セルフタッキングジブ

c0041039_1510773.jpg 最近、ボクと同じ桟橋にまだ船名も書かれてない新艇らしきヨットが係留している。「Hanse342」と表示がある。オーナーらしき人物も見かけないのでディラーが一時保管しているのかも知れない。

 このヨットはドイツで建造されたヨットで全艇種にセルフタッキングジブが標準で装備されているらしい。「hanse342」にもファーリングされた小さいジブとマスト前にセルフタック用のジブトラックが付いている。普通、ファーリングされたジブからは左右両舷に2本のジブシートが出ているが、このジブからは1本だけジブシートが出ている。

ジブシートがリードされている経路は

1.ジブのエンドからジブトラックのブロックへ。
2.ジブブロックからマストの第2スプレッダー上約1m上のマストシーブへ。(ちょっと見えにくいがデッキライトとスプレッダーの間くらい)
.マスト内を引き下ろし、マスト下付近からマストステップに並んだブロックへ。
4.そして、デッキ上をリードされコクピットのウインチへとリードされている。

 このジブシートで「あれ!」と思ったのがジブトラックからかなり高い場所にリードされていたことだった。あんなに高いところにリードするとロープも無駄だし、マスト付近にシートがブラブラして邪魔になるなと思っていた。もう一隻、セルフッタキングのヨットを参考にしようと近くの古いデヘラー36と比べると、「ハンゼ342」程高い位置ではないが、それでもスプレッダー下50cmぐらいの高さにマストシーブがついていた。

c0041039_15131814.jpg ボクはセルフタッキングのヨットに乗ったことがないので経験者にお聞きすると、低い位置でリードされたセルフタッキングジブはジブシートに風に合わせたテンションを加えると、自由に動くトラック上のブロックがセンターに寄りすぎ、セールが開かず効率が落ちる。あの位の高さにリードして丁度良い、との返事。

 シングルハンドでも上りのコースを走っていると何の造作もなくタックが出来て大変便利だが、フリーになるとパワー不足を感じるのかこのヨットにはバウにジェネカー用のポールが付いていたし、コクピット両舷にはジェノア用の大きなシートウインチも装備してあった。

 そういえば電動ウインチ1台で全てのコントロールロープを操作できた先進のデヘラー36は大きなメインに小さなセルフタッキングジブが省力装備だったのだ。でも小さいジブで帆走っているのは見たことないなぁ~。いつも紋入りのでかいジェノアが目立っていたわ。
 でも、最近は小さいのが復活しているかも知れないネ。
[PR]

by pac3jp | 2007-12-28 15:19 | ヨットの艤装と艤装品  

<< 謹賀新年 セールボートのキール part2 >>