<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

フネがないヨットレーサー

 週末の夕方、この暑いのに上着とネクタイを締めたビジネスマン風のおじさんと彼より少し若い二人連れがボク達がたむろするヨットのコクピットにやってきた。ヨットレースの世界では有名なレーサー「の○ーぞ」のオーナーと彼のフネの先任クルーだ。同じハーバーにいるがヨットの遊び方が違うので殆ど出会わない。

 実は今、彼ら(オーナーだけだが)が乗るヨットはないのだ。オーナーが新艇に乗り換えようと思う動機は様々だが、新艇が入ってくる時期に合わせてタイミング良く今乗っているヨットが処分できれば良いなと思っている人は多い。中古艇の場合は現物を見て決めるのでその納期は比較的短い。でも、世界的に人気のある新艇を手に入れようとするときは「最低2年待ち」とディラーに言われたと聞いたこともある。

 彼の新艇はデンマークのヨットビルダーに発注しているが納期は1年、進水は来年の6月らしい。本当なら今まで乗っていたフネをもう少し乗ってから余裕をもって売却の準備をしたかったようだが、すぐに買い手がついてしまったのだ。ヨットも我が家の娘と同じである。「番茶も出花」、あるいは貰い手がある時が売り時でもあるのだ。オーナーの決断は早かった!

 ボクはこれと全く反対の状況に嵌ってしまったことがあった。発注した新艇は着々と建造が進み、予定の期日に進水できることになっているが、今まで乗っていたヨットが中々売れないのだ。中古ヨット市場に同型ヨットが数艇売りに出ている。購入希望の問い合わせはあるが、契約までまとまらない。そうこうしているうちに新艇が入ってきた。マリーナには2隻分の係留料は支払わなくてはいけないし、それなりの掃除や整備も欠かせない。結局半年くらいたち、価格は安く買い叩かれてしまったが2隻のオーナーから脱却できたときは本当にホットしたもんだった。

c0041039_9422851.jpg でもそういえば彼はこの前も今、ヨットがないと言っていたなぁ。昔はヨットセールスの経歴もお持ちなのでやっぱり売り払うのが上手なんでしょうね。

 コンピュータグラフィックスを見ただけで発注した新艇の来年のレース計画はと水を向けると「そうやなぁ まず、東方面から鳥羽レースに勝って、東京カップも頂いて、帰って久しぶりの阿波踊りレースでも・・・」と勝ち星を指折り数えていた。取らぬ狸の皮算用ともいうが、ご本人曰く「日本一の嫌われヨットになってしもうた!」とおっしゃる。口の悪い昔仲間はどさ回りで・・・とか言っているが「悔しかったら勝ってみな」と返されるとぐうの音も出ないかも。

 レース界のことは良く知らないが大型レーサーでも外洋レースはせずブイ回りしかしないヨットもあるそうだ。ヨットの性能は良くなっても乗り手の意欲や、厳しさや辛さに耐える「根性」とかいったものが若い人達になくなってきたのでしょうかね。

 勿論、ボクもとうの昔にそんなものは無くなってしまっているけど・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-30 09:48 | ウオッチング  

サントリーマーメイド号

c0041039_10343148.jpg

 昨年、東回り単独無寄港世界一周をした堀江さんのサントリーマーメード号がハーバーの正面にモニュメントとして設置された。従来の方法と違い、ヒールしているよう傾けて据え付けてある。セーリングするからヒールする。でもここではマーメードのセールは全て取り外されマストにもフォアスティには何も付いてない。長い航海の舵を引いてきた功労者?のウインドベーンの補助舵は折りたたんだままである。これは長い航海を終え、ハーバーで帆を休めているスタイルだ。ここはヨットハーバーである。そして殆どの人はヨットのセーリングする姿を正確にイメージできるだろう。ボクにはチョット違和感はあるが、皆さんはどうなんでしょうネ。

 堀江さんが冒険航海に使ったヨットはあちこちに展示してある。このハーバーのセンターハウス中のプールにも小さいのが浮いている。近所の貝類博物館にもあるはずだ。確か金毘羅さんにもソーラーボートがあったように思う。

