<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

デッキサルーン<レジーナビンド38>

c0041039_983034.jpg ヨットハーバーのサービス桟橋に見慣れないスタイルをした新しいクルージングヨットが浮いていた。外観は北欧風のデッキサルーンである。色合いから「ナヤド」あるいは「マロ」かなとも思ったが、違うようだ。雰囲気はスウェーデンのオルスト島で造られたのだろうか艤装品が「ホルベルグラッシー」などと似ているようだ。艇種を確認する表示はないかと捜すが、大きく「R38]と書いてあるのでLOAは38fだろうとまず見当をつけた。
 さて、「R」は何の頭文字だろう? よく見るとスターンのストライプの中に分りにくく Regina of Vindo と書かれた表示を見つけた。ボクがはじめて見る艇種らしいがよく分らないので帰って調べてみた。

c0041039_985911.jpg
 結果、このヨットは西宮にお店があるライズマリン社が輸入した「レジーナビンド38」だということが分った。ボクははじめてみるヨットだった。一見してこのヨットのバウパルピットが変だが、どうも輸送中に壊れたという。直ぐに新品のパルピットが到着し、交換されるのだろう。

c0041039_992597.jpg 翌週また近くを通るとステアリングカバーが外してありエンジンなどのコントロールレバーなどが見えていた。
 スロットルレバーが従来の物より大分小さいねと聞くと、ボルボの新型エンジンのエンコンはもうワイヤーの機械力で操作するのではなく、電気信号で操作するそうでマリンギヤーの中に作動部が組み込まれていて端子にワイヤハーネスを接続するだけでOKだそうだ。もうコンジットのなかのワイヤートラブルでフネが暴走することはなくなるらしい。モーターボートは既にこのシステムになっているなどとヤマハのメカニックが教えてくれた。

 キャビンはデッキサロンタイプで冬は快適だが夏はエアコンが必須装備だろうね。コクピットは北欧のヨットによくある前のドジャーと後ろからのエクステンションカバーでクローズされるタイプが付いている。

 気になった艤装はスターンのアンカー装置だ。オールチェーンのブルースアンカーを専用の電動ウインドラスで投入、巻き上げをするのだろう。ナウティキャットにも同じようなシステムが装備されていた。

 世界には色んな特徴をもったヨットが造られていて、どこかにきっと自分の理想のヨットがある筈だ。自分で探すのも楽しそうだが時間もノウハウもないので、これは割りと難しい。このように大ヨットビルダーの有名ブランドだけではなしにユーザーが欲しいなぁと思うヨットを数多く紹介してもらった方が、ユーザーは選択の幅が広がり理想のヨットにめぐり合えるチャンスが増えてありがたいですネ。
 ヨットディラーさん 頑張ってください!!
[PR]

by pac3jp | 2007-08-31 09:13 | ウオッチング  

電動ウインチ

 以前はなんともなかったハリヤードやアンカー揚げが年とともにシンドクなってくるのは、皆さんが確実にお年を召してきたからで、これはこれで仕方がありませんネ。でも、その対策となるとヨットマンごとに様々のようだ。

 先日、強風下のやり付けで手に小さい傷をつけてしまったボクに「アンカー打ちはシンドイ。絶対横付けにするで。なにがなんでも・・・」とおっしゃる腕力がご自慢?のヨット乗り。(運用でカバーする)
 また、お隣さんはセールアップの度に頼り甲斐のあるスキッパーの片腕として電動ウインチハンドルがお出ましになる。でもその腕力も最後のひと踏ん張りで息切れしてお手伝いに手伝いがいる事態になることもあるとか・・・。(省力ツールでカバーする)

 そんな中、お仲間のヨットが最近になり遂に本式の電動ウインチを1台装備した。電動ウインチは昔から大型クルージングヨットには付いていたが価格が高かったのでそれ程普及はしていなかった。
 彼は左舷のハリヤードウインチを電動の40STと交換した。これでハリヤードとアンカーラインそれにマストトラブル時のクルーの吊り上げにも使えると考えているらしい。

c0041039_9371939.jpg
←は新設された電動ウインチ。なんの変哲もないが右側にある押しボタンを膝頭で押すと楽々とロープを巻くことが出来る。
 でも巻き過ぎには充分の注意が必要。電動ウインチ先達のノウハウを生かして下さいね!

