ジャイロ六分儀(Gyro sextant)

 いま、神戸大学の海事博物館で「航海術と計器の発展」という企画展が開かれている。(2011.7.15~2011.10.28)

 古い航海計器などに興味があるので7月18日の「海の日」に見学に行ってきた。この博物館は原則、土・日・祝日は休館で月・水・金の13:30~16:00のみ開館しているというマイナーな施設ですが、さすがに海事博物館なので祝日の「海の日」には開館していた。

 航海計器も色々あるが、ボクが今回初めて実物で見たのが「ジャイロ六分儀」と「気泡式六分儀」だった。
 六分儀で天体を観測する場合は必ず水平線が明瞭でなければならない。しかし、明るい月夜か薄暮、薄明の短い時間しか観測できない欠点がある。そこで水平反射鏡、水銀盤など人工水平を使って観測する多くの方法が試みられてきたという。

c0041039_16505061.jpg

 ↑「ジャイロ六分儀」は初めて見聞きするタイプの六分儀だった。
   メーカー名;PONTHUS'&THERRODE PARIS'

 「真空中で高速回転するジャイロを利用してこれを六分儀の水平鏡の前に取り付け人工的な水平線が得られるように工夫されたものです。」(説明板より)

 保管箱に入ったジャイロ六分儀を眺めるとフレームに取り付けられた円筒内にジャイロ本体が入っていてその底にガスコックのようなものが2個付いている。これが真空ポンプの接続口だろう。でもジャイロを高速に駆動させる動力源が見あたらない。

 係りの人に聞いても「ジャイロの回転が空気抵抗で落ちないように真空にしている。最初の駆動は紐で回しているのかもしれない・・・」と「地球ゴマ」の遊びかたのようなお返事だった。それにしても天体観測に先立ち真空ポンプを用意するのは大変だったですね!

 このジャイロ六分儀は航海用ですが、元々は飛行機の航法士が使っていたのでしょうね。航空用のジャイロ六分儀はこちらをご参照下さい。

c0041039_16512149.jpg

 ↑「気泡式六分儀」(Babble sextant)はアルコール水準器を六分儀の中に組み込み、人工的に水平をつくり観測するなど割と理解しやすい構造を持っている。こちらも初めは航空機用として開発されたが海上でも使用された。しかし、10分以内の精度はでなかったという。
メーカー名:島津製作所

 どちらも展示ケースに入っていて詳しい構造が分らなかったのでもう一度出かけて詳しく観察してこようと思っている。

【関連記事】:セクスタント
 
【参考Web】:神戸大学 海事博物館

 
[PR]

# by pac3jp | 2011-07-24 16:58 | ヨットの艤装と艤装品  

伝説の「黒ひげ」の海賊船から錨を回収する!

 5月にはジャック・スパロウの「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」が封切りされて「黒ひげ」も出るので是非とも見てこようと思っていたが、見逃してしまい、残念ながら今度はWOWOWで見るしかないなぁと、あきらめていたが、先日、カリブ海最強の海賊だった「黒ひげ」の旗艦「クイーン・アンズ・リベンジ号」(アン女王の復讐号)の錨が引き揚げられたと報道されていたのでちょっと黒ひげを調べてみた。

 伝説の海賊「黒ひげ」船のいかりを回収 米調査隊  2011.05.28(CNN)

c0041039_7541084.jpg ノースカロライナ州沖の海底を探索している同州の調査隊は27日、18世紀に活躍した伝説の海賊「黒ひげ」の旗艦のいかりを回収した。このいかりは黒ひげの旗艦「クイーン・アンズ・リベンジ号」の3つのいかりの1つで、重さは3000ポンド(約1360キロ)ある。
続きはここから 