 ヨットマンとして有名な堀江さんにも時々は桟橋付近ですれ違う事はあるが、ボクは講演を聴いたことも話をしたこともないので彼の人柄までは良く知らない。

ヨット仲間の友人からこんなことが前にあったと聞いた。

 あるとき近隣ハーバーのビジターバースに先着していた友人のヨットに後から横に着けようとしたヨットが彼のヨットにゴツンと当てた。普通は「すみません」「ごめんなさい」とかで済む位だったららしいが、相手のヨットは黙って知らん振りをしていた。気分を害した友人が声を掛けると、「堀江や」とあの有名な堀江さんがでてきた。友人は「どこの堀江か知らんが、フネをぶっつけたら挨拶くらいしたらどうや!」と言ってやったでと教えてくれた。

 『19世紀、一度でもケープホーンを通過した船乗りは本物の航海者として賞賛され、仲間からは終生尊敬された。ケープホナーは国王の前でもテーブルの上に足をのせビール、タバコを吸うことを許されたという。』

 堀江さんの場合、西回りと東回りの2回もケープホーンを回っているので世が世ならかなりの無礼も許されたのだろう。でも、抜群の航海実績がある有名ヨットマンでもボクたちにとってはヨットの師匠でも先輩でもない。ハーバーのただの隣人なのだ。普通のマナーで付き合って欲しいもんだネ。

 ああ、皆に注目される有名人になると大変だ。絶対なりたくないね。でも、まぁ、ボクのヨット遊びくらいでは大丈夫か。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-28 10:41 | ウオッチング  

灯台を利用していますか?

 仲間のヨットマンがある時、海保の担当者から「灯台をよく利用していますか?」と質問されたそうだ。沿岸では普通に設置されている燈台だけど・・・ボクもそう聞かれたら??と考えてしまう。
c0041039_10563520.gif

 まず、燈台の定義から。 「燈台とは船舶が陸地、主要変針点又は船位を確認する際の目標とするために沿岸に設置した構造物及び港湾の所在・港口などをしめすために港湾などに設置した構造物で、燈光を発し構造が搭状のものを燈台という。」

 そして「船舶に障害物の存在を知らせるため又は航路の存在を示すために、岩礁、浅瀬などに設置した構造物で、燈光を発するものを燈標という」とあるので港の防波堤の上にあるのは燈台で神戸垂水沖にある通称「垂水の燈台」は正式には「平磯燈標」である。

 クルージングする時など予定のコースをチャートに記入するときには目標点を岬の灯台や航路の浮標を変針点に選んでいる。航海日誌には正横を通過した時間を記入したりもしている。
 海上でみるボクが馴染みの深い灯台と言えば明石海峡の江崎燈台や備讃瀬戸の男木島燈台など昔から重要な航路筋にある立派な灯台を思い浮かべる。明治新政府がお抱え外国人の指導で造った石つくりの風格のある灯台だ。航路の重要な場所に今でも健在である。 でも、港の入り口にある燈台はそう立派なものはないが、沖から帰ってくるときは昼も夜も重要な目印だ。

 航路標識の中でも燈台は英語ではライトハウスといわれるように夜間にその真価が発揮される。真っ黒な闇の中から規則正しく固有の光りを発し、その存在を示して船舶の安全な航海をサポートしているのだ。
 ボクもGPSプロッターが普及する以前の夜間航海では燈台の灯質を必ずチェックしたもんです。でも最近は夜間の航海も少なくなったし、光達距離の大きい明るい燈台は電子チャートで方位と距離を確認し、どの燈台かすぐにわかる。ストップウオッチで計測する手間は要らなくなった。
 ボク達仲間のヨット乗りの中では夜間航海のナビゲーションでは燈台の重要性はGPSに負けているように思う。確かに夜間に海図で船位を求めるのは手間がかかるが電子チャートでのナビゲーションは簡単だ。それに技量による誤差もない。
 そうは言ってもボクのクルージングで航路標識全般の利用が減った訳ではない。初めて入る海域では航路標識の全てをしっかりと確認して安全な航海を心がけているのだ。

 でも、航路標識の管理者から灯台をよく利用しているかと聞かれたら、利用価値のなくなった航路標識を廃止しようといているのかなぁと思ってしまう。所によっては利用者が少なく港湾の航路標識としての使命の終わったかのような燈台もあるだろう。だからと言っても燈台や浮標がなくなっても大いに困る。

