<   2010年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

明石海峡の潮流発電テストプラントのその後

 今年の6月末から明石海峡に面した淡路・岩屋港沖で潮流発電プラントの実証実験を行っているはずのノヴァエネルギー社のその後テストは順調に進んでいるのかなと少し気にかかっていたのだが、先週、地元新聞が岩屋沖の潮流発電用タービンが一基流出したと以下のように報道した。



 潮流発電タービンが流出 淡路島沖、海保が警報 

 15日夜、潮流発電を研究する神戸市中央区のベンチャー企業「ノヴァエネルギー」から「淡路市岩屋港沖の発電用タービンが流失した」と神戸海上保安部に通報があった。漂流するタービンとの接触事故の懸念もあるため同保安部は同日から16日にかけ付近を航行する船舶に注意を呼び掛け、捜索したが見つからなかった。

 同保安部などによると、流されたのは潮流を利用して発電するタービン2基のうち1基。直径3メートル、長さ6メートルの繊維強化プラスチック(FRP)製で、タービンに取り付けたプロペラが海中の潮流を受けて回転し、発電する仕組みだという。

 同社は6月から実用化の実験を開始。二つのタービンを漁船の側面に装着して海中で稼働させていた。15日午後8時ごろ、社員が確認した際は異常はなかったが、約1時間後に再度確認したところ、2基のうち1基が流されていたという。

 通報を受けた保安部は同日午後11時45分から明石海峡付近の船舶に対し、地域航行警報を発令。捜索するとともに周辺の漁協にも漂流物に注意するよう呼び掛けた。

 同社は「海面の揺れが激しかったため、接合器具が損傷したのかもしれない。器具を付けたまま流されており、海底に沈んだ可能性が高い」と説明している。同社は2基のうち異常のなかったタービンを岩屋港にえい航し、発電を中止した。
(神戸新聞Web版)




 ノヴァエネルギーの本社は確か2010年6月時点ではは兵庫・三木市となっていたが現在は神戸市中央区のビルに移転しているという。こちらのほうが諸事便利なんでしょうね。
 一度は岩屋港沖まで見学に行きたかったが未だに実現していない。実はボクの地元専用取材車はミニバイクなので「たこフェリー」の航路撤退で当分は淡路島方面の取材は難しくなった。でも春になれば新しい?フェリーが就航するかも・・・に期待しよう。

 でもWebで検索すると、遠い関東エリアの茨城県議会議員である井手よしひろが岩屋の潮流発電テストプラントを訪問取材したYou Tube動画が出てきた。どうもノヴァの社長さんが茨城県のご出身ということの縁らしい。




【関連記事】:明石海峡でベンチャー企業が潮流発電を試す
[PR]

by pac3jp | 2010-12-23 16:00 | ウオッチング  

『ヨットデザイン原論』Lars & Roif著 大橋且典 翻訳・監修 舵社

c0041039_751398.jpg
 本書の目的は、ちゃんとしたデザイン法で使用されている手法と手順を紹介することにあった。これはヨットの仕様から始まって、水力的及び空力的な視点をカバーし、さらに構造的、素材材料、レイアウトまでに至っている。だから原則として、たとえアマチュアであっても、本書の方法にならえばヨットデザインが可能だという方向を目指した
 -著者まえがきより-


 久し振りにちょっと高い本を買ってしまった!

 『ヨットデザイン原論』は定価6,500円+税と表示されているが、翻訳された大橋先生が主宰されている「ヨットの科学」のML会員対象に期間限定だが送料込みで五千円で販売するとされていたので購入する決心?をした。(アマゾンの古書は18,000円!)

