<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

輸送艦「おおすみ」のLCAC(エルキャック)

c0041039_6154021.jpg

 「おおすみ」は艦尾のウエルドックに揚陸用エアクッション艇2艇を搭載している。戦車など車両は格納庫からLCACに自走して乗り込む。
 LCACは、「おおすみ」のウエルドックに海水を入れ艦体を後方に傾斜させ、艦尾ランプドアより直接海上に出入りする。
 このLCACは日本では3隻のおおすみ型輸送艦に各2隻づつ搭載して計6隻の保有だが、世界中にドック型揚陸・輸送艦を運用しているアメリカ海軍は91隻も保有している。韓国はフラッグシップである強襲揚陸艦「独島」を持っているがまだ戦車を運べるエアークッション艇は持ってないという。

c0041039_6163641.jpg

排水量:約90t
全長:24.7m
全幅:13.3m
機関:TF40Bガスタービン4基(出力 17600馬力)
最高速力:海上50ノット・陸上25ノット
乗員:搭乗員6名・便乗者24名
搭戴可能重量:約50t 90式戦車(≒50t)1両を搭載できる
(以上はLCACの説明板より)
積載人員:180名/240名(最大)※人員輸送用モジュール搭載時)
航続距離:200マイル
製造:米国・テキストロン社

c0041039_6172026.jpg エアークッション艇「エルキャック」は暗い格納庫に入船で2隻入っている。海上を高速で飛ぶので殆どむき出しのアルミ合金で出来ている。左舷正面から見るとブリッジの上に着岸誘導機器?を除くと航海用レーダー、航海灯、ライフブイなど普通の船舶艤装品がついている。
 車両甲板を除くと両舷にはエンジンブロックとプロペラだけで殆どのスペースを占め、コクピットと乗員室がエンジンブロックの前部についているという感じだ。
 右舷の1段高いコクピットを覗くと航空機用の操縦桿が見える。操縦席以外のシートなど装備もアルミとベルトで構成され軽量化を計っているように見えるし、フネという感じはしないなあ。

 エルキャックの乗組員は6名で、クラフトマスター(C/M)、エンジニア(EMG)、ナビゲーター(NAV)、ロードマスター(L/M)、デッキエンジニア(D/E)と更に艇指揮にあたるOICが乗り込む。ブリッジドアサイドにクルーネームが表示してあったが、L/MとD/Eは各2名の表示があった。彼等クルーの訓練は生産国の米国で行われるという。2ヶ月ほど英会話の訓練を受け、その後8ヶ月も現地で訓練を積む。

c0041039_6184624.jpg

 ↑推進用の可変ピッチプロペラ。ピッチを変え後進でウエルドックから発進する。あの狭いドックで2+2基の大型プロペラとファンが発する轟音を今、想像もできないがすごいもんでしょうね!

 ボクも大分昔、小さい自作のホバークラフトを操縦したことがある。推進用はパブリカの空冷エンジンを載せ、浮揚用は草刈り機のエンジンを転用して使っていた。それでも砂浜から海上に乗り出し結構なスピードで航行し、横滑りしながら旋回するなど飛行機の気分を味わったことがあった。でも背中で結構な爆音を感じていた記憶がある。

 このエルキャックが海上を航走しているのを見たことがあるが4基で17,600PSのガスタービンエンジンが出す音は遠くからでも相当にやかましいのでクルーの皆さんのヘルメットはヘリ用のヘルメットのようだ。

 高い揚陸性能を持つLCACだが、以下のような運用上の制約もある。

■アルミニウム合金構造、ゴム製スカートのため従来型上陸用舟艇に比べ攻撃に弱い。
■騒音が大きく敵に発見されやすい。
■燃料消費が大きく運用費用が高額。
■アルミニウム合金構造のため海水による腐食に弱い。
■波高2mを超える海面では、船体構造に損傷を受ける可能性があり、速度は20ノット以下に制限され、機動性は低下、燃料消費も急増する。

