<   2009年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

広島・豊島の家船(えぶね)

 ボクは前から広島・豊島の「家船」(みょうとぶね)に興味があって、一度は彼らの母港に入ってその家船も詳しく見たいなと思っていた。

c0041039_1724545.jpg

 ところが12月上旬、NHKで、こんなステキなにっぽん「豊饒の海 家船の暮らし」という番組に海洋冒険家の今給黎教子さんが出演するドキュメンタリーがあった。

 昔は豊島から多くの家船が家族と共に魚を追い長い旅をしていたというが、今は「みょうとぶね」で旅の漁をする家船はごく少なくなっているが、そんな家船の一隻にヨット乗りの今給黎さんが乗船し2泊3日の旅をした。

 テレビに映る海域は時々クルージングで訪れるので島々に架かる橋など記憶にある景色もある。漁はタチウオの延縄で大漁だった。1日目の泊まりは呉港だった。そして2日目は倉橋島の室尾の浮桟橋に仲間の漁船を横抱きにして船をつけた。

c0041039_1745493.jpg

c0041039_1761093.jpg 
 桟橋から自転車を下ろしてこれからお風呂と洗濯とお買い物だという画面がある。この港は旅の漁船が必要とするものがすぐ近くでそろっていて便利な港だとおっしゃる。歩いて5分の場所に古びてはいるがちゃんと銭湯がある。なじみのお宅で洗濯機をお借りする。帰りに日用品や食料のお買い物もできた。

 見ているとボクたちのクルージングにそっくりだ!!
乗っている漁師さんご夫婦の年頃も似ているなあ。大きく違うのは昼間に稼いでいるかいないかの違いだ。しかし、このあたりは大きく違うけどね。

 ボクは倉橋島では「くらはし海の駅」の桟橋には数回泊まったことがある。そこは銭湯はないが立派な温泉施設と博物館、きれいな桂浜など観光施設がありヨットやボートで観光するお客さんには便利にできているが少し料金は高めなのがなぁ・・・。
c0041039_1774440.jpg
 今度行くときは家船が泊まっていた浮桟橋に行こうとしっかりと番組を見ておいた。番台のおばあさんがご高齢なのが気になるが長く元気で暮らしていてくださいね。

 「みょうとぶね」の家船で長い旅をする漁船はもう少ないらしいが、シングルハンドで旅をする漁船はどこの港にもいる。8月には徳島の日和佐で舫いをとってあげた漁師さんは宮崎から来ているといって少し寂しそうな雰囲気だった。

 数年前、枕崎で晩飯をご一緒した高速艇を持つ旅のカツオ漁師は五島・玉之浦の温泉にもちゃんと記名した洗面器が並んでいた。彼は小声で「実は中国に彼女を置いている」といい、しっかり働いて奥さんへの仕送りと彼女の元に通う資金を稼がなくてはと言っていた。動機に不純な部分はあるが研究熱心で行動力もあるので、存分に人生を楽しみながらシングルハンドの漁師を多分今でもしていると思う。

 まぁ、色々ありますが、ヨットのクルージングでは元気な奥様か、独身の場合は美人で素直でパワフルなパートナーが一緒だときっと楽しいし旅ができるはずですよ(沖縄にいらしたなあ!)、奥様を、そして彼女を、と、色々と手を尽くして「みょうとぶね」どうですか、と誘ってみたらどうでしょうかね。


【関連記事】1:「みょうとぶね」と浮鯛抄(うきだいしょう)
【関連記事】2:クルージングヨットのクルーについて 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-24 17:19 | クルージング  

AISの運用は

 画像は本日、12/21 12:50の明石海峡大橋付近でAIS信号を発信して航行している船舶です。緑は貨物船、赤はタンカー、青は「たこフェリー」と須磨沖は神戸港からのレストランシップです。淡路島側の汐鳴山の北にあるグレーの四角マークが「AIS 陸上局」の大阪マーチスです。
c0041039_1533493.jpg