 内容も少々高級で完全に理解するのはむつかしそうだが、ボクでもわかるところはきっとあるだろうとパラパラめくってみる。

 第11章ハルの構造⇒キールからの力⇒座礁による力の項目があり、全長が40f、キール長さ1.5m、排水量8,125kgのモデルヨットが艇速8ノットで暗岩に座礁した時に生じる各部の荷重を計算しているページに目が留まった。

c0041039_7591673.jpg 画像の図と計算表参照 キールの下部に衝撃力がかかると衝撃モーメントとなり、キール後部には125150Nの圧縮力として、前部は同じく引張り力として働く、注意するのはキール後端部に発生するスラスト力はフロア材に曲げモーメントを与える(フロアが大きく持ち上がる)。

 キールボルトの強度計算によるとこのモデルは前部のキールボルトが引きちぎれる恐れはなかったが、図のキール付近のハルの各部に亀裂や剥離の場所が見える。そして、キールが前後に短く深いレースボートキールなどは座礁時に非常に大きな荷重をハルに与えることになる・・・と書いてある。(画像をクリックすると大きくなります)

 80年代中頃、サントピアマリーナで開催されていたオレンジカップに出場するためマリーナの入り口まで来たときにヨット屋さんの名前まで付いていた有名な暗岩に乗り上げてしまった記憶が思い出された。
 ヨットが30fと小さく速度も4~5ノット位だったが衝撃は大きかった。でも浸水などの大事にはならなかったが鉛のキールが凹み衝撃を多少は吸収したのか前部キール取り付け部に少し剥離が発生したがレース参加に支障はなく無事に母港に帰って修理をしたことがあったなぁ。

キール座礁の衝撃力=衝撃モーメントに ・・・もう一つ勉強しました!
[PR]

by pac3jp | 2010-12-19 08:11 |  

米海軍 最新の沿海域戦闘艦(LCS) 驚きの進水風景!

c0041039_150389.jpg 米海軍が海上テロやインド洋の海賊など低強度紛争への対処に適する新艦種として沿海域戦闘艦(LCS)を開発している。水深の浅い海域での様々な任務に用いられる目的で設計され、船体はモノハル設計で45ノット(83 km/h/52 mph)以上を発揮できる。
 左画像は既に就役しているLCS-1「フリーダム」。


 2010年12月4日にウィスコンシン州マリネット造船所でLCS-3「フォート・ワース」が進水した。



 小さく見えますがヘリを2機も搭戴できる全長115m、2,862トンもある立派な軍艦をこんな風に進水させるなんて・・・。もし転覆してしまったらどうしょうなど考えなかったのでしょうか。造船所の進水水面が狭いという条件があり、高速船型で復元力も充分、でも艦上に進水要員でも乗っていたら大変だったですが短い大嵐と思えばまあいいか!!

 ワイワイとお祭り騒ぎですね。日本の護衛艦の進水式は関係者だけでひっそり(厳粛?)とやっているようですが、このように一般公開で大々的にやれば面白いのにね。

主な仕様
満載: 3,000t
全長:15.3 m(378.3 ft)
全幅:17.5 m(57.4 ft)
吃水:3.7 m(12.1 ft)
機関:CODAG方式, ウォータージェット推進(4軸)
速力:45kt(83 km/h)
航続距離:3,500 nmi(6,500 km) / 18 kt (33 km/h)
艦載ヘリ:MH-60R/S 2機
(同型艦フリーダムの資料より ウイッキペディア)

【参考Web】:LCS-1フリーダム (沿海域戦闘艦) ウイッキペディア
[PR]

by pac3jp | 2010-12-16 15:16 | ウオッチング  

4,000トン吊起重機船「洋翔」見学する Part2

c0041039_7485114.jpg 4,000トンもある巨大な構造物を吊り上げる「洋翔」の強力な腕であるジブを下から見る。
ジブの構造はボックストラス構造で長さは146m、1基の重さは1,850トンあるという。

 高い所に重量物を吊り下げる4個のフックが小さく見えるが、1個で1000トンの荷重を受け持ち、あわせて4,000トンの吊上げ能力を持っている。そしてフックに接続したブロックの内に数多くの滑車がありパワーは20分の1に減らされ、直径64mmのワイヤー1本当たり50トンの荷重になりウインチ室の72トンの主巻きウインチで巻き上げられる。

c0041039_7495644.jpg

 1,000トンフックも下から見ると小さいがデッキに置くと大きいものだ。重量は60トンある。右の画像はジブを起伏させるワイヤロープの見本だが直径64mm(破断荷重3,390KN→340t)と表示がある。主巻きも同じ64φサイズのワイヤーを使っていて一本の長さは7,000mあるという。因みに起伏用は一本が3,000m。
 隣に玉掛ワイヤーの見本もあるがこちらはもっと太くて直径120mmとなっている。これらの作業ロープだけでも相当な重さだなぁ!

