投稿キャンペーン

カテゴリ:旗

  • 映画「コクリコ坂から」国際信号旗のはなし
    [ 2011-08-14 07:06 ]
  • ウェルカム・ポイント
    [ 2009-06-10 18:04 ]
  • 矢印棒の使い道
    [ 2008-12-19 14:17 ]
  • エンデバーとケイマンの旗
    [ 2008-07-18 09:16 ]
  • 自衛艦旗(軍艦旗)
    [ 2006-10-13 09:05 ]
  • 国際信号旗
    [ 2006-02-13 09:21 ]
  • ヨットマンは旗好き?
    [ 2005-12-09 09:01 ]
  • 国際信号旗について
    [ 2005-02-01 16:44 ]

 

映画「コクリコ坂から」国際信号旗のはなし

 近くのショッピングセンターでタグボートにUW旗(ご安航を祈る)が翻る図柄の映画ポスターがチョッと気になっていた。そして、つい最近、その宮崎アニメ「コクリコ坂より」を見てきた。

 時代は1963年、横浜港をみおろす丘の上に建つ古いがよく手入れされた洋館で下宿屋を営む一家のしっかり者の女子高生「海(うみ)」が主人公。毎日、海が見える庭先の掲揚ポールにU・W旗を揚げるのを日課としている。

 庭先からは港の沖の錨泊地だろうか、デッキにデリックが並んだ懐かしい三島型の貨物船が数隻描かれている。神戸港でもコンテナ船が出現する前には殆どがこのようなタイプの船が岸壁や沖のブイからハシケで荷役していたのをよく見ていた。

 丘の上からコクリコ坂を下ってくると市街地になる。背景がみんな懐かしい。街の看板、肉屋さんのコロッケ、オート三輪、自転車、それに高校生の学帽などなど。

 港には石積の護岸が続き、倉庫や船用品を商うお店が並んでいる。小さなはしけに混ざって浮き桟橋に煙突が高いタグボートが係留している。もう1人の主人公「俊」の父親が乗っているタグだ。彼は通学にもこのタグに便乗していて舫い取りや旗りゅう信号にも手馴れているようだ。

 朝、「海」が丘の上で掲げる「U・W」旗に対して「俊」が沖から「1・U・W」旗を揚げている。(UW1は「あなたの協力を感謝するご安航を祈る」となる)

 少女よ君は旗をあげる
 なぜ
 潮風に想いをたくして
 よびかける彼方
 きまぐれなカラスたちを相手に
 少女よ今日も紅と白の
 紺に囲まれた色の
 旗は翻る

と、校内新聞に投稿する。

 「海」の父親は1950年6月から始まった朝鮮戦争で連合国軍に徴用されたLSTの船長をしていて触雷して沈没、帰らぬ人となったが、船乗りだった父の帰りを小さな旗を揚げて待っていた幼少のころからの習慣だった。今も帰らぬ父を慕う想いが丘のうえで翻っている。

日本を占領下においていた連合国軍の要請(事実上の命令)を受けて、海上保安官や民間船員など8000名以上を国連軍の作戦に参加させ、開戦からの半年に限っても56名が命を落としている。1950年11月15日、元山沖で大型曳船LT636号が触雷して沈没し日本人船員22名が死亡した。

国連軍として朝鮮戦争に参戦していたアメリカ軍やイギリス軍の指示により、日本の海上保安庁の掃海部隊からなる「特別掃海隊」も派遣され、死傷者を出しながら国連軍の作戦遂行に貢献した。しかし、日本特別掃海隊は日章旗ではなく、国際信号旗の「E旗」を掲げることが指示された。(Wikipedia)


 もう一つ気になる絵があった。コクリコ荘の住人で絵を描く女性がいる。「海」は彼女から沖の船からいつも返答があることを教えてもらうのだが、彼女が描いた油絵の中には「AP(回答)・U・W」となっている・・・。

 同じくコクリコ荘の住人で「北斗」さんの送別会でポールに「HOKUTO」と信号旗が揚げられていたがヨットレースに使われない信号旗だったのでアレ、アレと思っている間に場面が変わってしまいこれは残念でした!

 映画を見ていて色々と思い出した。ボクも高校生の頃は社会科学の本をかじったり、60年安保を考えたりしていたなぁ。でも、電車通学でいつも同乗する女子高生からかばんに小さな手紙を入れられた事も楽しい思い出だったなぁ。青春だったのだ!


