タグ:コンテナ船 ( 8 ) タグの人気記事

 

女性キャプテンの内航コンテナ船

c0041039_1644723.jpg 3月3日、神戸と広島を結ぶコンテナフィーダー船で498総トン5人乗り組みの「翔洋丸」の女性キャプテンが主役のドキュメントがあった。

 神戸港を午後に出港し、翌日の朝に広島港到着する航海で、真夜中に来島海峡を通過する「ドロボー・ワッチ」にあたる時間に船長がブリッジで操船する様子を撮っている。
 本船のブリッジで目につく航海計器はレーダーが2台、1台にはチャートは出なかったが他船の方位、速度、AISの情報も出る。それに正面にGPSのプロッターが見える。

 ボクも何度かこの燧灘の航路を昼間に通ったことがあるのでブリッジのオートパイロットに表示されている針路が写ると周囲の島々が少しは想像できる。来島海峡は潮流が早く、それに船舶の航行も多い、さらに航路は西水道と中水道があり潮流の向きで通過する航路が変わる特殊な航路である。ルールは「順中逆西」となっていて中水道は狭いので必ず順潮で通過するようになっているようだ。南流の場合は左側通行になるので充分注意がいるのだ。

 ヨットは航路を航行する義務はないのでボクはいつも憩流時に西水道の四国側の航路外を航行している。でも大三島に泊まることが多くなったので小型船が常用する「船折瀬戸」を通ることが多くなった。

 くるしまマーチスのHPにはこの海峡で起こった海難の事例が数多く記載してあるが、日本の海に慣れない外国船が引き起こした、あるいは引き起こしそうになった事例が結構多い。外国船には特に注意が必要だ。

c0041039_16445518.jpg

 寺田キャプテンが操船する「翔洋丸」も南流で西水道を先行する外国貨物船に海峡内で追い越す時、近寄ってくる外国船に注意喚起のサーチライト照射をしている。船長がブリッジの天井に付いているスイッチレバーを素早く操作して注意信号を送っていた。
 突然、ボクも昔、夜間航行中にガット船からサーチライトを照射されたことを思い出した。そのときは相手がボクをレーダーか目視で確認していたので「びっくりした」だけ済んだが衝突していたら大変だった。

c0041039_16453753.jpg 来島海峡を過ぎたあとは、船長さんの大事な仕事は広島港の接岸作業だ。穏やかな日和で接岸は簡単だろう見ていたが、1410トン積みのコンテナ船は流石に大きく重い、その船体を高いブリッジからの操船するのは、ヨットとは随分違う。1軸エンジンとバウスラスタを使っての接岸操船をカメラはブリッジ目線で撮っている。自分がやっているようでちょっと緊張する。バウとスターンにはオールハンズでクルーが立ち、ホーサーはウインチで巻きとるので力はいらないがチームとしての連携作業が必要で船長の腕の見せ所でもある。

 彼女の夢は外国航路の船長さんになってパナマ運河を通って見たいとおっしゃっていたが、安全運航を続け、スキルアップして是非とも貴女の夢を実現させてください!
[PR]

by pac3jp | 2010-03-04 16:56 | 貨物船  

内航コンテナ船女性船長、テレビに出演!

c0041039_9331244.jpg ボクは神戸港と広島港を結ぶコンテナフィーダー船「翔洋丸」の女性船長を注目してきたが、今度はNHKの新しい番組「カンテツな女」に登場するという。

 最近は若い男性に比べ特に女性の元気が良い。昔は建設現場などには現場事務所の事務員さんと食堂のオバちゃんしか女性はいなかったが、いまは現場作業でも女の子が活躍しているという。町中でも大型ダンプの女性ドライバーをよく見かける。

 そんな元気に働く女性のうち、《深夜0時。多くの人が眠りに落ち、あるいはテレビの前でくつろいでいる時にも、懸命に働く女たちがいる。夜を徹して働き、朝を迎える女、名づけて「カンテツな女」》・・・こんな番組に内航コンテナ船船長 寺田美夏さんがNHK総合テレビ、2010年3月3日(水) 午前0時10分 (火曜深夜)に登場する。[再放送]は 2010年3月7日(日) 午前3時08分(土曜深夜)

