タグ:タグボート ( 6 ) タグの人気記事

 

多用途支援艦 AMS4304「げんかい」を見学する

 2010年7月31日(土)姫路港でボクが初めて見る艦種である多用途支援艦「げんかい」の一般公開があったので見学してきた。小型の補助艦艇なのでそう大勢の見学者はいなかったのでゆっくりと見学できた。

c0041039_1657212.jpg

c0041039_16574524.jpg

基準排水量:980t
主機械:ディーゼル2基2軸 新潟原動機6MG28HXディーゼル
馬 力:5,000PS
速 力:17kt
発電機:300kw×3
特殊装置:曳航装置、訓練支援装置
定 員:47名 幹部5名(女性2名)曹士42名(女性8名)
主要寸法:65x12.0x5.8x3.5m(長さ、幅、深さ、喫水)

 この艦は「ひうち型」多用途支援艦の4番艦として平成20年2月20日から就役なのでまだまだ新しい感じだ。主な任務は護衛艦艇の射撃訓練の支援の他、消火・救難・離島に対する災害派遣など多目的に及ぶ。

 船型は全長の割りに幅広で艦体の後部は広い甲板になっており、物資の輸送用3/4トントラックや40f・20fコンテナを搭載し災害時の拠点に使われるという。通常時はここに射撃訓練支援の自走式水上標的(通称バラクーダ)を2隻搭載し作業を行う。
 デッキに据え付けられたMax300KNの強力なウインチで動けなくなった艦を曳航することもあることから、機関出力は5,000馬力と強力になっており、自衛艦最大の「ましゅう型」補給艦(満載排水量25,000t)までを曳航できる外洋タグボートでもある。

c0041039_16583665.jpg

 割合高い位置、ブリッジ下の信号旗箱付近で右舷と左舷に太いパイプで繋がった構造物が見えたので係員に聞いてみるとやっぱり減揺タンクだとおっしゃる。一瞬、フインスタビライザーじゃないのと思ったが、ヘリも積んでないしお客もいない、高速航行しないので当然だなと思い直す。この艦では外洋で停船して水上標的や訓練魚雷を回収したり、離島へ災害出動時には沖でアンカリングして救援拠点となるので停船時のアンチローリングこそ必要になるのですね。
 でもカーフェリーが近くを航行するとしっかり揺れていた。システムが動いていないのでなく全ての横揺れをなくすのではなく“減揺システム”ですから・・・。
 神戸港でいつか見たJCGの航路標識測定船「つしま」にも付いていた。

c0041039_16591257.jpg

 ブリッジは小型艦なので小振りだが一番見易い場所に電子チャートとレーダーが並んで据え付けられていた。勿論海図台もあるが若い航海士はこっちが断然便利ですが・・・とおっしゃっていた。ENC連動のオーパイなど航海機器は民用品を使っているという。ステアリングもカッコいいハンドルがついていた。

c0041039_16595746.jpg

 ブリッジの背後は標的管制室がありバラクーダという全長7.23mのRHIB自走水上標的の管制をしている。ブリッジと同じ高さの一等場所で標的を目視、あるいはレーダーで管制しながら相手艦の砲弾が当たらないように操縦するのだ。ボートに搭載されたカメラで前方の着弾もしっかり確認できる。これはラジコンボートマニアなら是非一度はやってみたいだろう仕事だろう。

c0041039_1704172.jpg

 ブリッジの屋上にはこの艦唯一の武器が装備されている。両舷に2丁の12.7mm重機関銃が銃架にセットできる。この「ひうち型」は3番艦までは武器の搭戴はないが4、5番艦には他の護衛艦同様にテロリスト警戒の為か、太平洋戦争時代から使われているクラシックだが今でも信頼できるM2機関銃が選ばれている。でも小火器による攻撃ならば固定設置の船舶消火用の放水砲の方が効果を発揮するかも。