【参考資料】:コクリコ坂から 解説パンフレット

【関連記事】:ウェルカム・ポイント 

■  [PR]

by pac3jp | 2011-08-14 07:06 | | Comments(3) 

ウェルカム・ポイント

 ボクのブログのトップページには「U W」と2枚の国際信号旗でウェルカム!とご挨拶をさせてもらっている。

 神戸港も昔は大きな信号塔があり旗旈信号で船舶の出入港を管制をしていた時代があった。今でも塔はハーバーランドに移築されモニュメントとして「UW KOBE」と6枚の旗が翻っている。
 そんな「U W」旗だが、少し前から神戸港で出入港の船舶に「U W」旗をあげて歓送迎している人がいるとは聞いていたが、昨日(9日)の地元新聞に詳しく紹介されていた。


 写真を見ると「U W 3」と3枚の信号旗がポールについている。航海訓練所の練習船「銀河丸」の出迎えなので多分「お帰りなさい」なのでしょうね。ボクの持っている2字信号の抜粋には以下の2種類だけしかないが、詳しく知りたい方は国際信号書をご覧ください。

 U W は「ご安航を祈る」、その返事として、U W 1 は「あなたの協力を感謝する。ご安航を祈る」となる。

 そのように船舶の出入港を国歌や信号旗で歓送迎する場所をウェルカム・ポイントといって、ドイツでは盛んらしく、ハンブルグ港に入るエルベ川にある「Willkomm-Höft」のウェルカム・ポイントでは500トン以上の通過船舶に対して本式の設備で敬意を表しているという。

 神戸港では一般人が船舶に近づけるのは客船埠頭や内航船埠頭だけで外貿埠頭は「テロ何とか法」で近寄れない。従って数多く入港するコンテナ船など外国の貨物船は歓迎したくても出来ない仕組みになっている。昔は突堤の入り口に税関の監視所があり通りにくかったのにやっと自由に入れるようになればテロリストのせいでゲートが出来、ガードマンに締め出されてしまうようになってしまったなぁ。

 船舶に旗を掲げる習慣は古代エジプトまでにさかのぼるが、船同士の通信手段に用いられるようになってきたのはイギリスでは14世紀頃だと記録にあるという。
 電波を使用する通信手段が広く普及した現代でも海上交通安全法や港則法などで規制される航路や港湾には指定された国際信号旗を掲げた本船が航行している。神戸港でも国際信号旗で行き先表示をした船舶が行き交っている。

 ボク達が楽しんでいるヨットでも国際信号旗のNC旗は安全備品として備えることが義務つけられているが、これを掲げたら海保のお世話になってしまうが、UW旗ぐらいは準備しておいて外国艇などにも挨拶代わりに振ってあげればきっと喜ばれるはずですよ。

【関連記事】:国際信号旗について 

【参考Web】1:神戸港ウェルカムポイント
【参考Web】2:ドイツ再発見

Tags:# 
■  [PR]

by pac3jp | 2009-06-10 18:04 | | Comments(2) 

矢印棒の使い道

 ボクも最初にこれを見せられたときには「さぁ・・・何だろう?」と思いました。多分、普通のヨット乗りは分からないでしょうね。長い海上勤務のご経験がある本職の船乗りか、あるいは「元」がつく船乗りさんしかご存知ないだろうと思っていましたが、やっぱりでした。

 これは錨を揚げるときブリッジから見えない錨鎖の方向と角度を示す道具でした。
 投錨時にも使うのかも知れませんが聞き忘れました。

 クイズということで4人のヨット乗りがそれぞれに独自の見解で解答していただきありがとうございました。今回の正解は「元」が付くKMSさんが正解でした。

 やっぱり、経済原理が働く一般商船では船首とブリッジの連絡はもう皆さんトランシーバーでしょうね。リモコンのビデオカメラでもブリッジから錨鎖は確認できそうですから巨大船などはそうなっているのかな。

 一方、船の歴史をみると軍艦は常に最新のテクノロジーを使って建造し、省力運用されているんだとボクはそう思っていたが、意外に各国とも海軍は保守的で充分こなれたテクノロジーを採用し、伝統的な運用をしていると何かの本で読んだことがある。

