ヨットハーバーのオーナーズルーム


c0041039_1605428.jpg ハーバーにオーナーズルームと呼ばれるオーナー専用の部屋がある。この部屋には低いソファーセットと籐イスとテーブルのセットが数組あり、20個分くらいの有料ボトルロッカーがある。低いマガジンラックには新しい海関係の雑誌が並んでいる。

 こんなパブリックなところでお酒を飲みながら雑誌のページを繰っているオーナーが実際いるのだろうか疑問に思う。自艇にはプライベートなスペースと自前の酒蔵にたっぷりと秘蔵の銘酒を蓄えているだろうに。

 昨日午後、長らく停泊していたエンデバーは北京オリンピックにいったらしく外人が乗り組むゲストボートは一隻もいなかった。オーナーズルームには、有料ボトルロッカーから取り出したと思しきボトルから酒を酌み交わしているいるお二人のオーナーがいらした。どうしたん?とお聞きすると「ヨットはバルサン燻蒸中」とおっしゃる。・・・納得。

 あとはご主人の船には来たがあまりの暑さに避難してきたらしいおばさんとお孫さんのグループが涼んでいた。

 先日、この二階にあるシャワートイレ(長い間有る事も知らなかった)に来たついでに涼しいオーナーズルームを覗いてみると若い外人が4人、あちこちのテーブルに自分のパソコンを開いてキーボードを打っている人、画面を所在なさげに見ている人など、会話もなしでネットカフェの雰囲気で寛いでいた。 ボクも暫く涼んで行こうかと思っていたがちょっとそういう気分にはなかったなぁ。

 そういえば昨年からオーナーズルームでのみハーバーの無線LANが使えるようになった。以来、ここはロングクルージングの外人たちが便利に利用している。普通はカップルで乗っているのでルームが混むこともないが、エンデバーなどはクルーの数も多いので時々は外人専用ネットカフェという感じになってしまうのかな。(オーバー?)

 つい最近も、こんな電話があった。「今、オーナーズルームでパソコンを使っているのですが・・・」と日本人のロングセーラーからパソコンの設定に関係した質問をもらったこともあった。実際クルージング先のハーバーで自由に高速インターネット繋がったら大変うれしいもんだ。

c0041039_15595990.jpg オーナーズルーム入口の引戸横の台にかなりくたびれた英語の本が30冊も積まれているのを発見した。ロングセーラーたちが航海中に読んでしまった本を残しておいて次に来た見たい人が持ってゆく、古本の物々交換システムらしい。ハーバーは台を貸して協力しているようだ。

 あまり利用されてないように見えるオーナーズルームも無線LANを契機に外人セーラー達がよく使い、彼らのクラブルームになりかねないよ。

 オーナーの皆さんオーナーズルームをしっかり利用しましょうね。
[PR]

by pac3jp | 2008-08-04 16:12 | ウオッチング  

<< ヨットの浸水事例 その2 神戸市港務艇「竜王2」RYUOH2 >>