c0041039_7502796.jpg

 左舷ジブの下部にジブの傾斜角度と吊上げ荷重、フックのアウトリーチの関係がわかるクリノメーターが付いている。一杯、73°まで起こして4,000トンでリーチを最大に伸ばすとたった?40トンになる。半分の2,000トンでは53.4°、リーチ72.5mになるようだ。

 右舷ジブの下部にジャンクションBOX風の箱が6個並んでいる。ジブの先端や各所に取り付けられたセンサーなど各種機器の電源や接続点の点検BOXだろう。点検の都度、146mも上るのは大変だからこの場所で粗方のチェックは可能になっているのかな。

c0041039_752043.jpg

 「洋翔」の一番の特徴はジブ・スライド格納式だ。両舷とも基部は移動用の走行台車に乗っている。左舷は横から見たところでジブの支点になる直径600mm×3.5mのピンの位置が確認できる。各種ケーブル類もこちらの台車から接続されているように見える。

右舷台車の後に見える黄色のガイドが台車走行路になっている。その下の画像は船尾側の台車固定台だ。右下の画像はジブが収納された状態で、回航や台風避泊などにも都合がいい状態ですね。

c0041039_7524958.jpg

 船首には2基のウインドラス(40t)がある。左画像は左舷用、右は船尾ウインドラス1基(100t)チェーンは600m、アンカーは30トンのサイズである。アンカーをワイヤーで使う操船ウインチに較べて操作が難しいと説明されているがチェーンで船位の微調整は大変でしょう!

c0041039_7535570.jpg

 タグボートが舷側につながれている。HOSHO-MARUと船名表示がある。クレーン船は新造だがタグはそうではないようだ。大型起重機船の曳航用か船首ウインチが2基あるタイプで港内作業用とは大分違う艤装になっている。

 他に、甲板に50tトラッククレーンが一台据え付けられている。着火船や係船アンカー・ワイヤーなどの積み込み、それに重い玉掛ワイヤーなどの甲板取り回しにも必要なのでしょうね。

【関連記事】:4,000トン吊起重機船「洋翔」を見学する Part1
[PR]

by pac3jp | 2010-12-12 08:01 | 特殊船  

4,000トン吊起重機船「洋翔」を見学する

 12月4日(土)、神戸に本社を置くマリコン、寄神建設(株)が新しい大型起重機船「洋翔」を建造し、神戸港・ポートターミナルで一般公開されたので見学してきた。ポートターミナルは本来外航客船のターミナルなので大きいとはいえ「作業船」の一般公開で使われるは珍しいなぁ、と思いながら送迎デッキから「洋翔」を眺めるとさすがに大きい!

 大きいはずだ、主要目から単純に計算すると最大荷重時の排水量が約3万トンになるもんね。

c0041039_5285586.jpg

長 さ:120m
船体幅:44m
深 さ:7m
喫 水:5.7m(最大荷重時平均)
定格能力:4,000トン
巻上高さ:125m(前フック水面上)

c0041039_5294362.jpg

 この新しいクレーン船は長くて高いジブがフライングジブから折りたたみ出来、バックタワーとほぼ同じ高さ(58m)まで収納出来る構造を持っている。このような構造だと航路に架かる多くの橋梁の下も航行が可能になり工事受注のチャンスも増える?それに長距離の移動も楽になるのだろう。収納には画像手前の両ジブ走行台車のピンを外して船尾のほうに伸びた黄色いガイドレールにそって台車を移動させる。
 甲板に装備されたウインドラス&ウインチ類は10t~100tクラスが18台もある。ジブ基部台車横にウインドラスが見える。

c0041039_5305790.jpg

c0041039_5383028.jpg

主巻ウインチ 能力:72t×20/40m/min ×4台
起伏ウインチ 能力:72t×20m/min ×4台

 「洋翔」のウインチは全て油圧モーターで駆動される。操船ウインチやウインドラス、アンカーウインチは甲板に配置されているが、主巻きウインチ4台とジブの起伏ウインチ4台は屋内にある。↑画像は3番主巻きウインチ、荷重1,000t分を受け持っているのに72t用とは小さいなと思ったが、ウインチは滑車で20:1になっているのでパワーはこれでOKでとか。でも巻いてあるワイヤー64mmφもある立派なものが3000mも必要とか。

