<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

有人潜水調査船「しんかい6500」

 支援母船「よこすか」の後部甲板の格納庫に「しんかい6500」が台車に乗って置かれていた。完成から20年、1000回以上の深海調査をこなしてきたもうベテランの深海調査船だ。

c0041039_731341.jpg

完  工:1990年4月  総トン数:26.7トン
全  長:9.5m    航海速力:2.5ノット

 正面からみると正に深海に住む爪をもつ怪物の感じもするが各種カメラや投光ライトに説明板を吊り下げ少し愛嬌もある。正面の丸いラムネの口のような部分が乗員の覗き窓だ。世界の海を潜ってきたとはいうがFRPの船体外板は傷もなくきれいだ。両舷の一部側面は見学用に透明のパネルが張ってあり内部の部材が見える。

c0041039_732185.jpg

 リチウムイオンのバッテリーBOXや接続された電力ケーブルも垂直スラスタのダクトもプロペラの油圧ポンプやモーターも、そして上部には浮力体のブロックが詰まり、と部品みんなに680気圧の水圧が直接掛かるのだ。大丈夫だろうかとボクは心配するが、いらぬ心配だろう。

 ただし、正副パイロットと研究者の3人が乗る部分のみが直径2mの真球のチタン製の耐圧殻になっているのだ。それも高い水圧下では少しのゆがみが殻の破壊につながるため、耐圧殻は可能な限り真球に近づけることが求められ、その精度は直径のどこを測っても0.5mm(真球度1.004)の誤差しか許されないという厳しいものだ。

c0041039_7325525.jpg

 「しんかい6500」と母船とは音波を使って情報交換をしている。電波と違って海中の音波の伝わるのは1.5km/secでとても遅い。深度6000mの「しんかい」から母船に電話の音声が届くのが4秒もかかる。気の短いせっかちな人はとても電話が出来ないなあ。でも水中TVカメラが撮影する映像は8秒に1枚のスロースキャンで母船に送ることが出来る。

 深海底の位置もGPSではなく音波を使った測位システムで確認される。位置情報は予め用意された海底地形図の上にプロットされる。

 最近は「ちきゅう」も沖縄トラフのレアメタルを含有するといわれる熱水噴出鉱床付近を掘削したとサンプルコアが展示されていたが、「しんかい6500」は早くから日本周辺の深海調査をやっていて、南海トラフのメタンハイドレートは有名だが南西諸島海域でもマンガン団塊や厚いマンガンに覆われた斜面が、また二酸化炭素やメタンのガスハイドレートも見つかっている。これらは天然資源のないわが国の貴重なエネルギーなのでしっかり活用してもらいたものだ。

 資源確保に躍起の隣国では7000m級の潜水調査船を建造中だと聞いていたが、もう就役しているかもしれない。日本も世界の全ての深海を調査できる次世代有人潜水調査船を早く造って欲しいもんですね。

【参考資料】:BlueEarth 2007/1.2月号 「しんかい6500」17年の軌跡
[PR]

by pac3jp | 2010-10-29 07:38 | 特殊船  

支援母船「よこすか」と「しんかい6500」

 平成22年10月16日(土)神戸港・しおさい岸壁で「テクノオーシャン2010」でJAMSTECに所属する「ちきゅう」と「しんかい6500」と支援母船「よこすか」の見学イベントがあった。

 この日は好天に恵まれ船の見学には絶好の日だった。5千人の見学者があると聞いたが、小さな子供たちを連れた家族グループが多かったのも良かったですね。それにわざわざ東京からやってきた若い人とも出会う。

 ボクは昨年にも「ちきゅう」を見学したが、人気の大型探査船なので見学者の長い列につられて、つい並んでしまい、昨年と同じコースで一回りしてきた。
 お隣に停泊する「よこすか」は4000トンクラスの船なのに57000トンの「ちきゅう」の隣ではとっても小さく見える。

c0041039_13552672.jpg

c0041039_1356239.jpg


c0041039_1356484.jpg全長:105.2m 幅 :16.0m 深さ:7.3m 喫水:4.7m
総トン数:4,439トン
航海速力:約16ノット
航続距離:約9,500マイル
定  員:60名(乗組員45名/研究者15名)
主  機:ディーゼル機関 2,206kW×2基
推進方式:可変ピッチプロペラ×2軸
竣  工:1990年

