タグ:アンカー ( 20 ) タグの人気記事

 

ビームアンカーを打つ

 クルージング先の港で泊まる時、浮桟橋があれば便利で良いが、その周辺の状況を見てビームアンカーを打たなくてはならない事もある。
 例えば、艇の横から吹く風が強くなり、フェンダーが潰れてしまう程になりそうな時。あるいは係留した場所が港内の航路に面していて大きな引き波が艇を揺らし、桟橋や岸壁に激しく打ち付けられるなど、また、潮汐によってフェンダーがその効果を無くしてしまう、あるいはそのような可能性があるときにはビームアンカーを入れておくべきだ。
c0041039_9174170.jpg
 昨年は五島列島奈良尾港、壱岐芦辺港の浮き桟橋で2回、神戸港などの本船用岸壁で2回打った。ビームアンカーを打ち損ねて俵フェンダーが潰れてしまったことが九州で1回あった。

《 打ち方 》
 空いた岸壁や桟橋のまず、沖に錨を入れて、ゆっくりと槍着けの要領で近づく。そして、陸や桟橋からロープを取ったのち船を回して横着けにし、船尾のラインを船体中央のクリートかマストのあたりのステーまで回して来て止める。アンカーラインが船の真横方向に延びるからビームアンカーと言う。横を通る船が引っかけないように、アンカーモニターを吊るしてロープの角度を深くする必要がある。これで普通の日和なら岸壁と船の間は適当に開いて、舷側の汚れや傷みの心配がない。
 風が強くなってきたり、風向が変れば、ビームアンカーを逆Y型にしてバウとスターンから引き、風向に合わせて艇の姿勢を調節する。

 でもあるとき、ボク達は旅先の浮桟橋にいた。その夜強風が予想されたのでビームアンカーを入れて岸からも長いロープでまし舫いを取ったが、後から入ってきたロングクルージングのヨットは丈夫そうなタイヤフェンダーを入れただけだった。フネが風に押されてフェンダーでゴリゴリ擦られても平気のようだ。確かにアンカーを打ったり、また回収するのはメンドクサイ。でも夜中にステーがヒューヒューと鳴り、マストに受ける風圧でヨットがヒールし、桟橋に押し付けられる音を聞くのはメンドクサさを越える辛さだ。クルーが乗っていても嫌がる時もあるが、断固アンカーを打つことにしている。
c0041039_9183931.jpg

 ↑画像は今年4月、愛媛県今治港で係留した時の画像だ。港務所は港内で係留可能な岸壁としてこの場所を指定し、槍付けは通行の船舶に邪魔なので不可。横付け、ただし、これから大分潮が引くのでペンドルはしっかり入れときなさいよと注意して、25円の停泊料を徴収していった。この岸壁はゴムの防舷材の下1m位で垂直の岸壁はなくなっていて、奥に鋼板の矢板が見えてくるはずだ。
 風は旗で分かるが岸壁に吹き寄せられる風だ。手順通りに逆Y型にビームアンカーを入れ岸壁から1mほど引き離した。

 さらに暫くすると船首側の空きバースにタンカーが入ってきた。出航用のアンカーをボクのアンカーの上に落とそうとするので本船のバウマンにアピールする。すぐ近くにガラガラ、じゃぽーんと錨を落として後進で割り込んできた。

確かに活気のある本船用の港に着けるのは苦労も多いが、でも、たまには面白い事にも出合う。これからも時々は片隅にお邪魔したいと思っている。
[PR]

by pac3jp | 2006-06-14 09:26 | アンカー  

アンカーモニターを付ける

 梅雨の季節にもなってくると、もう夏休みのクルージング計画が具体的な準備の段階に入っている事だろう。ボクのご近所も時計周り四国一周のクルージングの準備中だ。コース中の停泊は瀬戸内以外の港で浮桟橋が使えるところは稀だし、普通は漁港の空いた岸壁につける事が多くなるだろう。

c0041039_1144225.jpg 従って停泊港の状況しだいではアンカリングをしなければならないが、アンカー装備やアンカーの入れ方は各人が自分の考えや手法を持っている。でも、基本は安全確実にヨットを係留する事と地元や近くの船に迷惑を掛けないマナーが必要だ。

 狭い漁港や港内通行の多い場所に槍付けをしたり、ビームアンカーを打ったときにはアンカーラインを沈めるためにアンカーモニターをつける。またこのモニターはアンカーラインのスコープ角度を小さくする働きやバウの舫いを引く働きで岸壁からヨットのバウを離す役目も受け持つ。ちなみにこの錘につけるラインの長さは水深+舷の高さが適当だそうである。

c0041039_1161232.jpg ではモニターとしてどんな形状の物を使うかだが、「春一番」の野本先生のご本には20kgくらいのチェーンの束を付けると書かれているが、ボクのご近所では、予備のアンカーを吊るす。自作の5kg~10kgの錘をつける等、色々のご意見がある。当然ご自分のフネの大きさや重さによっても変るがボクの場合、10トンのフネに10kgの自作の鉛モニターのつけている。これでも付け外しは結構重いので20kgはチョット大変だ。どうしても必要になればもう1個アンカーやチェーンを追加することになるだろう。

