石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)の新調査船「白嶺」

 2010.10月にJAMSTEC(海洋開発研究機構)の「ちきゅう」を見学したとき、沖縄海域の海底熱水鉱床からボーリングされたサンプルコアを見たことがある。それには日本が必要としている金属のうち銅、鉛、亜鉛、金、銀、それにレアメタル類も多く含まれているという。でも、熱水鉱床は700m~3000mの深海にあるので商業採掘は中々むつかしいらしい。

 「しんかい6500」でもその熱水鉱床を調査した画像などは見たことはあるが、それを資源として開発しようという雰囲気ではなかったなぁ。
 同じような海底調査船を運用しながら文部科学省所管ではどうも本来目的が違うようだった。

c0041039_16592821.jpg 海洋資源開発となるとやっぱり経済産業省所管で、石油公団と金属鉱業事業団を前身とする「JOGMEC」が運用する「第2白嶺丸」や「資源」が出てこなくてはならない。
 我が国は世界第6位の広いEEZをもち、その海底にはレアメタル等の金属鉱物資源やメタンハイドレート等が豊富に存在するといわれている。しかし、海底資源に目覚めた隣国から自国の権益を守るためにはしっかりとした調査が必要と目覚め、やっと日本にはなかった石油・天然ガス探査の三次元探査船「資源」を中古船ながら海外から購入した。
 でも自前だった海底調査船「第2白嶺丸」も建造からすでに30年がたち自動船位保持装置もないなど装備が古くなったので遂に新しい調査船を建造することになった。(船体220億円+調査機器75億円の合計295億円の予算がついた)

 新調査船は、平成22 年7月に三菱重工業株式会社下関造船所で起工し、平成23 年3月23 日に進水式が執り行われ、今後、調査機器の据付など艤装を経て、平成24 年1月末に完成、就航の予定であると報道された。

c0041039_16461070.jpg

c0041039_16464074.jpg

 新海洋資源調査船「白嶺」の主な仕様
全  長: 118.3m、幅:19.0m、深さ:9.2m
総トン数: 約6,200t
航海速力: 15.5kt
航続距離: 約9,000海里
最大搭載人員: 70人(乗組員34 人,調査員など36 人)

 バルバスバウの後方には2組のトンネル型のスラスターと昇降旋回式(360°旋回が可能で、かつ昇降して船体内に格納可能なタイプ)のスラスターを装備する。一方、船尾部分の船底はバトックフロー船型(平らな形状)をしており、2基のアジマス推進器(360°旋回が可能)や船の直進性を向上させるためセンタースケグと針路安定フィンが設置される。

 また、停船状態や低速航走状態にて長時間のサンプリング調査や観測作業を行うことから、船体動揺を軽減するためのビルジキール及び減揺タンクを装備する。この結果耐航性能としては、最大風速15m/s、有義波高3mの気象海象条件下で、船体の横揺れを5度以内、縦揺れを2度以内、上下揺れを1.5 m以内(いずれも片振幅)に押さえることが可能である。

 船体中央部にはムーンプールを配置し、大型のつり下げ型調査機材の投入揚収が可能である。また、ムーンプールの船底部と作業デッキレベルにはそれぞれ2枚の蓋からなる扉を装備しており、巡航時やムーンプール作業等の状況に応じて扉の開閉(観音開き)が可能である。
また、新調査船ではこのムーンプールを利用して船上設置型掘削装置(取り外し可能)による掘削作業を予定している。

 新海洋資源調査船「白嶺」の発電・推進システムの諸元
■主発電機関(ディーゼルエンジン):最大出力2,635kW×720rpm-1×4基
(補助発電機関:最大出力860kW×900rpm-1×1基)
■主発電機:AC6,600V、60Hz、2,450kW ×4基
(補助発電機:AC450V、60Hz、800kW×1基)
(非常発電機:AC450V、60Hz、250kW×1基)
■推進電動機(プロペラ駆動用電動機):船尾アジマス推進器3,200kW×2基
■バウスラスター(トンネル式)790kW ×2基
■バウスラスター(昇降旋回式)820kW ×1基

