<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

クルージングヨットの必需品「ドジャー」について(1)

ヨットのコンパニオンウェイをカバーするドジャーもすっかり日本のクルージングヨットにも定着してきた。 外国のヨットが数多く輸入されるようになって、オプション価格も程ほどなので近頃の新艇には大抵ついているようだ。

このドジャーもチョイ乗りやショートクルージングではどんなドジャーでもそれなりの効果はある。 しかし、長いクルージングや外洋を渡るクルージングでは材質、サイズ、取り付け等々から色々な悩みの種が発生する。

ドジャーの主な役割はコクピット前方の乗員を風や雨、そして波のスプレーからも守る事である。そして、コンパニオンウェイを開放出来る事でキャビンの換気も促す。

悩みの種の一番はバウが波を掬った時にデッキを流れる海水がドジャーの中に浸入してくる事である。ドジャーの隙間にウエスを詰めたり、外側からテープで補強したりはするが、メンドクサイもんだ。

今回はドジャーの水仕舞につてのみ何艇かのドジャーを見てみた。

c0041039_10252135.jpg
1.そのままのデッキにホックを付けてドジャーがセットされたもの。デッキ上のハリヤード類はフラップの下を通過するタイプ。 ※後からドジャーを取りつけたヨットに多い。業者任せなので業者が付けやすいように付けたか、オーナーが特に指示をしなかった。


c0041039_10263212.jpg
2.デッキにレールやベースをセットし、ドジャーの裾がボルトロープになっているもの。ハリヤード類は同じくフラップの下か専用のトレイを通過するタイプ。 ※デッキがドジャーを想定して成形してある為、ドジャーがデッキにすっきりと綺麗におさまるが浸水はありそうだ。輸入のヨットに多い。

c0041039_10311374.jpg
3.デッキ面から多少ベースを立ち上げ、ドジャーがセットされていて、ハリヤードの引きこみ口から海水が入りにくくしたタイプ。 ※この艇は毎年小笠原に行っていますが外洋を走る時はロープが通る穴は全て詰め物をするそうです。

c0041039_10332997.jpg
4.ガラスのウインドシールドにドジャーがセットされ、ドジャーの中にハリヤード類が貫通していないタイプ。 ※このタイプはドジャーからの浸水はないが、欠点はセールコントロールが全てマストにあるのでコクピットから出て、スプレーを被るデッキに出なくてはならない事だが・・・。

c0041039_1035719.jpg
5.ソフトドジャーも良いけれども、外洋志向の方は「ハードドジャー」とおっしゃいますが、先日無寄港世界一周をした堀江さんのマーメードのドジャーはいかがですか。・・・もうチョット、ドジャーの高いのが欲しいとか。  これではあまり楽しそうな雰囲気はないね。
まぁ当然ですね、これはヨット冒険家のボートですから。

自分のヨットの艤装品は自分の遊び方に合うよう、しっかりと拘っていきたいもんですね!
[PR]

by pac3jp | 2005-06-30 10:48 | ヨットの艤装と艤装品  

週末のパーティ

週末の夕方、いつもの顔ぶれが集まってくる。先週末に優勝賞品で貰ったビール?があるので、これを飲もうということになった。

このハーバーは目の前にスーパーがあるのでこんな時には特に便利だ。
食材を手分けして仕入れ、料理は我らの総料理長、加藤シェフが包丁を振るってくれた。
メニューは「鯛のカルパッチョ」「サラダ」「パエリア」である。

話題は勿論、ヨットレースの話だ。初めてレースの出た人も歴戦?の昔のレーサーも済んでしまったレースの話は大好きだ。強風下のレースで各艇それなりの楽しい、あるいは悔しい物語を作っていたようである。

そんな話で盛り上りながら待っていると、まもなく料理が出来上がってくる。我が艇の愛想のないお皿に盛り付けられてはいるが、何時もながら手際良く、美味しい料理だ。

静かな夜のハーバーで賑やかにやっていると、近くのメンバーからワインの差し入れがあったり、途中から合流したグループがいたりして、大勢でワイワイと楽しい夜を過ごした。
c0041039_1642277.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-06-27 16:48 | 音楽・パーティ  

バウスプリットを持つスモールボート


c0041039_8494316.jpgスモールボートと謂えどもフル装備で有名なのがパッシフイックシークラフトのフリッカだ。
もちろん、価格も高いが、作りもしっかりしているみたいで、頑丈なバウスプリットの中にCQRがしっかり収まっている。

