チーク厚板から柾目板を切り出す

c0041039_11461583.jpg いつもお世話になっているヨット屋さんのヤードに行くと重いチークの厚板が10数枚も積んであった。近く、55fのモーターボートのデッキを張る予定なので製材所で挽いてもらったものだという。

 お話しを聞いていたらデッキに張るチーク材は柾目のものを張るんだとおっしゃる。デッキ材の木目まで気にしてない、いい加減なボクは「そうなんだ」と思いながらよく見ると確かにボクのフネもデッキに張られたチークは柾目材だった。さらに詳しく観察すると板目に近い部分も少しはある。

 今回はこの幅250mm×厚さ50mm×長さ2.5mの厚板からチークの柾目デッキ材(幅50mm×厚さが10mm×長さ2.5m)を切り出すとおっしゃる。ボクは単純に幅と厚さを決めて厚板を挽けば良いと思っていたが、丸太から板目挽きされた厚板は円弧を描いた木目になっている。適当に挽けば柾目もあるが板目の物も出来てしまう。でも丸太から切り出された幅広い板が全部柾目になっているモノは少ないので製材で工夫するそうだ。

 まず、板材の柾目と板目の違いがよく分らない人は、
このWeb→●板目と柾目●の解説を読んでみよう。

c0041039_11465612.jpg
 板によって木目が違う、そして、その木目によって切り出すプランも変わってくる。この厚板(↑画像)から柾目の薄板を切り出そうとすると、こう切るのかなと思ってイメージを書き込んでみた。寸法などは考えてないラフプランだ。両端は横に挽き、中心部は縦に挽けば大体柾目に挽けそうだ。チークは高価な木材なので無駄のないように切り出さないといけないのだ。ちなみにこのチークの厚板は1枚10万円もするそうです。

c0041039_1153781.jpg 4枚積んであった厚板の一番下には濃い目のチーク材がある。チークも天然材料なので育った場所によって色合いや木目も違う。同じデッキでモザイク模様になったら不細工なので一本の丸太から挽かれた材料を使うという。デッキ材もバテンばかりでなくコーナー部分やステップ部分は幅広い材料が必要だ。これは別途で調達してあった。

 職人さんのお仕事を見学するとホント勉強になります。自分がやった訳でもないのに、時々お仕事を見学していただけでも工事が完成した時は、実際うれしいもんですね。これからが楽しみですわ(^^♪
[PR]

by pac3jp | 2008-01-30 11:55 | ボート  

<< ヨットのフィギアヘッド(船首像) 少し変わったジャイブプリベンダー >>