボートの中で寛ぐ人はまずいないもの。

c0041039_10122420.jpg このボートのキャビンはオーナー手づくりのグッズや、木工作品があちこちに置かれ、あるいは壁には取り付けられている。

 ←画像はボクが面白いなと思った照明器具2種類だ。ガラスのスタンドは彼がかってヨットレースで優勝したとき貰ったカップだったそうだが、底に穴を開けて電球が入り、かっこいいスタンドライトになっていた。台座は座りの良い別のチーク材のものに変えられたが、記念の優勝レース名を記したプレートはしっかりついていた。
 画像下はブラケットライトだ。舵輪型の真鍮ベースは廃物利用。電球の直射光は目に眩しいので前についているヨット型の遮光板をつけた。これはステンドグラスの手法で作られているのだ。楽しみながら作ったことがよくわかる作品である。

c0041039_10152567.jpg また、右の画像はボートのアフターデッキに小型モーターボートの常として家庭用エアコンの室外機がついているが、これもちゃんと木製のデッキテーブル兼用のカバーが装備されていた。木製のグリルはエアコンの排熱の吹出し方向を下向き変えたかったそうだ。

 その他、彼の製作した色んな作品を見せていただく。フネは造船所から引き渡されたときは真っ白いキャンバスだと彼はいうのだ。そして、オーナーはその白いキャンバス上に構図を考え、自分の感性が選ぶ色を塗り重ね、じっくりと仕上げてゆくだと。

 新しいアイデアを検討し、製作して実際に使ってみる、あるいは見栄え好く飾ってみる。そして、フネに来る友人や仲間が褒めてくれたら又嬉しいもんだ。

 なんか、ボクにも創作意欲が沸いて来るような気がしてきた。
[PR]

by pac3jp | 2006-03-03 10:25 | ボート  

国際信号旗

 ヨットは港則法では雑種船に分類されている。入出港の届出も不要だ。勿論、港内で信号旗を掲げる義務はない。
 だが、我艇も船舶の端くれとして、ヨット用ではあるが国際信号旗を1式持っている。サイズはヨットの万船飾に使うには丁度良いが、沖で使うのには少々チャチである。

 港則法によれば神戸港では総トン数500トン以上の船舶は運行を開始するときから港の防波堤を超えるまでの間、進路を表示しなければならないと定められている。当然、入港時も指定の信号旗を掲げなくてはならない。

c0041039_9144047.jpg 画像は中突堤から出港する客船のマストを撮ったものだが数字旗の1がはためいているので西航路から出港するのだろう。

 本船の国際信号旗に興味があるので良く注意してみてみると海上交通安全法で航路にしてされている明石海峡や備讃瀬戸航路を直進している船は信号旗を上げていない。航路を横断する船や航路から次の航路へ移る船が指定された信号旗を掲げているのだった。

 明石海峡のたこフェリーは第1代表旗とS旗を掲げて海峡を横断している。水島航路や備讃瀬戸では第1代表旗とP旗やS旗を掲げた本船が走っている。先にクルージングで通過した関門海峡では本航路から分岐する航路が多く、使われる信号旗の数が多いのでボクにはさっぱり分からなかった。

 いまや普通の本船では船間通信は国際VHFを用い、国際信号旗は海上交通安全法や港則法が定める行き先表示が主な目的になっているように思う。航路における方向指示器の役目のようだ。

 ヨットレースはレースの全ての指示が国際信号旗の旗りゅう信号で行われている。従って多少はヨットレースをやったことがあるヨット乗りはレースでよく使われる信号旗は分かるが、レースに使われてない信号旗は「なんだったかなぁ?」と悩んでしまう。
E、H、J、K、R、T、U、W、2代表旗、1、2以外の数字旗に弱い。・・・半分位が弱いわけか。チョット情けない。
 ボクのフネにも昔はコクピットに信号旗のシールが貼ってあったが純クルージングヨットになったしまった今はそれもない。

 シールではないが、100均ショップで何でも見つけてくる友人が国際信号旗が描かれたランチョンマット風のシートをパソコンのカバーに使っていた。ボクも欲しいなと思い探すが、いまだ見つけられない。

 大分前に自衛艦に体験乗艦した時、僚艦と普通の旗りゅう信号での通信デモをやっていた。1字信号は誰でも判りやすいが、国際信号旗も国際信号書があってはじめて通信が可能になるのです。軍用では旗リュウ信号も独特の使い方があったそうで、旧海軍の信号書は機密扱いでその本の表紙は鉛で表装してあって、もしものときは回収されないようになっていた。と、ものの本に書いてあった。