【参考図】クリックすると大きい画像になります。
c0041039_1712328.jpg

 「ひうち型」多用途支援艦の前級は特務艇「81号」型(↑画像)で航空機及び艦艇の救難と艦艇部隊の訓練に対する支援を任務とするもので、昭和43年から48年にかけて5隻が竣工した。この「81号」型は当初支援船として建造されて就役したが、任務行動が近海とはいえ外洋の行動がおおく、また救難活動に備えて待機義務があることから自衛艦籍の方がふさわしいと判断され、昭和52年4月に特務艇に区分変更された。設備としてはデッキにヘリが収納でき、放水銃を持っている。また訓練支援では攻撃目標になったり、低速の航空目標を運用したり訓練海域への輸送を行っていた。(艦船メカニズム図鑑より)

【参考Web】:減揺タンク(アンチローリングタンク)
[PR]

by pac3jp | 2010-08-02 17:09 | ウオッチング  

豆タグボート

 沖縄・宜野湾マリーナに係留し終った時、数隻ほど離れたお向かいに面白そうなボートが泊っているのが見えた。
 それは小型のタグボートスタイルのボートで乾舷は低いが背の高いホィールハウスがあり、バウには太いクロスビットが、デッキは全面チーク材が張ってありおしゃれなワークボートに仕上がっている。

c0041039_1313019.jpg

 エンジンハッチから中を覗くと新品ではない「いすゞ」の4発、50HP位のエンジンが据わっていた。エンジンやデッキから想像するとボートビルダー製の量産品ではなく、ワンオフ艇か、あるいは別のフネからの改造艇だろうと見当をつけた。

c0041039_1315529.jpg

 翌朝はオーナーがやってきてどこかに出港していった。外洋に面した沖縄であんな低い乾舷では波をかぶり、走るのも難しいのにと思っていたが、沖縄でも波穏やかな日は当然あるので、そんな日に楽しめば良い訳だ。

 夕方、帰ってきた「タグボーイ」のオーナーさんと話をした仲間からの情報によると、そのタグボートは嵐で本船から落下し、岸に流れ着いた持ち主不明のライフボートを大改造して造られたといい、現オーナーがそのタグボートが気に入り、無理を言って改造した前オーナーから譲ってもらったという話である。

 また、彼は新西宮ヨットハーバーにも大型ヨットを置いているという。はてと、思い当たるヨットを思い浮かべると、2007年のジャパンカップに出ていたレース艇で B&C 49fの「CEREZO」が売られて、艇名は変わったがまだ陸置ヤードにいたことを思い出した。

 あの黒くて、正面から見ると真四角のハルをもつ49fのカスタムレーサー(ヨットデザイナーはスペイン人のBotin&Carkeek)をこのタグボートのオーナーが乗るのかとその対比に少々驚いた。

【関連記事】:レース艇
[PR]

by pac3jp | 2009-05-28 13:04 | ボート  

タダミさんのタグボート「Red Mini」号

 ハーバーのビジター桟橋では3月のヨットショーに引き続き、4月はフローティング・ボートショーが開かれている。気温も大分上がってきて気分はもう海の季節になってきたようで、お客さんの入りもヨットよりは多そうだ。

c0041039_15503923.jpg

 ボクはモーターボートに興味はないので通り過ぎようとした時、桟橋の端っこに面白そうな赤いタグ風のミニボートが泊っているのに気がついた。ヤマハやヤンマーの商品でないことはすぐに分かった。自作かワンオフのボートだろうと遠くから眺めていたら、どうも前から「KAZI」誌で高橋唯美さんが好みのボートを紹介する連載があって、そこに描かれていた特徴のあるボートイラストになにやら雰囲気が似ているのに気がついた。

c0041039_15512065.jpg

 前日に見学した友人がタダミさんがデザインしたボートだと教えてくれたので「やっぱり」と合点した。ビルダーはどこだろうと思っていると船体に「NJY」と表示があったのでニュージャパンヨットが建造したらしい。前日まで詰めていたタダミさんから12日の日曜は関東のハーバーで同型艇の進水に立ち会うとのメモが張ってあり、タダミさんご本人は不在だった。