 日本海軍の伝統を引き継ぐ掃海艇の錨鎖用の矢印棒も、もう商船では使っていないというが、最近Webで掃海母艦「ぶんご」での投錨作業という画像を見つけた。
 それには「錨が出ていく長さを旗で艦橋に知らせる隊員」と説明がついていた。排水量5700トンの軍艦で160人も乗り組んでいるんで、甲板作業にも充分の人数も配置できるし伝統ある運用も可能なのだ。
 でもよく画像を見ると前を向いている隊員はヘッドセットのようなものを装着している。インターコムでブリッジとは普通に連絡は取れているのだろう。


 軍艦と商船の違いは非常時の対応だろう。有事の際、もし、有線故障や無線封鎖で電気系が不通になっても視覚信号なら連絡がつく。そう思って考えると、護衛艦も掃海艇にもマストに二組のかご型速力標(左画像)がついている。これはフネが編隊行動するときに僚艦に無線を使わずその速力を示すものだ。

 もう一つは探照灯で行う発光信号だろう。船舶はタイタニック号以来、非常の際は無線通信士がSOSを発信し、全船舶に救助要請をしたが今は機械が自動的に遭難信号を発信するシステムに変わってしまい、無線通信士は職を失ってしまった。その発光信号はモールス信号を使う、日本船は和文コードで打つ、でも無線通信士が乗り組んでない商船は誰もモールスを打てないし、受信もできないだろう。でも手旗信号は出来る? 
軍艦には専門の通信兵がいるので発光信号も問題ない。

 視覚信号でも国際信号旗を使う旗りゅう信号は航路の航行時など法律で定められているので一般商船も使っているが、海自ではそれに加え独自の旗やNATO軍共通の信号旗もあわせて使っているという。上の「投錨の画像」で隊員の持っているのは軍用数字旗の「1」である。

 映画のクライマックスシーンで主人公が音や光でモールスを打って助けを呼び、窮地から脱出する場面がよくあるけど、本当に使えるならヨット乗りの素養としてもう少し勉強しようかと思うが英文は苦手だし、和文モールスは挫折の経験があるからなぁ・・・。
 ま、非常時は船検備品のN・C旗を揚げマリンVHFでじっと救助を待つことにしますか。

Tags:# 
■  [PR]

by pac3jp | 2008-12-19 14:17 | | Comments(0) 

エンデバーとケイマンの旗

 あのエンデバーがこのヨットハーバーに再来してからもう十日ほどになる。今回は一月ほどの滞在だと聞いているが、前よりクルーの数も多いしオーナーも来ているのだろうか、活発に動いている。「1週間のチャーター料がわずか80万円やで」という噂もあるがホントかなぁ。

 沖から帰ってくると桟橋の先で高いマストを持つ大きな船体をゆっくりと回し、アスターンで静かにビジターバースの中ほどに出船スタイルで係留する。ハーバーウォークから眺めるとネービーブルーの船体に赤くて大きな国旗が船尾に翻り大変印象的である。

 桟橋ではエンデバーを初めて見る人達だろうか、「どこの国の国旗?」とお友達に聞いている。ユニオンジャックが入っているのでイギリスの関係国には違いないが、オーストラリアでもないし、ニュージーランドでもない。船籍港の「ジョージタウン」も世界中に27ヶ所もあるのでこちらからの特定もちょっと難しい。

 ボクがここで見てる限りこの国旗を揚げて入ってくるのは「メガヨット」だけだった。定年退職後に世界を周航しているというヨット(セールボート)は大抵オーナーの母国の国旗を揚げている。この旗は世界中のお金持ちが資産運用に利用するカリブの「タックス・ヘーブン」で有名な島、ケイマン諸島の旗だ。オーナーの本国に船籍を置くと経費が掛かりすぎるのだろう。大型船のパナマ船籍みたいなもんだろうか。






  ケイマン諸島とは
 西インド諸島を構成する諸島の一つ。イギリスの王領植民地(Crown colony)。グランドケイマン島、ケイマンブラック島、リトルケイマン島の3つの島からなる。人口は41,934人(2002年)で、首都はジョージタウンである。ダイビングでも有名。

 歴 史
 1503年5月10日、クリストファー・コロンブスのの4度目の航海中に発見された。無人島であり、岩と間違えるほど沢山の海亀がいた事からスペイン語で海亀を意味するラス・トルトゥガス(Las Tortugas)と命名された。しかし発見当時クロコダイルも生息していた事から、カリブ・インディオの言葉でワニを意味するケイマナス(Caymanas)と言う名で呼ばれるようになり、それが現在の「ケイマン」の名の語源になっている。
        出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


