タグ:キール ( 7 ) タグの人気記事

 

キールを交換したヨット

c0041039_9584911.jpg この一年ほどに輸入された最新のレーシングヨットのキールはみんな深いキールの先に砲弾型のバラストがついたタイプになってきた。昨年のジャパンカップではバルブのない深いフィンキールをもつヨットが勝ったらしいが、バルブキールの方がスタビリティ的には有利だろうと素朴に思うがレーシングルールの関係もあるので不勉強のボクはよく分らない。
↑画像は07.7月に進水したX-41odのキール


c0041039_9594071.jpg 昨年冬、ハーバーの上架ヤードで大型レースヨットの物と思われるバラストキールが無造作に転がっていた。ワイヤーで吊り上げる時に出来たのかキールのエンドエッジが欠けている。でも、キールの底に座礁した跡はない。座礁したヨットを修理するためにキールを取り外したのではないようだった。
・・・その後上架されたレース艇の列にそのキールの旧持ち主を発見した。


c0041039_1001543.jpg 数ヶ月間キールとマストがない42fのヨットが船台に寂しく載っていたが、先月新しい新型キールが到着したようで取り付け工事が始まっていた。形を見ると最新レースヨットに装着されているのと同じようなバルブキールだ。勿論、バルブ部分のデザインに細かい違いはあるのだろうが外観はよく似ている。

 昔はヨットの性能を上げる目的でキールの交換をした話は時々耳にしたが、この頃は今のヨットの性能が不満なら新しいデザインの新艇に乗り換える方が手っ取り早いのでマストやキールを取り替える工事を見ることは少なくなった。

 でも、エコロジーが叫ばれる現在、再利用できる鉛のキールだけ取り替えて最新の性能が得られ、ヨットのレース寿命が延びたら、回りまわって廃プラスティックも出ず、環境に対しても最高かな。

 先日、新キールで初めてのレースにエントリーするのだろうか、近くの桟橋に係留していた。キールの形状が大きく変わったので走らせ方やリグの細かいチューニングも必要なんでしょうが、今後のレースシーンでの好成績を祈っている。
[PR]

by pac3jp | 2008-04-02 10:09 | ヨットの艤装と艤装品  

セールボートのキール part2

c0041039_111481.jpg
 先週、キールを取り外して修理しているヨットの記事を書いたが、年式は新しいが、同じビルダーで建造された36フィートのヨットをお持ちのオーナーさんがキャビンテーブルや床板を外してキール取り付け部の点検をされた。ついでにキールボルトの締め増し行うという。

 ↑画像はキール取り付けフロアを上から撮った画像である。キール付近を強化するインナーハルのフレームが通っている。キールは16mmのSUSボルト11本で取り付けられている。うち、最前部のボルトには避雷用のマストアースが接続されていた。

c0041039_11142483.jpg 艇内のビルジは全てキール中央部の10cm角×深さ10cm位のビルジ溜まり集まる。船体と一体に成型されているようだ。ここには電動ビルジポンプのサクションホースが差し込まれていた。同じく隣には手動ビルジポンプのフィルターが見える。この部分でキャビン床下までの深さは20cmくらいか。

 プロダクションヨットでは同じ方法で建造するビルダーも多いので画像のようにキールを取り付けているヨットはよく見る。昔のヨットは簡単にキールボルトも点検できたが、最近のクルージングヨットはキャビン内に立派な造作があるので点検しにくいヨットもありそうだ。

 一方、このハーバーのレーサー達に人気のあるXヨット社のキールは「亜鉛メッキの鋼鉄ガーダーシステム」と言われる構造になっている。

c0041039_11144797.jpg 鋼鉄のフレームが艇体にFRPで固定されマスト・キール・リギンの力を受けとめて、車で言えばフレームの役目を果している。計算では2Gの急停止(例えれば、9.5ノットのスピードを60センチで停止しても、艇体の構造には損傷が発生しない)に耐えることが出来る。  (135°E さんのWebより引用)