 定期航路がなくなり住民がいなくなっても港の灯台と桟橋は残して欲しいと願っている。小型船の避難港に、そしてクルージングヨットの寄港先にもなるしね・・・。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-25 11:04 | 海保  

草壁桟橋の使用料が10倍になった!

c0041039_9415690.jpg
 ボクの主なクルージングエリアの瀬戸内は日本有数の多島海で人の住む島も多い。それに潮汐の変動が大きいので近年、連絡船用の浮桟橋も増えてきた。クルージングに出ていると各地の公共浮桟橋のお世話になる。大抵は無料で使える。

◎今年の夏休みに5泊5日のクルージングで公共浮桟橋は3箇所でお世話になった。

1.小豆島・小海 北浦港 管理者に排水量8トン、3人乗り組みと申請して50円を支払った。
2.岡山・日生港 無料
3.小豆島・土庄 4.9円/トン 8トンのフネでは40円だ。

◎近隣の有料の公共桟橋では

1.備讃瀬戸・与島 8:00~17:00までに入れば1隻1泊 500円
2.ヨットマン間で有名な小豆島・草壁桟橋 昨年までは1泊 200円だった。

●一番高かった公共桟橋は

今年4月に泊まった山口県・上関港が1泊2,200円だった。この桟橋は引き波は入る、隣の漁船の舫がいい加減で当たりそうになるし、当然水も電気もない。懲罰的料金かなと思ったりした。

だが、先週末にクルージングから帰ってきたヨット乗りが開口一番「草壁がむっちゃ高くなってしもたで!」と言っていた。確かに昨年までは手入れ不足のボロ桟橋が普通の桟橋くらいに補修されていて、高速船の新航路が出来ていた。

桟橋食堂のおばちゃんの話のよると今年、近隣の町が合併して新しい町が出来、町長が替わり公共料金の値上げで停泊料も1泊200円から10倍の2,000円になったらしい。電気は500円。これは前からだったかな? せめて1泊500円くらいにしといてくれたらと思っている。ビジター料金2,000円はマリーナ並みである。とり過ぎだ! 

今年になって初めて行ったヨットはビックリしただろう。
そしてもう当分は行かないだろうね。きっと。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-23 09:43 | クルージング  

折れたブーム

c0041039_175105.jpg いつもお世話になっているヨットヤードに寄って見るとやけに太くて長い、木製マストのような円材が作業台の上に載っていた。最大太さは25cmくらい。長さは12~13mだろうか。皮を剥いで日に晒した杉の丸太のように木肌がそのまま見えている。

 良く見ると巨大なブームだった。グースネックが付いているし、メンシートの取り付け金具も付いている。アウトホール金具が見当たらないと思っていると、無残に折れてしまった残骸が床に転がっていた。ここでこの巨大な木製ブームを修理するために作業台に据え付けられているのだった。

 
 折れた部分を修理する段取りの為だろう、ブームの断面がスパッと切ってあった。この部分は9本の角材を集成して出来ているようにボクには見えたが正確にはわからない。でも木目の方向に規則性があるのでブームに掛かる荷重の方向も充分考慮して造ってあるのだろう。

c0041039_178213.jpg なおも断面を見ていると衝撃によって木材が裂けているが、接着部分の剥離はないようだ。充分強固に接着されているようである。この方面に詳しい友人はエポシキ接着剤だと言っているが、このブームが付いていたヨットは船齢100年近い木造のスクーナーだ。その時代にエポキシ樹脂はなかっただろう。そして、グースネックをはじめ金物は全てステンレスだ。勿論、進水当時はこれもなかった。

 ブームを見ながら思った。戦争の20世紀、激動の100年を生き延びてきたヨットだ。ブームの2~3本替わっていても不思議ではない。1910年アメリカの大富豪がプレゼントのために建造し、当時、アメリカのヨットレース界を席巻し、いつの頃か知らないが、イギリスに売られ、1992年バブルの日本に回航されてきたのだった。

c0041039_1791692.jpg そこで、ブームが作られた年代だが、日本で新造してないので1992年に日本に回航される前であることは確かだ。しっかりと造られたブームは手入れを怠らなければかなり長持ちする。ステンレスとエポキシ樹脂がヨットの製造工程に取り入れられた1960年代?頃から逆算すると15年前から40年前の間かもしれない。中を取って25年前にしとこう。