 「白嶺」は電動機駆動による電気推進船であり、ディーゼルエンジンに直結させた発電機により、インバーター制御の電動機でプロペラを回転させて船の推進力を得る。この方式はプロペラの回転数の制御が容易で操縦性が良く、また振動が少ない等のメリットがあるため、調査船向きの推進システムである。さらに使用電力の負荷に応じて4系列の発電機関の運転台数を制御することで、効率的、経済的な運用が可能なパワーマネジメントシステムを備えている。また、エンジンで直接プロペラを回転させる方式では船体におけるエンジンの設置箇所に制約があるが、電気推進方式ではエンジン・発電機セットの設置箇所は自由にレイアウトすることが可能となり、調査船の用途に合わせた最適な船体の設計が可能となる。近年建造される世界の客船や海洋調査船の多くが、この電気推進システムを採用している。
 この船の発電機の総出力は10,850KWとなり昔の船とはえらい変わりようだ。

 搭載する装置の中でも特筆すべきものは、海底着座型掘削装置及び船上設置型掘削装置である。なお、掘削中の本船は2基のアジマスと3基のスラスタの自動船位保持装置(DPS)により総合制御される。

■海底着座型掘削装置の主な仕様
c0041039_1650336.jpg① BMS:深海用ボーリングマシン現有機(左画像)
稼働水深:6,000m
掘削長:20m
空中重量:4.8t(コア満載時)

② BMS50M:新型深海用ボーリングマシン
稼働水深:3,000m
掘削長:50m
空中重量:約15t(コア満載時)

○特徴
新型のBMS50Mは、AC3,000V、3φ、60Hzの電力を供給する38.1mmφの光・動力複合ケーブルにより接続され、海底に着座する水中部本体と、船上から本体をコントロールする船上部で構成される。 水中部は電動モーター、油圧ポンプからなる動力ユニット、パワースイベル等の掘削ユニット、ドリルビット・インナーチューブ等の掘削ツールを格納するマガジン状のラック(ストレージマガジン)などから構成される。本体の下部の3脚の接地脚が独立に垂直方向に伸縮することで、1mの段差、30度の平面傾斜地に設置可能。 

■船上設置型掘削装置の機能(下画像)
c0041039_16512580.jpg 船上部に掘削機本体を設置し、ムーンプールから掘削ロッドを海底に降ろして海底下を掘削する装置。掘削対象の土質条件に併せて、掘削ツールが変更可能である。圧力保持掘削ツールを搭載することで海底下に賦存するメタンハイドレート試料の採取が可能。

○主な仕様
稼働水深:最大水深2,000m
掘削能力:400m
掘削システム:ライザーレス、パワースイベル駆動

○特徴
マリンドリルのドリルデリックは、掘削機器及びダウンホールツール(ドリルパイプ内を通過する各種サンプル採取・測定装置類)を、安全かつ問題なく広く安定したサンプリングプラットフォームに装備し、動揺補正装置を備えた堅固なツインタワー形式の装置で、新調査船の中央部にあるムーンプールに合せて設置される。
通常、石油掘削など大規模・大深度の掘削の場合、ライザーと呼ばれるドリルパイプと掘削泥水が通る二重構造のパイプを船底から海底面に設置された噴出防止装置まで取り付ける「ライザー掘削方式」が採用されるが、本システムの場合、掘削深度が400mであり、ガスや石油の噴出の可能性が極めて低いことから、「ライザーレス掘削方式」、つまり、ドリルパイプだけを用いた掘削方式を採用している。

 我が国周辺海域では、島弧~海溝系に属する沖縄トラフ及び伊豆・小笠原海域において、多くの海底熱水鉱床が発見され、これらの内、いくつかは広範囲に分布することが確認されている。また、分布水深が700~1,600 mと世界的にも浅く、中央海嶺に分布するものと比較し金・銀の品位も高いことから、技術的・経済的にも開発に有利であると期待されている。

 現在JOGMECでは沖縄海域(伊是名海穴)及び伊豆・小笠原海域(ベヨネース海丘)を中心に、海底熱水鉱床の資源量を評価することを目的として、深海用ボーリングマシン(BMS)を用いたボーリングコアの掘削調査を実施中である。

 海底資源開発のうち、熱水鉱床については、10 年程度を目処に商業化を図ることが海洋基本計画に盛り込まれていて、平成30年には採掘に目途をつけるということだと思うがあと7年ですがさて・・・。

c0041039_16523283.jpg

 日本近海の海底熱水鉱床位置図


【参考Web】:JOGMEC 新海洋資源調査船の建造について  
[PR]

