<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

江戸の屋形船

江戸の町が明暦(1657年)の大火から復興して、景気も良くなってくる17世紀後半頃には裕福な町人たちが経済力をつけ豪華な屋形船を競って造り川遊びをするようになってきた。それは長さが70~80尺で十間もある大型屋形船もあったという。

しかし将軍が綱吉にかわり寸法規制がかかる。上口長さ27尺(8.2m)・幅4.6尺(1.4m)・屋根高さ5尺(1.5m)と定められてしまった。このサイズではたった二間しか取れず、三畳と二畳の合わせて五畳敷しかとれない貧弱な屋形船になってしまう。

ところが規制は緩むもので、18世紀初頭に作られた関東河川での川船に関する文書で川船奉行所が徴税対象の各種川船の船型確認の手引書として使っていた「船鑑(ふなかがみ)」に掲載されている屋形船(下の図)の絵には右上に「上口凡(およそ)二丈七八尺ヨリ五丈位、ヨコ八九尺ヨリ一丈四尺位 但先年ハ長七八丈、横一丈五六尺迄有之、当時ハ無之」と情報が記載されている。

当時の川船は一般的には上口長27尺~50尺(全長32f~60f)だが長さ78尺、幅15~16尺(全長90f)の大型の屋形船もあったとある。 
(クリックすれば画像は大きくなります)
c0041039_16345100.jpg

図の船体の上口長さを四十尺(全長では48f位)として屋形寸法は長さ二十四尺、最大幅十二尺程度、座敷の広さは表から順に六畳、四畳、六畳の十六畳敷きとみられる。

時代は下り、豪華な遊山船の屋形船は少なくなり、代わりに手軽な屋根船が増えてきた。19世紀初めには江戸に500艘もあったという。

江戸っ子の川遊びは5月の両国の川開きから始まるのだろう。当日は日没から花火が打ち上げられ両国橋は人で一杯になり川面には大型の屋形船や中型の屋根船、小さい猪牙船まで数多く集まり、船上の大宴会組も橋上の大観衆も花火に熱中する。
花火見物船は乗合、貸切もあったのでしょうが、こんなに大イベントに予約を取るのは当時でもきっと大変だったと想像します。でも自家用船ならば予約はいらず好きな場所でゆっくりと見物できるので費用は掛かってもお金がある人には気分がいいものでしょうね。

(クリックすれば画像は大きくなります)
c0041039_1654720.jpg

東都両国ばし夏景色 橋本貞秀 (19世紀中頃)
橋の川上、川下に10隻ほど停泊している唐破風などの屋根を持つ、大きな船が「屋形船」です。

最近、「黄金期の浮世絵 歌麿とその時代」という展覧会を見てきた。その描かれた時代は18世紀後半から19世紀初頭の頃だった。浮世絵の江戸美人も結構でしたが、ボクは背景に描かれた川船に興味があった!

(クリックすれば画像は大きくなります)
c0041039_1663567.jpg

喜多川歌麿 両国橋 船あそびの女たち(18世紀末)
女性が乗っているのは屋根に唐破風がないので屋形船ではなく屋根船。画像右端の橋脚の向うに屋形船「河一丸」が見える。ちょっと気になるのは橋脚と橋桁の結合部のカスガイだ。こんなに頼りない方法で留めていたのかな?

(クリックすれば画像は大きくなります)
c0041039_1681165.jpg

闇牛斎 円志 隅田川料亭図 (18世紀末)

川の左に屋根から竿をさす船頭がいる屋形船「川一丸」と右の櫓を押す屋根船が描かれている。

※上口長さとは、水押際から戸立までの長さ。又は舳船梁から艫船梁までの長さ。


参考資料:和船Ⅱ 石井謙治著
[PR]

by pac3jp | 2014-02-14 16:40 | 歴史・民俗  

姫路のお殿様の豪華ヨット?(1)

 神戸市中央区の相楽園で江戸時代に姫路藩主が河川での遊覧に使った川御座船の屋形部分を陸上で保存していて通常は紫外線劣化を防ぐ日よけを付けているが春と秋の年に二回だけ外観のみの一般公開している。

 世界遺産の姫路城を築城したのは播磨国五十二万石を領した池田輝政だが、新築の巨大な城郭は完成したがしばらくして鳥取に転封を命じられ、二代目姫路城主は本多忠正で領国は姫路十五万石のみと大幅に領地は減っているが大きなお城の主になった。しかし、十五万石で五十万石のお城を維持するには難しいのか?その後も目まぐるしく城主は変わり、奥平松平家、越前松平家、榊原家、再度越前松平家、再度本多家(天和2年~宝永元年 1682年~1704年)となり、錺金具の家紋などからこの元禄年間に姫路藩の川御座船が建造されたと推測される。

c0041039_1574736.jpg

日本庭園にある池の西側に左舷側を見せた船屋形が華麗な姿を見せている。

構造・形式
木造1重2階、切妻造段違、桧皮葺  桁行五間、梁問一間
1階:21.87㎡  2階:21.87㎡
c0041039_151081.jpg

右舷側を後方からみると生垣より下の部分が陸上に上がった時にかさ上げされた部分。

c0041039_1511082.jpg

艫側から二階を望む。開いた舞良戸(まらいと)の横桟の間には金箔が押してある。天井まで木肌の見える春慶塗りと重厚な黒漆が塗り分けられて、長押や垂木の先端には金箔を押した錺金具が打たれている。正面上には本多氏の後に入った榊原家の金箔の家紋があるが裏面には本多家の紋が残っているという。