 海賊船「クイーン・アンズ・リベンジ号」は1718年に米ノースカロライナ州ボーフォート沖の浅水域を航行して座礁・沈没したと考えられている。同船は278年後の1996年にトレジャーハンターたちによって発見された。そこはボーフォートのアトランティック・ビーチの2kmほど沖の水深7mの場所だった。その後、船は州当局に委譲され、考古学者や博物館員が少しずつ積み荷を引き揚げてきた。将来はノースカロライナ海洋博物に収蔵する予定で数年前から段階的に船に積まれている品の回収作業が行われている。

c0041039_7544911.jpg

 「黒ひげ」はイギリス生まれの海賊。1716年から1718年にかけて北は米ペンシルベニア州から南はカリブ海まで荒らしまわった事で知られる。 黒ひげは注目されるのが大好きだった。燃える瞳と轟くような声をもつこの巨漢は、深紅のマントを愛用していた。戦いに飛び込む際には点火した導火線を髪にからめ、胸には6丁の拳銃を吊り下げた。ラム酒に火薬を注ぎ込み、火をつけてから飲み下すのが好きだったとも言われている。この余りに印象的な黒髭の姿が、後の小説や劇、映画などに登場する海賊の姿の元になった。

 黒ひげと呼ばれた男、エドワード・ティーチの出自は明らかではない。『ロビンソン・クルーソー』の作者デフォーと同一人物という説もあるチャールズ・ジョンソン大佐は、1724年の大著『英国海賊史』で、英国ブリストル出身と記した。黒ひげ伝説の大半は同書が基になっている。

 ティーチは、英国王に敵船の略奪を許された私掠船の乗組員から海賊に転じたという。当時の英国にはティーチと同じような船員上がりの海賊が何千人もいた。なにしろ1隻襲撃すれば、稼ぎは当時の金額で2万ポンド(現在の約5億円)に達することもあったのだから無理もない。山分けしてもその取り分は、堅気の船員が生涯に稼ぐ金額の何倍にもなったのだ。

 ティーチが海賊として名をはせたのは1716年、ベンジャミン・ホーニゴールド大佐という有力な海賊の下で帆船を指揮していた頃だ。ティーチはほどなくホーニゴールドの傘下を離れ、スティード・ボネット少佐と連合船団を組む。

c0041039_7562033.jpg ボネットはカリブ海の島、バルバドスの裕福な農園主だったが、口うるさい妻から逃れるために海賊になったと伝えられている。ティーチの指揮で、二人の船団は、現在のキューバのハバナから米国東岸のデラウェア湾の海域を席巻し、11隻の船を捕らえた。
(右画像は黒ひげの海賊旗)

 カリブ海のセント・ビンセント島付近で、ティーチはフランスの奴隷船ラ・コンコルド号を襲ったことがある。相手が投降すると、ティーチはベキア島という小島に乗組員や奴隷の大半を下ろし、小さな帆船と数トンの豆だけを残して置き去りにした。奪った大型の奴隷船には40門の大砲を据え付け、船名を“アン女王の復讐”と改めた。こうして当時のカリブ海で最大最強クラスの海賊船を手に入れたティーチは、意気揚々と出帆していった。その時から1年以上に及ぶ、歴史に残る略奪の旅が始まった。

 やがて黒ひげとその船団はイギリスの軍艦、パール(HMS Pearl)によって、ノースカロライナ州オラコーク湾に追い詰められた。激しい戦いの中で黒髭は死ぬまでに25回以上剣や銃で傷つけられながらも暴れ回り、死後にパール艦長のロバート・メイナードの手によって首を切り落とされた。彼の頭は船首に吊るされた。


 引き揚げられたフィッシャーマンタイプのアンカーは1360kgとさすがに大きなものですね。船が大型の航洋帆船なので当然ですが日本では18世紀の千石船には1番錨で300kgくらいでしたね。でも8番錨までと数は持っていましたよ。

 獰猛で知られるカリブの海賊の頭目にも恐妻家はいたようですね!!
  (アンダーライン部分参照)

【参考Web】1:カリブ海最強の海賊:18世紀初頭、米国東岸とカリブ海を席巻した伝説の海賊「黒ひげ」。ノースカロライナ沖の沈没船調査の結果から、その実像に迫る。
【参考Web】2:ノースカロライナ海洋博物館
  
[PR]

# by pac3jp | 2011-07-18 08:00 | 歴史・民俗  

海水と真水で発電するエコな浸透膜発電(PRO)

 わが国は二酸化炭素を排出する化石燃料に大きくは依存せず電源の基本政策を原子力と定め、各地に原発を建設してきたが、福島原発のメルトダウンから電源を再生可能な自然エネルギーへの政策変換を求める声が次第に大きくなってきた。

 ところが、日本の全発電量に占める割合は大型の水力発電に風力・太陽光・太陽熱など自然エネルギー系の電源を全て足せば約9パーセントだというが、大規模な水力発電を除いた自然エネルギー発電は、まだ、たったの1%だ。この比率はドイツではもう約17%になっている。(ドイツは脱原発へ!)