# by pac3jp | 2011-06-05 17:11 | 特殊船  

風信盤・・・「陸奥記念館」

 遺品などが展示されたケースのなかに航海用だろうか、或いは砲術用なのか、小さい円盤様のハンドツールが並んでいた。海から引き揚げたものではなく当時「陸奥」で使っていたものを乗員の縁者が寄託したのだろう。

c0041039_13114273.jpg

 ↑「風信盤」と中々クラシカルな名前だ。説明板には、航海中、風速計で測ったものから更にこの計算盤で真の風向・風力を算出するものと説明されている。
(クリックすると大きくなります。)

 詳しく観察すると円周には360度の方位が刻まれ中央の太い部分には艦速の目盛りが0~30ノットまで打ってある。そしてその目盛りの上を移動する右のアームは風力が2~60ノットまで打ってある。艦速プレートに接続された上のアームの刻印が読めないのが残念だがこのツールで簡単に真の風向・風速が計算できるたのでしょうね。

 でも軍艦の航海用にこのようなものは使わないでしょうし大砲の照準には真の風向・風速を射撃盤に入力する必要があるのでちゃんとした専用の計器があると思うし・・・はて、何に使ったのでしょうね。


c0041039_13141258.jpg この「風信盤」を見ているとずっと昔、コンパスとデッキに貼り付けたMUSUTOの計算盤「コンピューコース(Compucourse)」でレースコースを帆走っていたこともあった。コミッティが上マーク設置後、風の振れでスタートラインの傾きでコースに有利・不利がでるのでこれでチェックするのだ。単純にコンパス角度を暗算で計算しても良いのだが、ボクの頭はつらいハイクアウトが長く続く状況では計算・メモリー能力はどんと落ちてしまい役に立たなくなってくる。しかたなく簡単操作の「コンピューコース」に依存していたのだが・・・。

 ↑「Compucourse」サイズ:140×190mm もうウン十年前に買ったものだが探したら出てきた。今でもまだ販売されているのだろうか。

 またフネでよく使う円盤と言えばチャートのコンパスローズだ。ボクのクルージングポリシーは紙チャート主義だったのでGPSプロッターはバックアップで使い、定規は「チャート プロットレクター(Chart Protractor)」を使っていた。日本古来の三角定規は持っていたがほとんど使わなかった。このツールはチャート上でコースを引くと円盤を回し地元の偏差にマークをつけておくと即、磁針方位がでる。わざわざコンパスローズまで定規を動かさなくても良いのだ。操作は簡単だし値段も安い。今でも多分20ドル位だろう。ずっと重宝していた。でも高機能GPSプロッターや電子チャートが増えてきたのでもう既にオールドタイマー専用品でしょうね。きっと。

c0041039_1316793.jpg

 ↑「Chart Protractor」サイズ:130×385mm 19.99$ westmarine

 ボクも電気もないレーザーに乗っていた頃は小さなコンパスとカンだけで走らせていたので見かけの風だけで充分だった。やがて大枚をはたいて設置した風向・風速・ログにGPSを加えて使うようになってくると、昔は原始的に走っていたなどと思っていたが、ディスプレーに出てくるデータを充分に使いこなすこともせず(出来ず)やっぱりカンが主体で走っていた。そんな時でも“運”がよければローカルレースで上位に入ることもあったなあ。

 こんな昔話をしているとまたシングルハンダーで帆走ってみたい想いが出てくるが、今度は体力不足が大問題になってくる。
[PR]

# by pac3jp | 2011-05-29 13:27 | ヨットの艤装と艤装品  

陸奥爆沈・・・「陸奥記念館」

c0041039_8341613.jpg ボクも安芸灘の柱島西に旧海軍柱島泊地があり、戦艦「陸奥」が謎の爆沈をしたことは知っていて一度はその場所に行ってみたいと思っていたが、今までヨットで柱島の東は時々航行しても西側には行ったことがなかった。

 しかし今回は車だったので泊地の南に位置する周防大島の東端の伊保田から旧柱島泊地方面を眺めたが、折からの黄砂で視界が悪く肝心の柱島も見えなかったけど地図によると多くの小島に囲まれた適度に広い水面が狭い海峡で閉ざされている環境が潜水艦による奇襲攻撃などの防御がし易い感じだったのでしょうね。