番組ホームページは → ☆第7夜 貨物船船長 寺田美夏

【関連記事】1:内航コンテナ船に初の女性船長が 
【関連記事】2:女性船長の仕事ぶり見学 

【参考Web】:コンテナフィーダー輸送とは 
[PR]

by pac3jp | 2010-02-20 09:04 | 貨物船  

女性船長の仕事ぶり見学

 12月8日、地元の神戸新聞朝刊に↓の小さな記事が載っていた。

【女性船長の仕事ぶり見学】  
神戸ー広島航路で国内初のコンテナ船の女性船長を務める寺田美夏さんと交流する「神戸・みなと体験」が12日、中央区のポートアイランドコンテナターミナルで開かれる。神戸市や神戸港の海事関係団体でつくる「神戸海事地域人材確保連携協議会」が主催。
当日は午前8時半に同区の勤労会館前に集合。寺田さんが船長を務める三原汽船の「翔洋丸」を見学し、日々の仕事や体験談を聞く。
対象は市内の小学4年生から中学2年生とその保護者。定員は10人程度。申し込みは市みなと総局振興課へ。


 彼女が会社からコンテナ船の船長に任命されてもう半年たったが、その間でも広島ー神戸の海域で本船や漁船などが関係する海難事故をたびたびニュースで聞いた。そんな過密な瀬戸内海の運航で新人の船長さんはさぞ大変だったろうと思う。

 でも、何でも日本初のお仕事に就いた女性は大変です。

 今週末にはカッコいい女性として「神戸海事地域人材確保連携協議会」と長い名前の団体からは広告塔としてのお仕事を頼まれている。今回は小学4年生から中学2年生の少年・少女が参加者で、多分彼らはコンテナ船を初めて真近で見るのだろう、小型とはいえ船体長が76m、1400トン積の船は大きい。そんな船を自在に操船する女性キャプテンをきっと憧れの対象として見るでしょう、「すごいなぁ!いつかじぶんも船長さんになってみたい!」と。

 将来、内航船や近距離フェリーの船長さんは女性の職業として認知されれていくかもしれないなあ。

c0041039_16531659.jpg しかし、アメリカでは体力や経験の必要な外洋マグロ延縄漁船の船長をしている女性もいるが日本ではどうだろう。(当ブログ右下のライフログに「わたしは女わたしは船長」参照)

左画像はリンダ・グリーンロウさん2冊目の本である。

 クルージングヨットはカップルで航海しているフネが多いが中には女性の方がはるかに適性があるようにみえるカップルもいるので、こちらはずっと早く出現するかもしれないが、残念ながらこちらは「職業」にはならないもんね。

【関連記事】1:内航コンテナ船に初の女性船長が。 
【関連記事】2:6級海技士 
  
[PR]

by pac3jp | 2009-12-11 17:08 | 貨物船  

内航コンテナ船に初の女性船長が。

 神戸港・六甲アイランドのコンテナターミナルには大型コンテナ船がずらりと並びコンテナクレーンが忙しく動いている。そのバースの端の方に「IMOTO」と船体に大きな社名をいれた499トン型の内航コンテナ船がよく空船で泊っている。
 全長の割りにブリッジの背が高く変なスタイルの船なのでよく覚えている。この間は宮崎・都井岬の沖で行き会ったが、なにか知り合いに会ったように懐かしかった。

 そんな折、神戸港を拠点にしている内航コンテナ船で初めて若い女性の船長があらわれたと地元新聞が報じていた。



内航路コンテナ船で国内初の女性船長 神戸-広島

c0041039_9531889.jpgコンテナ船で国内初の女性船長に就任した寺田さん

 神戸-広島を結ぶ内航路のコンテナ船で、国内初の女性船長が誕生した。通常はおよそ10年はかかるといわれる船長就任。男性が9割以上といわれる業界の中で積極性や人柄が評価され、わずか5年のキャリアで異例の抜てきを受けた。「船にいる時間が何より好き」と話す女性キャプテンは真っすぐ海を見据えてかじを取る。(前川茂之)