 ←画像はボクの仲間の38フィートのクラブレーサーのキール取り付け部分だ。亜鉛メッキのガーダーの手前側はマストステップである。その先に30cm×15cm×深さ20cm位のビルジ溜まりが見える。これはハルから小さな逆台形(キール様)の突起物とし艇外に出ているが、バラストキールの切り欠け部と合わせて一体にFRP積層されているので外からは勿論見えない。

 このようにヨットのキールはデザイナーやビルダーによってキールの材質・形状や取り付け方法も様々である。材質もよく、強度もあり、しっかりと手間の掛かった構造になっているフネは当然船価も高いということでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2007-12-26 11:20 | ヨットの艤装と艤装品  

セールボートのキール

c0041039_13455117.jpg 修理の為にキールを外したヨットはマストも抜き取られて横の架台によくおいてある。キールを外すのにマストが邪魔になるんだとボクはかんたんにそう思っていたのだが・・・。
 キールを外すほどの座礁事故をした経験もないので、ついうっかりそう思っていたが、ヨットのキールを取り外す時はマストも船体から必ず抜き取らなくてはならないのだ。キールはバラストキールともいわれ、この重いキールで高いマストに風を受けて走るヨットの重心を低い位置に保っているのだ。陸上でもキールだけ外すとマストに当る風圧とその重量でヨットはトップヘビーになり風が吹くと船台から転げ落ちてしまうのだ。

c0041039_13414669.jpg
 昨日、ヤードでキールを取り外している41fのクルージングヨットがいた。鋳鉄キールに座礁した傷跡もない。取り外したキールを上から覗いて見ると珍しい物が見えた。それはキールに縦に掘られたビルジ溜まりだった。直径は12cmくらいか、深さは20cmくらいまでは見えるがビルジが溜まっていて底は見えなかった。キール付近に造るビルジ溜めは船体と一体で造られているのが多いと思うがデザイナーによって様々だね。

 キールが外された船底を見るとビルジを落とし込む穴がぽっかりと開いている。船底のFRP厚さは2cmくらいか、重いキールを取り付けるにはちょっと薄いかなとも思うがキールを支える構造が外からはわからないの何ともいえないが、眺めていると船底からアカが漏る理由はボクでもなんとなく想像できる。

c0041039_13421617.jpg
 付近にもう一つ対照的にも見えるキールがパレットに載って置いてあった。これも同じく41fのキールだがこれは純レーサーのものである。
 30mmは充分あるだろう分厚く幅広い頑丈な鋼板に鉛のキールが付いている。船体の方はキールのベースが表面に出ないよう沈めて成型してある。取り付けた後はハルとキールはFRPで一体に積層されるのだろう。前記のクルージングヨットに比べ格段の強度がありそうなのは素人目にもわかる。このレーサーは座礁でも、アカ漏れでもなく、性能向上のためにキールを交換するらしい。

c0041039_13431390.jpg 浅いハルのヨットは帆走性能は良いが、ビルジが出るとヒールの度にキャビンフロアーをビルジが流れて大変だ。その点、深い船体を持つヨットはスピードは出ないがビルジが暴れる心配はない。
 以下ご参考に、重いHR社のクルージングヨットのキール取り付け部とビルジ溜まりのカタログイメージをコピーして掲載しておきます。
[PR]

by pac3jp | 2007-12-17 13:53 | ヨットの艤装と艤装品  

サントリーマーメイドⅡ part2

c0041039_11234094.jpg
 今年5月末に進水した波浪推進船サントリーマーメイドⅡ号は来年、2008年3月中旬から5月下旬にかけハワイ・ホノルル~紀伊水道間の航海をする予定だ。最近まで外洋で新型船のシェイクダウンをやっていたのだろうか長い間ハーバーを留守にしていたが、先日ヤードで上架して推進システムの修理や改造をやっているのを見かけた。