このサイズのヨットに装備を充分載せようと思うと、かなりの排水量が必要になります。
その重い船を動かすセイルパワーの為にバウスプリットをつけてセイルのエリアを稼ぐ、ハーバーの係留料金は多少高くなるが、ヨットの格好が一段と良くなる。

c0041039_8502883.jpg
30年くらい前に明石ヨットが製造していた「バイキング22」というヨットが有った。
FRP製だがクラシックなクリンカー張り風のスタイルだった。
このフネは友人がオリジナルタイプを所有していたので、かなり昔、IORに影響された軽くて早いヨットが全盛の頃に乗せてもらったことがあり、小回りがきくフネだなあとは感じましたけど・・・。
当時、機走力も含めサイズUPされたケッチ仕様のバイキング30も有りましたが、時代が少し早かったのか、余り売れなかったようです。

最近、きれいにレストアされたバイキングを見かけることがありましたが、私も年をとったのかこんなフネも良いなあ、と思い始めています。
大型の木造ヨットのレストアは大変ですが、スモールボートの場合は作業の量も部品の単価も大型に比べて格段に早く、そして安く済みそうですし。

c0041039_851137.jpg
コンパックもクラッシクな外観をもったスモールボートだ。オリジナルは一般的だがクルージング用にドレスアップすれば中々いい雰囲気を持つボートの様になるようだ。

外洋志向のベテランヨットマンに言わせば、古い船のレストアは「どつぼやで」とおっしゃる。
「安く改造できても、乗っているうちに次々と故障個所が出て来て大変な物入り事になるよ」と。
そして「あんなフネに幾らお金をかけても新艇にはならないよ」それだけあれば程度のよい新艇が買える。「新艇に思いどうりの艤装をすればいいのに」 と言ってらしたけど・・・。

つい最近、例のコンパックのオーナーに「フネを見かけないけど、どうしたの?」と聞くと、あれで時化た明石海峡を渡るのは怖いとおっしゃっていましたが、乗り換えたヨットが「ヤマハ23」・・・このフネは大丈夫?

フネの好みは百人百様、ほっといて頂戴!!
どっちみちヨットを買った日から「どつぼ」に嵌っていますから・・・
[PR]

by pac3jp | 2005-06-24 09:01 | ウオッチング  

ヨットのメッカのローカルレース

ここのハーバーには名門で有名なヨットクラブがあり世界選手権レースなどのメジャーでハイグレードなレースをやっている。大型のレーサーが茶色や黒のセールをつけてレースをしているのを遠くから見る事はある。

私達の仲間のクルージング派は同じハーバーにいてもヨットクラブのメンバーでもないし、ハーバーとは係留契約を結んでいるだけの関係であってレースで競う事にも余り興味がなかったのでヨットレースの運営についてもよく判らなかった。

何故かこのところレースに興味が出てきた数人のメンバーががレース、レースと言い出し、我々クルージング派グループでも近隣のヨットクラブのメンバーと一緒にレースを開催する事になってしまった。

正式に海面使用の許可を取り、本部船、運営ボートをお願いし、帆走指示書を作成、各艇のレーティグを決定し、準備は整った。

6月19日、お天気は曇り。参加は23f~37fまでの16隻。お祭りレースレベルのに出た事があるヨットは約半数、あとの半数はポート、スターボーもあやしい?フネだ。しかし、お世話してくださる人がいて琵琶湖のヨットクラブから歴戦のレーサー20数人が8艇に分乗して応援して下さることになった。

スタート前はWの微風が吹いていて10トンを越す重量級のクルージングヨットを走らせるにはちょっとパワーが足りないなぁと思いながら、タックを重ねてレース海面に向かう。広い海面に出ると久しぶりのスピンを上げる。我が愛艇でレースに出るのは10年振りか。10年使っているメインセール、自転車からダイビングセットまで満載のヨットでいけるのかなと心配はした。
普通のデイセーリングでもスピンは殆ど上げないのでクルーも段取りがわからない。ディップポールジャイブも久しくやってないので微風ではともかく、強風ではとても出来そうにない。

スタート時間が近づくと急に風が上がってきて20ktを越す強風になってきた。さすがの重量級も20kt超の風が吹くと結構なスピードで帆走する。速成クルーのチームなので安全第一に走らせる。

c0041039_16502419.jpg

スタートは本部船の下から出てラインを流して下一番でスタートする。暫くするとフリートをリードし、トップに立った。トップを走ると自分でマークを探す事が必要である。今回のレースの為に借りてきた俵ブイですがチョット古ぼけていてカバーが半分くらいはがれているので、白波に紛れて見つけにくかった。
ゲストクルーの皆さんは本式レースのマークをイメージしているので探すので余計見つからない。コースは片上りになっていてタックなしでマークにアプローチできた。上マークをかわすとフリーの風になるが、スピンの上げられる角度ではない。即、スピンは不使用に決定。

