<   2007年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

エンデヴァーのウインチ

c0041039_1014984.jpg 130フィートの巨大なスループを眺めていると、ヨットマンなら誰もが目を惹く、これまた超大型のリューマ製ウインチがデッキにずらりと並んでいる。マスト周りに9個、ミジップに8個、メンシートとランナー用に6個と両舷合わせて合計23個の大型ウインチがある。
 シートが掛かってないのはなに用のウインチかは分らないが、セーリングするにはデッキにこれだけの数のウインチが必要なのだ。まだマストに数個のウインチがついている。

c0041039_10202499.jpg
  [↑ずらりと並ぶ大型ウインチ群] 

でっかいウインチを見てきた仲間が「あれをウインチハンドルで回すのはシンドイやろなぁ」と言っている。別の仲間が「あれは筋肉マンクルーがコーヒーグラインダーを回してその油圧パワーを各ウインチに分配しているのやろう」とのご意見も出る。
c0041039_10215234.jpg
 [↑高いマストを支える2組のランバクウインチとメンシートウインチ] 

 エンデヴァーも現役でアメリカズカップを闘っていた頃は当然、全てマンパワーで走らせていただろうが、今は太平洋を渡ってきたクルージングヨットなのだ。ハリヤード、メンシート、ジブシート、ランナー用などの大型ウインチは多分電動でしょうね。ウインチ本体やすぐ側のデッキにスイッチのような物が見えるのもある。
 でもウインチ群の傍らにウインチハンドルも置いてあるので両用しているのかもしれない。外人のプロセーラーは本当にパワーフルやからね!

 電動ウインチといえばボク達のヨットで使うDC12V用ではなくボート用のDC24Vか、或はジェネレーターから出力されるAC120Vや240V用かもしれない。これだと小型モーターでもかなりの馬力がある。

エンデヴァーのヘルムスマンステーション
c0041039_10231124.jpg
 デッキ中央に露天の操舵装置がある。この船は鋼船なので磁気コンパスに自差修正用の鉄球が2個付いている。ステアリングの左右にステンレスの操機ポストがあり機関やオーパイのコントロールをする装置が収まっているのだろう。

 外洋でこの船の舵を取るのは大変でしょうね。まず立って操船する。腰掛スタンドのようなものはあるがベンチシートはない。乾舷が低いのでヒールをすれば風下デッキは波を掬い、バウが大波に突っ込むとバウデッキからスターンまで青波が流れる。勿論ヘルムスマンはビチャビチャだ。日除けがないので真夏のクルージングも大変だろう。
c0041039_10233925.jpg
 でもレース以外のクルージングではコーミングに囲まれたキャビン入口のコクピットにいれば少々時化てもOKか、などと思っていたが、この船はアメリカのリッチマンがオーナーの豪華メガヨットなので全ての運用はプロのクルー達がするのだ!

 ボク等のように自分が便利に乗りまわす為に、あの装備この装備をつけて・・・なんて考えていなくて、オーナーが沖を帆走るエンデヴァーを見たり、フネの一等場所に陣取り「美しいヨットだなぁ!」なんて楽しむ為にも機能オンリーに艤装されているのでしょうね。

 生活感はヨットの美しさ削ぐものなのだ。ウチのクルーにも他所ではライフラインに「洗濯モノを干すな!」といっとかなくちゃ・・・。
[PR]

by pac3jp | 2007-10-31 10:31 | 帆船  

あのエンデヴァー(ENDEAVOUR)が来る!!

c0041039_1625661.jpg
 週末、ヨットハーバーに入るとビジターバースに異様に高いマストが見えた。付近に60フィートクラスのレーサーもいるが、まだズバ抜けてそのマストは高いのだ。桟橋からヨットを眺めるとマストの高さに比べ、デッキの高さはかなり低く最近の40~50フィートのクルージングヨット並みである。

 エンデヴァーと書かれたスターンの船名から「あのエンデヴァーだと直ぐに判った」まさか本物がここにいるとは信じ難かったがハルのデザインは正にJクラスのものだった。高いマストトップにJクラスのフラッグが翻っていた。
c0041039_16264522.jpg