 その屋代島・周防大島町伊保田には大東亜戦争中、帝国海軍の旗艦だった戦艦「陸奥」(39050トン)が昭和18年6月8日正午頃にこの島の沖の柱島泊地で大爆発を起し沈没し、乗員、1,121人の犠牲者を出してしまうという大事件があった。
 それから27年後の1970年から8年間に渡り遺品及び艦体の75パーセントの引き上げを行った。そして遺品や艦の一部、遺族から寄贈・寄託された貴重な資料を展示し、恒久平和とその歴史を後世に伝えるためにその爆沈海面が見える陸に町営の「陸奥記念館」がある。

c0041039_8344249.jpg

 陸奥記念館正面 前庭右に艦首錨が展示してある。ちなみ主砲は呉の大和ミュージアムのエントリーに展示しされている。

c0041039_8351234.jpg

 館内風景 画像の右下に犠牲者の写真が出身の都道府県名と名前が表示されているが中には無名の写真があったように思ったが何故だろう?

 陸奥記念館では良く分らなかった部分ももう少し知りたいと思ってノンフィクション「陸奥爆沈」吉村 昭著を読んでみた。

 丁度、深田サルベージが「陸奥」の引き上げ作業を始めた1970年に発売されたので当時は話題の本だったという。大戦中にそのM調査(軍事機密のため艦名は伏せられた)に関わり当時存命された多くの関係者の聞き取り調査や軍の報告者などを検証し中々詳しく書かれている。

 著者による犯人像は艦の警察・軍紀・風紀の維持を担当する衛兵司令(士官)の下部に所属するQ二等兵曹が疑わしいと書かれているが爆沈後の死体も発見出来なかったので、もしやと思って27年後の出生地を訪ねてみても分らず結局著者も確証は得なかった。

 原因は当初新型砲弾の自然発火などと言われていたが、海軍当局が実施した調査によって、内部からの人為的要因によるものと推定されたが、物的証拠等の決め手がなく、断定には至っていなかったのである。しかし、引き揚げられた物件等から、当時の推定の妥当性が確認され、それまでにあったスパイによる破壊工作等、様々な憶測に基づく議論に終止符が打たれることとなった。(参考Web 2.より引用) 

 読んでいて驚いたのは1905年(明治38)日露戦争の連合艦隊旗艦だったあの有名な軍艦「三笠」(15,140トン)がバルチック艦隊を撃破して佐世保軍港に凱旋し、東郷平八郎大将が天皇に報告するため東京に向かった夜、突然火薬庫から火災が発生し、鎮火したかと思われたが続いて大爆発を起こして爆沈した。
 原因はお偉方がいない艦内で開放的な気分なった兵たちの内数名が深夜上官の目の届かぬ火薬庫に酒を持ち込み宴をひらいた。そのときローソクが倒れ、火薬に引火した。兵たちはあわてて消そうとしたが、たちまち大火災となり火薬庫が爆発し、艦は沈没し、死者は251名に達した。

 原因は火薬の自然発火とされたが、しかし、この上記の事実が判明したのは「三笠」が神戸沖で2度目の火薬庫火災事故を起した6年後の1911年(大正1)だった。

 明治~大正期の日本海軍では軍艦「三笠」を最初として、1906年(明治39)の軍艦「磐手」、1908年(明治41)の軍艦「松島」(4280トン)、1911年(大正元)に再び軍艦「三笠」と軍艦「日進」(7750トン)、1917年(大正6)軍艦「筑波」(13750トン)、そして翌1918年(大正7)に軍艦「河内」(20800トン)と、明治から大正の時代にかけて7 件もの事故が起こっている。明治39 年の「磐手」と大正元年の「三笠」、「日進」は小規模の火災事故だったが、それ以外は多くの犠牲者を出した爆沈事故だった。

 当初これらの事故は、艦内にあった弾火薬類の自然発火によるものと考えられたが、多くの犠牲者を数えた海軍当局は事故の原因は火薬の自然発火ではなく、内部の人為的要素によるものであると突き止め、以後徹底的な事故防止対策が実施され「三笠」爆沈からの14年間に7件も続発していたこの種の事故は1918年(大正7)に軍艦「河内」以降は沈静化し、「陸奥」爆沈までの26年の間、再び発生することはなかった。