 旗のデザインはユニオンジャックとケイマンの紋章があしらってある。これにはウミガメがデザインされている。
 同じくイギリスの海外領土でアフリカ沖のナポレオンが流されたことで有名なセントへレナ島は帆船と聖ヘレナが描かれているし、アルゼンチンと領有を争って戦争になった南極にも近いフォークランド諸島の旗は同じく帆船とヒツジの紋章があしらってある。

 ケイマン以外のイギリス海外領土(植民地)の旗を揚げた船が日本にくるのはまずないないだろう。

 だが、イギリス連邦に参加している国は世界中に53カ国もあって、その人口は17億人もいて全世界の30パーセントにもなるという。イギリスってホントに今でもすごい国ですね!

 記事中にデジカメ動画を添付してみました。エンデバーの船尾から旗、そしてエキゾーストとそのノイズをとったものです。水量の多いほうはメインエンジンで小さいほうがジェネレーターだろう。画像に入っているテロップは試供版のコーデックを使ったため勝手に表示されている。
 Windowsでもこれからは動画ファイルのAVI(Motion JPEP)が標準で使えたら良いのにね。

【関連記事】:あのエンデヴァー(ENDEAVOUR)が来る!!
【関連記事】:エンデヴァーのウインチ

■  [PR]

by pac3jp | 2008-07-18 09:16 | | Comments(3) 

自衛艦旗(軍艦旗)


 国体セーリング競技の運営にはいつも海上自衛隊が協力していると聞いている。今回もレース海面の沖に掃海艇「くめじま」(490ton)が停泊している。小さいけれどしっかりと軍艦のシルエットとして見える。レース海面付近を掃海艇搭載の黒いインフレータブルボートがスターンに軍艦旗をはためかせて航走している。クルーは2名、黒いウェットスーツのようなものを着ているように見える。実戦では海中にある機雷を処分する危険な作業を担当するフロッグマン達だ。選手の落水事故救助を受け持つ。

 レースサポートのインフレータブルボートが多い中でも軍艦旗を掲げたボートは目立つ。ボクも対抗して?国旗をスターンに付けたがやっぱり目立つ軍艦旗には負けているように思ってしまう。

 でも、今の自衛艦旗もすんなりと海軍から海上自衛隊へ引き継がれたわけではないのだ。
 太平洋戦争の敗戦で大日本帝国海軍は解体され、軍人も軍艦旗を掲げる軍艦もない状態でその権利は長く放棄されていた。そこで旧海軍出身のヨット乗りたちが歴史ある軍艦旗を残すため当時のGHQと交渉し、自分たちのエンサインとして国際機関に登録した。そしてクルージング・クラブ・オブジャパン(CCJ 日本外洋帆走協会の前身組織)の公式のエンサインとして使われていた。
 だが、やがて海上警備隊から昭和29年、晴れて海上自衛隊となったとき、旧軍艦旗は日本外洋帆走協会(NORC)からすじを通して、海上自衛隊にお返ししたらしい。以来、自衛艦は旧軍艦旗を使い、NORCは今のレース旗のデザインがエンサインになったのだ。

自衛隊旗の規定は以下のようになっている。

構造及び寸法

1.形状
本品は縦2、横3、の旗布の中心より風上に水平に移項すること縦の1/6の点に、縦の1/2を直径とする赤色の日章を描く。光線は赤色にして円の中心点より垂線及び水平線に中心を合わせる光線を基本とし、各光線の幅及び間隔を各11 1/4度に取り、方光状に描くものとする。

2.種類及び寸法
1.5幅、2幅、3幅、4幅とする。
基準寸法は1幅の仕上がりを430mmとする。許容誤差はプラス、マイナス10mmとする。

3、材料
生地は国産荢麻(ちょま)原料を完全に乾燥した長綿糸を使用し、糸質が均一にして最強かつ自衛隊旗用として最適なもの、と規定されている。

 なお、荢麻(ちょま)とはイラクサ科の植物で「からむし」ともいう。日本での栽培は古く、織物として各地で生産されてきた。草丈は2メートル余となり、根元から刈り取った茎からは極めて強く、長くて軽くて美しい繊維がとれるので、昔から上布を織るのに用いられる。産地の特性ににより、越後上布、小千谷縮、奈良晒布、八重山上布、宮古上布などと呼ばれている。