   ↑巨大なブームとフラットなデッキ

20年も前に読んだ「舵誌」に載っていた記事を思い出した。

 このヨットはイギリス(イングランド)がアメリカズカップに挑戦する為に1934年に建造した130フィートのJクラススループで1934年にチャレンジャーになり4-2で敗れた。その次もイングランドはエンデヴァーⅢでまたも挑戦したが、4-0だ敗れた。そして世界は戦争の時代に入り、第2次世界大戦が始まりヨットレースどころではなくなった。戦後も長らくエンデヴァーはテームズ川に放置され朽ち果てていたが、やがてアメリカの大富豪の女性がオランダの造船所でレストアを始め1989年に新たな姿に蘇った。

全長:39.56m
全幅:6.78m
深さ:4.76m
マスト高:50.36m
船体:6mm厚スチール
エンジン:キャタピラー402hp
巡航:10kt

 現在のオーナーは最初のオーナーではないだろうがヨットは最高のコンディションで維持されている。側で見てもスチールだというブルーのハルはピカピカと輝き、すり傷1つないし、テークデッキも完璧に磨かれている。
c0041039_16393480.jpg

 船体のデッキ以外の木部のニスはつい最近進水したかのようにみえる。オーナーは不在でクルーは12~13人乗っているようだがデッキに余分な物は全くない。金物は磨かれロープはきっちりとコイルしてある。
c0041039_16331256.jpg

 高いマストに巨大なセールを展開するメガヨットのでセーリングでも結構なスピードが出るそうでモーターボートで後ろに付いていてもそう遅いとは思わない位のスピードだという。

 70年も昔にデザインされたヨットなのにバウやスターンの優美なカーブが人びとを引きつける。桟橋を歩くヨットに関係のなさそうなオバさんまで「キレイな船やねぇ」と感心している。

c0041039_16361782.jpg レッドエンサインはケイマン諸島のものだ。船籍はジョージタウン。メガヨットはここに船籍をおく船が多いようだ。

 エンデヴァーは今、日本に滞在中で、横浜から新西宮ヨットハーバーへ来たそうだが、これからの行き先は聞かなかった。ちなみにこの豪華ヨットのチャーター料は10,000,000円/1週間だと噂で聞いたが、確かではないがその位はしそうな気もする。また日本人のクルーも募集しているらしいョと誰かが言っていた。

 ボクはエンデヴァーのチャーターなんかはとんでもないが、沖をセーリングする姿や、もし出来るならJクラスヨットの躍動的なマッチレースなどが見れたら最高だなぁ!!
[PR]

by pac3jp | 2007-10-29 16:43 | 帆船  

サントリーマーメイドⅡ part2

c0041039_11234094.jpg
 今年5月末に進水した波浪推進船サントリーマーメイドⅡ号は来年、2008年3月中旬から5月下旬にかけハワイ・ホノルル~紀伊水道間の航海をする予定だ。最近まで外洋で新型船のシェイクダウンをやっていたのだろうか長い間ハーバーを留守にしていたが、先日ヤードで上架して推進システムの修理や改造をやっているのを見かけた。

 キール付きのカタマランは船台なしで上架出来るんだ、と思いながら作業を「ちらっ」と見せてもらうと推進翼に取りつけられたリンクバー支点の部品が新しい物に溶接交換された模様。塗られたペンキが新しい。それに翼のバランスを取っているコイルばねも少し大きくなったように思う。

 この船の速力は堀江さんに直接聞いたわけではないが、関係者の話では外洋のテストでは2ノットくらいだったそうだ。まだこれからチューニングの効果が出てくるのだろうが、その速度では「海面を流れているゴミ並み」とは言わないまでも風や海流のお世話になる割合はより大きくなるね。

 この波浪推進のアイデアは1895年にイギリスで特許を申請した記録があって、その時の実験船では3~4ノットで進んだといわれているそうだが、当時の重い木造船にセットした波浪推進装置が出した速力に軽いアルミ船に装備したシステムが速力で負けているのは何故でしょうね。
 100年以上前の古い話なのでよく判らないが、きっと、波浪推進に最適な波の日に計測してなおかつ、英仏海峡の早い潮にも助けられたのかもね?