 ・・・ボクのあてずっぽう年代推定でした。

 このブームの補修用の材料として赤松の割り材が用意されていた。時々覗いてみて本職がするの円材のスカーフ継ぎ工法や木と金具の納め具合も勉強させてもらおうと思っている。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-21 17:13 | ウオッチング  

ボルボペンタのパーツ

 ハーバーにあるヤマハサービスセンターでボルボエンジンのオイルフィルターと海水ポンプ関係の補修部品を注文した。

オイルフィルター 1個            2,580円
鉄ネジ6mm 3本               120円
インペラ「トリツケ ガスケットタイ」1個   6,600円
真鍮ネジ(海水ポンプのフタ用)6個 @220円 1,320円
紙ガスケット2枚 @520円          1,100円
送料(仕入れ品の為)             850円
消費税                    626円
合計                    13,136円


c0041039_16343230.jpg まず驚いたのがインペラが6,600円もしたことだ。ボクはヤマハにインペラ1個と注文したが訳のわからないガスケットが数枚入っている。おまけにグリース様の物まで入っている。紙ガスケットは別に注文しているのに・・・。

←これが不要なガスケットが入ったキットらしきパック。 

 それに海水ポンプのフタネジが1本220円もするんだ。ホームセンターで買えばよかった。多分@20円までだろう。それにヤマハはボルボの代理店ではなかったのだろうか、送料まで取られたのだ。でも、オイルフィルターだけは妥当(いつもの?)な値段だった。

 ボクはボルボペンタの部品を購入するたびにエプソンやキャノンのプリンターインクの事を思い出す。本体のプリンターは安いが、消耗品のインクは結構高い。メーカーはユーザーに安く本体を提供してその後、インクの販売で元を取っているのだ。
 ボルボペンタも安くヨットビルダーにエンジンを売り込み、ヨットのオーナーが簡単にエンジンを載せ替えないことを見込んでパーツから利益を得ようとしているのだろうかと考えざるを得ない。
 前にこんな話も聞いた。「ボルボは良く出る補修パーツの価格は変らずだが、あまり出ないパーツの価格は大幅に上げたらしい」と。ボクのマイナーなエンジンのパーツでも思い当たることはある。確かに経済原理から見ればその通りだが「多くのエンジンメーカーの中から我社のエンジンを選んでくれたユーザーがいつまでも快適に使ってもらうために廉価で豊富に部品を供給するのだ」というエンジンメーカーはもうなくなってしまったのでしょうかね。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-18 16:40 | ヨットの艤装と艤装品  

五日目 帰港 真上りの強風と逆潮!

c0041039_9365410.jpg

 日生港のこの県営浮桟橋は昼間は訪れる人は割と少ないが、夕方から深夜まで老若男女が大勢集まってきてイカ掬いに興じている。岡山出身のクルーによると「ちーちーイカ」と言うそうだ。体長は5~8cm位の小さなイカである。桟橋の端の方ではクラス会だろうか若いグループが賑やかにBBQパーティをやっている。

 5日目は真直ぐに帰港の予定だ。湾奥の港から播磨灘に出ると台風10号に吹き込む北東の風が強い。帰りの航路は播磨灘北航路に沿って航海する。家島沖付近から風速が20ノットを越え、波も高くなってきた。ラジオのニュースによると紀伊半島では4mの波だそうだが、ここは1mチョットだ。ラクチンで機帆走する。流石お盆の16日だ、漁船は1隻もでていない。家島の港外には多くのガット船が船首を並ぶて係留している。
 東播磨港沖から風速は相変わらず20ノット前後の真上リだが、逆潮にもなってきた。10マイル先の明石海峡大橋が見えているが、しんどい海域になってきた。今日の明石海峡の潮流のMAXは13:18で4.3ノットの西流だといっているが、どうもその時間に掛かってしまいそうだ。明石港沖では対水速度は7ノット前後だがGPSの対地速度は3.5ノット。大きな橋脚は見えているのに中々近づかない。やがてGPSは2.5ノットになってきた。潮波と本船の引き波で対水速度までが落ちる。やっと橋の下を通過して大阪湾に入るが今度は平磯灯台が近づかない。
 今が西流最大の時間だ。ついにGPSは2ノットになった。でも大阪湾は広いのでその内穏かになってくると思っていたが、風は進行方向から強く吹いてきて波は高いし、太陽は後からじりじりと焼きつけてくる。冷たいビールくらいでは全く効き目はない。暑い!!