 本船のブリッジではAISの情報をどのように見ているのだろうと調べて見ると、500トン以上のAIS(CLASS-A)を搭載している394隻の船舶からのアンケート調査によると、よく利用する機能としては、1.他船の船名確認(293 隻)2.他船の針路・速力(239 隻)3.他船の目的地確認(234 隻)との回答があり、どれも重要な情報として利用されていることがわかった。

 AISで安全な航海をしようと思えば出来るだけ多くの船舶がAISを搭載すれば良いわけだが、現在でも護衛艦や海上保安庁の巡視船、水産庁の漁業取締船等の船艇は職務遂行の為停波していることが多い。漁労中の大型漁船が漁場の位置を秘密にする為にも停波出来る。また海賊やテロリストがいそうな危険な海域では停波が認められている。それに船員が故意に止めたり、設定が間違っていることもある。

 しかし、500トン以下の内航船でも新造される船舶には任意にAISを取り付けする船主も多いようです。目的は航海用の他に自社船の状況をネットワークからリアルタイムで把握することが出来るからだというが、小型の内航船や漁船、それに我々のプレジャーボートまでが装備するようなると安全の為に他船に呼びかけるのも固有名詞が使えより効果が大きくなるだろう。

 一方、海上保安庁は、24時間体制でAIS 陸上局による沿岸域の動静把握を行い、VHF 無線を連絡の主な手段として、乗揚げ及び走錨のおそれのある船舶へ注意喚起を行うなど安全情報等を提供することで海難の発生を防ぐ目的も持って運用している。

AISをネットを検索しているとこんな話も出てくる。

●保安庁の言い分↑は大義名分であって実際には、沿海ラインオーバーの船舶の取り締まりや航路違反の取り締まりにも利用されています。注意喚起を行うほかと言いながら、沿海区域を数マイルオーバーしただけで検挙したケースもあると聞きます。それだけで罰金数十万円です。

●本船も船長が明石海峡で漁船を避けるために50m航路をオーバーし200m走った罪で検挙された時がありました。罰金20万円その際、注意喚起なく航路アウト後いきなり検挙。しかし女性保安官が船長操船で本船になかなか接岸できず・・・しばらくトライの末・・・本船の船尾にオカマ掘り接岸。
 こういった時は、漁船がいることを巡視船にVHFで通達し保安庁の誘導のもと行動するのが正しいそうです。その際男性保安官が言っていたのが女性保安官は容赦ありませんので・・・と、たしかに、航路オーバーした船長も悪いですが明石は航路ブイがないですからね・・・(チャートには航路枠の表示はあるが現場は航路中央ブイが3ヶ所あるだけ)
まずは注意喚起・それでもダメならなら話はわかるのですが・・・

 下の画像は今年の10月7日夜に広島・福山沖に台風避泊した船舶のAIS位置ですが、1隻だけなぜか陸上に避泊しているフネがいます。
c0041039_15282123.jpg

 12/18の記事でCLASS-BのAISを搭載したヨットをご紹介したが、お近くにもう一隻の仲間もヨットにレーダーを新設した折、AISをあわせて搭載したと聞いている。クルージング中に大型船から轢かれない様にと新規にレーダーを購入しようと思ったらレーダー画面にAISを重畳できる機種を選ぶのがいいかもね。


【関連記事】:AIS(船舶自動識別装置)を搭載したヨット

【参考Web】:インターネットでAIS情報が見えるHP MarineTraffic.com 
【参考Web】:港内航行安全システム等の見直しに関する調査 平成20年3月「AIS を活用した安全対策の検討」
[PR]

by pac3jp | 2009-12-21 15:43 | ウオッチング  

AIS(船舶自動識別装置)を搭載したヨット

 規制が緩和され、国際VHFも5Wのハンディだったら2万円少しで買って第三級海上特殊無線技士の従事者免許があれば、申請書に7100円の印紙を貼って申請すれば艇名を識別信号にした無線局免許状がくる。それを貰えばもうおおっぴらに本船と交信できるのだ。ついでに簡易型AIS(Class B)をつければもっと便利になるという。