 さすがに伝統ある自衛艦旗ですね。いい材料が使われています。処分艇の旗は一番小さい1.5幅よりもっと小さい旗だった。いくら小型ボートでも旗が海に浸かったらみっともないですからね。
 
 大きなフネに小さな旗や反対に小さなフネに大き過ぎる旗もアンバランスだ。ちなみにヨットと旗のサイズのベストマッチは1フィート・1インチと昔からいわれているらしい。


参考:艦船メカニズム図鑑 森 恒英著



■  [PR]

by pac3jp | 2006-10-13 09:05 | | Comments(4) 

国際信号旗

 ヨットは港則法では雑種船に分類されている。入出港の届出も不要だ。勿論、港内で信号旗を掲げる義務はない。
 だが、我艇も船舶の端くれとして、ヨット用ではあるが国際信号旗を1式持っている。サイズはヨットの万船飾に使うには丁度良いが、沖で使うのには少々チャチである。

 港則法によれば神戸港では総トン数500トン以上の船舶は運行を開始するときから港の防波堤を超えるまでの間、進路を表示しなければならないと定められている。当然、入港時も指定の信号旗を掲げなくてはならない。

 画像は中突堤から出港する客船のマストを撮ったものだが数字旗の1がはためいているので西航路から出港するのだろう。

 本船の国際信号旗に興味があるので良く注意してみてみると海上交通安全法で航路にしてされている明石海峡や備讃瀬戸航路を直進している船は信号旗を上げていない。航路を横断する船や航路から次の航路へ移る船が指定された信号旗を掲げているのだった。

 明石海峡のたこフェリーは第1代表旗とS旗を掲げて海峡を横断している。水島航路や備讃瀬戸では第1代表旗とP旗やS旗を掲げた本船が走っている。先にクルージングで通過した関門海峡では本航路から分岐する航路が多く、使われる信号旗の数が多いのでボクにはさっぱり分からなかった。

 いまや普通の本船では船間通信は国際VHFを用い、国際信号旗は海上交通安全法や港則法が定める行き先表示が主な目的になっているように思う。航路における方向指示器の役目のようだ。

 ヨットレースはレースの全ての指示が国際信号旗の旗りゅう信号で行われている。従って多少はヨットレースをやったことがあるヨット乗りはレースでよく使われる信号旗は分かるが、レースに使われてない信号旗は「なんだったかなぁ?」と悩んでしまう。
E、H、J、K、R、T、U、W、2代表旗、1、2以外の数字旗に弱い。・・・半分位が弱いわけか。チョット情けない。
 ボクのフネにも昔はコクピットに信号旗のシールが貼ってあったが純クルージングヨットになったしまった今はそれもない。

 シールではないが、100均ショップで何でも見つけてくる友人が国際信号旗が描かれたランチョンマット風のシートをパソコンのカバーに使っていた。ボクも欲しいなと思い探すが、いまだ見つけられない。

 大分前に自衛艦に体験乗艦した時、僚艦と普通の旗りゅう信号での通信デモをやっていた。1字信号は誰でも判りやすいが、国際信号旗も国際信号書があってはじめて通信が可能になるのです。軍用では旗リュウ信号も独特の使い方があったそうで、旧海軍の信号書は機密扱いでその本の表紙は鉛で表装してあって、もしものときは回収されないようになっていた。と、ものの本に書いてあった。

 ヨットでのんびりと穏かな航路を渡っていて、国際信号旗を掲げた本船がすれ違っていったとき、すかさず、昔勉強した海技教本を取り出して調べてみよう。きっと、行き先が判るはずだ。ゲーム感覚でやっても面白そうだね。

■  [PR]

by pac3jp | 2006-02-13 09:21 | | Comments(0) 

ヨットマンは旗好き?