 小さなボートなので全部見せてもらってもすぐに終わった。バウには大きなクロスビットが立ち、スターンにも2本の頑丈そうなビットがある。そして煙突がついたクラシックな外観からは小型のディーゼルエンジンをのせ、トコトコと港内を走る小型タグのイメージだ。
 だが、エンジンは115馬力の船外機とトローリングロッドが両舷にセットしてある。船尾船底には滑走するためのプレーニングボードのようなものが見える。鈍足なイメージは停泊中だけで、いざ出動となれば普通のフィッシングボートと同じ機動力を持つ高速フィッシングボートに変身するボートなのだ。

 ブリッジには右舷にステアリングとコンパス・燃料計・速度計・オーパイが、左舷にはレーダー・GPS装置が設置してある。キャビンも小さいながらバウに着替えるスペースがある。アフターデッキからキャビンに入ると右手に手洗いボールがついているので左舷にはトイレがあるのかもしれないが確認を忘れた。

 このサイズのボートで外洋トローリングは無理だが波の立たない内海でクルージングや釣りをして遊ぶのは結構面白いと思うよ。外国製のトローラやタグボートも最近よく輸入されているが、内装が豪華過ぎるので、魚釣で汚してはもったいないと思ってしまう貧乏性のスモールボート派とか、個性的な雰囲気をもつ小型フィシャーマンが欲しい人にはぴったりだと思うがどうでしょう。
[PR]

by pac3jp | 2009-04-13 15:53 | ボート  

「飢えた海」ウィルパー・スミス 著

c0041039_145186.jpg 航海中の船舶が機関故障で自力航海できなくなったり、また座礁や沈没など海難に見舞われるとサルベージ会社に救援を依頼することになる。サルベージ会社はそれにこたえ曳船兼海難救助用の大・小のサルベージ・タグをもち海外を含めネットワークで迅速な対応を確立させているとか。

 この業界の事情に詳しい方からお話をお聞きすると、海難が発生すると見積り依頼もしていないのに何社ものサルベージ業者が勝手に調査し積極的に営業活動をしてくるという。

 深田サルベージ、日本サルベージなど日本の大手会社の名は知っているが、ボクは外国のサルベージ会社などまったく知らない。でもオープンなサルベージ工事の入札では北欧のバイキングの末裔を思わせる髭もじゃの大男が率いる会社が落札したこともあったらしい。

 日本のサルベージ会社は組織で動く「マリコン」で欧米は伝統的なサルベージ業だね、とかいろいろお話を聞いていると突然、昔読んだ海洋冒険小説ウィルパー・スミスの「飢えた海」を思い出した。

 それには、南極のウエッデル海から全船舶向けに救助要請を発したアドベンチャーツアーの豪華客船を救助に向かう2隻の外洋サルベージ・ダグと船主との駆け引きが描かれている。その中に大きなリスクに賭ける主人公の船主船長がロイズ・オープン方式「救助なくして、報酬なし!」という困難なサルベージに挑もうとする。
 そして、船長の「エンジン始動」の声にオフィサー達の顔が邪悪な喜びに輝き、彼らは分捕り品を見越して舌なめずりする昔の海賊を彷彿とさせた。という情景になる・・・。

 ロイズオープン方式とは、遭難した船舶を救助し指定された港へ曳航し修理業者に引き渡すまでを行い、その貨物と船価をロイズが裁定しその20%を受け取るというものだ。また報酬の半分はクルーで分配する。ただしサルベージに失敗すれば全く報酬はない。
 物語は南極の極寒の岬で座礁した客船を引き出す困難で難しい仕事でロイズ・オープン方式ではリスクの非常に高いサルベージなのだ。

