<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

ムアリング・アブソーバーの使い道

c0041039_657479.jpg 最近、ブームエンドを吊り上げるトッピングリフトに小型艇用のムアリング・アブソーバーを使っているヨットを見かけた。どういう目的でお使いなのかちょっと判らないが、きっと、そのヨット固有の問題解消のために使われているのは間違いないだろう。

 一般的にムアリング・アブソーバーは波の入ってくる泊地などで、舫いロープやクリートなどにかかるショックを吸収し、係船部品の保全のために使われている。材質はステンレスのコイルバネを組み合わせたものだ。商品としては小型艇と大型艇用がある。

 舫いロープのショック吸収用には昔から古タイヤを使っていた。これが一番安くて頑丈だが少し不細工。ゴム製のショックアブソーバーもよく使われているが耐久性が今ひとつだ。その点、SUSのムアリング・アブソーバーはガチャガチャと音は出るが丈夫で長持ちしそうである。
c0041039_745159.jpg

 上のイラストは小型のムアリング・アブソーバーをメンシートのデッキ側に使い、強風のブローなどからリグのショックを吸収しブロックやシャックルを保護する役目を受け持たせている。

 レース中、強力なブローが入るとクルーに「もっと~ハイクアウト!」の声を掛け、トラベラーを風下にだし、フネのバランスを取る。クルーの手が揃っていて、一瞬のブローでもスピードと高さを稼ごうとするヨットレース用には使えない。

 だが、人手もないシングルハンダーのクルージングヨットには以外に役に立つかも知れない。また、港に停泊中でも波や風で揺れるブームをテンションをかけながら固定できるのでデッキ上のトラベラーブロックやマスト側のグースネックにもダメージを与える恐れもない。

 そのほかアイデア次第ではヨットでの使い道もありそうだ。ボクのところで今、名案はないが、皆さんのヨットでこのパーツが有効に活用できる場所はございませんか?

※このムアリング・アブソーバー(20f~33f用)は舵社の通販で 1本 6,825円で販売している。
[PR]

by pac3jp | 2008-02-29 07:00 | ヨットの艤装と艤装品  

黒色円すい形形象物

 神戸港域には番号を打たれた錨泊地が数多くある。そして、出入港する大型の本船と行き会う事も多い。ボクも航行している船と錨泊している船を見分けるのはマストに黒球(黒色球形形象物)を掲げているか、いないかを双眼鏡で確認する。
 漁船は鼓形形象物やカゴをマストから吊っているので漁労中と分る。でも、揚げっぱなしの漁船も多いみたいだが。

 小型帆船の法定備品の内、航海用具には黒球(黒色球形形象物)3個、黒色円すい形形象物1個と定められている。黒球は釣りなどでアンカリングする時に1個掲げる。エンジンや舵の故障で潮や風に流され運転不自由船になると黒球2個掲げる。不幸にも船位を見失い浅瀬に乗り上げると黒球3個を上げて救助を待つ。
 と、そこまでは割合分りやすいし、アンカーを打ち、釣りをしていて巡視艇から黒球が揚がってないと指摘され、お目玉をくった話は聞いた事がある。

 船検の度にキャビンテーブルに並べながらこの「黒色円すい形象物」は何に使うのだろうと思っていた。ところが最近海難審判庁のWebで気になる海難審判の記録を見つけた。

「単独で機帆走中、キャビン内で食事の準備をしていて貨物船と衝突」 詳しい内容はここをクリック。

 ボクの仲間でも数人のシングルハンダーはいる。貨物船と衝突しそうになった話もよく聞くし、また、瀬戸内などは風が弱く潮は早いので多分機帆走のクルージングが多いだろう。夏など行き交うヨットは殆どが機帆走で走っているが、機帆走にはちゃんとそれなりの規則があったのだが・・・。

c0041039_1010454.jpg 海上衝突予防法によれば帆船(ヨット)の機帆走は「昼間航行では特別な状況下にある船を認識できる形象物」を掲げなければならないと定められている。ボクも長らくヨットに乗り、よく機帆走もしているが、うかつにもそれが「特別な状況下にある船」であるとは思っていなかった。
 でも、逆に帆船以外の動力船から見ると、例えば左から来る帆船が帆走しているので進路を譲るべきか、エンジンで機帆走の場合は保持船の進路を保つべきかの判断をする表示が必要なのだ。