 キール付きのカタマランは船台なしで上架出来るんだ、と思いながら作業を「ちらっ」と見せてもらうと推進翼に取りつけられたリンクバー支点の部品が新しい物に溶接交換された模様。塗られたペンキが新しい。それに翼のバランスを取っているコイルばねも少し大きくなったように思う。

 この船の速力は堀江さんに直接聞いたわけではないが、関係者の話では外洋のテストでは2ノットくらいだったそうだ。まだこれからチューニングの効果が出てくるのだろうが、その速度では「海面を流れているゴミ並み」とは言わないまでも風や海流のお世話になる割合はより大きくなるね。

 この波浪推進のアイデアは1895年にイギリスで特許を申請した記録があって、その時の実験船では3~4ノットで進んだといわれているそうだが、当時の重い木造船にセットした波浪推進装置が出した速力に軽いアルミ船に装備したシステムが速力で負けているのは何故でしょうね。
 100年以上前の古い話なのでよく判らないが、きっと、波浪推進に最適な波の日に計測してなおかつ、英仏海峡の早い潮にも助けられたのかもね?

 よく準備不足で航海に出てしまって航海中ずっと後悔していたヨットマンの話もあるが、流石に歴戦のヨット冒険家の堀江さんは違いますね。出航の1年前には冒険ヨットが出来ていて、ほぼ1年かけて周到に準備をされている。今回は今までになかったタイプの船なのでどんな事になるかも判らないので「もしもの時」に備えてたっぷりの食料の積み込みが必要ですね。
 腹が減っては・・・何んにも出来ない! ですからね。

 来年になればハワイに向けて船積みだろう。ボクもサントリーマーメイドⅡの安全で無事な航海をお祈りしている。


以前の記事から:サントリーマーメードⅡがやってきた!
[PR]

by pac3jp | 2007-10-26 11:32 | 特殊船  

ヨットのキールさまざま

c0041039_9405663.jpg ヨットの船型が進化してきた過程で、キールのデザインがヨットの性能向上に大きく関わってきたことは間違いないだろう。ボクも高性能のヨットが一番いいヨットだと思い込んでいた時代にはアメリカズカップ艇やそれらの新技術を取り入れた外洋レーサーなどが理想のヨットのように思い込んでいたし、最新の流体力学によって設計されたキールがいいものだと信じていた。

 だが、ボクもヨットの遊び方が変り、ショートハンドのクルージングだけになってくるとヨットに求める性能は「波浪中の乗り心地、積載力、扱い易さ、浅い喫水、機走力」と帆走性能の向上とは全く正反対の条件が並んでくる。そしてそのような目でヨットを見れば又違うタイプの船型が、あるいはキールの理想の形が見えてくる。

 まず、画像(上)かなり過激なキールだ。幅が狭くてかなり長く下部に大きく重いバルブをつけている。メル・サカに出ていたオージーのレーサーだ。上架してなにやらキールの取り付け部をさわっていたがそのあたりに問題があったのかもしれない。

 画像(下)は最新のX-35fワンデザインレーサーのキールだ。このキールはバルブが付いているが、新しいファー47などのIMSレーサーはレーティングを考慮したのかストレートのキールに戻っているようだ。

c0041039_942441.jpg
 ヨーロッパの大ビルダーのプロダクションボートのデザインはレースで好成績をあげたデザインをベースに普通のヨットマンでも乗れるフネに仕上げて販売される。従って船型もキールもよく似たタイプが付けられている。上の画像は比較的新しい50f前後の2艇を較べてみた。
 左は大型のジャヌー。右は同じくXヨットのものだ。レーサーよりは多少浅いキールがセットされているがよく似ている。