 サルベージ・ダグは漂流中ならばロイズ・オープン方式を、座礁などリスクが高いものは日雇い契約が有利だが船主側はその反対である。
 人命が危険に瀕しているときなど緊急の場合は船長が船会社の判断を仰ぐことなくサルベージ契約を結ぶことができる。当然救助するサルベージ・タグに有利な方式を提案するだろう。その為にダグの船長はいろんな仕掛けを用意する。

一、救助要請があってもすぐに無線応答しないで船長をじらす。
二、遭難船と出会うときは出来るだけ派手にする。昼間は多くの旗をかざし、夜間はきらびやかな電光で飾り印象的に現れる。
三、現場にライバルがいる特はより信頼されるフォルムや高機能イメージが有効なので設計段階からしっかりと盛り込む。。

 この物語の為に設定されたサルベージ・タグがすごいスペックなのだ。

 高く張り出した鋭いバウと均整の取れたフォルムは軍艦のようで、型鋼と強化ガラスで造られた上部構造物、優美なウイング。タンカー火災にも対応する高性能な放水砲と防火構造のアッパーデッキとハル。主機はディーゼル11,000PS×2の合計22,000PSの高出力で2軸の可変ピッチプロペラを駆動している。速力は荒天でも28ktは確保できる。

 どんな船だろうかと想像してみると、全長:91m、排水量:1,470トン、出力:22,500PS、速力:25KtのDE「いしかり」クラスに匹敵するのかと思うが船種が違うのでさぁどうだろう。参考に日本の外洋タグの画像を下につけてみた。

c0041039_14422896.jpg
 ↑画像は日本サルベージのサルベージ・タグ「航洋丸」
総トン数:2,096トン
船  長:86m
機  関:5,000PS×2
最大速力:18Kt
航続距離:22,000浬

 裏表紙にごく簡単な本の内容紹介がある。

 ニック・バーグは打ちのめされた。華々しい業績をあげる海運会社の会長から、一介のサルベージ・ダグの船長へ。再起を図ろうとしたその矢先、南氷洋で座礁した豪華客船から救助要請が発せられる。船主は彼を失脚させ、最愛の妻や息子まで奪い取った宿敵。荒れ狂う氷の海を命がけの救出に向かうニックに復讐の野望が燃え上がる

 物語の後半、カリブ海の猛烈なハリケーンのなか高カドミ原油を積んだ100万トンタンカーの危険なサルベージにも挑む・・・。
分厚い文庫本だが大変面白く読み終わった。お勧め出来そうですね。

【関連記事】:江戸時代に外国船をサルベージした男
【関連記事】:神戸市港務艇「竜王2」RYUOH2
[PR]

by pac3jp | 2008-08-22 15:03 |  

神戸市港務艇「竜王2」RYUOH2

c0041039_8501110.jpg

総トン数:195.00ton
機関出力:3,600PS
速  力:14.50 kt
所  属:神戸市
建  造:1995/03 金川造船 神戸
装  備:給水装置、消防設備、オイルフェンス搭載

 外観はよく見かける大型のコンテナ船などの入出港をサポートしているダグボートである。バウに大型タイヤの防舷物を取り付け、デッキに大きなウインチが載っている。船体もペンキの剥げたところもなく手入れのいいダグボートにみえる。

 クルーにお聞きすると神戸市の所属だとおっしゃる。なぜ、民間のダグも多いのに神戸市が「竜王2」を運用しているのだろうと疑問に思っていた。
 調べてみると、2~3年前に給水設備を追加し、オイルフェンスも搭載する防災型多機能ダグだったのだ。通常は港湾管理者が船舶に飲料水を提供する「運搬給水」業務についているようだ。以前はもっと小型の給水船があったようだが船舶の大型化で間に合わなくなってきたのかもしれない。それにボクの知っている岸壁の給水所も無くなってしまったし・・・。

c0041039_85193.jpg

 ブリッジに上がると正面に主機とレックスペラの操作コンソールがある。中央の丸いハンドルが複合操縦ハンドルで、微速から全速までの前・後進、停止、旋回、横進などの操船を正確、迅速に行うことが出来る。隣のレバーは主機のスロットル。右舷側のコンソールはウインチ操作卓だ。