 よく準備不足で航海に出てしまって航海中ずっと後悔していたヨットマンの話もあるが、流石に歴戦のヨット冒険家の堀江さんは違いますね。出航の1年前には冒険ヨットが出来ていて、ほぼ1年かけて周到に準備をされている。今回は今までになかったタイプの船なのでどんな事になるかも判らないので「もしもの時」に備えてたっぷりの食料の積み込みが必要ですね。
 腹が減っては・・・何んにも出来ない! ですからね。

 来年になればハワイに向けて船積みだろう。ボクもサントリーマーメイドⅡの安全で無事な航海をお祈りしている。


以前の記事から:サントリーマーメードⅡがやってきた!
[PR]

by pac3jp | 2007-10-26 11:32 | 特殊船  

レーシングヨットのプロペラ

 クルージングヨットのオーナーはビルダー標準装備の2翼や3翼の固定プロペラでもプロペラの推進力があればそれでよし、と言う方も多いが、クルージング中の固定プロペラの大きな水中抵抗を嫌がるクルージングヨット乗りも又たくさんいらっしゃる。

 一方レーシングヨットはその活動中殆どをセールの推進力のみで走り、帆走中のプロペラは只の抵抗物である。従ってプロペラの形状は出来るだけ水中抵抗が少ないタイプのものが好まれるのだ。

 先日知り合いのレーサーが自艇のプロペラをいじりながら何事かクルーと相談していた。「どうしたの?」とお聞きすると「プロペラの納まりがちょっと気になる・・・」とおっしゃる。
 そういわれてからよく見るとこのハーバーでずらっと並んで上架保管されているレーサーの全てがセールドライブになっていて、シャフトドライブのレーサーはもういない。そしてそのプロペラも全て2翼のフォールディングペラである。3翼フェザーリングのプロペラはアスターンがよく効くと言われて大き目のレーサーにもよく装着されていたが、レーサーは水中抵抗が少なければアスターン効果なんてどうでもいいのだ。
 今は35フィート~50フィートクラスまで2翼フォールディングプロペラである。

 そしてレーサーの船底から突き出ているドライブをよく観察するとビルダーやオーナーの好みによってプロペラのデザインはまちまちである。
c0041039_9584028.jpg

↑左画像は後ろ側面から見た普通の2翼フォールディングペラである。↑右は真後ろから見た画像。特に水中抵抗がありそうな形には見えないが、欲を言えば2枚のブレードに挟まれた空間に乱流が(ボクの想像)あるのかもしれない。
c0041039_9585248.jpg

↑左画像は一番水中抵抗が少なそうなプロペラ側面。↑右画像は後方から見たプロペラ。ブレード同士がぴったりと重なり水中断面積が少なそう。
 昔もこんなフォールディングペラがあったが片開きやアスターンが効かないなど問題があったね。

 クルージングヨットに乗っているボクから見ればどのプロペラもそう変わりがないように思うが、レーシングヨットはレーティングによるハンディキャップで戦うので相手に絶対勝ったと思っても0.1秒の差で負けることもある。もしかしてこの差はプロペラの納まり具合と関係があるのかも・・・と思わないようにアチコチ削って?思い通りに調整してくださいネ。
[PR]

by pac3jp | 2007-10-24 10:05 | ヨットの艤装と艤装品  

セールパックの使い勝手

 クルージングヨットのメンセールは昔から港に帰ってきたら取り外すか、ブームに束ねてセールタイで縛ってカバーを掛ける方式が主流だったが、いつの頃からか新艇はマストファーラーが増えてきた。前回の記事に書いたブームファーラーも大型艇中心にちらほら見かける。

 今までずっと従来型のやり方でやってきたが、マストファーラーのヨットがハーバーの入り口でスルスルとメインセールをマストに巻き込んでいるのを横目で見ながら、わが艇も少しはセールの上げ下げを簡単にしたいと考えた時。

◎まず充分な資金があればお好みで・・・
1.マストをファーリングマストと換装する。従来のセールはリカットして使える?。
2.ブームファーラーに取り替える。(マストよりは安いが・・・)

○そう資金はかけれないとなれば今までのセールを使い・・・
1.マストにレージージャックを付けセールがデッキに落ちるのを防ぐ。でもセールタイで縛りカバーを掛ける手間は残る。
2.レージージャックと一体になるブームカバー(スタックパック・セールパック・クイックカバーなど)などを取り付ける。
3.よりスムースにセールのアップダウンをする為によりスムースに動くラフスライダーを替えてみる。

c0041039_1295612.jpg スライダーとセールパックの組み合わせはセールの上げ下げがかなり楽になり、ボクの場合36fのメンセールでもウインチなしで揚げられるし、ハリヤードを離すと一度にセールが落ちてくるのでブレーキをかけながら降ろすのが良い。また、メンファーラーのようにマストの中でセールが詰まってしまい肝心な時に巻き取れないというようなことは起こらない。リーフしてもセールパックの中にリーフしたセールが入るので結束はいらない。