 だが多くの乗組員が複雑な装置を操る軍艦の内部は規律を強めても何らかの人為的トラブルが発生する可能性は絶えずあると思われるが、致命的な大事故を防ぐ手立てもまたあるはずだと思う。

 諸外国の例ではアメリカ、イギリス、フランス、イタリア、ロシアでも火薬庫事故があり、日本はイギリス・フランス・イタリアなどともに人為的な火薬庫事故が多いといわれていたが、何故かドイツには公表される?大事故はなかったようだ。

 アメリカの空母のようにちょっとした町の人口並みの五千人を越す若い兵士が長期間艦内で共同生活しているという軍艦の軍紀や治安の維持などはどうしているんでしょうかね、チョッと興味があります。


【参考Web】:1.戦艦陸奥(ウイッキペディア)
【参考Web】:2.軍艦爆沈事故と海軍当局の対応 ※PDFファイルです。
    -査問会による事故調査の実態とその規則変遷に関する考察- 
         山 本 政 雄(防衛研究所戦史部所員)         
         
[PR]

# by pac3jp | 2011-05-22 08:50 | 歴史・民俗  

民俗学者・宮本常一先生の故郷を訪ねる

c0041039_8282028.jpg 2009年7月に屋久島で10日ほど過ごした時、宮之浦港のビジターセンターで屋久島など離島に関する民俗誌を読む機会があった。現地取材されたのはもう大分昔だが、現在発行されているガイドブックには載ってないない島の歴史や民俗習慣がたっぷりと記載され、時間も充分あったので大いに参考になったもんでした。

 左画像はその宮本常一著「屋久島民俗誌」です。硬そうな雰囲気の本ですが読みやすい文体で書かれています。

c0041039_8285771.jpg

 そして最近、宮本常一の代表作で英語にも翻訳・出版されている「忘れられた日本人」を読み、先生の生まれた瀬戸内海の屋代島・周防大島町平野にある資料館「周防大島文化交流センター」を訪ねました。

 屋代島の東部北岸の波静かな安芸灘に面した文化交流センターでは丁度、「宮本常一が写した昭和」の企画展が終わった後で常設の展示物だけで何か寂しい感じでしたが、関連の展示パネルと多くの宮本著作本が本棚に並んだ資料閲覧室で先生の業績を描いたVTRを見ていると遠くからやってきた甲斐があったと思いました。

 展示フロアでは海の生産用具が展示されている。島の南部の沖家室島の地先で使われていたタイやハマチの一本釣り用の小さな本物の木造漁船と木碇などが展示されている。この島の漁師たちは明治の頃には船団を組み国内はもとより、朝鮮、台湾、ハワイにまで果敢に出漁していたという。いつだったか、お盆に各地から大勢の島出身者が帰省するので「お盆に沈む島」として報道されていたのを覚えているなぁ。
 文化交流センターの隣(画像の手前)には町の施設と大島出身の作詞家「星野哲郎記念館」がある。こちらのほうが断然お客さんは多い!

c0041039_829328.jpg

 上の画像は大正末期に使われた4人乗り組みの帆走漁船「沖家室船」の模型。風があるときはミヨシに小さい帆を巻いて帆走り、風がなくなれば櫓を押して航海し、雨が降れば苫を屋根に葺いて寝るという。「忘れられた日本人」にある対馬の老漁師に聞き取りした話では明治の初めに周防大島から対馬に出漁した漁船は5~6人乗りの「大釣」だったと言うのでこの模型よりは少し大きめのフネで船団を組み一月もかけて遠くに漁場を求めて移動していったわけだ。

 2005年5月にもヨットで周防大島南部の安下庄港にも入ったことがある。安下庄湾は広くて良い湾だが、港は細長くて狭い、その上潮汐の差が大きいので昼間はよじ登っていた岸壁が夜中になるとフェンダーが掛からないほどの潮高となり大慌てした思い出がある。残念ながら当時は民俗学者として高名な宮本常一先生の生誕の島だとは知らなかったので近くを散歩しただけで出港してしまったのだ。

 でも今回は車だったので結構大きな島だったが楽々と一周出来た。途中、沖家室島の対岸にある小さな岬、牛ヶ首にあのシーボルトが江戸参府の際、ここに上陸し植物採集やスケッチをしたという石碑が立っている。今は沖家室島は大島とあいだに橋が架かっているが昔はこの海峡が弁才船の航路、或いは泊地にもなっていたのでしょうね。