 右の画像はボクがここ10年くらい使っている10kgのアンカーモニターだ。これは昔乗っていたヨットのインナーバラストを転用して自作した。
ステンレスの塊にロープ環をつけた形状の物も見かけるが、自作の物は保管場所との兼ね合いでデザインは決まるものだ。ボクの場合、ロープロッカーに収納するので平たいタイプにした。

c0041039_11102498.jpg ←画像は市販品だが、どこで売っているかは知らない。

 同種のものをどこかの港付近の船具屋で見つけたとのお話しも聞いている。

 そうだ、クルージング先で船具屋さんがあったら是非とも覗いて見てください。きっと面白いものが見つかるよ!
[PR]

by pac3jp | 2006-06-12 11:27 | アンカー  

古い碇

 ヨットのクルージングでは島や海辺の村や町を訪れる事も多い。ボクがフネで遊んでいることもあるが、船とか航海に関する記録や記念物には興味がある。古い時代の船は木材で出来ていたので遺物としても余り残っていないが、金属あるいは石で出来たものは残っている。 船具で鉄とか石で出来ているといえば碇だ。

c0041039_8501241.jpg 左の画像は昨年壱岐・芦辺港に停泊した時、付近の岬の公園で見た碇石だ。傍に鎌倉時代の「弘安の役古戦場」の石碑が建っていた。元寇の軍船に積まれていた碇が近年、付近の海中から引き上げられて展示されているのだろう。これをどうして使うのだろうと見ていると、真ん中に固定用の鎖が付いているので真ん中から綱で縛って使うのかなとも思ったが、すっぽ抜けそうなので、そうでなく何か別の方法が有るのだろうと思っていた事である。

c0041039_8503423.jpg 右の画像は実物大の遣唐使船のレプリカが展示してある傍らに置いてあった古い碇のレプリカである。鍬形になるよう木の太枝を組み合わせ碇石がはめ込まれてちゃんと現在の錨にも通じるデザインになっている。遣唐使船は奈良時代~平安時代に中国のジャンク型の船を倣って造られたので多分、碇も大陸で使われていたもと同じだろう。壱岐の碇石もきっとこのように木材と組み合わせて使われていたのだろう。棒のような形状に納得がゆく。


c0041039_852156.jpg 左の画像は瀬戸内海の与島で見つけた古い四爪錨だ。ここは備讃瀬戸の難所だ。破船の錨かも知れない。庭先にオブジェ風に置いてあるが、海中に長く沈んでいたのだろう、まだ貝殻が付いている。石の碇は古代から中世まで長く使われてきたが、やがて室町時代に入り勘合貿易船などで鉄の錨が使われ始め、17世紀、江戸時代に入ると多量の鉄が必要な鉄の錨も普及してきた。江戸中期の北前船には大小8丁の四爪錨を積んでいて、大は百貫目(375kg)もあったそうだ。そんな錨を載せた北前船の船絵馬が残っている。

 だが、江戸時代に沿岸で漁をしていた小型漁船は二ツ爪の唐人錨を積んでいたのだろうか、あるいは昔ながらの石の碇を使っていたのだろうか。歴史の中には出てこない。

 ボクが子供の頃、台風で流れてきた杉の丸太でイカダを作り遊んでいたときの碇は、浜で拾った大き目の石と藁縄だった。全く縄文時代のアンカリングだったね。

参考資料:いかりのお話
[PR]

by pac3jp | 2006-05-22 09:01 | アンカー  

4月13日 滞在七日目です 「錨」

c0041039_17165895.jpg

マリンピアむさしの近所の住宅の門口に時々赤錆びた錨が置いてある家がある。
ボクの仲間の一人も門のオブジェにSUSのブルースを置いているが同じだろうか、或いはおまじないだろうか?
マリーナの職員にお聞きするとおまじないではないでしょう。漁師さんのお家ですからとおっしゃった。

でも判らない、不思議だ・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-04-13 17:16 | 瀬戸内海周航  