 AISの搭載義務船舶(Class A)は、300総トン数以上の国際航海する船舶、500総トン数以上の非国際航海の船舶、国際航海の全旅客船となっている。それ以外の搭載義務の無い船舶向けには無線免許の要らない簡易型AIS(Class B)が販売されている。そんなAISをお仲間のヨットが取り付け運用していると聞いたので見せてもらってきた。
c0041039_16505273.jpg

 上の画像はヨットハーバー(右下)に係留しているヨットのコックピットにあるレイマリンチャートプロッターE80(※2)の電子チャート上にAISとレーダーを重ねて表示した画面である。三角のくさびマークはAIS信号を発信している船舶です。左の防波堤の沖(港外)にいるのは航行中で、岸壁に並んでいる③~⑧(※1)は接岸中の船舶です。ターゲットした⑨番の船のAISのデータが表示中です。プロッターの左上に⑨番の座標と方位・距離がでている。

 このよう夜間や降雨、それに濃霧が発生していても画面上にあるアイコンにカーソルを乗せれば相手の船名、種別、針路、速度、船の大きさ、国籍などが表示される。VHFで相手を呼ぶときにも正確に船名を告げられる。それに自艇もAISを発信しておけば相手もはっきりと確認してくれる。

 当然ながら監督官庁である海保にもちゃんと監視されていることにもなるので公明正大に航行する必要がありますが、位置を公開するのが嫌なオーナーさんにはAIS信号の受信オンリーのタイプもあります。

 見せてもらったヨットの簡易型AISは輸入品だったが国産では古野電気が発売↓している。

c0041039_16544162.jpg FURUNO 簡易型AIS FA-50
■NavNet 3Dやレーダー(FAR-2107シリーズ、FR-8002、MODEL1835シリーズ)、PC等で、AIS情報を表示
■周波同時受信
■クラスA、B 双方のAIS情報を受信
■周囲の船舶(AIS搭載船)の動向把握に加え、相手船に、自船の動向を明確に示すことができるため、安全航行に大きな効果を発揮
■目視がきかない夜間や濃霧時、また、混雑する海域での安全航海をサポート
■壁面装備も自在。ブラックボックスタイプ
■WINDOWS PC上で表示が可能な、AIS表示ソフトを標準装備
※本機は、クラスAの義務装備船には、代替できません

 コックピットに高級なNavNetや多機能ディスプレーを持たないヨットマン用にはパソコンの画面に表示するソフトも付いているのでCMAPなど電子チャート上に表示出来るのかもしれないですね。

※1.白丸の番号は説明用に後から記入したものです。
※2.レイマリンチャートプロッター「E80」は25WのVHFとプロッターのセットで2,700ドル(12/18Web調べ)でした。チャートデータ・レドームアンテナはオプションです。

【関連記事】1:大阪マーチスがAIS(船舶自動識別装置)の運用を始める 
【関連記事】2:APRS 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-18 16:59 | ヨットの艤装と艤装品  

エコテロリスト シーシェパードの新兵器!!

c0041039_132595.jpg 先日、南極海で日本の調査捕鯨船に対して、体当たりや薬物の投げつけなど過激な抗議活動を行っているアメリカのシーシェパードが「アディ・ギル(Ady Gil)」号という新兵器を導入したと発表した。

 そのフネは、カーボン製の78 フィート(約 23 メートル) のトライマラン で高出力のバイオディーゼルを搭載し、大豆、カノーラ油、ブドウエキス、人間の脂肪さえ使用できるバイオ燃料で動き、炭素廃棄物を全く発生しないといっている。(上の画像は航走中のアースレースで下の画像はその艇内)

c0041039_13253973.jpg 資金を潤沢に持っている環境団体とはいえこんな過激なボートを自前で開発したのだろうかと不思議に思ったが、2008年、世界一周の新記録を作ったエコボート「アースレース(Earthrace)」を買い入れたようである。