 この船は有人潜水調査船「しんかい6500」の支援母船として建造されたので深海探査の支援に特化した設備を持っている。

c0041039_168145.jpg その一番は深海に潜航する調査・探査船との通信・航法管制に必要な高性能な音響機器が搭戴・運用されている。そのために母船から放射される雑音が多くては本来の効果が発揮できないのでエンジンや発電機の防振対策や雑音の出にくいプロペラ形状、それに機関室の様々な防音対策を講じて、建造当時は非軍事向けとしては「世界一静かな船」といわれたという。
今は深海巡航探査機「うらしま」の母船としても活躍している。

c0041039_1462851.jpg

 「よこすか」の船内を見学する。ブリッジに入ると船齢20年を感じさせるブリッジで液晶ディスプレーがずらりと並ぶ「ちきゅう」とは大分違い、多くがアナログ系の装置でディスプレーはレーダーや電子海図の表示パネルなどだけのようである。

c0041039_1491081.jpg ブリッジの背面にガラス管を使っている珍しいアナログ計器盤があった。表示は「ヒーリングタンク」「吃水」のプレートが付いている。ヒーリングは両舷のタンクレベルを表示していて、吃水は船首・船尾の吃水レベルを表示しているらしいが、「これ何ですか」とお聞きするともう別のセンサーに変わり今は使っていないと半分だけのお返事だった。

c0041039_13583624.jpg

 船内通路を見学しながら通過するがブリッジの階下付近に珍しく和風で纏めた小さな会議室があり、毛布を折り畳んでオブジェ風にした飾りが3つ並んでいた。きっとこの船には少々のあそび心をもったクルーが、深海の難しい仕事から帰ってくる仲間のためにこんな心使いがあるのかもしれないなぁ。上の画像は左は孔雀、右はバラです。

 さらに船内通路をわたり後部甲板の「しんかい6500」の格納庫に入る。(続く)
[PR]

by pac3jp | 2010-10-24 14:14 | 特殊船  

海路図一里の距離は?

 神戸大学海事博物館に所蔵されている江戸時代の海路図のいくつかが電子化されたのに伴いそこに記載されている航海情報から当時の航海術を検証するという市民セミナーを聞く機会があった。

c0041039_14434580.jpg

 上の表は 1826年、紀州藩が海防の必要から作成(写し)したといわれている「自浪速至東都図解」に記載されている海路行程表です。

 ボクは以前から江戸時代の海路図を見ていると航路の方位は12支24方位で、距離は里で表示されているのは知っていたが、この海路図の一里は航海に便利な“海里”にしては数字があわないなあと思っていた。

 一番身近な大阪湾を縦断する大坂川口~紀州加太を見ると13里となっているが現在の海図では28海里になる。但し陸上で使われる1里を約4kmとするとほぼ同じ距離になる。
 表の内、比較的近い湊間はほぼ海図に近い距離が表示されているが、鳥羽~伊豆下田は75里となっているが実際は100海里でかなり長めの距離になっている。
 また「図解」の中には沖乗りの伊豆諸島の利島~三宅島は5里(実は28海里)、三宅島~八丈島は60里(実は62海里)と記入され誤差が大きくなっている。

 正確な海図も速度や距離を計測する計器もなかった頃に陸上の距離や目測、それに長年の経験から判断した距離だが近距離は良く合っているが長距離や伊豆諸島などの離島間では誤差が大きい。

 距離の換算は以下のようになる。

1里=3.927m=2.12海里

 この海路図に表示されている距離と海図の海里を比較すると平均で1.87(海里/里)になり差は 0.25 で経験値にしては精度が良いと説明されていた。(2.12-1.87=0.25)

 昔の廻船船頭さんは殆どが地乗り航海で、海路図などではなく記憶した沿岸の目標をたどるか、あるいは目標を書いたメモで走らせていたのではないかといわれています。また、初めての海域に入る時はその海に詳しいガイドを雇ったといいます。

 1海里とは緯度1分の距離のことなので海図による航法計算がとても簡単になるのですが日本の商船ではいつ頃から“海里”使われ始めたのだろうかと想像してみると、やっぱり航海用にちゃんとした海図があり位置や速度も測れるようになった明治8年、三菱の横浜~上海航路の外航船くらいからでしょうかね。

 江戸時代のきらびやかな海路図は沢山残っていますが、海上で実際に使われることはなく幕府・藩庁などの役所や富豪のお座敷の装飾として存在していたのだろうと思われる。紀州藩のこの図は屏風ではなく折りたたんであるので紀州藩のお役所で実際に使われたのかもしれない。

 つい最近も1821年に幕府に上呈された復元伊能大図を見てきたので「自浪速至東都図解」の紀伊半島部分がコピーかと思って注意深く見たがその海岸線はマンガ的でどうも伊能図のコピーではない様である。


