最近見つけた「?」2件

c0041039_923334.jpg ハーバーには外来艇が係留するビジターバースがある。いつもボート・ヨットの試乗会や年に数回は大規模にボートショーなどのイベントをやっている。昨年、エンデバーが来た時はこの桟橋も一般の外来者で大賑わいだった。

 ハーバーの係留桟橋に部外者は入れないが、ここは誰でも入る事が出来る。ビジター桟橋はコンクリートの本船用浮桟橋と同じ様な構造で海面までの高さは88cmもある。30cm~40cmの係留桟橋でも上がれないのに、ここから落水したら絶対上がれない。一般港などの岸壁には所々にゴムのステップがついていて落水者が陸に上がれるようになっているのにどうするのだろうと前から思っていた。

 つい最近、このビジターバースのホンに目立たない場所に「救助梯子」が設置してあるのを発見した。
 「救助梯子」はK.Y.Cメンバー艇が多いエリアに以前から設置してあったのでK.Y.C の予算で設置したのかと思っていたが、どうもそうではないようだなぁ。

【関連記事】:救助梯子(SAFETY LADDER)


c0041039_923261.jpg もう一件は上架作業中のヨットで発見した。こえは冷却水インテークストレーナの向きが「?」である。
 以前にモーターボートとヨットの冷却水の取り入れ方の違いについて書いたが、たまにボートと同じ方向に取り付けられたストレーナを見ることがある。
 でもこのヨットはセールドライブに換装されていて冷却水はドライブから取り入れるのでスルハルの冷却水インテークは不要のはずだが、予備で開けてあるのかもしれないし、発電機のインテークかもしれない。どちらにせよエンジンを停止したらきちんとバルブを閉めておいた方がいいでしょうね。

【関連記事】:冷却水インテークストレーナの向き
[PR]

by pac3jp | 2008-05-21 09:30 | ウオッチング  

<< サミットがらみで騒がしくなって... ハーバーで人気一番の写生スポット >>