 いまどき大戦時のノルマンデーや硫黄島のような大規模な上陸作戦なんて起こりそうにないので、災害派遣ならゴム製のスカートでも充分だし海浜で波高2mはちょっと問題ですが、岬の影で波の低い場所もあるはずですからなんとかなりそうです。
[PR]

by pac3jp | 2010-07-27 06:25 | 特殊船  

輸送艦 LST4001「おおすみ」を見学する

2010年7月10日(土)、大阪港で輸送艦「おおすみ」の一般公開があったので久し振りに護衛艦の見学に行ってきた。
 LST「おおすみ」は以前から阪神基地隊の岸壁に時々係留していたので艦尾からエルキャック用のウエルドックなどを覗いたことはあったが今回初めて艦内見学コースを一回りしてきた。

c0041039_14421463.jpg

基準排水量:8,900t
主 機:ディーゼル2基 2軸
馬  力:26,000PS
速  力:22kt
主要兵装:高性能20ミリ機関砲×2
特殊装置:輸送用エアクッション艇×2
定  員:135名
主要寸法:178x25.8x17.0x6.0m(長さ、幅、深さ、喫水)

 桟橋に係留されている「おおすみ」。空母型のブリッジと全通デッキを除けば船体の印象はまるで長距離カーフェリーのように見える。でも軍艦なので防御用のCIWSがちゃんと前後に2基装備されている。

c0041039_1443749.jpg

 車両の積み込み口から艦内に入ると大きなターンテーブルがある。艦首方向は幕が張ってあり公開されていない。艦尾に向かって車両などを搭載するデッキがある。明るい光が見えているのはエアークッション艇「エルキャック」2隻の格納庫である。

c0041039_1444373.jpg

 車両甲板から艦内居住区を経由して階段を上りつめてヘリ甲板左舷中央出入り口から艦首から艦尾まで見通せる見晴らしのよい場所に出た。
 このヘリコプター甲板艦尾から全通甲板を見渡せば流石に広いですね。当日は陸自が高機動車と偵察用バイク、救急車などを展示していた。

 輸送艦なので当然陸自の兵員や装備の輸送が主たる任務ですからね。ちなみに旧陸軍は自前の上陸作戦用を含む陸軍輸送船隊を運用していた。

c0041039_14452541.jpg


 デッキから艦橋へに登る。信号旗箱付近でこの当たりに時鐘があるのにと探すが見あたらず、ブリッジに入る。空母型のブリッジなので少し小さい気がする。着岸などの細かい操船はジョイスティックでするそうでバウスラスタと主機が連動するシステムになっているらしい。
 海図室のチャートワークはフルノのGPSをお使いだそうで米軍制式のGPSはカバーをかけて見れないようにしてあったし、写真も駄目だとか。商船では一般的な電子チャートはまだ無いようなお話だった。

c0041039_1447037.jpg ブリッジから下へ降りる。途中に艦長室はなかったが木製の立派な看板が掛かった「先任海曹室」の前を通る。個人の執務室かとも思ったがどうもそうではないらしい。

CPO室:「先任海曹室」というのが正式名称。口の悪いやつは「隠居部屋」とか「仙人の間」とか言っている。部屋自体は文字通り各職の先任海曹の入る部屋。何十年も海上自衛官をやっている大先輩が入る由緒正しき部屋なのだ。海上自衛隊では階級よりも飯を食った数勝負のような気質があるため、若い幹部(海上自衛隊では「士官」という)ではこのカタガタには全くうだつがあがらない。むしろ、怒られる始末。このCPOに入るようになるとやはり自分の年を自覚するようになるらしく、私が勤務していた頃にも私達の班長がCPO入りすることになり、居住区のメンバーで送別会(?)を開いたのだが、その班長はしきりに「やめてくれよ、やめてくれよー」と嘆いていた。
嗚呼,花の艦隊勤務 其の弐 艦内生活篇より引用】 

c0041039_14494977.jpg

 艦内トイレの張り紙 「塩素系洗剤の使用禁止」!
手動バルブと把手が付いている小用トイレ。各トイレの上記の小さな張り紙がしてある。

 2010年6月22日 ソマリア沖の海賊対処活動に派遣された海上自衛隊の護衛艦「ゆうぎり」のトイレ内で3等海曹が、し尿処理タンクから発生した硫化水素で中毒死したとされる事故があったからなあ。

c0041039_14503271.jpg

 艦内から桟橋に出るとアチコチで記念撮影をする人たちがいたが丁度、夏服姿のクルー4人に入ってもらったラッキーなお客さん。
[PR]