○注意が必要なところは・・・
1.セールアップのときセールパックの開口が狭いとバテンエンドとレージージャックのロープが絡む事がある。
2.セーリング中はセールパックに風が入ることもあるのでレージージャックでバタつかないように調整したり、コントロールラインを緩めてマスト側に固定し、ばたつくセールカバーをマストにマジックテープで留めておく方法もある。
3.セールを降ろすとリーチ部分とリーフロープなどがセールパックからこぼれることもあるが持ち上げてカバーの中に入れてやれば問題はない。
4.ファスナーが上部にあるのでセールに雨水が溜まりやすいタイプもあるので注意する。
c0041039_126615.jpg

左画像はカンタムのセールパック。右画像はノースのクイックカバーのジッパー部

 ヨットハーバーに入ってくるクルージングヨットの新艇を見ていると以前はマストファーラーばかりだったが最近はセールパックのヨットも増えてきた。マストファーラーと違い普通のサイズのセールが使えるのとファーラートラブルがない。そして効果がある割りには安く作れるのが最大のメリットだ。

 ボクの仲間でも2艇がノースのクイックカバーとマストグルーブに滑りやすいプラスチックの「ストロングスライダー」をつけた。その結果、驚くほどメンスルが軽く揚がると自慢していた。ハーケンのバットカーなどベアリング入りのシステムより安くあがると聞いている。

c0041039_1263157.jpg

左画像はフリードリクセンのベアリングスライダー。右画像はマストグルーブに付けられた黒いストロングスライダーのセット。
[PR]

by pac3jp | 2007-10-22 12:17 | ヨットの艤装と艤装品  

ブームファーラーのトラブル?

 ご近所のお仲間がメンスルの更新を機会に在来型のブームから最新型のスマートなブームファーラーに交換してからもう大分経ったが、「メンセールをスルスルと揚げて、風が強くなると簡単に適当な位置まですーっと引き下げ、簡単にリーフが出来る」はずのブームファーラーだったが中々手なずけるのは難しそう。どっかの「じゃじゃ馬ちゃん」みたい。

c0041039_14441959.jpg 先日もディラーのメカニックが調整に来てくれたが8割方揚がるとウインチで巻いてもかなり重くなってくる。若いメカニックは現役のレーサーでもあるのでその馬力でなんなく巻き上げてしまう。でもこの艇のオーナーさんは現役の社長さんでゴルフは得意だが力仕事はチョット無理だろうね。仲良く奥方とお二人で力を合わせてセールアップをするという。 また、セールダウンもブーム内にしっかりと巻き込んでゆく関係でスルスルとはゆかず、ここでもウインチのお世話になる。

 そこでセールのアップ、ダウンの助っ人に電動ウインチハンドルを使っておられるが、負荷が大きくなるとその助っ人もギブアップする。最終的には本式の電動ウインチの取り付けも考えておられるようだが何とか調整で直したいと思いメカに来てもらっている。このタイプのブームファーラーはもう1隻34フィート艇に付いているが、同じ悩みがあるそうだ。

c0041039_14444774.jpg ご近所のお仲間連とファーラー作業の様子をあれこれ言いながら見ていたが、ブームエンドにあるファーラーの巻き取りドラムに巻き取られるロープが均等に巻けずブームに内側に擦れている様にも見える。このコントロールロープの外皮をもう少し長めに剥ぐか、あるいは少し細くするかでドラム内のロープの嵩を低くすればこ擦れなくなり抵抗は少なくなる。でもハリヤードの引き上げ荷重は「セールの重さ+ブームファーラーシステムの抵抗+巻き取りロープの抵抗」の合計なんで普通のブームにセットしてあるセールを揚げるよりは大分重いのが当たり前なのだ。

 このブームファーラーは動力ウインチが既に装備されている大型ヨットによくセットされている。大型ヨットはジブにしてもメンにしてもセールを展開したり巻き取ったりするの人力よりもパワーのある電気や油圧の動力を使っていることも多いので少々重くても何ともない。
 半面、殆ど人力で操作する中小型のヨットは少し重くなると個人差もあるがきつく感じるのかもしれない。

