インド洋クルージングの話

 ボクの仲間にマレーシアにヨットを置いているヨットマンがいる。彼が今回、公募クルーを集め、5年間で世界を周航するロングクルージング計画に参加したいので相談に乗って欲しいといってきた。

 その計画を聞くと、1年目はプーケットを出港してインド洋を西へアンダマン・スリランカ・モルジブ・セイシェルと寄ってアフリカ沖のマダガスカルへ、それからケニアに入り1年目は終わる。
 2年目はアフリカ東岸を北へ向かって航海する。ソマリア半島を回り、紅海に入りエジプトまでだという。

 ボクは海外をクルージングしたことはないが丁度、うまい具合にスウェーデンから地中海→カリブ海→パナマ→南太平洋→オーストラリアのブリスベーンまで4年間だったか?公募クルーとも航海してきた経験のあるヨットマンがいたので彼にもアドバイスしてもらうことにした。

 まず、インド洋を1年もかけて航海するのは長過ぎる。その理由として、航海中はクルーワークの緊張もありそう問題はないが、長い停泊中が大変だ。陸に上がればホテル住まいならまだしも、50fのヨットでも男5~6人が暮らせば結構狭い。クルー間の不和は停泊中に起こるという。
 でも問題は2年目の航海だ。ケニヤからソマリアへは1月ならば北東のモンスーンが吹き、上りのコースになってしまう。それにこの海域は近年特に危険な海だ。

 つい昨日もソマリア沖アデン湾からこんなニュースがあった。


海賊船に発砲、炎上 米軍がソマリア沖で大捕物

c0041039_10214392.jpg 米海軍の誘導ミサイル駆逐艦「ポーター」の発砲で煙を上げる海賊船(米海軍提供・AP=共同)

 
 【シンガポール31日共同】海賊事件の相次ぐソマリア沖で、米海軍が駆逐艦などを繰り出して海賊制圧作戦を展開していることが米海軍の発表で31日、分かった。日本の会社が運航するケミカルタンカーを乗っ取った海賊の船は米艦の発砲で炎上。北朝鮮貨物船からは負傷者を米艦に移送し治療した。

 米海軍などによると、28日、ドーヴァル海運(東京)が運航するケミカルタンカー「ゴールデン・ノリ」(6、253トン)の救難信号を受け、誘導ミサイル駆逐艦「ポーター」が現場に急行、海賊の小型船に25ミリ砲を数回発砲、炎上させた。タンカーには韓国人ら23人が乗り組んでおり、米海軍などは監視を続けている。タンカーの詳しい状況は不明。


こちらは同じくソマリア沖だがかなり南側にあるモガジシオ付近から海賊事件が発生!


海賊が北朝鮮船乗っ取り 米軍が救出、ソマリア沖

2007/10/30 23:31
 【シンガポール30日共同】国際海事局(IMB)海賊情報センター(クアラルンプール)に30日入った情報によると、アフリカ東部ソマリア沖で北朝鮮の貨物船(43人乗り組み)が、海賊とみられる集団に乗っ取られた。米海軍などが救出作戦を実施し貨物船を確保したが、複数の負傷者が出た。
 IMB幹部によると、同海域をパトロールしている米海軍などが30日、「約8時間にわたる大掛かりな救出作戦」を展開。貨物船は首都モガディシオの港で積み荷の砂糖を降ろした後だったという。



 航海計画によるとケニアの次にはアフリカ観光の目玉であるエジプト ル・クソールのピラミットをみて地中海へということなんだがろうが、アフリカ東岸地域を訪れるクルージングヨットは殆どがマダガスカルからケープホーンを回りヨーロッパを目指すらしい。命を懸けてまで行くことはないと考えているんでしょうね。

 彼には「このソマリアから紅海への航海は乗らず、無事に地中海に出てから又、乗せて貰ったら」と言うのが居合わせた皆さんのご意見だった。

c0041039_1024875.jpg インド洋に補給艦と護衛艦を長らく派遣していた海上自衛隊も海賊事件があったアデン湾でも給油活動をしていたらしいが、もし日本のヨットが海賊に襲われたと聞いたら「おっとり刀」で助けに来てくれるだろうか。護衛艦は補給艦を護衛しているので勝手に遊んでいるヨットのことなどワシャー知らん!!  ・・・と言われるかもね。
[PR]

by pac3jp | 2007-11-02 10:36 | クルージング  

<< ハーバーの無線LAN エンデヴァーのウインチ >>