 やがて懐かしのホームポートが見えてきた。暑さで「だら~と」していたクルー達に写真を撮ると声を掛けると元気そうな顔でポーズをとってくれた。クルージング最終日の航海は強風の真上リ、逆潮で予定より2時間も余計に掛かってしまった。

 今回のクルージングで初めて入った港、いつも入る港、そしてそこで出会った人たちと素晴らしく楽しい交流もできた。
 短いクルージングだったがフネの故障もなく無事に帰ってこれたのも、いつも同行してくれる仲間達の協力に寄るものも大きいと思っている。感謝!!
[PR]

by pac3jp | 2006-08-16 19:36 | 瀬戸内海周航  

四日目 岡山県日生港

c0041039_1524446.jpg

昨日は長いコースだったが今日は近いので小豆島の港を寄り道して行くことにする。まずは東隣の池田港、西隣の土庄港へ、ここはフェリーや高速船が多いが北側の浮桟橋が使えそうだ。島の北側に回り見目漁港、小海の道の駅に桟橋がある北浦港と4ヶ所回って日生港につく。ここで多少仕事中毒気味の仲間が大阪からやってくるのを待つ。桟橋はJR赤穂線日生駅改札口から100mくらい。画像で前に見えている白い建物が駅舎です。こんなに便利な桟橋はそうないだろう。ヨット係留禁止など言われないように大切に使わなくてはね。

日生は観光地である。瀬戸内の魚とみかん、夏は島のキャンプや海水浴だ。町には料理店も居酒屋もある。スーパー、お酒のデスカウント、コンビには勿論あるよ。お風呂は少し遠くタクシーで行く。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-15 15:02 | 瀬戸内海周航  

三日目 魚島篠塚港

c0041039_12211527.jpg

今回のクルージングで最西端、燧灘に浮かぶ魚島に入った。港の船着場は帰省の人達が名残惜しそうに写真を撮ったりお喋りをしながら高速船の出航を待っている。役場の前の広場では今晩の盆踊りの準備で皆さん忙しそうだ。だか、ボク達は台風10号の動きが気になることもあり、安全を考え、母港に帰り易い港まで引き返すことにする。燧灘を引き返し、仁尾マリーナで燃料と水を補給し、小豆島東土庄 王子前漁港へ戻る。

魚島の係留は岸壁槍付けが基本だが旅館や民宿で食事するならば事前予約で浮桟橋も利用可能だろう。島の名前に魚が付く位だからきっと美味しい魚料理が食べられるのでしょうね。
[PR]

by pac3jp | 2006-08-14 20:21 | 瀬戸内海周航  

二日目 佐柳島

c0041039_1602660.jpg

 佐柳島は塩飽諸島西の端にある人口300人くらいの小さな島だ。何時も前の備讃瀬戸北航路はよく通るが島に寄ったことはなかった。海図を見ると島の周りはかなり浅い。島渡りのフェリーの航路を参考に、ひやひやしながら長崎港に入る。途中、異常に浅い所もあったが島民にお聞きすると地元の人が無断で漁礁を造ってしまったからと言っていた。
 画像は満潮時だが、今日はこれから3M位潮がひく。ハシゴのある場所で岸壁に舫いロープの擦れ止めにチェーンをつけて用心した。港の前の小さな広場では盆踊りの用意が既に出来ていた。明日が盆踊りの日だ。お盆の帰省客だろうか、若い女性達が漁港の岸壁で水浴びしている華やか声が聞こえてくる。
c0041039_165615.jpg
 夕方になると潮が引き、岸壁から3m下の谷底のフネで我々は夕食をする。地上では茣蓙と座卓でセットされていたパーティ会場に一族郎党と思しき10人位の老若男女が集まってきた。賑やかにやっていたが、暫くすると3m下の我々に美味しそうに焼けた鯛のようなお魚の差し入れがあった。食材も料理の腕も乏しい我々には立派なご馳走だ!早速頂く。それから次々と持ってきてくれる。気の毒と思ったのか、お喋り好きのクルーが早速仲間に入ってしまった。それから夜が更け、宴が果てるまで楽しい会話は続いたのだった。

ああ、面白かった!
[PR]

by pac3jp | 2006-08-13 16:00 | 瀬戸内海周航