2泊3日のクルージング予定が・・・

 9月は2回の3連休があるが、後の「秋分の日連休」はパートナーのコンサートを手伝う約束があるので「敬老の日連休」9月15日~17日を利用し、和歌山方面に2泊3日のクルージングをする計画だった。

 でも、出港の日は沖縄に大型の台風がいて、紀伊水道方面は2m~3mの波が有るとの予報を聞いて直ぐに行き先を波の少ない大阪湾に変更した。が、予報では翌日もお天気は不安定で洲本あたりは雨が降るらしいといっている。

 近頃とみに軟弱になってきたボクは「絶好の季節にラクチンなクルージングが良い」などと思い始め「しんどいクルージング」はパス!の心境なので、またまた目的地を変更して、ハーバーから一番近い淡路島・交流の翼港で船底掃除をするクルージングになってしまった。

 沖から桟橋に近づくと係員がやってきて場所を指定し、舫いを取ってくれた。久し振りにやって来た翼港は以前と違って桟橋にオキアミの残骸もないし、釣り人もいなかった。桟橋は完全にフネを着ける場所になっていた。小型のヨットやボートをつける桟橋は相変わらずの物だが一番奥なのでそうグラグラとは揺れなかった。料金は1日600円。以前は500円だったように思うがまぁ良いか。

 対岸の国営明石海峡公園の高台にある百段苑から翼港を見下ろすと中々上等なロケーションだなと思う。大阪湾で自分のフネがビルや工場、住宅などなしに見える港はそうないよ。多分ここだけだろう。
c0041039_9302770.jpg

 海水も潮の流れが速いところなので割合きれいだ。ここで船底のフジツボ落としをする。8月に落としたのにもう大分付いていてエンジンが2000回転で0.5ノットのロスがある。小さいクラゲはいるが暑いので仲間は水浴びを兼ねてワイワイとスクレッパーをかけている。
c0041039_9344673.jpg
 この港はトイレと自販機、氷もある。ホテルがある淡路夢舞台の方に行けば和・洋・中のレストランが10店くらいはありそう。風呂はないがホテルのプールで汗を流す手もある。リッチ派向き。

c0041039_9313455.jpg 花の好きな人には最高の場所だろうと思うがボクの仲間は「花よりダンゴ」。アイスクリーム屋さんをさがし、適当に散歩を楽しんで午後帰途につく。風は上がってきてクオーター24ノット。波は高くなったが快調にセーリング。時々強い雨も降ってくる。約3時間の航海で母港の桟橋に安着した。

 2泊3日の予定が日帰りクルージングになってしまったが、今夜はご近所のR亭で夜中までサタディナイトフィーバーだ。翌日も仲間のフネで沖に出る。最終日は搭載しているインフレータブルボートと船外機の点検を兼ねてハーバー内散策をする。

 なんのことはない、金曜日にフネに来たので実質3泊4日はフネに居たことになる。また真っ黒に日焼けしてしまった!!
[PR]

by pac3jp | 2007-09-21 09:38 | クルージング  

<< プレジャーボート・小型船用港湾... ヨットの座礁事故より >>