便利に使えるアンカーバック

c0041039_8381858.jpg
今年の九州周航クルージングでは9個所、延べでは11回のスターンアンカーのバウ付け、通称、槍付けのアンカリングをした。

初めて入る港では出来るだけアンカーは打ちたくなかったが、ヨットを安全に係留するためには必要なのでやってきた。

25ポンドのダンフォースタイプアンカーとチェーン8m付きの18mmアンカーライン50mは常にスターンにスタンバイ状態でセットしていた。

アンカーを打つ場所に近づくとパートナーはバウに、スキッパーはアンカーを下げ、水深の5倍になる位置にアンカーを落とし、微速で前進、岸壁に近づく前にアンカーを効かせ、効いた事を確認したら、微速前進。
アンカーラインをすばやく効かせ、艇の横流れを防ぐ。バウのパートナーは岸壁に降りて舫いを取る。

このようにアンカーを打つ時は長いアンカーラインがスムースに出ていく事がこの作業の重要なポイントだ。
かってはコイルしたラインをデッキに8の字にして繰り出した事もしたが、今はこのアンカーバックをいつも便利に使っている。アンカーを入れていて繰り出す時もスムースに出てゆく。
ブレーキ時のみロープをウインチにかける。バックの底からはロープの尻手が出ているので近くのクリートに舫っておく。もし、長さが不足の場合はこれに新たなロープをに繋ぐ。

収納も便利だ。手提げバンドが付いているのでバックのままコクピットロッカーにしまう。
アンカーラインの巻き取りにスターン付近にリールを取りつけているヨットもいるが、これが一番だと思って使っている。     ウエストマリンの通販で購入 サイズSで82.99ドル
[PR]

by pac3jp | 2005-07-07 08:43 | アンカー  

フィッシャーマンアンカー

クルージングヨットのスターンパルピットにはよく予備アンカーが括り付けてある。
旅のヨットの中には、航海の長い経験と歴史を窺わせるアンカーがスターンに鎮座しているのを見るが、ハーバーに泊まっているフネでは普通、きれいなダンフォースやブルースが標準的だ。
日本のクルージングでは普通、漁港に槍付けで係留する。その為には、予備のスターンに準備してあるアンカーを使って係留するのが一般的だ。

つい最近、両舷のスターンにフィッシャーマンを設置したヨットを見つけた。懐かしい錨の形をした奴だ。夜になると神戸の裏山に錨の電飾が見える。 港のシンボルはフッシャーマンだ。
この錨は古くからある頼り甲斐のあるアンカーだと言われるが、日本では使っているヨットは少なそうである。 日本の唐人錨と良く比較される。クラッシクタイプだ。

c0041039_1735219.jpg
私はこのフィッシャーマンタイプは使ったことがないが、唐人錨は使ったことがある。
漁船や小型の作業船は殆ど唐人錨だ。港につくと、何故かチェーンがついてないアンカーをドボンと落として槍付けで係留する。この引っ掛けタイプはアンカーのスコープはヨットの多くが使うダンフォースより大きく取れるそうで、アンカーラインが多少は短くて済むかも。一番は唐人錨が漁船のスターンにぴったりと収まってる事ですね。この錨は各地の漁港の船具屋さん、漁具店にも安く売られている。

フィッシャーマンは15kgダンフォースに較べて約60%重い25kgクラスを使用するのが常識だそうだ。もし、このタイプをアンカーリングに使った時には揚げるのが大変だ。しかし、ダンフォースが効かない石ころだらけや、海草の茂った海底にも効くと言われている。 
[PR]

by pac3jp | 2005-02-14 17:08 | アンカー  

アンカーガードを付けよう

日本のヨット乗りのクルージングは、主に目的の港の岸壁にスターンアンカーで槍付けで係留する。
そして陸に上がって、風呂屋と、居酒屋を探して一杯飲む。・・・このパターンですね。

いずれ漁港はヨットやボートで一杯になり係留する場所はなくなりますね。
その時のクルージングは賑やかな集団から離れ、ヨットで自然と一体になる事を楽しもう。
静かな小さな湾でバウアンカーを打ちヨットを振れまわしで留める。
ヨット上の1日を過ごす。食事を作り、本を読み、昼寝をして、泳ぐ。

夕方、アンカーを揚げる。しっかり海底に食い込んだアンカーを艇の運動を利用して引き抜く。
ウィンドラスが快調にチェーンを巻く。やがて、アンカーが海面に姿を現し、ウィンドラスの巻き上げ速度を緩めてアンカーローラーにセットしようとウィンドラスのスイッチを寸動させる。
アンカーは艇の動きとアンカーの振動で大きく揺れ、タイミングが悪いと、ステムにアンカーの爪が当り、ゲルコートに傷が入ってしまう。ああ大変!