 メンスルを楽に展開したり簡単に収納したいと思うのはヨット乗り誰もの願いだろう。ボクはローチが取れなかったり変な縦バテンしか入れられないマストファーラーにはせず、フルバテンメンセールとフリードリクセンのスライダーにカンタムのセールパックの組み合わせを使っているが今のところ満足している・・・。

以前の記事から:電動ウインチハンドル
[PR]

by pac3jp | 2007-10-19 14:49 | ヨットの艤装と艤装品  

受難の航路標識

c0041039_10403648.jpg ←画像は明石海峡東の航路ブイである。よく見るとソーラーパネルやランプを保護するガードパイプが曲がってしまっているし、赤球の支持パイプも歪んで見える。誰かがこの航路ブイに接触したようだ。
 昨年もこの大きなブイは上部のやぐらが千切れてしまうほどの事故にあっている。
海保のHP「航路標識のブイが泣いています!!」に詳しい。

 このブイは明石海峡航路の東入り口にあり、友が島から北行して来た本船はここで西へ変針するポイントである。でもこのあたりは潮流も早いし何時も多くの漁船が操業している場所でもある。写真を撮った当日も付近を引き縄漁の漁船が数隻操業していた。ボクらもこの航路ブイの底に太刀魚仕掛けを入れてみたが腕が悪かったのか、魚が居なかったのか、全く釣れなかった。

 つい最近、九州の別府港でカーフェリーが桟橋から出航はしたが故障で漂流し、灯台が倒壊したと以下のような報道がされていた。



フェリーが防波堤に接触、灯台なぎ倒す…別府

7日午前5時50分ごろ、大分県別府市の別府国際観光港で、八幡浜港(愛媛県八幡浜市)に向けて出航した宇和島運輸(本社・同市)のフェリー「おおいた」=2453トン、全長115メートル、梶田秀利船長(55)=の右舷が同港東防波堤に接触、碇(いかり)が灯台(高さ約6・4メートル、直径約60センチ)に当たってなぎ倒した。
乗客52人と乗組員10人にけがはなかったが、自力航行出来なくなり、大分海上保安部の巡視艇などにえい航され、同港岸壁に着岸した。
同保安部の調べによると、「おおいた」は午前5時35分に離岸した直後、発電機が不調となり、岸壁から約200メートルで停止した。潮の流れに押されて防波堤に接触したらしく、灯台は根元からなぎ倒された。
乗客は、後続便に乗り換えるなどして八幡浜に向かった。

10月7日 読売新聞 より引用


 確かに航路標識への接触や衝突は港内の燈標より安全水域標識である「赤白縦しま」のブイがずっと多いのだろう。方位標識や孤立障害標識に当ると座礁の危険があるから居眠りしている船は除いて大抵は注意して大回りするのが普通だからこれは少ないね。
 ボクも大分前に微風で穏かな安芸灘で航路中央ブイをウェイポイントに設定しオーパイで航海していたら、気がついたらブイの2m近くを通過して「ヒャッ」とした経験がある。また、ヨットにはじめて乗る女性ゲストに見張りを頼みキャビンで作業をしていたら、ゲストが突然「灯台が近づいてきたよ!」と叫んだ途端にドーンとブイに衝突してハルに大きなクラックが入ってしまった不運なフネもあった。

 どんな小さな航路ブイでもボク達が乗るヨットよりは、はるかに丈夫なのでブイはペンキにキズが付く位でもヨットのダメージはかなり大きい。また衝突のショックでセンサーが働きカラーペンキが吹出す装置がついたブイもあるので後々大変ですよ。

航路標識は海上に設置してある公共物ですから不注意で壊すなんてとんでもないことです。自艇の位置が確認できる充分な距離をとって航海し、GPSのウェイポイントは航路ブイから0.5マイルは離して設定しましょう。でも何といっても安全の基本は見張りを厳重にすることですね。
[PR]

by pac3jp | 2007-10-17 10:53 | 海保  

回線が復旧しました!!

c0041039_9545327.jpg
 当ブログもインターネット回線のトラブルでやむなく約2週間のお休みでしたが、昨日やっと回線状況が復旧いたしました。
 長らくお待たせいたしましたが近く投稿を再開いたします。又よろしくお願いいたします。

 ブロードバンドの常時接続が普通の生活の中で情報の受信も発信もできない状況は精神状態にも確かに影響しますね。今まであまり意識はしてないのにインターネット情報社会に家族みんながどっぷりと浸かっていたようです。