 菅さんは2020年台の早い時点には再生可能エネルギー比率を20%にするとOECDでいっているが本当にできるのでしょうかね。でも、電力業界の盟主だった東電がコケタのでこれから「電力ルネッサンス」がおこるかも・・・。

 先日、日東電工が「ノルウェー「スタットクラフト社」と浸透膜発電の共同技術開発契約を締結」というニュースをみて「浸透膜発電」というテクノロジーがあると初めて知った。

 以前に日東電工の超純水製造用のメンブレンを使ったこともあったが、ボクの中ではどうしても発電とは結びつかない。ポンプで海水を押し込む逆浸透を利用した海水淡水化装置はヨットにも搭載できる小型の物も販売されている。これも同じようなカートリッジに入ったメンブレンだったが・・・。

 浸透膜発電とは、濃度差がある溶液(海水と淡水など)を半透膜で仕切った際に生じる浸透現象から得られるエネルギーを利用する新しいタイプの発電方式です。
 本共同技術開発では、海水と淡水の濃度の差を利用し、正浸透膜を通して得られた海水側の圧力でタービンを回転させ発電します。
 高効率の発電を行うためには、いかに正浸透膜の透水性を高めるかが重要となります。現在、脱塩用途に一般的に用いられる逆浸透膜では、透水性が低く浸透膜発電の効率を高める事ができないため、新たに浸透膜発電に必要な高い透水性を有する正浸透膜を開発することになりました。
 浸透膜発電を行うためには、濃度差の大きい水源の安定的な確保が必要となり、ノルウェーをはじめ、海水と河川が交わる河口付近や海に囲まれ大きな河川を有する日本など、世界で30ヶ所以上が候補地として期待されています。


浸透膜発電の特長
・有害物質やCO2を排出せず、環境負荷が少ない再生可能エネルギー
・天候、日照時間、昼夜を問わず安定供給することが可能
・設置面積が小さく、広大な土地を必要としない

 ↓浸透圧発電プラントイメージ 
c0041039_816421.jpg

 海水と河川の淡水の濃度差を利用した発電なので周りを海に囲まれ降水量も多く清流の河川も多いわが国にはぴったりの発電システムのように思う。また予測出来ない風力や日中のみ運用の太陽光とは異なり、河川は常に流れており、いつでも発電可能だという点である。それに、この発電方法ではダムは必要なく、さらにインフラは堤防下に設置することができ、景観を損なったり、野生生物に悪影響を及ぼす可能性もない。用地の乏しい日本でもフットボールスタジアム程度の用地があれば2万5千KWクラスの発電所が設置できるという。
 排出物も有害物はなく発電後の常温の汽水がまた海に返されるだけだ。

 しかし、システムが細かい膜構造なので利用する原水の前処理が大変で、ゴミや濁りのないきれいな海水と淡水が必要なので大都市周辺の河川や内海では難しいでしょうね。ノルウェーでは世界各地の多くの河川とは違い、通常の河川には泥やシルト(沈泥)がないので前処理のコストが少ないので採算に乗りやすいのだろう。

c0041039_8173732.jpg 左画像はすでに2009 年11 月24 日、Statkraft 社はノルウェーのトフテに500 万ドルを投じ、世界初となる浸透膜発電所、PRO 実証プラントを開設している。同プラントはテニスコート程のビル内に2,000 ㎡の表面積を持つ浸透膜を格納、使用している。発電電力は4キロワットと微々たるもので、その5 分の1 の電力は同プラントへの揚水のため使用される。
 可能であれば、この揚水用のエネルギーを削減するため重力が利用されるかもしれない。約3キロワットの電力とは家電製品を2,3 台動かせる程度であるが、同社は2015年までに25メガワットを発電可能な大規模な工場の建設を計画している。

 フットボールスタジアムの規模となるこのプロジェクトは、500 万㎡の浸透膜から成る。同社はいずれPRO 発電がノルウェー全体の電力需要の10%を供給するだろうと構想している。