その為、バウスプリットのない艇ではバウローラーの下にアンカーが当ってもハルに傷が出来ない様にステンレスのカバープレートを貼り付けています。

c0041039_21533197.jpg
CQRをセットしたヨットは大抵、ガードプレートは付いていますが、ブルースを付けているフネはガードプレートが付いているフネは少ないようです。
ハーバーでシュミレーションしてみて、位置と大きさを決めたら良いと思います。
[PR]

by pac3jp | 2005-02-03 22:00 | アンカー  

クルージングヨットのバウアンカーについて(3)

c0041039_12481744.jpgアンカーはバウのアンカーローラーにセットされますが、中には小さいローラーに無理やり大きなアンカーを、あるいはその逆。逆の場合はうまく収まりますけども・・・
ブルース用にダンフォースをセットしてしまう等はちょっと不細工になりますね。

 しかし、クルージングヨットの「シンボル」の収納を上手くデザイン的にまとめていた艇が数隻ありました。

 ドイツのデヘラーヨットはいつも新しい艤装がついていますが、このアンカーシステムはステムの一部分を切り抜き、その部分にブルースアンカーをはめ込んだものです。
バウも突起物が無くてすっきりとしていますし、荒天でアンカーがローラーから外れる心配はない。しかし、指定のサイズのアンカー以外はセットできないでしょうね。
 アンカーを揚げる場合にトラブルが有った場合はしんどそうだ。穴から海水の浸入はないかな?色々心配しています。

c0041039_12501615.jpg
 もう1艇はギャツビーです。フネがモーターセーラータイプなので本船のようにホースパイプにダンフォースがセットされている。
 これは楽チンでアンカリングできそうです。我々のアンカー作業をはるかに超える艤装なんで、感想は出てきませんです。
[PR]

by pac3jp | 2005-01-26 12:51 | アンカー  

クルージングヨットのバウアンカーについて(2)

ご近所さんが、ご自分のクルージングヨットの「シンボル」にどのアンカーを選んだのかチョット調べてみました。

日本のヨットで一番使われているフレークタイプ。本家ダンフォース、ダンフォースタイプアンカー等、ヨットのバウローラーの納まりは多少悪いが、軽くて、使いやすい。ベネトウのファーストやオセアニスにはバウローラーの収まりが良いタイプが搭載されている。
シェアは22%。
c0041039_14454021.jpg

それから、伝統のプラウタイプアンカー。重くてバウのアンカーローラー以外に収納できな?タイプのCQRアンカー、やや軽いデルタアンカー等。
このアンカーはクラシックタイプヨット、ややクラシック風に分類されるヨットのオーナーとクルージングボートのバウアンカーは絶対これしかないと思っているオーナーに支持されている。
36%のシェアだ。

c0041039_14502330.jpg
構造簡単で丈夫そうなブルースタイプアンカー。 ザ・ブルース、ホライゾンアンカー等。
このタイプのアンカーもバウローラーの納まりも良く、ヨットの大小に関わらず、新しく進水するヨットと共に増加している。
シェアは42%。



c0041039_14585766.jpg
まだ他に多くのタイプのアンカーがありますが、ヨットのバウを飾る?アンカーは私のご近所さんではこの3種類になっていました。 新型のアンカーをセットしたフネも時々見かけますが、大方の皆さんは保守的ですね。 安全第一です。
材質はほとんどが鋼に亜鉛メッキをしたものですが、ステンレスで白く光っているものもありました。

(数値はアンカーをセットしていたヨット、61隻の中での比率)
[PR]

by pac3jp | 2005-01-25 15:04 | アンカー  

クルージングヨットのバウアンカーについて(1)

 私が考えるクルージングヨットのイメージは比較的重い船体に、バウにCQRアンカー、手動か電動のウインドラス、そして太いマストにレーダー、コックピットは大きなドジャーがかかり、スターンにビミニトップ、スタンションには搭載ボートの為の小型の船外機が取り付けられている。

 この様なクルージングボートに思い描くのイメージのうち、バウに乗っかっているアンカーは正にクルージングヨットの「シンボル」のような重要な艤装品ですが、日本の沿岸クルージングでは出番が少ないモノではあります。が、しかし、ボートの性格とスタイルを決定するのに無くてはならない艤装品だと思っています。

 そこで、ご近所の皆さんはどうされているのかチョット調べてみました。

 ヨットのサイズによってバウアンカー搭載率が大きく変わりますが、30f以下のボートではフネの積載量の関係からかバウアンカー搭載艇は5%位になっています。特にロングクルージングを志向した凝ったボートになりますね。

 31f~38fくらいのミドルサイズのボートでは積載量に余裕があり、34%がバウアンカーとウインドラスを搭載しています。40f以上ではさすがに高く、50%の搭載率です。あわせて、ミドルボート以上では41%がバウにアンカーを搭載していました。
※ この数字は約220隻のクルージングヨットからのデータです

 ミドルサイズ以上の艇は、バウアンカーは乗せていない艇もほとんどアンカーローラーは装備されていましたがアンカーは艇内収納でしょうね。
c0041039_12415132.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-01-24 18:09 | アンカー