 香川県観音寺市の三原汽船に勤める寺田美夏さん(28)=千葉県市川市。高校3年生のとき、雑誌に出ていた船員の姿に目が留まり、船員を志すきっかけとなった。「体と頭を両方使うのが船乗り。かっこいいと思った」という。静岡の海上技術短期大学に入学、卒業後同社に入社した。
 当初は船酔いが治まらず、年配の男性船員には「どうせ結婚したら辞めるんだろう」と、見られたこともあった。それでも海に出れば気持ちは自然と前向きになれる。大海原から昇る太陽や疾走する船の周りで飛び跳ねるイルカ、瀬戸内海に浮かぶ緑の島々…。「船に乗る時間が本当に好きでたまらないんです」と笑顔を見せる。
 そんな寺田さんを同社の三原康作専務は「常に積極的に取り組む姿勢が素晴らしい。今後の業界を背負っていく存在」と評価。7月27日付で井本商運(神戸市)とマロックス(広島市)が共同運航する貨物船「翔洋丸」(499トン)の船長に任命した。

 乗組員は寺田さんを含め22~30歳の6人。「船はチームワークが最も大切」といい、誕生日パーティーやクリスマス会などを次々に企画、乗組員とのコミュニケーションを図る。年代が近いこともあり、船内は常に笑い声が絶えないという。
 2年前には結婚し「ママになってもずっと船長をやっていたい」と張り切る寺田さん。「女性船長や船員がもっと増えてほしい。海の良さを知ればきっとはまるはず」と目を輝かせた。
神戸新聞 (9/1 16:00)


c0041039_954272.jpg
 内航コンテナ船「翔洋丸」

G/T:498t D/W:1410t 航行区域:沿海
全長 :76.68m  型幅 :13.00m 型深 : 6.62m 乗組員数: 5名
主機 :2000PS  主機メーカー:新潟原動機
進水年月日:2008年7月 船舶所有者:三原汽船

 499トンはコンテナバースでは小さいですが航路で行き交うとかなり大きな船ですよね。今まで女性船長と言えば港内の遊覧船や巡視艇の船長さんなど小型船ではいらしたようですが、いよいよ本船のキャプテンが現れましたね。

 これから六アイのコンテナバース付近で女性船長の「翔洋丸」に出会うかも知れないなぁ、もし出合ったらエールを送ることにしょう!


【関連記事】:6級海技士
[PR]

by pac3jp | 2009-09-04 10:05 | 貨物船  

中国の便宜置籍船?

 秋を感じさせる北よりの微風に乗ってどんどんと沖へセーリングしていると、風が落ちたエリアに大阪市の帆船「あこがれ」がセールを3枚揚げたまま漂っていた。デッキには体験乗船らしい老若男女が大勢乗っている。そういえば日曜日にはこのあたりの海面でよく見かける。

 ボク等は機帆走で近寄り、帆船が機帆走するときに揚げる形象物が揚がっているかと注意深く見たが、無かった。同じ帆船分類されるヨットでは全く見たことはないが、プロが乗る帆船では形象物もしっかり管理してるだろうと期待していた。

 「あこがれ」はセールが揚がり、エンジンは掛かっていたがプロペラは回っていなかった、エンジン音は大きく聞こえたがジェネレーターかもしれない。この場合は帆走中(止っているが)なので機帆走の形象物は必要ないが、もし、対向船がきて移動する場合は機帆走になるのでマストの周りに形象物が準備してあるかと思い念入りに見たが発見できなかった。残念。
 次回、機帆走時にしっかり観察することにしよう。

【関連記事】:黒色円すい形形象物

c0041039_16414832.jpg

 「あこがれ」から離れると神戸港の沖に異様に大きな2本のアンテナタワーとマストを持つ古い中型のコンテナ船が漂泊していた。船名は漢字で「明州12」、船尾には見慣れない国旗が揚がっている。船籍港を読むとカリブ海のキングスタウンと表示がある。調べると国名はセントビンセントおよびグレナディーン諸島、略号で「SVG」人口16000人あまりのイギリス連邦のメンバー国だ。アメリカ人のメガヨットもここによく船籍を置いている。

 近くに寄るとクルーが手を振っている。色の白いアジア人達だ。中国人かも知れない。一緒にいた仲間はあの異様なアンテナからして「北朝鮮のスパイ船と違うか」と言うが、白昼堂々、そんなはずは無い。

 中国のコンテナを積んでいるので中国のコンテナ船らしいがファンネルマークもない。中国の外航船は国営だと聞いていたが、最近は民間資本の海運会社が税金の安い国に船籍を置く便宜置籍船を運行しているのだろうか。
 近海航路を運行しているようだが、それにしてもマースクやNYKの最新型のコンテナ船を見慣れてくるとなんとも古臭い。逆三角形の艫にアンカーホールが開いているコンテナ船など最近は珍しい。GMDSSで衛星通信が一般化して何本もロングワイヤーを張ったアンテナを持つ船も少なくなってきたなぁ。
[PR]

by pac3jp | 2008-09-01 16:48 | 貨物船  

救命艇の訓練?

