ワイヤレスリモコンでウインドラスを操作する

c0041039_9132998.jpg 家電製品にはテレビ、ビデオ、エアコン、ステレオとワイヤレスリモコンがあれこれに付いていて便利に使っている。一方業務用にもどんどん進出している。工場の天井クレーンも小型トラックについているクレーンまでリモコン操作だ。小型漁船でもエンジンコントロール、操舵までリモコンで操作しているフネもいる。

 ヨットにもオートパイロットにオプションでリモコンが接続できる機種もあるが、まだまだリモコンをつけているヨットは少ない。先週末、ウインドラスにワイヤレスリモコンをつけたので見においでと誘われたので見せてもらってきた。

 ウインドラスのリモコンは以前からケーブルを接続して使うタイプのものはあったが、コネクター部分が潮に弱く故障が多かったのと操作ケーブルの長さに制限があるので使い辛いこともあった。

 ワイヤレスにすると幾つかのメリットがある。まず、ウインドラスの制御系の接続がデッキ下で接続でき回路の絶縁が良くなる。また軽くて小さなリモコンなのでどこでも入るし、マストの上からでも使えそうだ。それに機器が汎用品で安いこともある。例えば↓画像にある300MHZ帯受信機が9,800円、リモコン送信機が3,600円と価格表示してある。

c0041039_9142621.jpg 画像は艇内のスイッチパネルの側の壁面に取り付けられたリモコン受信部。4回路のリモコン接点を持っている。青い線がバウにあるウインドラスのマグネットSWにつながっている。配線工事もそう難しくはないそうで、簡単なウインドラスの回路図が読めたらご自分でも出来そうです。


c0041039_915021.jpg リモコン送信機は簡単な4点スイッチのものだ。→

 このシステムはウインドラスの操作の他にも落水時のエンジン停止、リモコンにIDも登録できるのでセキュリティに関連する装置のリモコン操作も出来そうだし、アイデア次第でヨット用としても色々用途はありそうだ。

仕様など詳しくはメーカーのWebで→ ナビシステム 
[PR]

by pac3jp | 2007-11-28 09:22 | アンカー  

<< プロファールのブームファーラー 船首像(フィギュアヘッド) >>