 ↓PROプラント全体イメージと各装置の画像(クリックすれば大きくなります)
c0041039_819032.jpg

 ↓浸透膜のイメージは2個のBOXに描いてあるが実際は筒型のメンブレンが数多くの連なった構造になっている。

c0041039_8193081.jpg


 この発電方式ではこのメンブレンの性能と製造コストが事業化のキーを握っている。画像は実証プラントの膜面積が2000㎡のメンブレン群だが2.5万KW用の500万㎡となると単純計算では2500倍のメンブラン群が必要となるが一本あたりの透水率がもっと高い大型のものになるのでしょうね。

(注)PRO:(pressure-retarded osmosis)

【参考Web】:1.日東電工プレスリリース 
      :2.スタットクラフト社 
[PR]

# by pac3jp | 2011-06-30 08:30 | ウオッチング  

被災地ヨット部にスナイプ新艇7隻を寄贈!

 学生や実業団、それに国体などの制式艇であるスナイプ級を建造している姫路のオクムラボートとその支援者たちが宮古市の高校に7隻の新艇を寄贈すると地元新聞が報じている。



被災ヨット部に7艇寄贈へ 姫路の製造会社など 
c0041039_14355130.jpg 東日本大震災で被害を受けた岩手県宮古市の県立宮古高校と県立宮古商業高校ヨット部を支援するため、姫路市のボート会社が会社経営者やライオンズクラブなどの資金協力を得て競技艇7艇を製造している。完成した3艇を27日、現地に搬送する。

 姫路市的形町的形、オクムラボート販売。堀江謙一さんが太平洋単独横断を成功させたマーメイド号なども手掛け、小型ヨットの競技艇では国内8割のシェアを誇る。

 同社の奥村雅晴社長(58)が5月、宮古市を訪れると、ヨットは無残に破損しており、「まるでサメにかまれたようだった」と話す。

岩手、宮城、福島3県で322艇あったディンギー(競技用小型ヨット)の9割が震災の津波で失われ、残ったのは29艇だけという。

 宮古市で8月、全国高校総体のヨット競技が開かれる予定だった。宮古高には、2艇の合計点で競うデュエット競技で昨年準優勝した女子生徒もおり、地元開催に張り切っていたが、会場が急きょ秋田県に移された。全国高校総体につながる東北大会が迫るが、両校には練習する船がない。それでも大会に意欲を見せる生徒に、奥村社長は胸を打たれたという。

 競技艇は1艇で約250万円。同社だけで負担することは難しい。奥村社長が両校への支援を呼び掛けたところ、会社経営者らから資金提供の申し出があった。

 同社で製造を担当する巽美則(たつみ よしのり)さん(44)と小林隆さん(38)は「ヨット仲間として高校3年の夏にかける生徒の思いに応え、残り4艇も何とか間に合わせたい」と話している。(坂本 勝)
 神戸新聞 2011.6.26


 東日本大震災の被災地では漁船や観光船、モーターボートなどがガレキの中に放置されている映像を良く見かけたが、セールボートも多分被災されているはずと思いながらニュースを見ていたが、絶対数が少ないので見かけることもなかったのだろう。

 地元新聞ではまだ使える中古漁船を被災地に送ったというニュースもあった。しかし高校ヨット部に高価なレース用新艇を贈呈支援するのは大変だと思うが賛同者もあってしっかりと実現できたのがうれしいですね。

 西宮沖でも地元の高校生たちが高校総体に向け元気に練習している。東北の海でも元気な声で、新艇を乗りこなし、優勝を目指して頑張ってください!
[PR]

# by pac3jp | 2011-06-27 14:44 | ウオッチング  

3次元海底資源調査船「ラムフォーム・Wクラス」

c0041039_15125724.jpg  三菱重工業は、ノルウェーの資源探査会社大手ペトロレウム・ジオ・サービス社(PGS)から3次元海底資源探査船2隻を受注、14日に現地で契約調印した。2隻のオプションが付いており、2013年春から順次引き渡しの予定。