c0041039_943241.jpg
 一方クルージングヨットマンに好まれるのは少し重めの中排水量や重排水量タイプのヨットだ。このタイプのフネのキールは最新のプロダクションヨットよりも前後に長く、デザイン的には古いがクルージング的な使い方ではメリットはある。画像(左)は大分古いファーストだがキールはこれ位のサイズが安心できる。
 画像(右)はアメリカ東海岸製で伝統的なスタイルでお金持ちに人気のヒンクリー42のキールだ。高級ヨットだがデイセーラー的に使うオーナーも多いらしと聞いている。

c0041039_9433232.jpg
 ヨットレースをしていた頃はロングキールのヨットなんて大昔に作られたクラシックヨットだけだろうと思っていたが、そんな事はなかった。ロングキールの愛好者は多く、今でもアメリカのアイランドパケットや北欧のナウティキャットなどロングキールやセミロングキールの新艇が沢山売られている。ここのハーバーでもロングキールの新艇が毎年進水している。ロングキールは直進性は良いがどうも後進が難しい。新型のナイティキャットは皆さんサイドスラスターを2基も装備して後進も旋回も自由自在だが本当のクラシックヨットは苦労している。
 画像(左)は38f、船齢40年の木造ケッチ。ロングキールだがスラスタがないのでバースの出入りに苦労していた。「僕の腕ではここは無理!」と、最近広いバースに替わっていってしまった。

 それで、あんたのフネはどうなんだと言われるが、重排水量タイプのヨットで喫水は1.7m、深い船体に前後には長いが短いフィンキール画像(右)が付いていて、下部は丸く膨らんで重さ3.4トンのバルブキール風になっている。キールの側面の上部分は深めのビルジウエルだ。こんなキールなのでレーサーのようにきっちりと風上に上るのは難しい。後進は長めのキールとスケグが邪魔して操船には少しだけコツがいる。でも波のある海面では乗り心地は良く、深い船体には充分な積載力はある。クルージングはレースと違い風上に向かって走る機会はわりに少ない。フリーのコースでは程々のスピードはあるのだから問題ないね。

 やっぱりこのキールがボクにとっての理想のキールなんだなと思っている。(^^♪
[PR]

by pac3jp | 2007-06-18 09:52 | ウオッチング  

浅いキールを持つヨット

 毎年、ゴールデンウィークが終わるとヨットハーバーの作業ヤードにはキールや舵を損傷したヨットが必ずと言ってよいほど修理の為に上架されている光景を見かける。

 普通のクルージングヨットもヨットの横流れを防ぎ、風上に帆走するために少し深いキールが付いている。30f前後のヨットで1.6m~1.8mくらいの喫水があるのが多い。浅い漁港では喫水1.6mでも安心して停泊できないところもある。

 クルージング中、勝手が分らない港に近づくとき、どんどんと浅くなっていってるのに気が付かず座礁するのはよくある事?だが、水深に注意していても突然岩礁に乗り上げてしまった経験を持つヨット乗りも多いだろう。ボクも昔、外来艇がよくぶっつけることで有名だったサントピアマリーナ前の○○○岩に乗り上げたことがあった。もっとキールが浅ければ・・・。(^_^メ)

 レースヨットは上り角度とスピードが命だがクルージングヨットは頑丈で居住性がよくて、浅い海域でも行動できることが求められる。クルージングヨットでレースをしようと思うオーナーは深いキールのレースボートぽいフネにするが、クルージングに徹するなら浅いキールのヨットを選ぶのがベターのチョイスかもしれない。

c0041039_11342356.jpg 左の画像は浅く長いフィンキールの後端に小さいウイングが付いているデザインのキールだ。喫水は1m位か。キールのすぐ後ろにセールドライブのストラットが出ている。プロペラが3翼のフォールディングペラなのでキールぎりぎりの浅いところを通過するとプロペラにダメージを受ける恐れもある。


c0041039_11351934.jpg 2番目の画像は浅いロングキールにセンターボードの出し入れで風上航を稼ぐキールだ。大型のクルージングヨットもこのタイプのキールはよくある。プロペラはフルキールとラダーに保護された部分にあるので座礁とは関係ない。