下マークもゆっくりとセールの締込に合わせてラフイングしタックして上に向かう。後続の艇はお決まりの下マークの混雑を緊張しながら回航しているでしょうネ、と思いながら上へ。

c0041039_1432441.jpg
ワンタックを入れて上を回航。風は18kt前後、2番手以下を大分リードしたようだ。
応援のゲストクルーのテンションも俄然上がってきた。うちのクルージングクルーの出番はない。気合を入れて最後の上りのコースを帆走するが、まだフィニッシュラインが設定されてない。どうしようかと思っている間に何とか本部船がアンカーを打ちフィニッシュラインが出来た。
ほっとしながらファーストフィニッシュのゴールに入った。

成績表はここです

後で聞くとマークタッチ、本部船とのニアミス、スタート信号旗の勘違い、風の思惑違い等々色々あったようですが、出艇16艇のうち14艇は完走。2艇がリタイヤで無事に我々ピアネット主催のヨットレースは終わった。

ヨットレースも色々あるが地方のクラブ主催の草レースで勝ってしまい、ヨットレースに目覚め、日本を代表するようなトップレーサーになった人も沢山いると思う。勝った!という感動?感慨?はレースの大きさやカップの立派さに比例はしない。草レースでも初めて勝った時の感動は忘れないものだ。

ここのハーバーもホワイトセールのみ参加できるヨットレースを開催しているが、初めて出てみたいと思っている船には敷居が高そうな感じがすると聞いている。
昔はどこでもやっていたが、運営する人も走る人も一緒に楽しめる草レースの復活を願っているがヨット乗りの高齢化もあって難しそうだなぁ。・・・いやぁそうでもないか!!
c0041039_16423680.jpg

表彰式はハーバーのBBQコーナーで盛大に!!
[PR]

by pac3jp | 2005-06-21 14:40 | 音楽・パーティ  

オークションでヨットを売った?お話

ちょっと前になるが某オークションサイトに中古のJ24を出品した事があった。
フネを洗い、キャビンを掃除してから写真を撮り、説明用の文章を作り比較的安い金額からはじめた。
新艇だと500万円を遥かに超えるヨットも5年も経てばこのクラスでは中古の軽自動車くらいの価格になってしまう。
c0041039_88266.jpg
出品するとオークションユーザーの関心を集めたらしく速いペースでページは閲覧されてゆき、ウオッチリストの数も増えてゆく。 売れそうかなと思ったが、こんな物件は宅急便という訳には行かないので、引渡しの条件などの質問があるのが普通なので、まっていたら琵琶湖方面から一人、ハーバーのある町からお一人、実物を見たいと言ってきた。

お二人とも「J24」というヨットをよく知らなそうで、値段が安いから見てみようと思っておられるようで、落札の可能性はないなと思っていたが、やっぱりその通りだった。
まぁ、子供や孫と一緒にセーリングを楽しむ目的には少々適していないことは事実であるが。

だがこのヨットのオプションのリグや電子コンパス、数回しか使ってないスピンなどは新しく買えばこのヨットの売りだし価格と同じくらいはする。

結局、オークションで設定した価格では売れず、こういった物件を買っているヨットブローカーに売る事になってしまった。
当時、このクラスは売り物が多く、買いたい人は少なかったので、ヨットの保管料のことを考えると安くても売却したほうが損害額が膨らまないと決断し、業者に売ってしまった。

業者はマリンレジャーが始まったばかり?の韓国に売った模様。

大抵のオークションは複数の入札者があり段々値段が上がってくるが、保管場所や輸送の関係もあってヨット・モーターボートはオークションでの売却は難しいのかなと当時は思った。

しかし、専門誌に出したり、業者に売却委託してもかなり時間がかかる。こういったシステムは時間がかからなくて勝負が早い、多くの人々の目に触れるし、価格の設定も自由、経費も安い。リスクもあるがヨットやボートの取引は昔から個人売買も盛んだったから、クルマのオークションが盛んになってきたようにやがてヨット・ボートもこんな取引が多くなってくるかも知れない。
[PR]

by pac3jp | 2005-06-18 08:15 | 徒然に  

各地方の強風・波浪注意報基準の違いについて

c0041039_1113635.jpg
母港を離れクルージングしていると一番重要で且つ、確認しておかなければならない情報は各地の気象台から出される警報や注意報だと思う。