by pac3jp | 2010-07-24 15:05 | 特殊船  

マジャパヒト号の建造法は

 インドネシアの古代船を復元する際には伝統的な技法を用いて建造したと言われているがどんな方法だったの?と聞かれたが説明できるほど詳しくないので日本マジャパヒト協会のホームページ内に建造中の画像があり、熱帯硬木の厚板の曲げ加工や側板の接続方法が分りそうな画像などお借りしましたのでご覧下さい。

c0041039_15461971.jpg

 画像の説明には 「船底部の曲げ具合を加熱して調整しているところです。ロタン、熱帯硬木等を用いた材料を加工しています。」
 ロタンは藤のことだが船体材料のうち、一体どこに使っているのだろう。考えられるのは部材を縫合する材料だろうけど・・・。

c0041039_1547623.jpg
 「船底板とキールの接続です。金属は一切使っていません。」
 ホゾを打ち込み接続しているようです。小さい和船では船釘を用いずチキリとタタラによってつなぐ手法もあった。

 その他の詳しい画像はこちらから。

 
 どこの世界でも木造船の建造は似たような手法で造られるが、造船場付近で手に入る材料によってそれぞれ違った工法があるということでしょうね。

[PR]

by pac3jp | 2010-07-19 15:51 | 歴史・民俗  

インドネシアの復元古代船が日本に向け出港!

c0041039_7181221.jpg 10日ほど前の7月4日、インドネシア・ジャカルタの港を復元古代船が出航したとマスコミ各社が報道した。

 船は60フィートのアウトリガー、帆装は2本マストのラグセールのようであるがオセアニアのクラブクロウセール風でもあります。
 でも、復元古代船といっても船型などすっきりとしていて現在でも通用しそうですね。


 13世紀から16世紀までインドネシアのジャワ島を中心に栄えた「マジャパヒト王国」遺跡の発掘調査に対する支援を訴えるため、同国 政府と日本マジャパヒト協会(東京、田中穣代表)は古代インドネシアの木造船を復元した。
 6月27日に造船場所のジャワ州マドラ島を出港し、半年間かけてジャカルタに戻る約9千キロの航海がスタート。アジア各国に立ち寄り、発掘調査への資金や技術面での協力を求めるほか、地元住民との交流活動も行う。

 日本最初の寄港地は、琉球王国の交易を担った沖縄・久高島で今月中旬の到着予定。続いて那覇港に立ち寄り、仲井真弘多知事らを表敬訪問。鹿児島、横浜、東京、福岡などにも寄港する。
 木造船は全長20メートルで、ジャワ島・ボロブドゥール遺跡の8世紀ごろのレリーフに描かれた古代船を基に復元。くぎを1本も使わずにチーク材や竹などで造った。乗組員15人は大半がインドネシア人。
 2010/07/03 05:45 【共同通信】



 ボクはその復元船と沖縄の寄港地、久高島に特に興味があった。

 15世紀、明の永楽帝が朝貢体制を拡大するため鄭和の大艦隊がインド洋にも乗り出し、アラビアやアフリカまでの大航海が幾度も行われていた頃、アジアにも大航海の時代があった。勿論、日本も室町時代には官民合わせて勘合貿易を行ったし、琉球王国もその地の利を生かし中継貿易で大いに繁栄した時代だった。

c0041039_721986.jpg

 インドネシア・ジャワでも交易船を各地に派遣して「マジャパヒト王国」がい大いに栄えたと伝えられるが当時の交易船の史料が全くないらしい。そこでジャワ・ボロブドール遺跡にレリーフされた8世紀頃のアウトリガー付航洋船や東部インドネシアの戦闘用大型アウトリガー船KORAKORAを基本型に、インドネシア研究者の英知を集め、これら史料から推定復元したという。

c0041039_7214215.jpg

c0041039_722582.jpg

 ジャワ・ボロブドール遺跡にレリーフされた8世紀頃のアウトリガー付航洋船レリーフからインドネシア研究者の英知を集め、これら史料から推定復元したデザイン図

c0041039_7223897.jpg

c0041039_7231426.jpg

 復元された「スプリット オブ マジャパヒト号」釘を一切使わずホゾのようなものを使って部材を繋いでいるが、接続部の防水には天然の樹脂接着材を使っているのでしょうか、普通のマキハダでしょうかね。アウトリガーが竹なのでヒールすると水切りが悪いのでちょっと心配。