規則:機帆走する帆船は黒い円すい形形象物を、頂点を下にして、掲げなければならない
規則:動力船は帆船に進路を譲らなければならない
ただし、帆船がエンジンで航行している時は、その帆船は、普通の動力船と見なされる。

 昔勉強した小型船舶操縦士教本を開いてみると、法規のページに「機関及び帆を同時に用いて推進している動力船は円すい形形象物 1個」と書かれた箇所に赤丸で印をつけていた。試験の時はきっと覚えていたのだろうが、もうすっかりと忘れていた。

 全てのヨットが機帆走では、ちゃんと形象物を掲げるようになると、セーリング中のヨットに他の動力船は進路を譲ってくれるようになってくるんでしょうね。いつか・・・。
[PR]

by pac3jp | 2008-02-27 10:19 | シーマンシップ  

ヒービングライン

c0041039_1346650.jpg ヨットでヒービングラインと言えば、落水者に浮力のあるものを投げて救助するレスキュー用のグッズをいうことも多いが、一般的な用途は船が岸壁に近づいた時、船から岸壁にいるラインマンに舫いロープ(ホーサー)を送るため、先に重りの付いた細いロープを投げる。このロープのセットを「ヒービングライン」という。画像はゴム製の重り(約700g)

 近くの港で小型の自動車運搬船のバウに立ったクルーがヒービングラインをぐるぐると回し、岸壁のビット近くにいるラインマンに上手く投げていた。毎日やっているので中々上手いもんだなと感心して見ていた。
 海難救助のプロ、海保の例では、巡視船船長の回想記「泣き笑い、航海術」(舵社)によれば、嵐の日本海沿岸で遭難し座礁しそうだと救助を求める貨物船を曳航するため、激しくローリングする巡視船のバウから40m先の貨物船に一発でヒービングラインを送った名人がいたと書かれていた。

 ヨットでも母港の浮桟橋にいればそう思わないが、クルージング先など係留する状況が変わればヒービングラインが必要になることもある。

1.一応の係留は出来たが、今夜の前線通過に備えて対岸にもう1本増し舫いを取りたい。
2.台風接近などで長い舫いが何本も必要な時。
3.波のある海面で他船に曳航索を渡したいなど、太いロープを簡単に渡せない場合などにも有効だ。
4.エンジン不調で着岸する際、長めの舫いを岸から取ってもらい着岸援助を頼む時など。

c0041039_13441818.jpg ボクも必要に迫られて自作した物があった。←画像
それはソフトボールを魚網に包んで細いロープをつけたものだ。本物のヒービングラインの重りは浮かないが、ソフトボールは投げ易いし浮力もある。当ってもそう痛くはないので落水者の救助にも使える。欠点は本物に比べて軽いのでそう遠くまで投げられないことだがボクが必要な用途には充分役にたつ。

 ハーバーでヒービングラインなど不要な普通の着岸作業もよく見ているが、桟橋に的確にもやいロープを送りスマートに係留しているフネもある一方、ロープが団子になって海へポチャンと落ちたり、舫いの長さが足りなかったり、最初にとる舫いが違ったりと色々である。

 ボク自身も着岸ではよく失敗があり、人のことをあれこれ言う資格もないが、ロープの投げ方はいつも練習している。だが、いつまで経っても風上に投げるのは中々難しいなぁ。(^^♪
[PR]

by pac3jp | 2008-02-25 14:08 | シーマンシップ  

アンダー ウォーター スコープ

 寒い時期にもめげず、こまめにフネを出す友人のヨットを訪ねると、桟橋にデッキブラシなどが散らかり、何か船底の邪魔物を取り除こうとした風である。どうしたのとお聞きすると、「神戸港の沖でどうもビニールぽい物がプロペラに巻き込んだようで、前進・後進を繰り返したが破片が流れてきただけでゴミは外れなかった」とおっしゃる。エンジンを始動してペラを回すとごろごろと船体が振動する。

