タグ:ドジャー ( 18 ) タグの人気記事

 

自作のハードドジャー

 ヨットの楽しみ方を大きくレース派、クルージング派などジャンル分けすると自作派に属していそうなヨットマンは結構多い。近場のクルージング先で出会ったヨットでハル以外これ全て自作といった個性的なフネもいた。個性的過ぎてなにやら可笑しいヨットに出会ったこともあった。 まぁ、趣味の世界なので周りに迷惑さえ掛けなければなんでもOKなんですけどネ。
 比較的ドジャーは自作で取り組みやすいのか塩ビのパイプをフレームに使っていたヨットなど時々近くで見掛けることがある。

c0041039_1103673.jpg この間、自艇の木製ハードドジャーを熱心に作っているヨットマンがいらした。彼のヨットはヤマハ30Cだ。
 折角作るのだから出来るだけ大きいドジャーの方が風雨からクルーを守るのに都合が良い。でもこのヨットの設計者はそんな配慮はしていなかった。トラベラーがコクピットの前の方に付いていて、メンシートが邪魔してドジャーの庇が延ばせない。そんな事情もあってか大きさはコンパニオンハッチのカバーがメインになってしまっている。

 製作中に拝見すると材料は近所のホームセンターで調達されたベニヤ板である。作業も中々手際がいい。現場合わせで部材を取り付け、後からさっさと仕上げてゆく。仕事振りは早そうだ。塗料もデッキの色と合っている。偶然同じ色がホームセンターに有ったそうだ。
 ヨットの艤装にうるさいヨット乗りはあんな材料では「耐航性はないで!」とかおっしゃっているが、まあ大阪湾で乗る分ではそう問題はない。

c0041039_117401.jpg 大波がぶちあたっても怪我さえしなければ復旧費用は安い。ドジャーは余り頑丈に造ってしまっても大波が打ち込んだとき船体にダメージが生じるので駄目だとか聞いている。その点、このオーナーさんが選んだアクリル板は「加工が大変だからカッターナイフで切れるもの」なので材料選択はOKといえるかも。


 先週、そのヨットを見かけるとハードドジャーにアクリルの窓がちゃんと入って完成していた。塗装もぴったりでデッキのカーブにあわせたドジャー天板のデザインが中々格好よく収まっていた。
[PR]

by pac3jp | 2007-03-07 11:09 | ヨットの艤装と艤装品  

カスタムヨットのハードドジヤー

 前回プロダクションヨットにオプションでハードドジャーを取り付けた例を見てみたが、ワンオフヨットや基本的に量産に向かない木造ヨットを造るときデッキやコクピットはかなり設計変更の自由が効くみたいだ。ハルのサイズは同じようだがヨットとしての雰囲気は大分違うように見える。

c0041039_9364440.jpg 左の画像は木造の30fくらいのカッターだ。このビルダーのヨットはサロンクルーザーのような窓の大きなタイプが多いように思うがこれはロングクルージングを考えたオーナーさんが造ったのだろう。リグもそうだが、ソーラー・レーダーも装備してある。ハードドジャーは木製枠に大きなアクリルの窓が入っている。
 でも春になると関東方面に回航されるとう噂も聞いている。

c0041039_9373337.jpg 左の画像は古い年季の入ったクルージングヨットだ。確か小豆島の岡崎造船で造られ、昔は木製のマストが立っていた。先日写真を撮ったときはニスが塗り替えられて綺麗になっていた。ボクはこのヨットと港外で会ったことはないが、かっては外洋をクルージングしていたのだろうかデッキにはライフラフトが積んである。このハードドジャーは前面が2枚の大きな窓、片方は開閉可能。サイドは三角窓と残りの側面はキャンバス張りになるのだろう。

c0041039_938948.jpg 左はアルミ製60fのワンオフのオーシャンクルーザーだ。国内の造船所で造られここのハーバーで艤装工事をしていた。昨年、北米へクルージングしてきたとか聞いている。そのハードドジャーと言うのか、デッキサロンの上にある見張台はアルミの頑丈な枠に囲まれて安全そうだが、斜材があり、見通しが悪いのと暑い場所、寒い地域ではシンドイかなとも思うが、そんな対策は充分に考えられているでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2007-02-14 09:52 | ヨットの艤装と艤装品  