 2隻とも浅いキールに合わせて短いラダーが装着されているが、ヨットがヒールしたときの舵効きはどうなんだろうね。少し心配。

 でも、前に知り合いが乗っていた「パイオニア11」はキールは浅喫水タイプだがラダーは標準タイプで、キールより深いラダーがついているなど変なヨットだった。座礁すると真っ先にラダーシャフトが曲がってしまい操船困難になったりしていた・・・。
 ヨットにとってはどっちが壊れても大変だが、まだ舵よりキールのほうが頑丈で壊れにくいからなんとか母港まで帰港出来る可能性が高いかなぁ。

c0041039_11541718.jpg もっと浅い場所や海岸でビーティングをしようと思えばリフティングキールやツインキールが付いたヨットもあるが日本では余り普及していない。日本人好みではないのでしょうね。

 もうすぐゴールデンウィークが始ります。
 多くのヨット乗りの皆さんもどこかへクルージングに出掛けられるのでしょうが、大いに楽しんで、フネを壊さず無事にお帰りになるのを心から願っていますヨ。
[PR]

by pac3jp | 2007-04-25 11:50 | ヨットの艤装と艤装品  

キールに付ける保護亜鉛(ジンク)

 少し前にヤードで作業中の大型アルミヨットの深いキールを見ていてなんか変な金物が付いているなと思っていた。昔、キールにトリムタブをつけていたヨットの話を聞いたことがあるが、それかなとも思うがヒンジに当たる金具が一つでは駄目だしなぁ・・・。普通キールの表面はつるつるに仕上げるものだ。乱流を起す突起物などとんでもない。でもこの元レーサーはボルト穴が開いたプレートが後ろエッジに付いているのだ。(後ろならOK?)
c0041039_9284327.jpg

 作業中の人にお聞きすると「ジンクを付けるところです」とおっしゃる。ヨットのジンクは一般的にはプロペラやシャフトに付けられているのにね。よく見ればその4mもありそうな細くて長いキールの先端に大きくて重そうな鉛のバルブが付いている。そして船体とバルブをつないでいるには特殊鋼のストラットだ。そしてバルブのすぐ上辺りにプレートが付いている。そうか、船体はアルミだがキールは鉄と鉛で出来ている。その電食を防ぐジンクなんだと思いあたった。

 普通、金属製の船体はしっかりと分厚く塗装されている。アルミのボートは停泊中デッキからジンクのワイヤーを何本も海中に垂らしているし、スチールのボートはスターンに特大のジンクをつけて電食の防止を図っている。

 二種類の金属が海水中に浸かると電気が流れ、陰極になる方の金属が電食することはよく知られていて、鉛と鉄の場合は鉄が減ってくる。
 ボク達が乗っているFRP製ヨットの船体は金属ではないので船体の電食は起こらない。でも海中に出ているプロペラ、シャフト、スルハル、ラダー金具など防水できない金属部品を保護亜鉛を付け電食から守ることは必要だ。キールは鋳鉄や鉛で出来ているが、FRPで巻かれ海水から絶縁されていたら電食はおきないだろうが、経時的変化や座礁などで防水層が破壊されたら鉄キールはサビが発生する。多分電食も起こり、ジンクの消耗が増えるのかもしれない。だけどキールが電食で減って無くなってしまう心配は全くない。

 一般的な電食はジンクがなくなるとゆっくりと、しかし、しっかりプロペラやスルハル・バルブを腐食させるが、陸電からの漏電は適切なアースや保護回路がないと「あっと言うまにスルハルは溶けて無くなりフネは沈没だよ」と、この道の先達によ~く聞かされている。どっちにしろ見えない電気はややこしくて難しい。ご用心!ご用心!
[PR]

by pac3jp | 2007-02-07 09:37 | ウオッチング