 六アイ、マースク専用バースで大型コンテナ船からオープンデッキの救助艇が海面近くまで吊り下げられているのを見かけた。コンテナ船は荷役時間が短いので搭載艇の訓練を海面に降ろしてやっているのは今まで見たことがなかった。何をしているのかなと思ったが、通り過ぎてしまった。

c0041039_935214.jpg 帰りにまたそのコンテナ船の傍を通ると今度はオレンジの全閉式救命艇が本船の周囲をゆっくりと航行している。本船からはダビットのワイヤーが海面までぶら下がっている。オモシロそうなので邪魔にならない距離まで近づいて、よくみるとスキッパーはマースク色のヘルメットをかぶった金髪で細身の美人だ。北欧のコンテナ船は女性のクルーが乗っているんだね。船長が奥さん同伴で乗っている船があるとは聞いたが、なんとも羨ましい!

c0041039_9354968.jpg ライフボートデッキでは行きにはワイヤーに吊られていたレスキューボートがもう訓練は終わったのか、ラックに納まっている。デッキではライフボートを吊り上げる用意をして、ウインチマンがスタンバイしている。

 船舶が緊急事態に陥ったときに運用される救命艇はクルーの誰でもが扱えるわけではないのだ。日本では正式に国家資格を取った「救命艇手」が救命設備の操作を担当する。さっきの救命艇の美人スキッパーは日本で言う「救命艇手」なんだろうね、キット。

もし、やってみたいなぁと、思う方は以下をご覧下さい。



救命艇手

概要
救命艇手(きゅうめいていしゅ)とは、救命艇手試験に合格した者。
国内外において船舶が非常事態に陥ったとき、救命艇に食料や航海用具を積み込んだり、海員や旅客の誘導、救命設備の操作などをする。

受験資格
18歳以上で健康証明書を所持し、遠洋区域若しくは近海区域を航行区域とする船舶(旅客船にあつては、沿海区域を航行区域とするものを含む。)又は乙区域若しくは甲区域(船舶職員及び小型船舶操縦者法施行令 (昭和58年政令第13号)別表第一の配乗表の適用に関する通則12又は13の乙区域又は甲区域をいう。第13条第1項第3号ロにおいて同じ。)において従業する総トン数500トン以上の漁船に一年以上甲板部の職員又は部員として乗り組んだ者、遠洋区域若しくは近海区域を航行区域とする船舶(旅客船にあつては、沿海区域を航行区域とするものを含む。)又は乙区域若しくは甲区域(船舶職員及び小型船舶操縦者法施行令 (昭和58年政令第13号)別表第一の配乗表の適用に関する通則12又は13の乙区域又は甲区域をいう。第13条第1項第3号ロにおいて同じ。)において従業する総トン数500トン以上の漁船に1年以上甲板部の職員又は部員として乗り組んだ者の船舶以外の船舶に2年以上甲板部の職員又は部員として乗り組んだ者、船舶に、前条第1号の試験にあつては3年、同条第2号の試験にあつては1年以上乗り組んだ者また、18歳以上で健康証明書を所持し、6ヵ月以上の船舶乗船経験者で以下のいずれかに該当する者は無試験で認定される。

海技士(航海、機関、通信)のいずれかの資格にかかる海技従事者。
大学、高等専門学校、高等学校において、救命艇の操作に関する教科課程を修めて卒業した者。
海技大学校、海員学校、海上保安大学校、海上保安学校または、水産大学校を卒業した者。
国土交通省が認定した講習を修了した者。

なお、国内を航行する船舶の膨張式救命いかだのみ扱うことができる。「限定救命艇手」という資格もある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


参考:以前の関連記事から「スライダーに乗った救命艇」
[PR]

by pac3jp | 2007-03-23 09:46 | 貨物船  

コンテナ船の落書き

 ホームポートから西に向かってクルージングに出るのに近年どんどんと遠回りになってきた。神戸港とその沖が埋め立てられ空港や新しい人工島ができ、セーリングするヨットはその沖を通るのだ。でも沖の波が高そうな時や急ぐ時は港内の六甲アイランドコンテナ岸壁の前を通ってゆく。
c0041039_10364186.jpg
 その東端の岸壁はNYKの大型コンテナ船が何時も使っているが他の船会社の船が着いていることもある。その岸壁をよく見ればここに入った記念だろうか多くの船名がペイントでサインされている。○○○MARUなんて名前もあるので日本の船もあるのだろう。でもオーナーは日本の船会社でも船籍はパナマ、船員は全員外国人の船も珍しくない。

