「Whale Song」part2

 前回の記事に関して各種の大型船舶に詳しいお仲間が「Whale Song」について色々な情報を教えてくれた。

1.この船は Gtonで185トン、2001年にTrinity Yacht New Orleans とHalter Marine Lockportで造られた。巡航速度は12ノット。
2.この船はIMOに正式に登録されたれっきとした本船だということ。因みに種別はYachtだそうです。
3.船籍はヤッパリ、Tax heavenで有名なケイマン諸島だった。
4.出港地はアメリカ東海岸のマサチューセッツ州からで、日本まではずいぶん遠い。と、いっていたよとお聞きした。


c0041039_12444337.jpg 以前にもアメリカの大手通販会社のオーナーがこのタイプのモーターヨットに乗ってきたことがあった。その船はホエールソングのもう二周りほども大きく思えた。船内に客船並みのエレベーターが付いていると聞いて驚いたのを覚えている。それに印象的だったのはアフターデッキに魅力的な金髪美人がデッキチェアーに寛いでいる図はボクが指をくわえて見ていてもそれだけの価値はあったね。


c0041039_1247876.jpg どちらにせよ、使っても使っても使い切れないほどお金持ちのアメリカのリッチマン達に違いない。セールボートで世界を回っているヨッティ達とは別の世界の住人なのだ。

 ボクの友人が大きめのボートで太平洋を回りたいと言ったら、今も世界周航中のヨットマンが「ヨッティはボートのオーナーとは遊んでくれないよ!」という。
 多分そうだろうね。モーターヨット側から見れば年金やアルバイトでクルージングをしている多くのヨッティは「貧乏臭い連中?」と思っているかも・・・。
[PR]

by pac3jp | 2007-09-12 12:56 | ウオッチング  

<< バウスプリットのあるヨット Yacht 「Whale So... >>