2008年 初セーリング!

 我家のお正月は家族とお屠蘇とお雑煮で新年を祝い、氏神さんに初詣をすれば、ボクにとって自宅での新年行事はあらかた終わった。
正月2日、朝からハーバーにでかける。

 ハーバーウォークを歩いていると、もう帰りかけている風で賑やかなご一行さん達に出会う。顔見知りの赤い顔をした面々だ。「朝からどうしたの?」と声を掛けると「寒いのでリンゴのほっぺになっている!」と言っていたが、どうも、正月2日目の「海上で初日の出を見る会」だったようだ。

c0041039_1147443.jpg

 朝方、穏かだった海もヨットを出す頃には結構な風になってきた。ハーバーを出ると沖には全く帆影がない。コンテナクレーンは動いているようだが内航船や作業船の姿はない。NW18kt、まだ風は上がってきそうだ。ジブセールを4回巻きでセーリングを始める。タックを数回して身体をヨットの動きに慣らす。
 港内一杯、風上に上り、ベアーして沖を目指す。一文字の沖に出ると波が出てきた。追っ手になってきたので風の冷たさは大分マシになってきた。ここで手近にあった焼酎のお湯割が出てくる。アルコールの度数が低いのでお腹から「カッ!」とは温もってはこない。この場面ではホットウイスキーが良いなと思ったが、揺れるフネでボトルを探すのも面倒だ。

 目標の灯台を回るとポートタックの上りになってきて風もアパで25ktを越えてきた。西宮名物「バージ船群」をクローズホールドで突破する。上りの悪いクルージング艇でこの障害物群を通過するのは大変だが、レースではないのでどんどん落してクリアーしてゆく。デッキにスプレーが盛大に飛んでくる。
 いつもは多くのヨットが走っている阪神港の港内もセーリングしているわが艇と機走で走っているヨットが1隻いるのみ。流石に寒波襲来のお正月だね。

 バースに帰ってくると、ご近所数艇のオーナーさんも在艇のご様子。いつものR亭も今日は日章旗が翻っている。早速覗いてみるともうテーブルにはお料理が並び新年会が始まっている。ボクもフネの後片付けも早々にして合流。まだ日も高いのに新年宴会は盛上がっていった。
[PR]

by pac3jp | 2008-01-04 11:49 | ウオッチング  

<< 省エネ帆装船の今昔(1) 謹賀新年 >>