ヨットのハードドジャー

 今や輸入される大小のクルージングヨットにソフトドジャーは標準装備になってきた感があるが、その性能についてはビルダーによってかなり差がある。勿論ヨットのブランドそしてグレードや価格によっても耐久性や使い勝手も大いに違ってくるようだ。
 でもハードドジャーとなると外国製のプロダクションヨットも大型艇以外では少ない。中・小型のヨットにハードドジャーを装備したフネは小回りの効く国内のヨットビルダーがオプションで装着したり、オーナーが自作して取り付けたりしているのが目立つ。

 天気が悪いときにコクピットをすっぽりと覆ってくれるドジャーは有りがたい。それがしっかりとした構造のハードドジャーだともっと頼りになる。ハードドジャーを装備したヨットは多いだろうが、ボクが見かけたの幾つかの画像を見てみよう。
c0041039_10431158.jpg
 上の画像はスライドハッチの上部のみを覆うFRP製ハードドジャーだ。左はシーワード25、ドジャーの庇はコンパニオンウエイまではある。右はアルバトロッサー24の新艇だ。ドジャーの屋根にメインシートの支点が付いている。マストからのコントロールロープは専用の隙間からコックピットに引かれている。最初から一体でデザインされているので収まりもよい。
c0041039_10432727.jpg

 上の画像はロングクルージング仕様のハードドジャーだ。左は少し画像は小さいが、岡崎造船の37fだったかな?壱岐でお会いした。一目見てもう完璧なクルージングヨットになっているので、さすがと思った。当然立派なハードドジャーが装備されていた。 
 右のモノクロ画像は単独無寄港世界一周を目指した北海道のリサ号のもので航海記の写真をお借りした。ハードドジャーはファースト40に取り付けられた。フロントの曲面ガラスはモーターボートのものを流用し、側面の窓は強化ポリカーボネイトを使い全体をFRPで成型されたそうだ。そして後部にソフトドジャーを追加し、防水カーテンを付けられたそうだ。ホーン岬を回るには充分な寒さ対策が必要だね。だが、強度の問題はあってタスマン海の大嵐で窓枠がひねられ、枠とガラスをガムテープで補強され少し不細工になった画像が出ていた。
c0041039_10435445.jpg

 上の画像はスウェーデン製のHR46のハードドジャーです。しっかりとFRP成型されたハードドジャーに強化ガラスの窓が付いている。マスト回りのコントロールロープから海水が浸入することもなくドライな空間が確保できる。さらに、ステアリングするヘルムスマンまでソフトドジャーがかかっている。マリーナで係留中はコックピット全体が外気からクローズできるようにもなる。
 このヨットビルダーも46f以上からハードドジャーをオプションで付けることが出来るらしい。大型ヨットにビルダーが最初から装備してくるハードドジャーは本当に素晴らしい。

 良いことだらけのハードドジャーだが、ボクから見て最大の欠点はヨットの値段が高すぎることだ。でも宝くじが当たれば充分買えそうだが、一人で乗るには大きすぎるので止めておこうと思っている・・・ (^^♪
[PR]

by pac3jp | 2007-01-31 10:51 | ヨットの艤装と艤装品  

大型ヨットのドジャー

 クルージングヨットの必需品。ドジャーについては前にも書いた(欄外の参考からリンク)が、最近輸入された最新の50fクラス3隻のセーリングクルーザーのドジャーを桟橋から見学させてもらった。どちらも船齢は1年未満であり、長距離のクルージングを想定した艤装ではなく標準装備のヨットである。

c0041039_9512676.jpg 「サンオデッセイ49DS」のドジャーは標準型の折りたたみ可能なドジャーだ。デッキとの取り付けはレールにボルトロープが通るタイプだ。マストからのコントロールロープは専用のトンネルチを通って入ってくる。ウィンドはビニールだが側面も明るい。ドジャー上部後縁の手すりが良い。ここはクルーが必ず手掛かりに使う、また、ドジャーの裾部分にもパイプの支柱があるので手掛かりにもなる。ウィンドのビニールは古くなると曇ってくるが、ツインステアリングなので問題ないか。