 航海予定のコースを見ると日本ではまず琉球王朝の交易を担った沖縄・久高島に入るという。本島南部沿岸にある人口200人程の小島にナゼ?と思い検索したがWebでは簡単に中世の交易の歴史は出てこなかった。インドネシア人達はかっての交易で図らずも欠礼してしまった答礼を今回はぜひしたいということである。

 久高島は琉球王国の時代から現代まで琉球神話聖地の島だし、ボクには久高イラブーを食べる勇気はないが、ほかにも色々と興味深い島なので一度は訪れてみたいと思っている。



 琉球の創世神アマミキヨが天からこの島に降りてきて国づくりを始めたという、琉球神話聖地の島である。琉球王朝時代に沖縄本島最高の聖地とされた斎場御嶽(せいふぁうたき)は、この久高島に巡礼する国王が立ち寄った御嶽であり、久高島からの霊力(セジ)を最も集める場所と考えられていた。島内には御嶽(うたき)、拝み所(うがんしょ)、殿(とぅん)、井(かー)などの聖地が散在しており、中でも島中央部にあるクボー御嶽は久高島第一の聖域であり、男子禁制である。

 それにこの島は琉球王朝時代の地割制度が唯一残っていて村有地などを除いて全てが共有地であり「久高島土地憲章」により分配・管理を行っている。

 久高島は土地が総有制、個人の持ち物ではない為に外部の資本がほぼ入れません。いつまでも、この制度を残せるように久高島土地憲章を制定して守っています。根底にあるのは、天、地、海を何よりも大切なものとしてきたこの島の生きざまです。この島にいると平気で土地を売り買いする現代社会が異常なものに感じてきます。
 島民は字から土地を借りて、家を建て、畑を耕します(ノロなど特別な役職に対しては別に土地が与えられていました)。島人には土地を所有するという概念は無いようです。まさに忘れ去られたようにここだけに残った土地制度、原始共産制の名残と言われます。正確に言うと、久高島の土地は字の共有財産、個人には使用権が与えられます。久高島にこれだけの自然、文化が残ったのは外部資本が入ってくるのを守るこの制度のおかげと言えるでしょう(久高島HPより)



 いずれ大阪にもやってくるので機会があれば現物を見てみたいが、出航時の動画ではかなりの速度で航行しているので船外機などエンジンは装備しているのかも知れないし、航海計器や通信機器は最新の機材を搭戴しているはずだ。これから日本近海は台風シーズンにもなるので安全第一の航海でやってきて欲しいと思っている。


 インドネシア・マドゥラ島スノッペンにて行われた復元古代船「スプリット オブ マジャパヒト号」の進水の様子です。



【参考Web】:日本マジャパヒト協会 とは 
 日本マジャパヒト協会は、2008年、マジャパヒト遺跡の発掘・周辺環境整備事業への支援を切り口に日本とインドネシア相互の文化と歴史の尊重と理解に立脚した新しい「かたち」の友好関係を構築することを目的に設立されました。
[PR]

by pac3jp | 2010-07-14 07:36 | 帆船  

イカロスが太陽光圧でセイリングを始める!

 7月9日、イカロスの運用において、セイル展開後に実施した精密軌道決定により光子加速(太陽の光子の圧力(太陽光圧)により物体が加速されること)を確認し、これにより「IKAROS」は、惑星間航行において、光子による史上最大の加速度を発揮した実証機となりましたとJAXAから発表があった。
 詳しくはプレスリリースをクリック

 展開したセイルが受ける太陽光圧による推力は1.12mN(ミリニュートン)であり、想定通りの値で、1.12mNは、地球上で0.114gの物体にかかる重力にほぼ等しい。1円玉の1/10の重さの推力であのイカロスの14m四角のセイルと本体部分をあわせた合計310kgある探査機を加速させて行くのだ。

 セイルが主推進エンジンだが、セイルに貼ったソーラーパネルは姿勢制御スラスタなどのイオンエンジンの電源になるなど車でも流行のハイブリットパワーになっているという。

 イカロスBLOGを読んでいるとセイル展開後、「光圧以外にも,セイルに付着していた物質が気化して推力を発生するなども考えられるため」などと書いてあるので重力のごく少ない宇宙では気化する物質は多かれ少なかれ推進力は発生するものだろう。

 子供の頃、校庭の松の新芽を折って小さな泉水に浮かべて競争させた遊びがあったなぁ、と突然思い出した。あれは松の新芽から出る油分が水面に流れ出す際にでる推力が松の新芽をフネにしていたのかもしれない。もし宇宙空間だったらこの推力で宇宙の果てまで加速して飛んでゆくのかな?
 ・・・ちょっと次元が低い話しでした!

