免税軽油の申請をする

最近は軽油も高くなってハーバーで入れると1リッターあたり100円に近い値段だ。免税にすると、3割位安くなる。 モーターボートに乗っている人は常識だが、ヨット乗りはこの制度を使っている人は少ないようだが、私は今回、春になったら少し長めのクルージングに出る予定の為に軽油の免税手続きをする事にした。

そして今日、5年ぶりに免税軽油の申請に行った。前に申請に行った役所から今度は県庁の側の総合事務所に変わっていた。行政も色々改革らしきものをやっているようだが、市民の事は余り考えているようには見えない・・。(かなり遠くなってしまったし、駐車場もない。)

電話で問い合わせた書類と関連資料を用意して当の役所の窓口に行った。 女性の担当者が申請書をはじめ各種の書類一式用意してお相手してくれた。
まず、該当船舶のエンジンの型式と出力、燃料タンクの容量を確認し、時間当りの燃料消費量を算出する。(今回は私の過去の燃費実績が採用された。)
初回の免税扱いは3ヶ月が限度となるため、最初の3ヶ月の月割りの燃料消費量が計算されて、3ヶ月分の合計消費量が出される。

免税券は100L、50L、20L、10Lの各券に分けて貰う事にした。
私の都合で3月20日に免税券を受領する事にしたので、まだ1ヶ月あるが手続きはスムースに済んだ。  前のときは多少時間がかかった様に思ったが今回は担当者のやり方もあるが、簡単に出来た印象だ。  この点は確かに行政改革された?

実際の手続きで面倒な免税軽油引き取り等の報告は前に較べて報告期間が短くなっているようだが、それは又、使ってみてから報告する。

c0041039_21333965.jpg

[PR]

by pac3jp | 2005-02-18 21:43 | クルージング  

<< クルージングはマリンスポーツ? スピン・ナ・ヤーン >>