カテゴリ:九州周航( 47 )

 

津屋崎で日和待ち

早朝から強風と大雨で起こされる。
ビームアンカーを入れなかった事が悔やまれる。フェンダーを4本ともやいを1本追加する。
昼頃に寒冷前線が通過し、その後西のブローが強くなってきた。
メンバーの西藤さんが体調不良で点滴をしてきたと言っている。幸いにもこのハーバーの隣に大きな病院がある。
天気予報では明日は晴れ、だが波は残りそうです。
明日は久しぶりの瀬戸内海だ。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-18 16:49 | 九州周航  

福津市 津屋崎ヨットハーバー

c0041039_1218439.jpg

今日17日は大島までの予定だったが、津屋崎ヨットクラブの田中さんの勧めで7マイル手前の津屋崎ヨットハーバーにはいる。
まだ出来て間もない新しい施設で係留艇も少なくガラガラだった。
電気、水道はない。今日はハーバー事務所が休みだが利用料金はmあたり340円。
漁港の出口になるため引き波多し。明日は前線通過の為引き続き停泊の予定。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-18 12:18 | 九州周航  

今日は3マイルの航海でした

c0041039_17235231.jpg

小戸のヨットマン 中庭さんの勧めで福岡市立ヨットハーバーに入る。
途中に能古島に寄り、休憩後、港の岸壁のすぐ前にある食堂で昼食をとる。
三好さんはすかさず観光に廻る。ここにも船に関する博物館があり入場料金は400円。

ここのハーバーはほとんどのパースが一杯みたいだ。我々のホームボートと大分違っている。
桟橋が少し短かくて電気、水道はないが係留料金は一泊3800円だ。
緑に囲まれているしモーターボートがいないので静かで良い。
夕方に近くに住む旧友が来てくれる予定。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-16 17:23 | 九州周航  

福岡マリノアです

c0041039_12351929.jpg

5月15日 唐津から福岡の都市型マリーナのマリノアに入りました。
巨大な観覧車が2基ある複合型の商業施設だ。日曜日とあって多くの車と若い人たちであふれている。
早速、デッキの潮出しをし、溜まった洗濯物をコインランドリーで洗い、フネは洗濯物で万艦飾になってしまった。
午後は地元の椋本さんに博物館等の観光に車で案内して頂く。
また、夜は地元ヨットマンとの交流会も開催して頂き、楽しい夜を過ごした。
感謝!!☆☆
c0041039_10544367.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-05-16 12:35 | 九州周航  

唐津市 佐賀県ヨットハーバーから

c0041039_9373973.jpg

5月14日 穏やかな壱岐水道を渡り唐津市の佐賀県ヨットハーバーに入ると地元のヨットマン、 西村さんがもやいを取ってくれた。
ここは有名なオリンピックセーラーも出しているハーバーなので流石にディンギーが多く、若い人たちがセーリング練習をしている。
セーリングクルーザサーは割合少なく、桟橋も大分古くなっている。桟橋に水、電気はない。係留料金は一泊すると2日分になるシステムで3560円。
その後ピアーネットのクルージングにも参加された地元の西村さんに呼子、名護屋城跡、波戸岬そして唐津の名所を案内して頂く。感謝!!

ハーバーに帰ると琴塚のトムアンドジュリーが入っている。アリランレースに参加していたとの事。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-15 09:37 | 九州周航  

壱岐 芦辺港です

c0041039_8312440.jpg

4月13日 対馬厳原から北東の風20~25kt 波高3mなかアビームで豪快に6時間に渡りセーリング。
壱岐の芦辺港に入る。ここは高速船の浮き桟橋の右側が係留可能だ。
北東から北に振れる風の為、ビームアンカーとバウから岸壁に増しもやいを取る。
これでフネが桟橋から離れて安心だ。

暫くすると壱岐を案内してくれる方が来られ彼女のマイカーで島内をくまなく説明付きで案内してもらう。ラッキー!

港から徒歩範囲に大きなダイエー、飲食店、風呂は公営施設つばさで200円。
トイレは港にきれいなのがあります。
後ろのヨットは小豆島の琴塚から出て韓国や北九州をクルージングされているそうです。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-14 08:31 | 九州周航  

国境の島 対馬 厳島港から

c0041039_5381747.jpg

小さな低気圧が発生し、朝は小雨が振っている。港外は三角波の集団で風も強い。
壱岐を離れると風はそれに伴い落ちてきたが波はひどくなってきた。
厳島港はイカ釣り漁船で一杯で係留場所が無く、少し離れた漁港のクレーン船に横抱きさせてもらう。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-13 05:38 | 九州周航  

壱岐 郷ノ浦港です

c0041039_16363283.jpg

今日は穏やかな壱岐水道を渡って郷ノ浦港に着きました。
そしてフェリーターミナルの反対側の岸壁に係留しました。しかし、ここは潮汐差が2mと大きく乗り降りが大変だ。
町を偵察してみると町の規模に比べ飲み屋が多いのに驚く。景気が良いのかな?
壱岐は麦焼酎会社が7社あるそうで港の近所の酒屋さんで25年物を試飲させてもらいましたが…。
郷土資料館は定休日でお休み。残念!
名物のうに丼は2000円が相場。お風呂は向かいのホテルで500円。トイレは横の公園にあります。
明日も天気が良ければ対馬に渡る予定。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-11 16:36 | 九州周航  

お城が見える港 平戸港から

c0041039_1734815.jpg

五島列島から本土と橋でつながっている平戸に入りました。
宇久島からは18ktのアビームで快調?に飛ばすが波が高くよく揺れる。
瀬戸を二つ通過するが最初は上げ潮に乗り、平戸瀬戸は下げ潮に乗り平戸港に入る。
観光船桟橋の一番前に許可をもらって係留する。
役所の担当者はすぐ南にある白浜港に行くように勧めるが観光の便利さはここが一番なので頑張ってみた。
温泉は近くのホテルで400円(割引券あり)、居酒屋もスーパーもなんでもありますが流石にインターネットカフェはなかった。
観光が大好きな三好さんは出掛けたまんままだ帰ってこない。
[PR]

by pac3jp | 2005-05-10 17:34 | 九州周航  

宇久島 五島唯一のマリーナから

c0041039_13381936.jpg

4月9日 今日は五島列島北端の宇久島 宇久フィシャリーナに停泊しました。
朝、北風受けて鯛の浦を出航。残念ながらコースも北行き。各島の岬ではきっちりとブローと三角波に歓迎されながら、野崎島に入る。
ここは無人島で鹿が700頭も住んでいる。芝の新芽は鹿の好物らしく遠くからみるとよく手入れされているように見えるが、鹿の嫌いなアザミなどはそのまま残っている。
建物はレンガ作りの天守堂はしっかり立っていたが木造の家屋は大半は朽ち果てていた。
港の浮き桟橋もトイレ使えるし水道もでる。そして携帯も入る。まさにクルージング派に絶好の島ではある。
宇久フィシャリーナは釣りボートが6~7杯つながっているだけでヨットはいない。
電気、水道、トイレはある。料金は1日2100円だった。
風呂は崖をよじ登って5分、ホテルで500円で入れる。
上の画像は無人島の野崎島港です。
下は宇久フィッシャリーナの桟橋です。
c0041039_1045941.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-05-10 13:38 | 九州周航