c0041039_15125392.jpg

c0041039_1511562.jpg

船屋形は船に載っているものなので展示資料に船体の側面図があった。大きさは木割書「川御座船仕法書」によって寸法を当てはめてみると梁間内法は8尺なので肩幅16尺となり全長は約90尺(27m)と言うことになる。当時の川御座船は幕府所有の朝鮮通信使など国賓接待用の紀伊国丸が全長98尺(29.7m)肩幅20尺が最大なのでそれらにつぐ大きな船だったという。

c0041039_1516358.jpg

琉球使節を載せて淀川を遡上する川御座船船団、前方が宇和島藩、後が長州藩の川御座船。

このように姫路藩の川御座船も大坂を拠点に運用されいたのだろうか。船が建造されたとされる元禄年間から幕末までに朝鮮通信使は5回来ているし、琉球使節は13回も使節を江戸に送っている。その間お接待する藩はその都度指名されて務めるのでしょうが、きっとこの船も何回かは使節のお供などを乗せて淀川を上下したのかもしれない。

参考資料1:図説 和船史話  石井謙治著
      2:和船Ⅱ        石井謙治著
      3:詳説 日本史図録 山川出版社
[PR]

by pac3jp | 2014-02-03 15:37 | 歴史・民俗  

姫路のお殿様の豪華ヨット?(2)

 
c0041039_166372.jpg


封建体制の中で180年余も姫路藩主の御座船として働いてきたが、明治維新の廃藩置県で姫路藩はなくなってしまった。明治初年には姫路藩のお船手組があった飾磨港付近に置かれていたようだが、まず高砂の川本氏の邸内に移築され、船框から下を継ぎ足して茶室として使われていました。この時の残存部分は「おもて(船首側)」からの二室分のみで、屋根を桟瓦で葺いているなど、船屋形としての影はほとんどとどめていない状態でした。

c0041039_16717.jpg

その後、昭和16年に神戸市垂水区舞子の牛尾邸の敷地内に再び移築されました。この移築の際には、失われた「次の間」を付加して現在の上下三室構成とし、間仕切りを復旧し、屋根を桧皮葺に改めるなど、各所にわたり復原をおこない、もとの船屋形の形態に近づける努力が払われました。

三度目の移築は昭和55年のことで、昭和53年に前所有者の牛尾吉朗氏より神戸市が寄贈を受け、現在の相楽園内に修理・移築されました。

現存する船屋形としては熊本の細川家が参勤交代に使っていた海御座船の船屋形の一部が残っているのと、香川県宇多津町の西光寺境内に多度津城主の御座船の一部が船屋形茶室として1棟が残っている。

c0041039_9131312.jpg

細川家 波奈之丸舟屋形
ベースの船体は喫水のある軍船である関船を豪華に飾り立てた海御座船だ。もちろん河川や浅い海域では運用できない。今は熊本城小天守閣1階に展示されているのは御座船「波奈之丸」の御座所部分です。。
詳しくはここをクリック。

海の大名行列
c0041039_9371143.jpg

「帰国する藩主を乗せて豊後鶴崎に入る熊本藩の船団」という大絵馬(1798年)があります。
左手の大きな船が大櫓46挺立ての海御座船波奈之丸です。万延元年(1860年)の帰国の際には波奈之丸以下123艘が船団を組み、船頭、水主、水夫総勢2563人が藩主一行1186人を運んでいます。
画像をクリックすると大きくなります。

c0041039_9134616.jpg

西光寺船屋形茶室 (香川県宇多津町)

江戸時代末期に建造した旧多度津藩藩主の御座船と伝えられる船屋形です。
由来については定かでないが元治元年(1864)に船下しした六二艘立の「順風丸」とする説や三十五反帆を誇った海御座船「日吉丸」とみる説などがあってその伝承も一定していない。
詳しくはここをクリック。

ボクは最初、姫路のお殿様が河川で遊覧した豪華ヨットかなと思っていたが、姫路付近で90フィートもある大型船を乗り回せる川はないので河口か瀬戸内沿岸で使われていたのかもしれないが、常時は大坂で船蔵で保管され15万石の格式を見せるために参勤交代用にのみ使われたのかもしれないなぁ。当時の弁才船の寿命は20年~長くて30年位だ。それに比べて180年も持ったということは殆ど使われなかったか、維持管理に十分にお金を掛けられたかだが、多分、前者だったのでしょうね。

姫路の歴代城主に派手で遊び好きなお殿様はいなかったのかと探してみるとこんな記事をウィッキで見つけた。

1704年に再入封した榊原家は本多忠勝と並ぶ徳川四天王の榊原康政を祖とする譜代の名門で、3代30年以上にわたって姫路藩15万石を領したが、寛保元年(1741年)第8代当主政岑は将軍・徳川吉宗が出した倹約令を無視して贅を尽くし、奇抜な服装で江戸城大手門を警備し、吉原で派手に遊興にふけった。寛保元年春には新吉原の三浦屋の名妓・高尾太夫を1800両(2500両とも)で身請けするなど、奢侈を好んだ。さらに高尾のために豪勢な酒宴を開き、その費用は3000両を超えたといわれている。これは尾張藩主徳川宗春の乱行同様、享保の改革に対する抵抗と見なされ、吉宗の怒りを買い、藩主隠居の上榊原氏は豊かな西国の姫路から内高が少なく実収の乏しい北国の越後高田15万石に懲罰的転封されてしまった。

・・・と出てきた。将軍おひざ元の江戸で吉原遊郭の花魁を身請けするというほど筋金入りの遊び人なら江戸でも地元に帰った時にも榊原家の紋の入った専用ヨットで存分に川遊びを楽しんだ事は十分考えられるなぁ。


参考資料:日本の船 和船編 足立裕之著
      
[PR]

by pac3jp | 2014-02-02 16:23 | 歴史・民俗