勿論、地元の大阪湾で乗っているときも強風・波浪警報が出ているときは出港しないが注意報の時は状況を見て出港する。波が高くて走れなかった事は少なかった。

しかし、今回九州を周航して感じた事は海域によって注意報の基準が違うという事だった。

大隈海峡を渡っていた時、予報では「やや強い風が吹く」だった。やがて波が高くなってきた。風も25ktを超え波は3mになってきた。注意報の割には波が高いなぁと思いながら走らせていたが、後から確認するとこれで普通なんだ。  瀬戸内海では波が1.5mあれば波浪注意報が出る。3mもあれば警報だ。  一方、大隈海峡では2.5mが注意報の基準値だ。

以下に各地の強風・波浪注意報の基準(抜粋)を貼りつけますので参考にしてください。
c0041039_15555195.jpg

九州の外海は波が大体2.5mあれば波浪注意報が出る。風は一般的には平均で10m/sを越すと強風注意報が出る。
大阪の海上では15m/s、種子島、屋久島でも15m/s、室戸では20m/sも吹くそうだ。

海上予報の「やや強い風が吹く」 10m/s~15m/sの風の事(結構な強風だ!)
       「強い風が吹く」   15m/s~20m/sの風の事(どこかへ避難をしよう!!)
この表現は全国共通のようだが、いままでは基準の数値を把握していなかったので多少、過少に感じていたきらいはある。・・・注意が必要ですね。

海上風警報が出ている時(瀬戸内海等)がありますが指定の範囲が大きくて、今までぶちあった事はありませんがこの場合 14m/s~17m/sの風が吹くそうです。

気象台の警報・注意報の運用基準も対象地域の状況によって変っているようです。
我が家のエリア、阪神地域も阪神大震災の後は地盤の緩みの関係で大雨警報・注意報の基準も引き下げられたと聞いていた。
[PR]

by pac3jp | 2005-06-15 10:43 | シーマンシップ  

レーダーPC

c0041039_10245346.jpg
航海計器にレーダーがある。安全な航海には絶対必要な機器だ。プレジャーボートにもかなり普及している。
アメリカではレーダーPCが普及し始めた。アンテナはいるが表示装置はフネにあるパソコンが使える。  表示ソフトをインストールするとレーダーになる。日本では検定があるので使えない
そうだ。  航海用の機器は検定があって、合格したモノが船舶に搭載される事になっている。

最近、旧海軍で電気系の技術将校だった人が艦船に艤装される機器設計の苦労を書いた本を読んだ。そこで軍艦に取り付けられる電話の話が出てくる。嵐の海を高速で航海している時の機関や風の音に、戦闘中に砲声や爆弾の音に負けないで通話が出来なくてはならない。

通話を切るときもそう言う状況下なので荒っぽい。そういう状況を「武人の蕃用」と規定して壊れない様に頑丈に作ると書いてある。

商船に搭載される通信機も軍艦ほどではないが頑丈に作ってある。
その為に高価である。通信機能は一般民生用とそう変わらないが筐体の構造と検定によってより高くなってくる。

我々のフネは料金を取ってお客を乗せないし人の大事な荷物も運ばない、自分の楽しみの為にフネを浮かべている。全て自己責任で遊んでいる。出来るだけお金をかけずに、いっぱい楽しみたい。  船舶用品の検定は要らない、桜マークは不要だ。

ライフラフト・VHF・イーパブ・レーダーなどフネの安全を保証する機器は日本製の高い検定品を買いたくない。実績のある欧米のメーカー品を使いたい。同じ金額ならもっと良いものが買えるから。

それに桜マークの商品はどことも定価(値引きなし)になっている・・・これもおかしい?
桜マークは検定マークだが各個の商品の差はあるはずで販売店で値引きをしないのは国交省の指導かな?
[PR]

by pac3jp | 2005-06-13 10:28 | ヨットの艤装と艤装品  

バウスプリット考

バウとは船の船首部分のことを言う。英語では幹の意味だ。
船首部分も色んな部分がある。ステム。船首で水を切る部分のこと。英語では枝。スプリット。同じく英語では小枝。

昔から木造船は木の持つ性質をうまく使って作られてきた。ステムの曲がった部分は根から幹に立ちあがる曲がった部分を使ったそうだ。昔からある古い造船所にはそんな木材がよく転がっていたっけ。

長いバウスプリットと船首像フィギアヘッドを持つ快速帆船クリッパーが一世を風靡した時代があった。 そして ヨットでもクラシックな雰囲気を持つボートにその伝統が残っている。
c0041039_8535741.jpg

