コンテナ船の積荷

c0041039_1055685.jpg
 神戸港六アイのNYKコンテナバース近くを帆走していると何時もと少し違う雰囲気の荷役をやっている。普通、コンテナ船の荷役は専用岸壁のコンテナクレーンで20フィートや40フィートのコンテナを1個づつ吊り上げて荷役している。

c0041039_10561958.jpg でも今日は岸壁からは通常のコンテナクレーンが動き、横付けされたコンテナ船の沖側には警備のダグボートと海上クレーンがいる。コンテナ船の中央付近には小型の貨物船が横抱きでつながれている。
 何か大物貨物が出てくるのだろうと暫く見ていると、やがて大きな船体真ん中の奥深くからゆっくりとディーゼル機関車のような大型機械が出てきた。慎重に横抱きした貨物船にディーゼル機関車を積み替えている。よくみるとコンテナ船の船尾付近にもハシケが同じような機械を積んで留まっている。
 どうも大小2台の機関車風の特殊車両が輸入されてきたようだ。

 コンテナ船は同じ規格のコンテナを沢山積むばかりではなくこのように重い大型の貨物も運んでいるんだ。港に入ってくる本船もコンテナ船、自動車運搬船、タンカーと専用の貨物を運ぶ船が多く、大きなプラントなどは重量物運搬船が受け持つが中間サイズの重量物は便数が多いコンテナ船が運ぶのでしょうね。でも積み込む場所は何処にでもと言う訳ではなく中々難しいよと、港湾荷役をやっていた人から聞いたことがある。

 海外から輸入される少し大きめのヨットなどは鉄の塊の機関車と違い、大分軽いのでコンテナの最上段に屋根のないオープンコンテナに載ってやってくる。
 でも丁度、40フィートの長さに収まるヨットは良いが、パルピットが少しでも出ていたら大変だ。最近もヨットをコンテナ船の最上部に乗せたまでは良かったが、端でなかったので隣のコンテナが積み込まれたときパルピットを壊されてしまった。苦情を言うとそのヨットを港に下ろしてコンテナ船は出港してしまい。2週間も次の船を待ったとか・・・。

 内外の海運業界は好景気で貨物は幾らでもあるので船会社は規格外の面倒な貨物は載せたがらないだろうし、港の費用や運賃もキット高いこというのでしょうね。
・・・と思い、まったく関係ない見物人のボクは微風の海を沖に向かってセールを揚げた。
[PR]

by pac3jp | 2007-09-28 11:03 | 貨物船  

<< チョットした工夫の紹介 西宮神社「船渡御」 >>