 ヨットに掲げられている旗も色々である。まず、日本国旗、クラブ旗、ハーバー旗、レース旗、オーナー旗、外人ゲストの外国旗、中には会社の社旗を揚げていたりする。

ご近所では在艇時にR旗掲揚で有名なヨットもいる。

 海で見る日本国籍で民間の本船やヨットも国旗を掲げている船は殆どいない。日の丸を揚げていたら右翼と間違えられたり、軍国主義者のように思われると感じるのは、国歌斉唱にも反対する日教組からの影響か?
 前に勤めていた会社には国旗、社旗、安全旗と3枚の旗が社屋の前庭に揚がっていたが、旗の責任者が40才代の人に代わって、いつの間にか国旗が揚がらなくなってしまった。この世代が国旗を揚げることの後ろめたさを一番感じているのかなと思っている。

 今、このハーバーで日の丸が翻っているのは堀江さんのマーメードだけだ。
まぁ、無寄港世界一周から帰ったままの展示物だから当然か。

 だが、旗好きは沢山いて、新しいグループが出来るとすぐに新しい旗を作っている。私が参加しているヨットクラブもクラブを立ち上げた時の第一番の事業はクラブ旗を作ることでしたね。注文する数が50枚と少ないので単価があがってしまい、@5,000円にもなってしまった。せめて、1,000円~2,000円で収めたいモンですね。
 ちなみに日本国旗は中サイズで一枚1500円くらいだし・・・。

 クルージングで外国や地方のヨットクラブを訪問するときに、クラブのペナントを交換する事が多いそうだが、ペナントも1枚5,000円もしたらそう簡単に上げられないね。

 レーシングヨットも旗好きが沢山いて、ハーバーの出入りに大きなファイティングフラッグをはためかせて航行している。勝っているときはかっこいいが、負けてしまったら揚げないオーナーも多い?。

 画像は琵琶湖で活動する「mugen」さんの出陣の図である。フォアスティに黒とピンクに船名ロゴが入っている旗。スターンには少し小さめの幟が揚がっている。旗のデザインを選ぶ時なんかは、みんなでワイワイいいながら考えたりするのでしょうね。勿論、本番レースの日、艇の整備は完璧、順風にベストクルーが揃った日には皆んの気分は”はためき”大いに盛り上がるもんなんでしょうね。

あのぅ、成績不振で港に帰るときはどうしてはりますぅ?  
  ・・・今度、オーナーさんにお聞きしときまっさ!

 レース派ヨットはレース旗だが、クルージングヨットでオリジナルの旗を掲げているフネは少ない。初夏の頃、鯉のぼりを揚げているのは良く見る。これは日本らしさがあって外国艇にも人気があるが、日本人には季節感がありすぎて一年中は使えない。

 ロングクルージングの予定があるなら、艇名と日本一周などの文字をあしらった大きなフラッグを掲げておけば、無料で停泊できるマリーナがあるかも・・・。
■  [PR]

by pac3jp | 2005-12-09 09:01 | | Comments(0) 

国際信号旗について

ヨットでも船検の沿海備品でN旗、C旗の2枚が搭載の義務があるが、実際に救助を要請するときは携帯電話かVHFで、電気が無いときでもまだ信号紅炎があり、国際信号旗が我々小型のボートで使われる機会は少ないでしょうね
※N・C旗の意味: 我遭難しつつあり、直ちに救助を求む

しかし、初めてのヨットハーバーに入ったときにU・W旗が上がっていたら歓迎されているようで嬉しいですね。私もかって、長くお世話になったマリーナを出て他のハーバーに移るとき、僚艇がU・W旗を掲げて見送ってくれたときは本当に嬉しかった。
ヨットマンの結婚式でも良く使われます。
※U・W旗の意味 :入港船には「ようこそ!」出港船には「ご安航を祈る!」

今回、私達の仲間で係留中のマストに本船用の「R旗」が揚がっていたらレストランボートが開店していてコーヒーあるいはビールの用意が出来ている・・・と言う意味にしようと決まった。 ただし、この信号旗を持った艇はまだ1艇だけですが、請う、ご期待!


ウエストマリンのカタログにジョッキの旗があったけど、こっちのほうがカッコがいいな。
※R旗の意味:受信する だが他に多くの意味は無い

参考に・・・
日露戦争の日本海海戦で東郷平八郎連合艦隊司令長官が全艦に、「皇国の興廃此の一戦に在り、各員一層奮励努力せよ。」のZ旗信号を揚げ、全軍の士気を鼓舞した。 今でも「Z旗を揚げる」はGO・GO・GO!の合図に使われている
※Z旗の意味:私は引船が欲しい
■  [PR]

by pac3jp | 2005-02-01 16:44 | | Comments(3)