早朝の「瓶投げアート」

c0041039_13305493.jpg
 ここ新西宮ヨットハーバーには地元で有名なアーティストが主宰する「瓶投げアート」の作品がある。センターハウスの隣にあり、ハーバーにくると毎回見ているがそう気にしたことはなかった。

 11月11日の日曜日、朝まだ薄暗い頃から吊り上げ用のクレー車がやってきて準備をしている。朝の散歩をしながら見物すると何時もと違う外人のテレビクルーのような人達が各種カメラのセットに忙しそうに作業している。このアートを主宰する嶋本さんの光った頭も見えた。

c0041039_1129242.jpg 暫くして、出勤してきたハーバー会社の社長さんにお聞きすると、ギリシャのテレビ局が取材に来ているとのお話し。地元のイベントに何故外国から取材にくるのか不思議だったが、このアートはアメリカでも紹介され結構有名なアートだという。側壁に貼られた記録プレートに在阪テレビ局の番組名がいくらかと顔を知っているタレントの名もあった。

 正面のプレートには「~平和の証~」とあり、10年、そして100年もこの瓶投げアートを多くの人達の手で「コラボレーションアート」として平和が続く限り続けて行こうという事らしい。このアートが始まりもう10年近く経ったが、ボクは100年先まで生きてはないので、この先この絵が、またヨットハーバーがどうなるかちょっと想像も出来ないなぁ。

 地上25mも吊り上げられるギリシャの若者たち、もしかして、彼らもギリシャのお笑いタレントかもしれない。最初の瓶投げにトライした外人は緊張していたが2人目の人はポーズをとりながら、ギャラリーを見て「おはようございます~」なんて愛想を振りまきながら吊られていった。運良く当日は満潮でかつ高潮気味だったのでコンクリートのキャンバスが水面にに浮んだように見え本当、絵になっていた。

c0041039_11315218.jpg
 ハーバーに人通りが多くなる10時頃にはもうクレーン車のブームは見えなくなっていた。ギリシャのテレビクルー達は次の取材地に弾丸ツアーで飛んでいったのでしょうね。キッと!
[PR]

by pac3jp | 2007-11-12 11:45 | ウオッチング  

<< ボルボからヤンマーにエンジンを... もう整備の季節がきた? >>