 水温は9℃。ドライスーツとタンクでゴミを取るか、1万5千円払ってハーバーのリフトで吊ってもらうか思案中だ。ボクはドライを持ってないのでウエットスーツで考えればお金を払って処理する方にするがオーナーそれぞれに選択肢はある。
 でも、まず現状を確認するのが一番だが彼のヨットはセールドライブでちょっとプロペラの位置が深いので桟橋からは見えない。用意の良いヨットはプロペラが見える点検窓や船内からゴミを除去できるシャフトなど装備したフネまであるが・・・。

 「船底やペラが見える道具ない?」と、聞かれた。ヨット乗りの思いは世界共通、古いクルージングワールドのDIYページで発見。「アンダーウォーター スコープ」とお題が付いた製作図(下)が掲載されていた。

c0041039_903180.jpg
 太さ2インチ、長さ6フィートのABSパイプに2インチのコネクターに厚さ1/8インチ×2インチ径のプレックスグラスを接着したものを接続すると書いてあるが、日本では2インチの塩ビのパイプとソケットで代用が効く。窓は透明でソケットの内径と同じ3mm~4mm厚さの塩ビかアクリル板があればOKだ。使う時はパイプの浮力があるのでバランスのよいところにホースバンドでウエイトを取り付ける。材料は近くのホームセンターで全部調達できる。この道具の操作は船上からは使えないのでテンダーからとか桟橋から使う事になる。

 同じ目的のマリングッズが通販で売っていたそうだが、口径が小さいとか長さが足りないとか色々とある。地方によって海水の透明度は違う。それに観察する人の視力までまちまちだ。自分にあった仕様で作ってみよう。


【関連記事】1. 船底の点検窓
【関連記事】2. プロペラの点検口
[PR]

by pac3jp | 2008-02-22 09:09 | ウオッチング  

新しいブームバング?(ブームキッカー)

 昔、ディンギーに乗っていた頃はブームバングといえばロープ式のものだった。帆走中にも頻繁に調整し、お隣に負けないよう一生懸命走っていた。セーリングが終わればブームをデッキに落とし、セールを片付けていた。24フィートクラスのクルーザーも同じシステムだった。メンハリを緩めるとドサッとブームとセールが落ちてきた。

 最初の30フィートクラスのクルーザーにはトッピングリフトの機能を併せ持つソリッドのエアー式のブームバングが付いていた。これはメンを降ろしたり、リーフなどする時などブームが落ちてこず大変便利だと思ったもんだ。でも暫くするとエアーが抜けてくるトラブルがよく発生した。

c0041039_1043177.jpg やがて、ソリッドのブームバングはエアー式からメンテナンスフリーのコイルばねを内蔵したタイプに変わってきた。この時代が長く続いたようだが最近新しいタイプのブームバングを取り付けたヨットがいた。
 それはFRP製の丸棒の剛性を利用してブームを支えるタイプ。正にトッピングリフトの替わりをするものだ。価格もソリッドタイプに比べて部品の数も少ないので安そうだし、既にロープ式のブームバングを持っているヨットには好都合だ。体重を掛けたり無理やり抑えると折れる可能性もありそうだがシンプルなのが良い。

 この少し古いヨットの近くであれこれ作業をしているセール屋さんがいた。お聞きするとこのブームキッカーは当社が取り付けたとおっしゃる。ブームバングなどはセールメーカーのテリトリーなんだと思い当たった。
 ブームキッカーから目を移して周りを見ると、ドジャーの窓が新しい、メンセールもセールパックも新品だ。フォアスティに巻き取られたジブもどうやら新品らしい。スピンも買ってもらったとおっしゃる。どうりで嬉しそうな顔である。「このオーナーさんはヨットを乗換えはったのですか?」と聞くと、そうではないという。

