ヨットでウオッシュレット part2

 前回(1/11)はヨットに既設のトイレをウオッシュレットが取り付けられる電動トイレに改造した例をご紹介したが、今回は国産ヨットビルダーが建造時に取り付けたウオッシュレットを見せてもらったのであわせて紹介しよう。

 ヨットは小豆島・岡崎造船が建造した「ブリアン32」、個室トイレに電動トイレとウオッシュレットが上手くセットされている。
c0041039_9303473.jpg

画像1.ウオッシュレットが閉まった状態の外観。メーカーは松下電工
画像2.ウオッシュレットを開いた状態。ウオッシュレットの便座がしっかりと載るためのFRP製のアダプターが付けられている。ビルダーが一番苦心したところだとか・・・。
c0041039_9305598.jpg

画像3.そのアダプターベースを下から見たところ。陶器のトイレボールにアダプターベースをシリコンで接着しているように見える。
画像4.マセレーターポンプ。このトイレはこの1台のポンプで海水吸入と粉砕・排出処理をする。

 ウオッシュレットでも建造前から計画しておけば部材の選定から、クルーの背丈に合わせた便座の高さまでチョイスできるし、スマートできれいに納まっていますね。

 電動トイレの話題が出ると必ず「ポンプの作動音の大きさはなんとかならないの?」というご意見が必ず出てくる。住宅用でも昔は大きな音がしていたが、この頃は大分静かになってきたようだ。
 マリントイレも高級なヨットやボートに付いている物は多分静かに流れると思うが、残念ながらボクにはそれを体験する機会はいまだに来ないが、皆さん、その内静かなトイレが出来ますよ。もう暫くご辛抱ください。
[PR]

by pac3jp | 2008-01-23 09:35 | ヨットの艤装と艤装品  

<< エキストラ オルタネーターあれこれ 韓国人のヨット >>