c0041039_9374443.jpg

↑左の画像 電動ウインチを室内側から見る。モーターとコントロールBOXが見える。意外とコンパクトである。
↑右画像 バッテリーから近い場所に取り付けられたウインチ用 90A サーマル サーキット ブレーカー。過負荷のときに電動ウインチの電源を切る装置。

電動ウインチはWestMarineで購入された。

LEWMAR 40ST 1式 2,699$ save126$ とWebカタログに記載されている。その他送料と関税、消費税の経費がかかる。それにウインチの取替えと配線工事が必要だ。DC12Vで作動する電動ウインチは大電流が流れるので太い電線でバッテリーから配線しなくてはならない。

 昔は電動ウインチ1台100万円と言われていたらしいが、今では工事代を入れてもそこまでは掛からないようだ。

《転ばぬ先の杖》
 今は体力・気力充分でもいずれシンドクなってきますよ。今後、さらにヨットの杖の省力化を図るか、自らの体力に見合うフネに乗り換えるのか二者選択を迫られるようになるのかなぁ・・・。

 まぁ、一番簡単な方法は別荘にしてしまう手もあるね。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-29 09:57 | ヨットの艤装と艤装品  

神戸観光に水陸両用船 全国初の定期運行

c0041039_8523876.jpg 地元新聞の夕刊に最近、標題のような記事が出た。大阪のNPOが期間限定で運航していたのをTVで放送していたので見た人も多いと思うが、今度は神戸でもアメリカで買ってきた水陸両用車でツアーをすると言う。

 新聞のタイトルには水陸両用船とあるが、写真を見てこれが「船」かと思った。水陸両用車の「DUKW」だろう。

ダックをWeb検索してみると

DUKW-水陸両用車、M36機関銃搭載、GM製、陸上走行時速50マイル(80キロ)、 水上時速6.4マイル(9.6キロ)、全長372"(9.3メートル)高さ106"(2.65メートル)、幅99"(2.45メートル)、実用開始1943年(S18年)、当初約1500台製造。
実戦に使用されたのは、太平洋戦争の終盤の1943年から1945年までで、海兵隊に属し、主に、マリアナ諸島、サイパン、グアム、硫黄島、そして沖縄の上陸作戦にその偉大な威力を発揮した事で有名です。どれも昔の日本を知っている人には、ちょっと苦い思い出ですが、日本に連続空襲をしたB29の基地作り、ひいては、あの原爆の運搬に寄与したと言われます。これらDUKWの威力を知った世界の列強に広く使われ、特に、ソ連では、それのコピーと言われるBAVが作られたほどです。
この様に、武器として作られたDUKW(ダック)も、終戦後、先ず最初にマーシャル群島で、チャールス・リンドバーグ氏に漁船として使用されたのを皮切りに、平和利用(?)されるようになり、現在のこのダックに至った次第です。因みに1台の総席数は28席です。


 と、ダックツアー会社のWeb広告が出てきた。ダックのツアーはハワイやロンドンなどで営業しているようだ。

 神戸では市内のメリケンパークや北野異人館などの観光地を回り摩耶埠頭東側の灘浜付近から海に入り周辺を周航するらしいが、東は神戸製鋼の発電所や工場、南は六甲アイランドの中古建設機械の集積岸壁であまりオモシロそうな場所はないのにどうするのだろう。まだ、HAT神戸の方が楽しそうなのに・・・。

 コース選定の一番の悩みは神戸港の中心付近には岸壁から海へ降りられるスリップがないからだろう。

 神戸港も一昔前には埠頭の入り口には税関の検問所があり、誰もが港に入るのを拒んでいるように見えた。現在それは無くなったが、埠頭は港湾業者が安全確保の為とか言ってバリケードをつくり自由に入ることを制限している。

 市民が港と海に親しむ機会を!と行政はいっているがフェンスで囲まれた高い岸壁から港を眺める場所は造っても、誰もが自由にローボートやカヌーで水に親しめるスロープなども港の片隅にでも是非作ってもらいたいもんですね。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-27 09:00 | 特殊船  

脂の乗った鰤(ブリ)

c0041039_8561854.jpg 先日、播磨灘の養殖漁業が盛んな漁港で一泊のお世話になった。日本の漁業が「獲る漁業から育てる漁業へ」と、大きく変わって行く中で、ここではハマチ、カンパチ、マダイなどが養殖されている。