 やっぱり、JAXAが作ったイカロスの紹介ビデオが一番分り易いですね。


[PR]

by pac3jp | 2010-07-11 16:03 | 航空・宇宙  

テレビに出演、再生医療・時の人に!

 W杯南ア大会で大活躍した日本代表が帰ってきた日だった。京都で心臓の幹細胞移植の手術を受けたご本人から、嬉しかったのだろう「手術が上手く行ったので今日、京都医大病院で花束を貰って退院する。テレビ局も取材に来ているので是非テレビも見てくれ」と「某PTA」の仲間だったウチのパートナーにメールがきた。

 iPS細胞やES細胞などの再生医療のニュースは毎日のように新聞記事に現れるが「Yさんが受けている再生医療はニュースにならないね」と言っていたが、結果は順調だと聞いていたし、身体に大きくメスを入れる手術ではないで辛くはないとも聞いていた。
 ボクは昔、京都府立医大病院に4ヶ月も入院しお世話になった縁もあるので、彼が受ける新しい心筋再生医療の臨床試験を密かに応援していたのだ。



心筋再生医療の男性が退院 京都府立医大で世界初

c0041039_1642585.jpg 心臓から採取した体性幹細胞の移植手術を受けた山口茂樹さん(左)と松原弘明教授(中央)=京都市上京区・京都府立医科大

 京都府立医科大(京都市上京区)の松原弘明教授(循環器内科)のグループは1日、世界初となる心筋再生医療の臨床試験を受けた重い心不全の男性患者が順調に回復し、同日に退院した、と発表した。今後も臨床試験を続け、有効性と安全性を確かめる。

 第1例の患者は、2月9日に急性心筋梗塞(こうそく)を発症した神戸市の山口茂樹さん(60)。一命は取り留めたが、歩くのが困難になり、ベッドでの生活が続いていた。

 臨床試験は、心筋梗塞や狭心症で心機能が低下した成人患者の心筋組織を採取し、心筋細胞へ分化する体性幹細胞を取り出す。細胞を増殖させて心臓の動かなくなった部分に注射し、細胞の生存を助けるシートを張り付けて心筋を再生する。

 4月23日に山口さんから心筋組織を採取、6月1日に冠動脈のバイパス手術と合わせて幹細胞を移植した。心臓のポンプ機能を示す収縮率は22%から32%に改善し、不整脈などの副作用もなかった。通常のバイパス手術なら改善は3~4ポイントで、移植の効果が表れたという。

 日常生活に支障がない程度にまで歩けるようになった山口さんは「胸の痛みや動悸(どうき)も、だいぶ良くなった。退院できてうれしい」と喜びを語った。

■体性幹細胞移植とは

 体内の決まった場所にあって特定の細胞に分化する体性幹細胞を体外に取り出し、増殖させた上で移植して、心筋や骨、歯、皮膚などを再生したり、白血病などを治療する手法。人工的に作るiPS(人工多能性幹)細胞やES(胚性幹)細胞はさまざまな細胞に分化できるが、移植時に未分化細胞が残っていると奇形腫ができやすいなどの問題がある。

【 2010年07月01日 21時59分 】京都新聞Web版


 確かに京都府立医大に入院する時は友人の車に乗せていって貰ったが、比較的短期間の治療で退院した後は電車に乗って神戸に帰ってきたと言っている。大分調子が良くなったようだがまだ心臓以外の病気もお持ちなので安心できないが、長らく持病だった糖尿が直ったと聞いたのでそれが体調不良で体重が減ったからか、幹細胞移植の効果なのか今度聞いてみたいと思っている。

 彼とは何回か長距離のドライブをご一緒した。休憩でSAに着く度に「腹がへったなぁ」と言ってご当地ラーメンを喰っていた。85キロはありそうな大きな身体だったのでさすがに良く食べるわと感心していたが、今は細くなって可哀そうにも見える。

 早く元気になってラーメンを喰い行こうぜ!
[PR]

by pac3jp | 2010-07-03 16:10 | 徒然に