c0041039_9515549.jpg
 
 「サンオデッセイ54DS」
のドジャーは下部が硬質透明プラスティックで上部がソフトトップの複合ドジャーだ。ステアリング中の見通しも良い。49と同じくドジャーの後縁に手掛かり、裾に支柱が入りも手掛かりにも使える。下部の透明プラスティック窓部分とソフトトップの接続部分がボルト留めのみたいで、多少複雑に見えるがここにソフトトップの収納部分があるのかもしれない。大きさはコンパニオンウェイがすっぽり収まるサイズだ。同じくマストからのコントロールロープは専用のトンネルを通って入ってくる様になっている。両艇ともかなり横幅があるヨットなので前面のフレームに2本の支柱が入っている。

c0041039_952247.jpgもう1隻は「ババリア50cruiser」だが、ドジャーは専用のドジャー収納トレンチに収納されていたので普通のビニールウインドがついたドジャーだろうと思う。この折りたたんだドジャーにカバーが掛かるようになっている。

見学させてもらった3艇のクルージングヨットに共通するのはツインステアリングシステムだった。大型のレーシングヨットに装備されていたのは見た事はあるが、クルージングヨットの航海中では殆どオーパイが操縦しているし、風上でヒールを起す事もない・・・。でも、このサイズになればきっと必要になるシステムなんだろう。
 
 そうだ、桟橋に着岸する時、それも出船で入れるときに便利そうだと思うが、でも、ボクには今後も多分、乗ることもないサイズないのでなんともいえないネ。
[PR]

by pac3jp | 2006-07-24 09:58 | ヨットの艤装と艤装品  

ひと工夫 part2(シルバーシートのお裁縫)

 ヨットハーバー係留されている愛艇は降りそそぐ紫外線でデッキ上の多くの装備が劣化してくる。乗っているクルーの露出している肌のスキンケアはいい加減だが、装備品の劣化は非常に気になる。
 サンブレラなどの耐UV生地を使ってカバーを作るのもいいが、手に入りにくいし価格も高い。そこで、ホームセンターで売っているシルバーシートを使って作るUVカバーの作製例をお見せしたい。

 シルバーシートも二種類売っているが、厚手の方が長持ちして良いと思う。そのままデッキに被せたり、ブームに掛けて日除けに使うのは簡単だが、もうひと工夫してみよう。そして、シートの縫製はミシンを使うが、奥さんのお下がりの家庭用で充分縫うことが出来る。

c0041039_919543.jpg
 ご近所でコンパニオンウエイ用の小さめのドジャーにカバーを掛けているヨットがある。ドジャーの生地はUVに強いが、透明ビニールの窓は意外にUVに弱く、すぐに曇ってしまい前が見えにくくなる。そんなことからドジャーごとカバーしてしまおうと発想されたのだろう。
 サイズを測り、立体的にシートを裁断し、縫製して、取り付ける箇所を決め、鳩目を打つ。鳩目を打つ場所は3重位に折り返してミシンで縫う。このシートは適当な接着材が見つからないのでボクは縫ってしまっている。最後は細いロープかショックコードでデッキに留める。

c0041039_9194143.jpg
 もう一つは資源のリサイクルである。台風の翌日に近所のテトラポットに引っかかっていたボロだが大き目の発泡スチロールのブイを拾ったので、これで俵フェンダーに作ってみた。市販品もあるが、カバーがUVに弱く、はげてしまうものもあるからね。
まずブイを洗いフジツボなどを落とし、センターに長い穴を明けて、ロープを通す25mmの塩ビのパイプを差し込む。
 ブイの寸法を測り、シルバーシートを裁断する。筒型に縫い、ブイに被せて両端を細いロープで絞り、円筒形になるように整える。
予め作っておいた25mmの塩ビパイプがぴったり入る穴を開けたプラスティックの円盤をパイプに差込み、ソケットで作った部品でシルバーシートを絞り込んだ部分を押さえて両側から固定する。
 後はアクセントと補強を兼ねたナイロンバンドを巻き、バンド同士がずれないようにおのおの縫い付けた。これに艇名等をスプレーしたら出来上がり。

 注意点はプラスティックの円盤だが、ボクはポリエチレンを使ったが、これはUVに弱かった。塩ビかアクリルのようにUVで劣化しにくい材質がいいと思う。

 大型の俵フェンダーは漁港や一般港湾で係留するとき、引き波があったり、カキが一杯付いた岸壁に横付する時にはもってこいですよ。航海中は大きくて邪魔なので、多少不細工だがスターンに括りつけている。
[PR]

by pac3jp | 2006-01-27 09:23 | シーマンシップ  

寒くなったらフルドジャー!