受注したのは、PGS社が“ラムフォーム(Ramform)・Wクラス”と呼ぶ新型の3次元解析能力を有する海底資源探査船で、全長約104mながら最大船幅が70mと広く、広範囲の探査能力を持つのが特長。ディーゼル発電機による電気推進であるため、航行時の静粛性にも優れる。 船尾から数キロメートルにおよぶ複数のストリーマー・ケーブル(ハイドロホンと呼ばれる振動センサーを内蔵したケーブル)を曳航し、音源から発した音波が海底面や地層境界に当たって跳ね返ってくる反射波を受信して、地層構造を3次元的に解析する。PGS社では新型の船尾幅を従来の探査船に比べ30m拡張することにより、ストリーマー・ケーブルを最大24本と大幅に増やして、一度に広い範囲を探査できるようにした。

 (三菱重工業ニュース 2011.4.15より)

 5月26日、南シナ海のベトナムのEEZ内で海底資源調査中の国営石油会社の探査船が中国の艦船3隻によって調査ケーブルを切断される妨害を受け、ベトナムは「重大な主権侵害」と強く非難し、南シナ海領有をめぐり対立する中国とベトナムの緊張が高まっていると報道されている。

 高価な海底資源調査船を持っている国は少ないのではと思っていたが、アジアでは中国が12隻に、韓国も4隻に保有数が増えているという。日本は上記のノルウェーPGS社から「ラムフォーム・ヴィクトリー」を買ってやっと1隻確保したのにべトナムは中国との対抗上自前でフネを確保したのか、とりあえず外国からの傭船だろうか。
c0041039_15142548.jpg

 南シナ海・東シナ海で小さな?バトルを繰り返す隣国の中国では保有する海底資源探査船の数は12隻と多いがストリーマー・ケーブルの数が2~4本と少なく探査の効率も悪いからか、今回、アジア最強の探査船「海洋石油720」を建造し、その引渡し式が4月22日行われたと報道している。
 この船はストリーマー・ケーブルの数は「資源」の12本と同じだがケーブル長さが8000mと長いのが特徴だという。

c0041039_15151372.jpg 一方、韓国では以前から日本海の竹島にも近い対馬海盆でメタンハイドレードの調査をしていたが、昨年、2010年にはフグロ社(本部オランダ)の海底資源調査船フグロシナジー(Fugro Synergy)号(左画像)で対馬海盆の水深約950mから水深約2,300mまでの約10地点でボーリング及びコア採取を行いその傭船料は3,700万ドルだという。
 日本が2006年に傭船した「ラムフォーム・ヴィクトリー」も1ヶ月あたり10億円だったが多分同じような相場金額なんでしょうか。でも長引くと大変だ!

 この調査船は3次元資源探査船と違い深海を掘削してコアを採取する機能があるフネなので大きなヤグラを持っている。最近進水したJOGMECの「白嶺」にもフグロ社の掘削装置が搭載されることになっている。装置納入と同時に当然必要な深海掘削作業のオペレーションのノウハウやその解析技術もきっと高いのでしょうね。

 日本の海底資源調査船は新しい「白嶺」もストリーマー・ケーブル装置を1本持っているがメタンハイドレード・熱水鉱床などの深海ボーリングやマンガン塊などの採取がメインになるだろう。「資源」は石油・ガス田の3次元探査が主になるのだろう。それに地震の調査もあわせてやっているというが・・・。
 漁船や航行する内航船舶も多い日本近海で6kmもある長いケーブルを12本も幅広く曳きながら航行する作業は大変です。たまには潜水艦に絡んでしまうこともありますしね。

c0041039_15162599.jpg

上画像 3次元海底資源探査船「資源」

c0041039_1517459.jpg

 12本ものケーブルを繰り出すシーブが並ぶ40mもある幅広い船尾。船体色が違うが以前の「ラムフォーム・ヴィクトリー」2006.9月撮影

 三菱重工さんでは今回受注したPGS社の探査船でも韓国の造船所と激しい競争になったと聞いている。以前はこのジャンルでは中・韓とも競合しなかったのに最近は国家の海底エネルギー獲得方針にあわせて中国や韓国も特殊船にも力を入れているようだという。

 確かに日本のメタンハイドレード開発は隣国との摩擦がない本州南岸の南海トラフだけでやっているが、日本海や東シナ海にも有望なエリアがあり隣国たちは着々と開発を進めているのに日本だけが何もしないと持っていかれてしまわないかとボクは大いに心配している。
 

【参考Web】:海底資源探査船 ラムフォーム・ビクトリー号
[PR]

# by pac3jp | 2011-06-12 15:31 | 特殊船