 でも、僚船の「スティーブ・アーウィン」号がいるとはいえ、こんな高速ボートで南極海で長期間の抗議活動が出来るのだろうか?ボクは南極には行ったこともないし、捕鯨の体験談を直接聞いたこともないのでなんとも言えないが、夏の南氷洋でも多分穏やかな日もある訳なので、高速を生かしてキャッチャーボートの捕鯨活動を邪魔したり、カーボンで軽量化した船体でまさか鋼船に体当たりはしないと思うが、鯨の群れを追い払ったりすることはやりそうだなあ。

 海保が捕鯨船に保安官を派遣していると報道されていたが、南極海には巡視船や対テロリストの訓練を積んだチームもいないので手も足も出ないでのしょうね。

 日本の調査捕鯨船団が何事もなくお仕事が出来ることを遠くから祈っている。

下はシーシェパードの動画



下はANNの動画




【関連記事】:サミットがらみで騒がしくなってきた神戸港 
【参考Web】:Eco-boat powered by human fat attempts round the world speed record2007 
[PR]

by pac3jp | 2009-12-16 13:40 | ボート  

女性船長の仕事ぶり見学

 12月8日、地元の神戸新聞朝刊に↓の小さな記事が載っていた。

【女性船長の仕事ぶり見学】  
神戸ー広島航路で国内初のコンテナ船の女性船長を務める寺田美夏さんと交流する「神戸・みなと体験」が12日、中央区のポートアイランドコンテナターミナルで開かれる。神戸市や神戸港の海事関係団体でつくる「神戸海事地域人材確保連携協議会」が主催。
当日は午前8時半に同区の勤労会館前に集合。寺田さんが船長を務める三原汽船の「翔洋丸」を見学し、日々の仕事や体験談を聞く。
対象は市内の小学4年生から中学2年生とその保護者。定員は10人程度。申し込みは市みなと総局振興課へ。


 彼女が会社からコンテナ船の船長に任命されてもう半年たったが、その間でも広島ー神戸の海域で本船や漁船などが関係する海難事故をたびたびニュースで聞いた。そんな過密な瀬戸内海の運航で新人の船長さんはさぞ大変だったろうと思う。

 でも、何でも日本初のお仕事に就いた女性は大変です。

 今週末にはカッコいい女性として「神戸海事地域人材確保連携協議会」と長い名前の団体からは広告塔としてのお仕事を頼まれている。今回は小学4年生から中学2年生の少年・少女が参加者で、多分彼らはコンテナ船を初めて真近で見るのだろう、小型とはいえ船体長が76m、1400トン積の船は大きい。そんな船を自在に操船する女性キャプテンをきっと憧れの対象として見るでしょう、「すごいなぁ!いつかじぶんも船長さんになってみたい!」と。

 将来、内航船や近距離フェリーの船長さんは女性の職業として認知されれていくかもしれないなあ。

c0041039_16531659.jpg しかし、アメリカでは体力や経験の必要な外洋マグロ延縄漁船の船長をしている女性もいるが日本ではどうだろう。(当ブログ右下のライフログに「わたしは女わたしは船長」参照)

左画像はリンダ・グリーンロウさん2冊目の本である。

 クルージングヨットはカップルで航海しているフネが多いが中には女性の方がはるかに適性があるようにみえるカップルもいるので、こちらはずっと早く出現するかもしれないが、残念ながらこちらは「職業」にはならないもんね。

【関連記事】1:内航コンテナ船に初の女性船長が。 
【関連記事】2:6級海技士 
  
[PR]

by pac3jp | 2009-12-11 17:08 | 貨物船  

未来のコンテナターミナル

 先日訪れた神戸築港資料館「ピアしっくす」の展示室正面には未来のコンテナターミナルの模型がある。これは港湾管理者が描いた近未来のコンテナターミナルの姿だろう。

 ケースに収まった模型を見ると、まず、バースの岸壁がドックタイプになっていて、スイッチを押すとコンテナ船が出入港し、門型のガントリークレーンが動き、コンテナがターミナル内を効率よく移動する様子が理解できる仕組みになっている。(下の画像)
c0041039_15355395.jpg