 秋が深まり、日暮れも早くなって、ヨットのコクピットでの酒盛りも少し寒くなってきた。こんな時期、コクピットをすっぽりと覆うドジャーを持つヨットが羨ましくなる。

 大型のヨットや、長距離のクルージングをするヨットはハードドジャーを装備しているフネもあるが、普通のクルージングヨットはソフトドジャーだろう。ドジャーは航海中も有効だが、港に停泊している時もビミニトップと合わせて、日差しや、雨からクルーを守ってくれる。だが、冬の寒気を防ぐ構造にはなっていないのでこの季節の夜にコックピットでのおしゃべりは多少つらい。

c0041039_911446.jpg
 先週末、友人のフルドジャー風に改装されたヨットのコクピットでサタデーナイトパーティがあった。女性と子供たちはキャビンの中、酒飲みの男たちはコックピットへと船長さんから指示があった。外は弱い北風が吹いていたが、コックピットテーブルのコンロも順調でしゃぶしゃぶ鍋も食べ頃になってきた。この時期に吹きさらしのコックピットで飲んでいるのと較べて天国に近い?ものがあった。

 このフルドジャーは通常のソフトドジャーとビミニトップにビニール窓つきキャンバスを両側面と後部に追加したものだ。従って、最初からそのように設計されたフルドジャーのように完全な個室にはならないが、航海中などには取り外しも簡単で融通も利く。
c0041039_915539.jpg

 ボクの周りにもフルドジャーを持ったヨットが2隻いるが、使用感を聞いてみると、当然だが、寒い季節や雨中の航海は最高!とおっしゃっている。ヨットが少人数でクルージングする為の艤装になっていて、頻繁にフォアデッキやマストに出て行かなくて済むのだろうね。2隻の内、大きい方の1隻が、がっしりした太めのフレームで作られたフルドジャーを装備している。このヨットで来春、小笠原諸島にクルージングに行く予定らしい。その後にお聞きする外洋でのフルドジャーの使い心地のお話も楽しみだ。

 しかし、面倒なのは台風襲来の度に、ヨットに掛かる風圧が増したり、風でドジャーが破れたりする可能性があるので、そのフルドジャーを取り外す作業がいることだろう。 台風が多かった昨年はぼやき声も聞こえてきそうだったね。

 もし、自分のフネにこのような大型のドジャーを付ける機会と資金があったなら、強化ガラス窓付きのハードドジャーと後ろはキャンバスの出入り口を付ける。中にはレーダーと航海計器、GPS、VHF無線機とチャートを折って広げられるスペースを設け、出入り口は通常、開けっ放しで操船する。 と、こんなドジャーにしたいと思っているが・・・。
[PR]

by pac3jp | 2005-11-18 09:19 | ヨットの艤装と艤装品  

クルージングヨットのドジャーについて(2)

今回は補強されたドジャーとドジャーの窓について考えてみた。

揺れるヨットの上ではコクピットを大きく覆うドジャーはクルーにとって格好の手がかりになる。初めてヨットに来たゲストはドジャーの裾やナイロンベルトをつかみながらコクピットの出入りをするし、コクピットから立ち上がる時や艇の動揺でバランスを崩した時にはドジャーのひさしを掴み身体を保持したりもする。

その結果、ドジャーのキャンバスクロスが汚れたり、擦りきれたり、伸びてしまったりする。
また、衝撃や加重でドジャーのフレームは変形し最悪の場合は雨漏りが始まる。

この問題を解決するにはフレームの強度を上げ、手掛かりにされそうな部分はフレームにを入れて補強をはかる必要がある。 以下に数艇のフネを見てみよう。

c0041039_13472914.jpg
1.このドジャーはドジャーの裾の部分にフレームを入れて補強と手掛かりを追加したものですがメンシートの取りまわしもあるが、ひさしの部分がもう少し長いほうが良いような気もするけど。





c0041039_13483221.jpg
2.このドジャーはコクピット内での手掛かりの為に別の手すりを追加したものだ。
コックピットが広いヨットは停泊中のパーティには良いけれども、航海中は安全の為に出来るだけ多くの手掛かり、足がかりがコックピット内に欲しいですね。
この艇はコクピット内の手掛かりは多い様です。



