磁気探査中

c0041039_15474463.jpg 近くの船溜まりで磁気探査中と表示した小型の作業船がいつも係留している。今、神戸港内で埋め立て工事はないので、平日の磁気探査の仕事も多分ないのでしょうね。

 以前は港内の防波堤の改修工事や空港島の埋め立て造成工事の前にはこの作業船をよく見かけた。海底にある金属製の危険物を捜しているのだ。それは戦争中、B29から落とされたが爆発しなかった不発弾や、沈んでしまった機雷など危険な物体を探し出して除去するためにきめ細かく海底を探査している。

 水中で見つかった不発弾は海上自衛隊の掃海部隊が処理する。たとえ陸に囲まれた川や池でも海自の仕事になるそうだ。だが、海岸の砂浜などでは陸上自衛隊が処理するという。その線引きはダイバー作業があるかないかで決まるそうだ。

 神戸空港島の着工前、不発弾の爆破処分をした際の報道写真を見たことがあるので、発見された古い爆弾は全て爆破処理をするんだと思っていたが、最近、海自のOBで実際に処理作業に携わった人からお聞きすると、回収した古い爆弾は一定量まとまれば外洋の2000m以上の深海に投棄されていたという。

※海洋汚染を防止する「ロンドン条約九六年議定書」に伴い、不発弾の海洋投棄が平成十九年四月から禁止されている。

 現場で爆破処理をする不発弾や機雷は、動かすと危険なものなどで周囲の漁具や建造物などに爆破の影響が出ない場合に行われるそうだ。予め磁気探査船がマークした位置に民間のダイバーが潜り現物を確認し、処理の前準備をしておく。その後、掃海艇のダイバーが入り起爆装置を外す、あるいは水中処分に決まれば不発弾にプラスッチック爆弾を取り付け遠隔操作で爆破処分する。

 神戸港など重要港湾や関門海峡などは大量の機雷がまかれ、今だその残骸が発見されるが、空港島の磁気探査でも大量の爆発物が発見され地元の掃海艇だけでは手に負えず、呉や横須賀から応援がきて大騒動だったこともあったらしい。そこにはアメリカ製のものではなく国産の砲弾などがどっさり投棄されていた。敗戦のドサクサに処理に困った部隊が神戸港の沖に捨てたのだろうといわれた。当時、その場所に空港が出来るなんて誰も想像出来なかっただろう。

 先年は戦時中、迎撃戦闘機「紫電改」などを製造していた深江の川西航空機(現、新明和工業)近くのマンション工事現場で大きな不発弾が見つかり、JRや阪神電車、幹線道路も長時間通行出来なくて大いに迷惑した。
 陸で物騒な物が見つかれば大変だ。まだ処分がし易い?水中のうちにちゃんと見つけて処分しといてくださいね。
[PR]

by pac3jp | 2008-03-10 15:51 | 特殊船  

<< 日本(NIPPON)シーボルト著 「海路安心録」 >>