 現在のターミナルと構造上大きく変わっているのはコンテナ船がドック型のバースに入っていることと、そのバースにコンテナを両舷から迅速に荷役できるガントリークレーンが設置されていること、それにコンテナの並ぶ方向が異なる。

 一方、コンテナ船を運航する船会社(NYK)が思い描く近未来のコンテナターミナルは、これから始まるCO2や運航経費の削減をも含めたスーパーエコシップへの移行も考え、近未来の港湾は船舶のモジュール化に対応した下の画像のようになるといっている。(画像はNYK・HPより)
c0041039_15403194.jpg

 荷役方法も上部デッキはガントリークレーンで下部デッキは自前のクレーンでとダブルのシステムを駆使してスピーディな荷役をして港の停泊時間を減らし、その時間分だけ航海速度を下げることができ、CO2の削減に有効だという。

c0041039_15383173.jpg 近未来のコンテナターミナルをあわせて見ると役所が考えるターミナルと民間の船会社が考えるターミナルでは大分違うということが分る。
 荷役をスピーディに行うのは当然だが、船舶のモジュール化など運航コストにかかわる部分で港湾施設を柔軟に整備するなんてことは難しいことだろう。
 しかし、大手の船会社は各地に専用バースを持っていて、港間の競争も激しいから管理者との交渉次第では新型岸壁を造ってもらえるかもしれない。

 でも、こうして新しい港の形を見ていると、昔の突堤は上屋付きの串桟橋だったのがコンテナ化で長い1本の岸壁になったと思ったらまた幅の狭い串桟橋に戻って行くようで、なにか港まで歴史は繰り返すのかと思うね。

 ボクも昔はスターンのブイをひらって槍付けの係留だったので、強い横風が吹くと係留に苦労したものだ。その後、浮桟橋のハーバーに変わるとなんとラクチンかと思ったが、芦屋にあるベルポートでは1隻専用の浮桟橋で、右舷からも左舷からも乗降できるし、風で流されることもなく舫いを取れるという。このような高級マリーナで過ごしていると操船の腕は落ちますよ、確実に!
まぁ、大きなお世話でしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2009-12-08 16:03 | ウオッチング  

神戸築港資料館「ピアしっくす」

c0041039_17314864.jpg つい最近、国交省の出先機関である神戸港湾事務所が管理運営する神戸築港資料館「ピアしっくす」に行って来た。この資料館は神戸港の中心から少し東に離れた第6突堤の根っこにある。平成16年8月オープンだというのでもう5年も経っているが、知る人ぞ知るという存在でし
ょうか。
 ボクは昨年の8月に続いて2回目の見学だ。「ご自由にお入りください」とドアに張り紙があり入り口は開いている。今回も施設の照明は自動点灯だったし、見学者は勿論、留守番の係員もいなかった。少々不用心だと思うが泥棒が持っていきそうな物は何にもないのでその点安心なのかな。

 港湾工事が専門のお役所が造った資料館なので港湾土木工事に関わる機材や工法の展示物が並んでいる。それだけだと愛想がないので神戸港の歴史が年表や図表、写真資料などで展示してある。割合広いスペースを割いて港系?セミナーコーナーもある。

 ボクはマリコンの仕事にも興味があるので、今回は防波堤の構造や工事方法について説明してある展示に注目した。防波堤はどこの港でもあるが、構造まで知っているヨットマンは少ないと思われるので少しお勉強を・・・。