 以前ハマチはモジャコから養殖していたと言うが、現在では、愛媛、高知、大分、長崎、宮崎、鹿児島から1年間養殖された 1㎏程度のツバスサイズの魚体を春に買い入れ、10月~12月にかけて3~5㎏のハマチ・ブリまで大きく育てて出荷すると言う。

 ボク達が係留した場所、汚れた魚網が山積みされた岸壁の端っこに青いドラム缶が3本ばかりパレットに載っている。横に繋がれた漁船のデッキにも同じ数本のドラム缶が載っている。岸壁の片脇の産排BOXの中には餌が入っていた紙袋が沢山捨ててあった。

c0041039_8565367.jpg 青いドラム缶には「養魚飼料用油脂」と表示がある。
原材料名:魚油・抽出ビタミンE・ビタミンA・ビタミンD3
添加物:BHA(ブチルヒドロキシアニソール)酸化防止剤 0.02%
不溶性不純物 0.15%以下と表示してある。


 紙袋には「ぶり用EPペレット」の表示がある。これらは沖の生簀にいるハマチたちの餌なんだ。

c0041039_915068.jpg 養殖専用の漁船には餌を混ぜるミキサーのような装置が付いている。これで「ぶり用ペレット」と「養魚飼料用油脂」を混ぜて餌にするのだろう。飼料と魚油の配合比率を変え、いつも「旬」になるようハマチやブリの脂の乗り具合を決めるのかな?

 ボクがイメージしていたハマチの餌は小さなイワシだが、もう活餌ばっかりはやらないんだろう。外国から輸入した魚粉に魚の生育に必要な各種素材を混ぜペレットに加工し飼料にしているのだ。昔、我家の飼い犬は残りご飯をやっていたのに、町でドックフードを生まれてはじめて見て驚いたような気分だった。 ・・・「こんなの食べれるの?!」

 養殖漁業の大敵は赤潮や病気だが、ここでも数年前に赤潮被害で大量の魚が死んでしまった事があり業者が大分減ってしまったと聞いた。
 昨年は赤潮被害もなく業績は好調だったそうだが、いつ起こるかも知れない自然災害に心配しながらリスクも多く、仕入れコストも掛かる養殖漁業も中々厳しいもんだなと思ったことである。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-24 09:07 | クルージング  

レーダーアンテナはどこに付ける?

c0041039_9443280.jpg ヨットに付けられるレーダーアンテナは場所の選定が一番の問題だ。一般的にはマストにつける場合とスターンのレーダーアーチやアンテナポストにセットするヨットが多い。

 左の画像はマストに付けたレーダーアンテナ。アンテナガードをつけてジブセールやハリヤードが絡まないよう工夫している。でも、擦れてロープが痛む恐れもある。


アンテナの設置場所による得失を考えてみる。

●マストにつける
メリット :高さが取れるのでレーダーの性能が生かせる

デメリット:取り付けに高所作業とマスト内にケーブルスペースが必要。
     :ジブやハリヤードなどがアンテナと干渉する。      
     :レドームアンテナしか使えない。
     :受信機までのケーブル距離が長くなる。

●スターンにつける
メリット :コクピットに近く低い場所なので取り付け、点検作業が容易だ。
     :既製品のアンテナマストなどが利用でき収まりがいい。

デメリット:アンテナが海面上に充分な高さが取れないので遠距離のサーチは不可能。
     :アンテナとクルーの距離が短く電磁波の影響を受けそう。

 ヨット・ボート用で出力の小さい航海用レーダーは従事者免許も不要で簡単に設置できるが、その発射する電波は9.4Ghz(Xband)のミリ波である。電子レンジやケータイのセンチ波より一段高い周波数を使用している。そして、近年ケータイや電子レンジから出る有害な高周波の電磁波が人体に与える影響がよく話題になっている。

 因みに電磁波は周波数が高いほど強いエネルギーを持っているのだ。そして、その強いエネルギーを利用するエックス線やガンマ線などの放射線も電磁波である。

c0041039_9495498.jpg 電波や光などの電磁波の減衰は「距離の二乗に反比例」するのでスターンアンテナとクルーの距離が2mの場合とマスト取り付けで8mの場合とでは電磁波の強度は前者に比べて1/16になる。マスト設置の方がより安全とはいえるがボクは専門家ではないので小型の航海用レーダーの電波が人体にどんな影響を与えるか知らない。
 ケータイがペースメーカーに影響を与えたり、耳につけたまま長時間通話すると頭が暑くなるなどの風評を聞くと小型とはいえ数mの近距離からミリ波を発射するレーダースキャナーの電波がクルーに全く影響がないとは言い難いようにボクは思うが・・・。