 ヨットでのんびりと穏かな航路を渡っていて、国際信号旗を掲げた本船がすれ違っていったとき、すかさず、昔勉強した海技教本を取り出して調べてみよう。きっと、行き先が判るはずだ。ゲーム感覚でやっても面白そうだね。
[PR]

by pac3jp | 2006-02-13 09:21 |  

ヨットのメッカのローカルレース

ここのハーバーには名門で有名なヨットクラブがあり世界選手権レースなどのメジャーでハイグレードなレースをやっている。大型のレーサーが茶色や黒のセールをつけてレースをしているのを遠くから見る事はある。

私達の仲間のクルージング派は同じハーバーにいてもヨットクラブのメンバーでもないし、ハーバーとは係留契約を結んでいるだけの関係であってレースで競う事にも余り興味がなかったのでヨットレースの運営についてもよく判らなかった。

何故かこのところレースに興味が出てきた数人のメンバーががレース、レースと言い出し、我々クルージング派グループでも近隣のヨットクラブのメンバーと一緒にレースを開催する事になってしまった。

正式に海面使用の許可を取り、本部船、運営ボートをお願いし、帆走指示書を作成、各艇のレーティグを決定し、準備は整った。

6月19日、お天気は曇り。参加は23f~37fまでの16隻。お祭りレースレベルのに出た事があるヨットは約半数、あとの半数はポート、スターボーもあやしい?フネだ。しかし、お世話してくださる人がいて琵琶湖のヨットクラブから歴戦のレーサー20数人が8艇に分乗して応援して下さることになった。

スタート前はWの微風が吹いていて10トンを越す重量級のクルージングヨットを走らせるにはちょっとパワーが足りないなぁと思いながら、タックを重ねてレース海面に向かう。広い海面に出ると久しぶりのスピンを上げる。我が愛艇でレースに出るのは10年振りか。10年使っているメインセール、自転車からダイビングセットまで満載のヨットでいけるのかなと心配はした。
普通のデイセーリングでもスピンは殆ど上げないのでクルーも段取りがわからない。ディップポールジャイブも久しくやってないので微風ではともかく、強風ではとても出来そうにない。

スタート時間が近づくと急に風が上がってきて20ktを越す強風になってきた。さすがの重量級も20kt超の風が吹くと結構なスピードで帆走する。速成クルーのチームなので安全第一に走らせる。

c0041039_16502419.jpg

スタートは本部船の下から出てラインを流して下一番でスタートする。暫くするとフリートをリードし、トップに立った。トップを走ると自分でマークを探す事が必要である。今回のレースの為に借りてきた俵ブイですがチョット古ぼけていてカバーが半分くらいはがれているので、白波に紛れて見つけにくかった。
ゲストクルーの皆さんは本式レースのマークをイメージしているので探すので余計見つからない。コースは片上りになっていてタックなしでマークにアプローチできた。上マークをかわすとフリーの風になるが、スピンの上げられる角度ではない。即、スピンは不使用に決定。

下マークもゆっくりとセールの締込に合わせてラフイングしタックして上に向かう。後続の艇はお決まりの下マークの混雑を緊張しながら回航しているでしょうネ、と思いながら上へ。

c0041039_1432441.jpg
ワンタックを入れて上を回航。風は18kt前後、2番手以下を大分リードしたようだ。
応援のゲストクルーのテンションも俄然上がってきた。うちのクルージングクルーの出番はない。気合を入れて最後の上りのコースを帆走するが、まだフィニッシュラインが設定されてない。どうしようかと思っている間に何とか本部船がアンカーを打ちフィニッシュラインが出来た。
ほっとしながらファーストフィニッシュのゴールに入った。

成績表はここです

後で聞くとマークタッチ、本部船とのニアミス、スタート信号旗の勘違い、風の思惑違い等々色々あったようですが、出艇16艇のうち14艇は完走。2艇がリタイヤで無事に我々ピアネット主催のヨットレースは終わった。

ヨットレースも色々あるが地方のクラブ主催の草レースで勝ってしまい、ヨットレースに目覚め、日本を代表するようなトップレーサーになった人も沢山いると思う。勝った!という感動?感慨?はレースの大きさやカップの立派さに比例はしない。草レースでも初めて勝った時の感動は忘れないものだ。

ここのハーバーもホワイトセールのみ参加できるヨットレースを開催しているが、初めて出てみたいと思っている船には敷居が高そうな感じがすると聞いている。
昔はどこでもやっていたが、運営する人も走る人も一緒に楽しめる草レースの復活を願っているがヨット乗りの高齢化もあって難しそうだなぁ。・・・いやぁそうでもないか!!
c0041039_16423680.jpg

表彰式はハーバーのBBQコーナーで盛大に!!
[PR]

by pac3jp | 2005-06-21 14:40 | 音楽・パーティ