c0041039_13504786.jpg
3.このドジャーのウインドは透明ビニールで出来ていて、折りたたむ事が出来る利点があるが時間が経つと皺がになってしまったり、紫外線で曇ってしまう事がある。




c0041039_13554049.jpg
4.対策は前面にウインドに少し硬い透明アクリルパネルやポリカーボネイトを使う事でよりクリアな視界を確保する事が出来る。しかし、折り畳みは出来ない。出来ればサイドウインドも同じ材質で出来ればなお良い。




c0041039_13565336.jpg
5.紫外線による劣化にはカバーをすのが一番効果がある。UVカバーの取りつけ、取り外しと手間が掛かるのが欠点か。几帳面な人向き。
紫外線の強い熱帯地方をクルージングしているヨットでは窓をなくしてしまっているフネもあると聞いている。




ドジャーも長く使っていると、本体のクロスや縫い糸が弱くなってきて水漏れがしてくる。
前回ご紹介した小笠原行き専用艇はキャンバスクロスにシリコンをたっぷりと塗布する事でより防水効果が上がるとおっしゃっています。勿論、埃などの汚れが付き易いですが、ヘラで削ぎ落とせばOKだとの事。
どちらかと言えば黒っぽいドジャーに向いた防水処置だね。
[PR]

by pac3jp | 2005-07-04 14:13 | ヨットの艤装と艤装品  

クルージングヨットの必需品「ドジャー」について(1)

ヨットのコンパニオンウェイをカバーするドジャーもすっかり日本のクルージングヨットにも定着してきた。 外国のヨットが数多く輸入されるようになって、オプション価格も程ほどなので近頃の新艇には大抵ついているようだ。

このドジャーもチョイ乗りやショートクルージングではどんなドジャーでもそれなりの効果はある。 しかし、長いクルージングや外洋を渡るクルージングでは材質、サイズ、取り付け等々から色々な悩みの種が発生する。

ドジャーの主な役割はコクピット前方の乗員を風や雨、そして波のスプレーからも守る事である。そして、コンパニオンウェイを開放出来る事でキャビンの換気も促す。

悩みの種の一番はバウが波を掬った時にデッキを流れる海水がドジャーの中に浸入してくる事である。ドジャーの隙間にウエスを詰めたり、外側からテープで補強したりはするが、メンドクサイもんだ。

今回はドジャーの水仕舞につてのみ何艇かのドジャーを見てみた。

c0041039_10252135.jpg
1.そのままのデッキにホックを付けてドジャーがセットされたもの。デッキ上のハリヤード類はフラップの下を通過するタイプ。 ※後からドジャーを取りつけたヨットに多い。業者任せなので業者が付けやすいように付けたか、オーナーが特に指示をしなかった。


c0041039_10263212.jpg
2.デッキにレールやベースをセットし、ドジャーの裾がボルトロープになっているもの。ハリヤード類は同じくフラップの下か専用のトレイを通過するタイプ。 ※デッキがドジャーを想定して成形してある為、ドジャーがデッキにすっきりと綺麗におさまるが浸水はありそうだ。輸入のヨットに多い。

c0041039_10311374.jpg
3.デッキ面から多少ベースを立ち上げ、ドジャーがセットされていて、ハリヤードの引きこみ口から海水が入りにくくしたタイプ。 ※この艇は毎年小笠原に行っていますが外洋を走る時はロープが通る穴は全て詰め物をするそうです。

c0041039_10332997.jpg
4.ガラスのウインドシールドにドジャーがセットされ、ドジャーの中にハリヤード類が貫通していないタイプ。 ※このタイプはドジャーからの浸水はないが、欠点はセールコントロールが全てマストにあるのでコクピットから出て、スプレーを被るデッキに出なくてはならない事だが・・・。

c0041039_1035719.jpg
5.ソフトドジャーも良いけれども、外洋志向の方は「ハードドジャー」とおっしゃいますが、先日無寄港世界一周をした堀江さんのマーメードのドジャーはいかがですか。・・・もうチョット、ドジャーの高いのが欲しいとか。  これではあまり楽しそうな雰囲気はないね。
まぁ当然ですね、これはヨット冒険家のボートですから。

自分のヨットの艤装品は自分の遊び方に合うよう、しっかりと拘っていきたいもんですね!
[PR]

by pac3jp | 2005-06-30 10:48 | ヨットの艤装と艤装品