 レーサーならいざ知らず普通のクルージングヨットでスピンを含めたセール1式を新調するフネはそうざらにない。セール屋さんが喜ぶはずだ。ボクの仲間ではこの10年間でそんな人は誰もいなかった。セールは修理しながら使うもので、クロスの劣化が著しく修理不可能と宣言されてやっと新調するのだ。 と、ボクなどはそう思っている。

 が、中にはちゃんとヨットのメインエンジンはセールと考える正統派のヨットマンもいる。毎年、小笠原定期便を運航している長距離セーラーだ。彼はたびたびニューセールを作っていると聞いている。確かに燃料補給が出来ない外洋で一旦、微風域に入ってしまうと帆走能力の劣るヨットでは航海日数が増え、積み込んだ食糧が目的地に着くまでに切れてしまう事態にもなる。

 外洋を渡るクルージングは頑丈で早いヨットと新しいセールが必須だが、その替わりに食糧と燃料を満載してゆく手もあるね・・・。
[PR]

by pac3jp | 2008-02-20 10:48 | ヨットの艤装と艤装品  

衝突事故

 1月にバウスラスタやレーダーなど整備して、韓国に向け出港していった韓国人所有のクルージングヨットがまた新西宮ヨットハーバーに入ってきた。ヨット業者がよく使うバースに泊っているのを遠くから見かけ、どうしたのかなと、よく見るとフォアスティのファーラーが緩んでブラブラしているようだ。


c0041039_15503296.jpg 近くで観察するとかなり激しく岸壁などに衝突したかのようにステムヘッドが潰れている。アンカーローラーもバウパルピットも壊れ、フォアステイのチェーンプレートも切断してるのでファーリングギヤ共々ロープで仮止めしてある。元々分厚く造られているので船体内部が見えるほどではない。でも、壊れているのはステムヘッド付近だけで他の部分に損害はないように見える。

昨日、顔見知りのヨット業者にお聞きすると、事故の顛末を教えてくれた。

 1月中頃、整備が終わり母国に向け西宮を出港。順調に航海を続けて日本の領海を抜け、韓国領海に入り目的の港に向け航海中、突然、韓国漁船に衝突される。激しい衝撃でフォアスティが切れデッキはセールがシバーし大混乱。相手の漁船は「大丈夫か」とか声を掛けたようだがオーナーが事故の応急対策を終え一段落した時、その漁船はもう居なかった。幸いオーナーが漁船の船名を覚えていたので入港後に当局に訴え、やがてその漁船は海上警察に捕まったという。

 船首だけが壊れていて舷側には全く傷はない。どう衝突したのか状況がよく分らないが、結局、海上衝突予防法による非が漁船側にあったので捕まったのでしょうね。

 それに、修理は何故か日本でしたいとオーナーがおっしゃっていて、それも韓国から近い福岡などのヨット業者に頼べば如何ですかとアドバイスをしても、前回お世話になった西宮のヨット業者がお気に入りでまた、遠く韓国から関西まで艇を回航したきたようだ。

 ヨットで航海中に本船と接触してマストを失ったり、クルーが怪我をした話はよくある。こちらに航路権はあっても相手が避けてくれなければ衝突だ。衝突の前に相手に注意を喚起する警報を発したり、衝突を回避する動作をしなかったら同じく責任を問われる。
 海の乗り物でもかなり小さい部類のヨットとしては、いつもしっかりと見張っていて、本船が衝突コースに入りそうなら、いち早く回避した方が得策ですよね。

参考:以前の記事から 韓国人のヨット 
[PR]

by pac3jp | 2008-02-18 15:51 | ウオッチング  

ヨットの漁労スペース?