c0041039_852536.jpg

 少し見難いが川崎レックスペラを装備した「竜王2」のドックでの写真である。
レックスペラは各々が360度旋回し任意の大きさの推力を発生することが出来るのだ。
■プロペラ直径:1.8m 旋回速度:10sec/180度

c0041039_8523212.jpg

 機関室を見せてもらうと主機はヤンマー6気筒1800PSディーゼルエンジンが両舷分2台が据わっている。船尾寄りに発電機が2基、1台は稼動中だった。

c0041039_853131.jpg 主任務の給水設備は船体前部タンクに90トン、船体後部右舷に15トン、同じく左舷に15トンの合計120トンの清水を搭載することができ、80トン/時間の能力がある。画像は潜水艦救援母艦「ちよだ」の給水風景だが、船により給水設備も様々で旧ロシア船籍の船舶などは給水口の口径が小さくて、直接ホースが繋げず細いホースで長時間かけて給水したことあるとのこと。

 また、船によっては船首からの給水を指示され、波や風がある沖の泊地で船首同士をくっつけての給水となり、難しい舫いとりとなるがダグボートの持つ能力を最大限に発揮することでカバーするという。

【関連記事】:港で見つけた格安の自動販売機
【参考資料】:みなと物語「近畿」VOL.13 国土交通省 近畿地方整備局
[PR]

by pac3jp | 2008-08-01 08:59 | 特殊船  

巨大な台船を見た!

c0041039_8172256.jpg 先日、神戸港六甲アイランド東端の岸壁に変なフネが泊っているのに気がついた。遠くから見ると船尾はあるようだが船首楼が見えない変な船に見える。近づいて見ても変な船だが積んでいる貨物が港湾工事用の大型クレーンが乗ったグラブ浚渫船と各種の作業船そして浚渫用の大きなハシケが3隻も乗っている。海外だろうか、何処か遠くの港湾工事を請け負ったマリコンが工事機材一式を巨大な台船に乗せて一括輸送しようといているようだ。
c0041039_818422.jpg

 なおもぐるっと周りを回ってみると丸い形なので船尾楼と思った場所は船首楼だった。船尾デッキは正に台船、ストンと切れていてないもない。トランサムに「GIANT3 24000TON」と表示されている。24000トン積みの台船なのだ。そして岸壁の少し離れた場所に航洋タイプの大型タグボートが停泊している。これが巨大台船を曳いて外洋を航海するのだろう。そのため、台船ながら高い船首楼があるのだろう。でもそう波きりが良さそうではない。中央にアンカーが2個見えている。埋め立て用のプッシャーバージの船首によく似ている。

c0041039_8182355.jpg 巨大な台船のデッキのあちこちで溶接の火花が見える。バージや作業船を台船のデッキに固定する為の作業だろう。港の中では大きな台船だが太平洋に出れば24000トンの台船でもそう大きくはない。普通の船のように大事な積荷を船内に積み込んでいないのだ。時化で積荷を落としたら大変だ。しっかりと固定しているんだろう。

 ヨットやボートなど小型船なら大型船のデッキ積みで外国にも送れるが、普通の船舶はこのような大型台船に載せるか、動かなければ曳航で、経費が少なく動けば自力で回航してゆくのだろう。

 昔、瀬戸内海で使っていた沿岸用のカーフェリーをフィリピンに回航した話を当時雇われクルーだった人から聞いたことがあった。波静かな内海で運航される船を臨航を取って外洋を回航するのだ。現在の定期船航路のように神戸港から一直線にフィリピンに向かったのではなく、きっと中国の沿岸を航海したのだろうと思うが、それは、それは大変な航海だったと聞かされた。どんなフェリーだったか知らないが、ボクは明石海峡の「たこフェリー」をイメージし、その怖さに納得したものだった。
[PR]

by pac3jp | 2007-05-30 08:25 | 特殊船