 その落書き風のサインを見ていると、なぜこの岸壁に書くのか、どうやって書いたのだろうかチョット不思議だった。100年以上も前、世界の海に出ていた捕鯨船の薪水の補給基地だったガラパゴス諸島では母国に手紙を託したポスト付近に自分たちの船名を流木に書いて置いた場所があったそうだ。そんな船乗りの伝統が今だ残っているのか、あるいはただの落書きかも知れない・・・。

 で、どうやってその岸壁に書いたかだが、勿論ボートを下ろして海側から書けば簡単だが、コンテナ船は荷役が終わればすぐ出港してしまう。またそんな手ごろなボートなんか積んでいない。多分コンテナクレーンが荷役中に暇なクルーが書くのだろうが、本船と岸壁の間はフェンダーの幅しかないので身体は入るがペイント作業は出来そうにない。多分岸壁の上から逆さ文字を書いたのかもしれない。ご苦労なことだね。

 ボクも昔、旅先の洞窟で小さくイニシャルを刻んできた記憶はあるが、ペンキで大々的に書いたことはない。ヨットのクルージングでこんなことをすると必ず大顰蹙を買うね。ヨット乗りの皆さん、港はきれいに使おうよ!!
[PR]

by pac3jp | 2007-01-04 10:43 | 貨物船  

巨大なコンテナ船がやってきた「エマ マースク」

c0041039_1004348.jpg

 先週、神戸港六甲アイランドのマースクバースに巨大なコンテナ船が入ってきた。世界最大のコンテナ船「エマ・マースク」(約17万トン)で20フィートコンテナ換算で11,000個を積載できる超大型船だ。 全長約400m、全幅約56m。パナマ運河は通れない大きさだ。でも欧州~アジア間専用では関係ないか。スターンから喫水標を見れば満載で約17mとなっている。神戸港で最初に出来たコンテナバースがもう使えないと聞いていたが、この喫水ラインを見て納得した。

 ボクのフネは喫水1.7mだが停泊するときは20パーセントのマージンで最低でも2mの水深は欲しい。この巨大なコンテナ船では水深20m以上は必要になるのだろうか。でもここの水深はそんなに深くない。
 この付近の岸壁はコンテナ船ずらっと横付けで着く。横から通してみると東側のNYKの7~8万トンクラスが小さく見える。「エマ・マースク」の横幅はかなり広い。コンテナクレーンの長いアームがもう一杯だ。スターンデッキに積まれたコンテナを数えると22個ある。黒いNYKコンテナ船はデッキには12個並んでいるだけだ。凡そ倍の幅がある。
c0041039_1013527.jpg

 前に回ると40フィート以上はありそうな巨大なバルバスバウが付いている。バウスラスターマークが2個、、マースクライン船のアンカーはみんなハルに嵌まり込むタイプでこのフネもそのようになっている。400mもある長い船体もまだ新しいのでダグボートがつける傷もない。

 ブリッジを見上げるとマストにデンマークの国旗がはためいていた。デンマークもドイツも北欧の外航船はしっかりと船籍は自国に登録している。それに較べて日本の外航船は殆どが便宜置籍船になっていて近所のバースに入ってくる日本郵船や川崎汽船も船籍はパナマだ。日本の命運を担って海外からエネルギーや多くの生活物資を輸送する船舶のうち日本国籍の外航船は100隻を割ったといわれている。

 外航船の国旗を見ると生来の心配性?が頭をもたげてくるのだ。もし、いざという事態になったとき日本商船隊はどうなるのだろうかと。船は外国籍、船員は殆ど、あるいは全員外国人の船もある。日本国の船会社の指令通りに運航できるのだろうか。
 多分、大幅な危険手当を出すといっても外航船舶を運航する人手は激減して、国内の物資不足が大問題になるでしょうね。
 そうならない事を願っているが、もしそういう事態になった時、国民の生活を守る術は出来ているのだろうか。大いに心配ではある。
[PR]

by pac3jp | 2006-10-18 10:12 | 貨物船