スターンのウインドラス

 海のダンプカーといわれている、石材や土砂を運ぶガット船の係留作業を何回も見たことがある。彼らは荷下ろし岸壁に近ずくと船首のアンカーとスターンのロープににつながれたアンカーの2本を打ち、岸壁側は前後とスプリングを取り、船体と岸壁の間隔を3mくらい離して船を留める。ガット船は基本的にバケット荷役なので船体がローリングするので岸壁と船体が当らない間隔が必要だ。

 いつ見ても実に手際よく係留する。毎日やっているので上手いのは当たり前だが、そのアンカリング装置も我々のフネより格段に優れている。

 ボクもクルージングに出ると、時には槍付けで係留する。これもたまにしかしないので技も勿論道具にも工夫がない。従ってスターンデッキでロープが絡まり、もたもたと手際も悪い。その時思い出すのはガット船の船尾に据えられたリモコン操作でアンカーロープを巻きとるウインチだった。

 そんなスターンウインドラスを装備した「Minor 27 Range」がご近所にいらしたので見せてもらった。

c0041039_8234856.jpg
 ウインドラス本体と制御BOXはスターンのデッキ下に納まっている。アンカーロープはフラットなベルトタイプのロープである。ロープはトランサムに開けられた専用の穴から出て、スターンプラットフォームについたアンカーローラーへと繋がっている。↑左画像
 楽々と手を汚さずアンカーが打てる理想の装備のようだ。

↑右画像 操作ボタンはキャビンのステアリングハンドルの前にある。ボタンは三つ、PowerSW、巻き取りHigh・LowSW、アンカー昇降SW。
あれ!ハンドルの位置からはアンカーもアンカーロープも見えないが勘で操作するのかな?

c0041039_8244031.jpg このウインドラスはスウェーデン製で北欧ビルダーのボートやヨットに装備しているとメーカーHPに書いてあった。

品名:Winchmatic 
型式:MX52
電圧:DC12V
出力:500W
ロープ:60m


 また、数隻お隣のナウティキャット321にも可倒式のアンカーローラーとインナータイプのウインドラスが装備されている。コックピットのシート下に据付られていたが多分同じメーカーのロープウインドラスだろう。

c0041039_8293112.jpg ナウティキャットはバウにもチェーンのアンカーが装備されているのでこのロープ用のウインドラスはランチング用に使うのでしょうね。

 でも大阪湾奥のヘドロの海にアンカリングしたらえらい事ですよ。ドラムに巻き取るまでにキレイにヘドロを落とさないとデッキ下が汚れて後のお掃除が大変だ。

 もう一つ心配事がある。ベルトロープがきちんとドラムに巻き取れるかだ。一定のテンションを掛けながら巻くのだろうが、海の上だ、ロープが弛むこともある。ダンゴになって止まってしまう恐れはないのかな?

 このボートのオーナーでもないボクが心配しても仕方がない。今度試してみるとはオーナーさんの弁だが、ヨットを買ってから5年も経つのにアンカーなど入れた事もないというヨットマンもいるので使い心地が聞けるのは当分先かもかもしれないね。
[PR]

by pac3jp | 2007-11-23 08:33 | アンカー  

<< 船首像(フィギュアヘッド) 大阪マーチスがAIS(船舶自動... >>