 パワーのいる主巻きウインチ4台の油圧モーターに供給されるオイルはかなり温度が上がるのだろう。2番ウインチの右側にある大きなオイルクーラーで冷却されいる。(上画像の下)

 主巻きウインチ室は公開されているが後部にある起伏ウインチ室と機関室は見学できなかったが、機関室には下記の設備があり440VのACモーターで大型油圧ポンプを数台?を駆動し、全てのウインチに分配しているのだろう。

この起重機船「洋翔」は合計5,600KVAと大きな発電能力を持っている。
主原動機:3,000PS×2基 発電機:2500KVA-440V×2基 
補助原動機:360PS×2基 発電機:300KVA-440V×2基

c0041039_5333254.jpg

 ブリッジにはこのシステムのコントロールデスクがあるのだが関係者のみ見学可能らしく人影も見えたがボクは只の人なので不可。数多くのウインチをどうコントロールしているのか、それに油圧の系統や電力システムなど聞いてみたかったなぁ。

 船を降りると休憩用のホールでは会社の紹介ビデオや所有船などの掲示物があり、詰めている中堅社員らしいスタッフに「洋翔」建造にに掛かった費用をお聞きすると凡そ60億円だということだった。高いのか安いのか分らないけど、年商の1/5の投資だなと思ったがマリコンのお仕事はお天気次第で採算が変わると昔からよく聞いたのでこのところ台風が来ないので業績は順調なのかもしれない。

 神戸港には今日も仕事がないのか寄神さんの大型クレーン船らしき2隻が摩耶埠頭沖に泊まっているのが望見できる。どちらかが4100トン吊りの「海翔」だろうか。

【関連記事】:4,000トン吊起重機船「洋翔」を見学する Part2
[PR]

by pac3jp | 2010-12-06 05:46 | 特殊船  

三島水軍 海賊流車輪船図など

 三島海賊衆は豊臣秀吉の天下統一により海で自由な活動が出来なくなり、来島村上氏は小さいながらも秀吉傘下の大名となり、因島村上氏と能島村上氏は毛利水軍に組み込まれ、それぞれ立場でその後の時代を生きてゆく。 そして、彼等の戦いの経験から海賊流の軍学なるものを作り上げている。

 因みに日露戦争の連合艦隊司令長官東郷平八郎の伊予出身の参謀秋山真之が日本海海戦でとった「丁字戦法」でもってバルチック艦隊を撃破したことが知られているが、それは古くからある能島流海賊古法からを思いついたという。

c0041039_10444348.jpg この村上家に「海賊流車輪船図」という絵図が伝わっている。船底の先鋭な船の船尾部に4枚翼のスクリュープロペラ2個を備えていると解され、日本人の思いつきの優秀性が強調されている。しかし、図の左右両端が船首尾らしいことから判断して、外車を船側に備えた船、すなわち、外車船と解すべきであるとされている。

 当時の水軍書の中には海賊流車輪船のほか、竜宮船(潜水船)、波潜(ナミクグリ)船、盲船、水中船(潜水船)などが描かれているが、当時の技術から見て、到底、実現しそうもない特殊な軍船の図であり、いずれも単なる着想を示す絵図であって実際に建造されたものではないと思われる.
 「船の世界史」上巻 上野喜一郎著 舵社 より引用 


 伊予・今治出身の有名人は他にも村上水軍の末裔といわれている人もいるが、自民党の村上誠一郎氏は本人の公式ホームページで能島村上家18代目であるとはっきりいっているので信用できるかもね。
[PR]

by pac3jp | 2010-12-03 10:55 | 歴史・民俗