実利面もある。その長いバウスプリットによって大きな軽風用のセールを展開できる。
カッターリグに作りやすいので外洋の航海には好適なリグになる。
以前近くのヨット泊地でブリストル・チャンネル・カッターが浮いていたので見に行ってきたがもうなかった。

シルバーエイジの一人乗りに最適と野本先生が推薦のファルマス・カッターも同タイプのフネのようです。
木造、フルキールの重排水量のヨットを長いバウスプリットを生かして、帆走係数14くらいになっている。 こんなフネでも風力が4もあれば結構走るそうです。

しかしながら世知辛い現代では、その長くかっこいいバウスプリットがオーナーの悩みの種でもあるらしい。
マリーナの保管料金がバウスプリット等を含む全長で計算されるからだ。
我々のハーバーの場合、2mのバウスプリットがついていると、年間で30万円位は余分に払わなくてはならない。これは大変だ!
何とかしたいと思うと、船体の呼称サイズで計算してくれるマリーナに変わるか、あるいは泣く泣く自慢のバウスプリットを切るかだが、これは出来ない!
そうゆう風に見ればバブルの頃は長大なバウスプリットをつけた優美な大型ヨットも係留していたが、今はごく少なくなってしまった。

つい最近、長崎のハウステンボスマリーナに少しのあいだお世話になったが、ここにいる外国艇は格安の係留料で優遇されているので長いバウスプリットを持つクルージングヨットも多数、帆を休めていた。
c0041039_8542261.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-06-09 09:01 | ヨットの艤装と艤装品  

クルージングヨットのクルーについて

c0041039_1645258.jpg
 昔といっても1990年代初め頃までヨットレースを割合頑張ってやっていた。
スウィング31という、横山一郎さんのデザインでツボイヨットが製作したヨットに乗っていた。

 このフネでクラブレースに出るのに最低6人のクルーは必要だった。そしてその6人が乗り組んでヨットを走らせるにはクルーワークの練習が欠かせない。
しかし、クルーも色んな事情で、全員が練習に参加出来る時は少ない。

 練習不足の結果は明らかだ。マークのたびにもたもたして数杯に抜かれる。
トラブルを恐れて安全なコースを引いてしまう。その為に又遅れる。悪循環だった。
まぁクルーのせいばかりではないけれど・・・。

 今はクルージングヨットなので他のヨットと競う事はないので、自分のフネを安全に動かすことが出来ればそれで良い。
 一人乗りヨットも多いが、やっぱり猫の手でも借りたいときはあるので、クルーとして猫の手以上を期待して何人かの相棒を乗せている。

 前に大きなシェパードを乗せているオーナーがいて、その犬を教育して、「舫いを咥えて岸壁に飛び下りてビットにくくりつけるヨット犬にする」と言っていたが、ヨットのメンテに来たメカニックのお尻に噛み付いたことは聞いたが、その後、ヨット犬になったかどうかは聞いてない。

私の仲間のヨット20隻で見てみると以下のようでした。

1.奥様がクルーで乗るおしどりヨットが    5隻 25%
2.決まった男性クルーが乗る海賊船タイプが  6隻、30%
3.いつも多彩なクルーが乗ってるヨットが   5隻、25%
4.誰もが助けてくれない一人乗りが      4隻、20%

 項目の比率に大きなバラツキは無いが、昔からやっているフネや共同オーナーヨットは2が多く、奥様が乗ってくれるフネは人生経験豊かな?カップルや若いカップルが多い。
 シングルハンダーは1~3のタイプからクルーが何かの理由で居なくなってやむを得ずやっている人と、一人が自由で良いと思っている人が半々かなぁ。

 デイセーリングや数日のクルージングではどんなパターンでも何の問題も無いが、ロングクルージングをしている国内外のクルージングボートを見ると圧倒的に男女のカップルが多いのはそれなりの理由があるのだろう。

 シングルハンドでロングクルージングをしている人も大勢いらっしゃいますが、寂しいし、しんどいでしょうね。 ボクにはとても出来そうにない!
[PR]

by pac3jp | 2005-06-06 16:51 | ウオッチング  

4月のクルージング記録を追加しました

今回の九州周航の航海記録も4月分で抜けていた部分がありましたので
追加しましたのでご覧下さい。

港の情報や、画像もまだ他にもありますのでコメント欄にでも書いて頂ければ追加で画像のUPもしますのでお知らせ下さい。

[PR]

by pac3jp | 2005-06-03 11:31 | 九州周航