 明石海峡を西へ抜けるクルージング途中、須磨や垂水の沖はいい漁場でいつも大型小型の釣り船の多いところだ。その中でロッドを突き出して本格的な曳き釣りをしているヨットもよく見掛ける。丁度、漁具を引く最適速度がヨットの常用速度にマッチしているのだろう。

 大阪湾奥の西宮沖では防波堤の釣りは盛んだが乗り合い船も来ないし、個人の釣り船も割りと少ないところだ。そんな海でもボク達がショートクルージングから夕方に帰ってくる頃、ハーバーをいそいそと出てゆく、船尾に幾つかの漁具が目立つ漁労タイプのヨットがいた。

c0041039_10173471.jpg ヨットマンは釣り好きも多く普通はフネにロットホルダーやタモ差し位は取り付けている。でも、釣り糸が絡み易いスティやデッキ艤装品も多く船足も遅いヨットでは本格的な釣りは不向きだと思われるが、ボートよりどうしてもヨットでなければと考えるヨット派アングラーもいるわけだ。そこでヨットで快適に釣りをする色んな方法を考える事になる。

 スターンに曳き釣りステーションを作ったヨットがいた。以前、タチウオ釣りに行くのを目撃したヨットだ。ヨットでは普通はコクピットの横とか後ろで釣具の操作をするが、ここはバックステイとか何かと障害物が多い場所だ。そこでこのオーナーさんはスターンのスイミングステージを専用の釣りコーナーにしてしまったのだ。左右のスターンパルピットから「立てたスイミングラダー」までパイプを続ぎ、落水防止の安全柵とした。ついでにこのステップに釣り糸の特製リールまでセットしてある。今はオフなので装備はセットしてないがシーズンに入れば漁具がフルセット取り付けられるのだろう。

ついでながらこの場所は安全な男性「おしっこ」にぴったりの場所にもなっているが、もし、落水した時はラダーが簡単に使えないからちょっと苦労するかもしれない。でも、別に非常梯子を用意しとけば良い訳で、大きなお世話でしたね。
[PR]

by pac3jp | 2008-02-15 10:22 | ヨットの艤装と艤装品  

浮桟橋の釣り

 この冬、すごく海水の透明度が良かった日、桟橋から海中を覗くとかなり深いとこまで見える。そして、桟橋を支えている鋼管杭には大きなチヌやスズキが群がって杭に付いた餌等を食べているのが見えた。「見える魚は釣れないかぁ~」と言いながらお向かいの釣りボートのオーナーが道具を取り出して釣り始めるとなんと、50cm~60cmクラスのハネが次々と釣れたのだった。

c0041039_9524073.jpg 建国記念日の朝、ボートで沖に出るのが寒いのか、お向かいの釣りボートのオーナーさんは又、自分のボートの前で釣りだした。シラサエビのウキ釣り。小さい釣針に生きているようにシラサをつけるのがコツだ、とかおっしゃって釣りはじめた。

 暫くすると50cmクラスのハネが掛かりだした。キャッチ&リリースとかで釣った魚は離れた場所に放していく。70cmクラスもヒットするが釣り針が小さいので釣れても針が伸びてしまい釣り上がらないのがあるのだって・・・。
 大き目の硬い針を使えば良いのにを言うと、餌のエビが生きているように泳がすのでこれでいいの。らしい。まぁ、釣味だけが楽しみなのでそれでいいんでしょうね。

 隣の桟橋でそれを見ていたボクの仲間が羨ましがって仕掛けを教えてもらおうとやってきた。だが繊細なウキ釣は彼の性に合いそうにない。オキアミのサビキ釣りで過去にイワシを1匹しか釣ったことがない腕前ではちょっと無理かもしれないね。
 でも、近く自由の身になった暁にはヨットの旅で自給自足の暮らしがしたいから魚つり技術のスキルアップは必須だとかおっしゃる。・・・できるかな?