 でも、普通のヨットの場合は四六時中レーダーを回して航海しているわけではないので、そう気にすることもないのかな。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-22 09:57 | ヨットの艤装と艤装品  

息子の夏休み

c0041039_10322116.jpg 暑さ真っ盛りの8月初旬、久し振りにヨットに乗せてくれといって息子がやってきた。彼は仕事の関係で東京に住んでいるが、関西方面の仕事が済み、時間に余裕が出来たのでやってきたのだろう。

 前にクルージングに来たのはもう5年になるかなぁ、随分前だった。四国・庵治港で夕闇せまる海面に響くサックスの音が感動的だった。その時の様子は以前の記事で「ヨットの旅と音楽」として書かせてもらった。

 我家は彼が生まれて間もない頃から小さなディンギーがあり、小学生の頃まで日曜日は一日中海岸で過ごしていた。ビーチにあるレーザーを見よう見真似で乗り込み遊んでいたこともあった。
 そんな彼も中学に入りブラスバンドをするようになると全く海とは縁が切れてしまった。また、高校、大学と音楽活動は続き、遂に本職のミュージシャンになってしまった。でも時々は海に出たいと思っていたのだろう。

 彼の持つ海のイメージは砂浜の波打ち際に積み上がったアオサの塊から発する磯臭い匂いという。岸壁のほのかな磯の匂いとは違いかなり強烈なにおいだった。整備されていない自然の海岸のにおいである。ヨットハーバーにはない匂いだがボクもビーチの思い出とともにそのにおいの記憶は持っている。

 冷えたビールと弁当を買ってフネを出した。真夏の時期としてはいい風が吹いている。どんどんと沖へセーリングしてゆく。

 順風に程良くヒールし、揺れるデッキで苦労してお弁当の「ざるそば」をすする。ちょっとミスマッチのお弁当だった。

 夕方、ウィークデイの静かなハーバーに帰り、彼はデッキから海へ飛び込んだ。昔、ビーチのすぐ沖でディンギーから海にはいり岸へ泳ぎついたように・・・
[PR]

by pac3jp | 2007-08-20 10:39 | 徒然に  

クルージング五日目・帰港へ

c0041039_8415922.jpg

8月15日(水)
臭い岸壁も微風の風が西に振れ、運良く昨夜は臭いにおいに悩まされることはなかった。(よかった!)

お盆の15日なのに朝早くから漁船のエンジン音が響いている。生簀で飼っている魚達には朝ごはんが必要なのだ。次々と沖の筏に向け出港してゆく。港内東側にもう1隻のヨットが係留している。大阪から来たという「安楽」と書かれた40f位のクルージングボートだ。

今朝は夏の朝らしいSEの微風が吹いていて、沖は少しかすんでいる。明石まで37マイル。東への転流は12時ごろなので0600引田港を出航する。航路を外れているので本船とも会わないし漁船も殆ど出漁していない。小さなサメやトビウオは見かけたが他は何もない。漁具用のブイだけ注意して明石を目指す。

お昼過ぎ、明石海峡大橋の下を通過、GPSによると対地速度は8.5kt。転流してまだ1時間も経ってないのにもう2kt以上の潮流だ。ラクチンで母港に向かう。丁度うまい具合にSW、10ktのいい風も吹いてきた。でも、暑い。日本全国が猛暑に違いない。キャビンの温度計が36.5度になっている。

デッキに日陰をつくり、冷たい飲み物で絶えず水分補給に努め、残り僅かな航海を楽しむ。15時30分バースに安着。真夏のクルージングは無事に終わった。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-16 08:44 | 瀬戸内海周航  

クルージング四日目・香川県引田港

c0041039_14524543.jpg 8月14日(火)

今日は昨日と、うって変わって穏やかな海だ。

 小豆島土庄から四国側にコースを取る。遠くから見ると備讃瀬戸航路を航行する本船は少なめに見えたが航路に近づくと次々とやってくる。地蔵埼から真直ぐに航路を横断し、香川県の三本松港、白鳥港、引田港のいずれかに入る予定でのんびりと航海する。まず、名前が気に入った白鳥港を一番の候補に上げたが、防波堤はある港らしいが詳細は分らない。とにかく行ってみる。でも着いてみるとこの漁港は直ぐ前にある筏の養殖漁業をやっている数隻の漁船と潜水作業船が泊っているだけの小さい港で水深も浅そうなのでここは残念ながらパスとする。