 模型もあったが、一緒に置いてある防波堤工事のイラストの方がよく分る。↓画像
c0041039_17352221.jpg

 イラストを見ての感想は、主になる構造物である大きなケーソンは港湾用地の端の方でよく造られているし、沖で見る防波堤の工事ではガット船、クレーン船、ダイバー船、引き船などが仕事をしているのだが、見える部分は海面に出ている部分だけで殆どは海中にあってヨットからどんな仕事をしているのかは見えないので一度は海中の仕事も見学したいものだと思っていた。

イラストに1~7の番号が打ってある。
1.まず2000トンのケーソンの製作、それを浮かべてタグボートで据付する場所へ曳航する。このシーンは周防大島で見たことがあるなあ。
2.海底に潜水士が基礎石を積んで長い防波堤の基礎を造る。
3.その上にケーソンを沈め潜水士らが据え付ける。
4.ケーソン内部に砂を詰める。
5.上部にコンクリートを打ち蓋をする。
その後、順々に工程を進め、外海側に波消しブロックを積み上げ防波堤は完成する。

c0041039_17362222.jpg ボール紙で作ったようなお粗末な埠頭の模型だがグレーはケーソンやコンクリート部分、茶色は基礎石及び裏込石が入り、海底の地盤は白く改良(砂の杭)され耐震埠頭のように見える。

 阪神淡路大震災の時、耐震化が考慮されてなかった西宮一文字防波堤は沈下してしまい、満潮時は水面下で港の景色が変わったように見えて、どうなるのかと心配したものだが、今は重要な港湾設備は耐震化がはかられいるという。

 今年の夏、南の島々を回ったが、瀬戸内の防波堤と違って外洋の大波を防ぐ防波堤は大きいので時間も掛かるし工事も大変だ。でもしっかりと守られた港に入ると安心する。そして、ヨットが安心して停泊できるスペースがあればもっと嬉しいなあ。
[PR]

by pac3jp | 2009-12-05 17:42 | ウオッチング  

同窓会の幹事

 ボクが卒業した中学校同期の同窓会は1970年台から開催しているという長い伝統をもつ同窓会のようだ。以前は5年毎、近年は3年毎の開催になったが、ボクはたった3回しか出席していない新参者なのに今回は幹事役が回ってきた。

 '06年の同窓会でボクともう1人の女性が幹事に指名された。それから早くも3年が経ち、先月の11月15日に明石市内のホテルで開かれた。

 同窓会幹事のお仕事はホテルの同窓会パックの有料オプションでもやってもらえるが、簡単なパソコン作業で出来そうなので自分たちですることにする。

 今年1月にはホテルの選定をし、予約を取り、6月には、200名余もいた卒業生も既に27人が故人になってしまったが、残りの同窓生全員に告知のハガキを出し、9月には往復ハガキで出欠の確認をとり、10月中旬にはホテルに人数を通知し、当日の出席者に配る資料を作成する。

 同窓会前日まで何人ものドタキャンや突然の参加など変更の連絡がありドタバタして、参加者リストを書き損なう失敗もあった。

c0041039_182943.jpg 会の当日、幹事は司会・進行に、写真係りにとゆっくりと飲んでいるわけには行かなかった。でも何とか無事終了。二次会で50数年もの大昔のことを細々とよく覚えている男から「お前、○○ちゃんと付き合っていたか?」など聞かれエーッと驚くこともあった。

左の画像は会場のワンショットです。中央に立っている男性は83歳の我々の恩師。

 あとは記念写真数枚と会計報告を全員に送れば幹事の役はおしまいだが、まだ発送まで数日掛かる予定だ。スナップ写真とあて先を相棒と照合しなければならないのだ。特に女性は大変身していてボクが見ても全く分らない人もいるもんね。

 先月はエクセルで名簿データなどを加工し、表にしたり郵便物を発送するなど久し振りで仕事をしたような気分になった。それも相棒がいるので何かと張り合いがあり、幹事のお仕事も割りに楽しかったように思う。次回の幹事を固辞していた人の気持ちがよう分らんなあ・・・。
[PR]

by pac3jp | 2009-12-01 18:01 | 徒然に