クルージングはマリンスポーツ?

いつもこのブログにクルージングヨットについて書いていて、どのカテゴリーに投稿するか悩んでしまう。  スポーツにするか旅行にするかであるが。

ヨット(セーリングボート)に乗って楽しむことは一般的に分類するとマリンスポーツに入るだろうと思う。
ヨットといっても幅が広くて、オリンピックを頂点とするインターナショナルヨット(セーリング)競技や国や地方で独自に活動するナショナルクラスのヨット競技。そしてもっと大型のヨットを使うアメリカズカップや世界一周レース等は競技ということでスポーツに分類されてもおかしくは無い。

まず、スポーツの定義から調べてみる。広辞苑によるとスポーツとは「陸上競技、野球、テニス、水泳、ボートレース等から登山、狩猟などに至るまで、遊戯、競争、肉体的鍛錬の要素を含む運動の総称」とある。

我々、というよりも私のヨットライフではどうなる。上記定義に照らして私のクルージングをみると、まず遊戯の要素は勿論、充分にあるが、「肉体的鍛錬の要素を含む運動」まったくなくて逆に飲んだり食ったりの享楽的要素が多くマリンスポーツの範疇に入れてもらうのは、チョット気がひける。

ヨットのクルージングとは普通、母港を出港して予定の航路を航海し目的の港に入る。港にフネを係留して、上陸。その地で目的の調査や観光をしてまた、次の目的地に向かう。

港も航路も、いつも気象、海象の条件が違っている。海は穏やかな時もあるが、風が吹き、波が高くなってくる時もある。濃霧がかかってまわりが真っ白になって数m先が見えなくなるときもある。激しい潮流に押し流されるときもある 海の上を小型のヨットで航海することは私にとっては結構な冒険旅行だ。

堀江謙一さんが今、無寄港世界一周航海に出ているが、あれはスポーツとは言わないで、冒険航海だろう。 新聞によるとヨットマンであって海洋冒険家。スポーツマンとは誰も言ってないみたいだし。

まぁ、かなり小ぶりだが、小さな、小さな冒険航海を楽しんでいるので「旅」のカテゴリーに入れる事にしよう。
c0041039_2137968.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-02-21 21:38 | クルージング  

<< どこの国で作られたヨットが多いの? 免税軽油の申請をする >>