 ヨットは東を向いているので三本松より岬の東にあり、土庄から23マイル、以前にも来たことがある東かがわ市の引田港に入る。ここはハマチ等の養殖が盛んな漁港で港も広い。漁協指定の係留可能な岸壁はカモメのフンと汚れた養殖網の置き場で風向きによってはかなり臭い!でも・・それを差し引いても余りある楽しい出会いがあった。

 この港に1隻だけヤマハ26が係留してある。この町にもヨットの愛好家がいらっしゃるのだなと思って見ていた。

c0041039_14555678.jpg 暑い中、久し振りの町内を歩いていると以前にはなかった施設があった。今、流行のたっぷりとある古い町並みを生かした町おこしの看板施設である。
この町には江戸時代から醸造業を主に手広く事業をしてきた「井筒屋」という大地主の財産家がいて立派な町家のお屋敷が残っていたが、没落して荒れ果てていたが、最近町が買い取り今はそこが「讃州井筒屋敷」として由緒ある建物を中心に飲食店やお土産店が入った町の観光文化の拠点として賑わっている。

 そんな町並みを歩いていると、誰にでもフレンドリーな相棒が釣具屋さんの店先にいた女性に声を掛けると「どこから来たの?」と会話が始まり、突然、港に繋がれたヨットのオーナーと出会った。それは釣具屋さん「こんちゃん」の近藤店主だった。

c0041039_145720100.jpg そして、日も暮れて少しは過ごし良くなってきた頃、今日、小豆島の地蔵埼で釣ってこられた「真鯛」とこれまた美味しい「アカアジ」の刺身をそして名物チリメンジャコと酢橘までご持参でわが艇を訪問して下さった。
町のこと、港のこと、そしてヨットの事と楽しくお喋りさせて頂く。

 彼はヨットの交友も幅広く、今のヤマハ26は「さちかぜ」の大平さんから譲って頂いたとおっしゃる。山口県の室津フィッシャリーナからご自分で回航してきたそうだ。「さちかぜ」は1975年から2年半かけて世界を周航されたベテランのヨット乗りで、奥さんが「さちかぜ航海記」を書いているので知っている人も多いのだろう。ボクはすっかり忘れていたが昔、KAJI誌に載っていた記憶がかすかにある。また譲って頂いたヨットは3年前にご夫婦が日本一周されたヨットだが、ご夫婦共、体調が優ないらしくヨットをお止めになったのかもしれないね。

 引田港は鳴門海峡から西へ11マイルで割に近いので東から瀬戸内海に入るヨットにはいい場所にある。そんな位置関係から長距離クルージングヨットの寄港も多いとおっしゃておられた。

●食事はアチコチで出来る。「讃州井筒屋敷」内にも「ごはんや醤」がある。
●お風呂は翼山温泉 港から歩いてはチョット遠い。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-15 07:03 | 瀬戸内海周航  

グローブのような手も・・・

c0041039_12182435.jpg

昨日、土庄東港で風速25ノットの追っ手で槍付けしようとして、遂にやってしまいました。アンカーラインがウインチから外れ、風に押されたフネにブレーキがかからず、グローブの様に見えたお手ても本当はお姫さんのような柔な手だったのでした!
[PR]

by pac3jp | 2007-08-14 12:18 | 瀬戸内海周航  

クルージング三日目・土庄 王子前漁港

c0041039_812318.jpg

8月13日(月)
白石島を出てからずっと強風の真上りだ。塩飽諸島の手島そして、広島青木港に寄港し、お婆さんがお店番をする雑貨屋さんでアイスクリームを買うとビールを冷やす氷は頂いて仕舞う。お昼頃、櫃石島港を偵察。瀬戸大橋付近の海は風速25KTを越え、逆潮で波も高くなってきた。盛大なスプレーを浴びながらやっとの事で温泉のある土庄東港に入る。でも東風なので何時もの浮桟橋もシブキが掛かっている。仕方が無いので王子前漁港に入ることにする。
今日は大潮の日だ。潮が引くと岸壁横付けは出来ないので、やり付けにする。追手の風25ノットで槍付けは少しばかり難しい・・・。
[PR]

by pac3jp | 2007-08-14 08:12 | 瀬戸内海周航