 ちなみにこの橋の建設記念碑には宮本常一先生の短い碑文が刻まれている。

 此の橋全国同胞 の協力によって できました 感謝します
                   沖家室島民


【参考Web】:周防大島文化交流センター 

【関連記事】:1.流れ着いた漂着物の所有権は? 
【関連記事】:2.屋代島西安下庄港です 
[PR]

# by pac3jp | 2011-05-08 08:38 | 歴史・民俗  

「遭難船のダイヤを追え! 」 クライブ・カッスラー著

c0041039_1141691.jpg 
 19世紀のアフリカ。イギリス人が現地人から奪った大量のダイヤ原石は砂嵐で船が難破し、夢と消えた。そして現在、その「宝探し」に巻き込まれたセキュリティ会社会長のカブリーヨは、同じ折りに著名な研究所所長誘拐事件の無線を偶然傍受し、人質奪還に乗り出す!ハイテク秘密工作船オレゴン号を自在に操る現代の騎士、ファン・カブリーヨ登場。 (「BOOK」データベースより)

 まだ小さなフネも持っていなかった頃、お金があったらあんなフネ、いやこんなフネがいいなと船の雑誌などを見ながら楽しい想像を巡らせたものだった。そして、もし桁違いの大金が手に入ったならどんなエンジンや装備をつけたフネにしようかと夢想を膨らませたこともあったなぁ。

 この物語の主人公、元CIA局員で民間警備会社<カンパニー>を経営するファン・カブリーヨはそんな思いの全てつぎ込み建造した「ハイテク秘密工作船オレゴン号」でクルーの元特殊部隊出身者や関連分野のエキスパート達とともに強欲な革命武装勢力や狂信的な環境テロリストとの戦いでしっかり“稼いでゆく”という海洋冒険物語である。

 表紙の画像がオレゴン号とその搭戴救命艇が出撃する場面を描いているが、母船はオンボロトランパーに仮装されているが実質は1万トン級高速巡洋艦の実力がある。

 オレゴン号はLOA170m、11,000トンの元木材運搬船を大改造しているが、エンジンは強力な「磁気流体力学機関」で超伝導コイルで流れる海水からエネルギーを取り出し二基のベクトルノズルのウオータージェットでこの大型船を40ノットの高速航行することが出来る能力をもつ。

 武装はロシアの堕落した提督から買ったという巡航ミサイルと魚雷、30ミリガトリング砲、M1A2アブラムズ戦車と同じ目標捕捉技術を使用する120ミリ砲、敵の乗船攻撃を撃退するためのサーボ機構付きの30口径機関銃。武装はすべて船腹の内側に隠され、あるいは甲板上のガラクタに偽装されている。そしてその諸々の兵器管制や機関・位置制御などは船内深くにあり、あのNASA風の作戦指令室で行なわれる。

 浅く狭い海域海域では搭戴している武装した高速のゾデァックがウエルデッキから、隠密で行動する時は船内ムーンプールから小型潜水艇が出動できる。当然、高速で乗員を移動させる時や空から救出・侵入する時の為に船内の航空機格納庫には高性能ヘリが用意されている。

 航洋貨物船なので救命艇を搭載する義務があるので両舷に2隻が装備されている。表紙の画像に描かれたライフボートも高性能に改装されているのだ。キャビンは豪華な大型テレビがセットされ長距離の航海にも退屈することがないようにしてある。また一朝あるときは通常エンジンの運転に替わり高出力のエンジンが起動し船底からは水中翼が出てきて艇速は40ノットになるのだ。

 こんなハイテク秘密工作船を駆使して要人救出や国家の裏の仕事を請け負い、縦横無尽に活躍する物語りは本当に面白い。今回の本の舞台はボクのよく知らないアフリカ大西洋側のコンゴ川やナミビア周辺が舞台なので時々分厚い世界地図など広げて位置を確認しながら楽しんでいくのだが面白かったので上下二冊をあっという間に読みきってしまった。

 このシリーズ本はすでに大分出版さているのでこれからボチボチと集めて読んでみたいと思っている。
[PR]

# by pac3jp | 2011-05-01 11:45 |