 ハーバーの規則で何故か桟橋の魚釣りは禁止だそうだが、近くでオモシロそうにやっていると心惹かれる。ボクもやってみたいが、難しいテクニックが要るのは到底無理で観光地のお腹をすかしたマスくらいしかボクの竿には掛からないだろう。ここは見学しながら楽しむことにしょうかな。
[PR]

by pac3jp | 2008-02-13 09:55 | ウオッチング  

魚拓から昔仲間の消息が・・・

c0041039_10154376.jpg
 ヨットハーバーのセンターハウスには毎週必ず立ち寄る。フロントの天井付近の高いところにカジキマグロの魚拓が張ってあったのは前から知っていたが興味がないのでそう注意深く見ていなかった。

 数日前にセンターハウスの南入り口から入って何気なく見渡していると、「第8回 南紀ビックファイトトーナメント 第4位」の魚拓に書かれたオーナー名に見覚えのある名前が書いてあるを発見した。昔、ヨットに乗っていた「あいつかな?」と一瞬思ったが、まさかヨット乗りが外洋のフィシャーマンになっているとは思わなかった。
 でも艇名は「プレイボーイ」、アングラーもギャフマン、リーダーマンもクルーの人たちだ。オーナー名はあの彼の名前だ。この遊びのスタイルからボクは彼に間違いないと確信した。フロントで調べてもらうとホームポートは高砂市の播磨マリーナだという。これで決まり。間違いない。もう長い間お会いしてないが、長身でお洒落な彼の姿が目に浮かぶ。元気でかっこいいオーナーをやっているんでしょうね!

 毎年、このトーナメントの表彰式の後、釣ったカジキを魚拓に取り、その後プロが解体する。美味しい所はオーナーが、その他は一般市民に無料で配っていてご近所でも人気のイベントである。実はボクもイベント終了直前に小ぶりのカジキの切り身を2kgほど貰ってきた。もしかして彼等のチームが釣ったカジキだったかもしれないね。昨年のことなのでどのように料理して食べたか全く覚えてないが、今年のトーナメントシーズンには彼のボートも注目しておこう。

参考:以前の記事から 南紀ビックファイトトーナメントの余禄
[PR]

by pac3jp | 2008-02-12 10:19 | ウオッチング  

神戸カルモマリーナの近況(08/2月)

c0041039_10251179.jpg 神戸市内を車で走っていると時々「ボート係留利用者募集中」の看板を書いた材木屋さんの大小のトラックを見かける。以前(06/6)にマリーナの見学にいった時には、大き目の台風が2~3個来てからもう一度見てみようと思っていたのだが、今週初め、用事で近くを通ったのでちょっと覗いてみた。

 今回少し変わったなと思った所は、港外が時化ていたのかもしれないが、以前は港内に居なかったダグボートやバージなどの小型の業務用船舶が7~8隻もいたことだ。まぁそれでも港が混みあっている感じはしない。
c0041039_10255474.jpg
 ここは使わなくなった刈藻島の元貯木場に一本の長い串桟橋を浮かべマリーナにしている。勿論、桟橋に数ヶ所あるパワーポストには電気と水道は来ている。桟橋の固定は普通の鋼管杭ではなく数箇所ある既存のコンクリート製の構造物から鎖で繋いでいるようだ。マリーナの経営はこの貯木場の権利をもつ材木業者の有志が当っていると聞いている。

 久し振りにゲートまで行って見るとかなりボート・ヨットは増えてきている。ゲートに近い小バースに空きスペースは少ないようだ。ヨットのマストも以前は一本だけだったが今回数えてみると7本、合計7隻に増えていた。
 桟橋の先のほうにある中サイズと大サイズのバースの具合を見ようと思い西側の駐車場から眺めると中・大のバースはまだ空きが大分有るようだ。

 帰途、近くの須磨ヨットハーバーにも寄ってみた。ここは浮桟橋もあるが、杭係留が主体のハーバーだ。バースで揺れているヨットを見ていると、浮桟橋は本当に楽だと思うね。ボクもずっと以前は指定のバースに入ると、ブイを拾ってスターンにクリートし、バウの舫は岸壁から取るという係留方式のマリーナだった。ある時、強風の横風でバウの舫が取れず隣のヨットに当ってしまうなどトラブルもあったなぁ。
 浮桟橋横付けのラクチン係留に慣れてしまったボクは、ブイを拾ったり、杭から舫いを取るなんてことはもう出来なくなっているでしょうね。きっと。

参考:以前の記事から 神戸カルモマリーナ
[PR]

by pac3jp | 2008-02-08 10:30 | ウオッチング