【ご参考に】

里は元々は古代中国の周代における長さの単位であった。1里は1800尺(360歩、6町)四方の面積を表しており、後にこの1辺の長さが距離の単位「里」となった。1尺を30cmとすると1800尺は540mとなる。その後、時代により変動があるが、今日の中国では500mを1里としているので、周代の里に戻ったことになる。

日本では1里歩くのにかかる大体の時間から、その時間に歩いた距離を1里と呼ぶようになった。人が歩く速度は地形や道路の状態によって変わるので、様々な長さの里(36町里、40町里、48町里など)が存在することになるが、目的地までの里数だけで所要時間がわかるという利点がある。しかし、やはりこれでは混乱を招くということで、江戸時代には、様々な里の存在は認めた上で、36町里を標準の里とすると定めた。明治時代に入り、メートル条約加入後の明治24年(1891年)に制定した度量衡法では、1里=36町とし、それ以外の里の使用を禁止した。 (ウイッキペディアより)

1里=36町=2160間=12960尺=2.12海里=3.927m
1町=60間
1間=6尺
[PR]

by pac3jp | 2010-10-17 14:49 | 歴史・民俗  

技適付きの輸入「AIS」(自動船舶識別装置)

c0041039_1455967.jpg ロングクルージングを目指すヨットマン諸氏の中にはこれから自艇に新しくレーダーを装備しようと思っている方も多いと思いますが、最小サイズのレーダーよりも少しだけグレードを上げ、AIS(自動船舶識別装置)のデータを表示できる機種を選んだ方が良いかと思っています。
 夜間や雨中そして濃霧の中を航海する時でも、レーダーの画面に相手船とAISデータが表示されるし、勿論、GPSチャートプロッターにもAIS情報が表示されるので安心ですね。
画像はAIS-1000の外観 WestMarine Webより

 それにはアンテナ出力が2Wで従事者免許不要(書類手続きのみ)の「クラス-B」AIS装置が必要になりますが、少々高いのが難点で、以下は現状の販売価格です。

フルノ    420,000円(GPSANT付き VHFANT別)
Eチャート  220,000円(GPSANT付き VHFANT別 税別)
銭屋アルミ  265,000円(GPSANT付き VHFANT付き)

 今回、ボクのお仲間の会社が技適付ながら格安の「AIS-1000」発売しているのでご紹介したい。

 彼はヨットボートに「AIS」を普及するため AIS1000に技適を付け ¥98000.- GPSANT付きで販売します。と言っているので興味ある方は下記のURLから詳細をご覧下さい。

販売会社「ラミレーテ」: http://www.e-mas.co.jp/ais/
【参考Web】:自動船舶識別装置(ウイッキペディア) 
[PR]

by pac3jp | 2010-10-11 14:20 | ヨットの艤装と艤装品  

10月16日(土)「ちきゅう」「しんかい6500」などの一般公開

 10月14日~16日まで神戸港・ポートアイランドでTechno-Ocean 2010が開催されます。
メインの会場は神戸国際展示場ですがイベントとして海洋調査・研究などの最前線で活躍する研究船や潜水調査船の船内を見学できます。

c0041039_792568.jpg (独)海洋研究開発機構(JAMSTEC)の所有する「ちきゅう」「しんかい6500」「よこすか」、国土交通省の「Dr. 海洋」の4隻が揃うのは珍しいです。是非ご覧ください。

←画像は'09/2 神戸港・六甲アイランドにて

 船内の見学には、必ず事前のお申し込みが必要です。
 下記ご参照のうえ、必要事項を官製往復はがきにご記入のうえ、お申込み下さい。

締め切りを延長しました!定員になり次第しめきります。と、表示がありますので行きたい人はお早めにね。
      
公開日時:平成22年10月16日(土)

ちきゅう   (受付時間 10:00~15:00)しおさい岸壁(ポーアイ西側岸壁)
しんかい6500、よこすか(受付時間 10:00~15:30)しおさい岸壁   
Dr.海洋    (受付時間 10:00~15:10)新港第4突堤  


 特に5万7千トンの「ちきゅう」号は日本国が建造した船舶では戦艦大和に次ぐ大きな船だそうです。
 船内には興味深いモノが一杯で、一見の価値あり。


【関連記事】:地球深部探査船「ちきゅう」を見学する 
【関連記事】:海洋環境船「Dr.海洋」

 
[PR]

by pac3jp | 2010-10-04 07:19 | ウオッチング