 これからも情報社会へとどんどん変化してゆく中で通信回線の信頼性はもっと重要になってくる筈だ。家庭用だから復旧まで2週間も掛かったのだろうが別に放って置いたわけではなく、これでもヤフーBBサポート窓口に6回も電話してこれだ。前半1週間はモデムのリンクランプが点いているだけが根拠にヤフーBBの回線に障害が出ていることさえ信じなかったからね。

 ボクはこの教訓から今後、我家の通信回線はもっと信頼性の高いものにすることにしょうと決心した。
[PR]

by pac3jp | 2007-10-16 09:57 | 徒然に  

寛ぐ・癒し系?モーターボート

c0041039_10345796.jpg 10月初めの三連休はハーバーのビジターバースでモーターボートだけのフローティングボートショウが開かれていた。各社とも競って試乗会をやっているので港内は旗を立てた試乗艇の行き来で賑やかだった。

 昔からモーターボートのオーナーといえば釣りが大好きと相場は決まっているようで、大小の違いはあるがボートには必ず釣りの装備が付いていた。でもこの頃は特に「釣りにこだわらない大人のボート」という感じのフネが少しずつ増えてきたように思う。
ボートショーにいたディラーの営業マンによるとこの手のボートは年配の元ヨットマンからよく引き合いがあるそうで、ヨットは操作も面倒だしクルーもいるので、簡単に一人でも乗れる小型のモーターボートが良いといっているそうだ。
遊び方は「ちょっとそこまで」行ってくるなんて走り方なんで燃費をそう気にすることもないのだ。

c0041039_10363230.jpg ボクの知り合いでも釣りをしないボートマンは何人かいらっしゃる。最近そのお一人のボートを覗いたらテキスト片手にお勉強の最中だった。国家試験が真近に迫ってきたので自宅よりも誰にも邪魔されない100%ご自分の領域であるボートを書斎に選んだのだろう。

 また、もうお一人は元ヨットマンだ。彼のマイボートのキャビンのアチコチに洒落た手作りグッズが置いてある。デッキには一工夫したパーツが付けられている。時々はペラの掃除と称して港外を走っているようだが、いつ見てもバースに舫ってあるように思う。大好きなフネでお気に入りのものたちに囲まれて寛ぐときは本当に至福の時間なんでしょうね。

 一方ボクは長い間、休日の朝、港にやってきてヨットの艤装をして沖に出て、日中はセーリングをして夕方帰港してフネを片付け自宅に帰るなんてパターンで遊んでいた。また、長短のクルージングにもせっせと出掛けていた。ヨットは海上を乗り回す乗り物だった。

 でも近頃は年のせいか?ヨットに来ても沖には出ずにキャビンで寛いたり桟橋で仲間とお喋りをしている時間が多くなってきた。
 今日もご近所のお仲間はレースにそしてゲストを乗せてのショートクルージングにと出港して行ったが、ボクはお天気も良いのでブルワークの塗装の補修でもして少し汚れるがささやかな至福の時を過ごそうかな!
[PR]

by pac3jp | 2007-10-14 10:38 | ボート  

ネットが繋がらない日々(3)

皆さん お見舞いコメントありがとうございます。

我家のヤフーBB回線はついに死んでしまいました。ノイズが入りながらもBBフォンは聞こえていたのですが2日前からモデムのランプまで点かなくなってしまいました。
後は15日に予定されているNTT局内でヤフーの機器から障害の少ないと思われる接続口に繋ぎかえる工事を待つばかりです。

余り期待はしていませんが、多分・・・駄目でしょうね。

回線は駄目でもパソコンは正常なんで記事を書き溜めておけばと思ったりするのですが、投稿日などの締め切りがないと以外に書けないもんですね!
それにハーバーを歩いていてもネタも見つかりません。

今日はフネでこの記事を書いています。無線LANでインターネットが繋がります。
ハーバー会社にも無線LANを使えるように要望していたが、結局できたのがセンターハウスの小部屋で出来るだけとニュースレターに書いてありました。
小さなアクセスポイントを1箇所、約1万円也の投資をしただけでしたね。

でも、気分を変えて、これからハーバーパトロールに出てみよう!!
[PR]

by pac3jp | 2007-10-13 12:08 | 徒然に