Yacht 「Whale Song 」(ホエールソング)

 日本でヨットと言えば一般的にはマストを持ったセールボートをそう呼んでいるが、英語で「ヨット('Yacht)とは、豪華な遊び船のこと。セールで走るかエンジンで走るかは問わない。」という。古くはビクトリア女王から将軍・徳川家定にプレゼントされたエンペラー号(375t)は改名されて幕府軍艦「蟠龍丸」となったが元はヨットだった。10年ほど前までエリザベス女王も王室ヨット「ブリタニア号」を持っていた。

 ボクの記憶の中で最高のヨットはギリシャのオナシス氏が持っていた「クリスチーヌ号」だろう。全長98mのカナダのフリゲート艦を徹底的に改造して、海賊に襲われても平気、それに丈夫で高速、そして超豪華なヨットとしてビックビジネスの場で使われていたのでしょうね。

 先週末、まぁ、ロイヤルヨット程ではないがハーバーのビジターバースに真新しく大きなモーターヨットがやってきた。全長は30m弱、船体はスチール。船尾に大型の衛星通信用のドームが2基とユニオンジャックと白い南十字星をあしらったオーストラリアの国旗が見える。煙突は左右に2本ある。そのうち1本からジェネレーターの排気が出ている。船内に人気はないが、リタイヤ後にロングクルージングしているセールボートを訪問するのとは違い、気軽に「こんにちは!」と声を掛けるのはチョット気が引ける雰囲気がある。
c0041039_16472071.jpg

c0041039_16474190.jpg

c0041039_16475936.jpg

c0041039_16481770.jpg


 トランサムに GEORGE TOWN C.I. と船籍港が表示してある。「ジョージ タウン」をWebで何処だろうと調べてみると、まずアメリカ・ワシントンDC近くの「ジョージ タウン」が出てくる。次にマレーシアの「ジョージ タウン」、カリブ海の「ジョージ タウン」オーストラリア本土とタスマニア、そしてニュージーランドにも同じ名前の町がある。

 世界地図を出して「ジョージ タウン」を調べるとなんと27ヶ所も同名の町があった。その昔、移住したイギリス人が故郷の王様を偲んでその名を付けたのでしょうね。

アメリカ     15ヶ所
カリブ海諸国    4ヶ所
カナダ       2ヶ所
オーストラリア   2ヶ所
マレーシア    1ヶ所
ニュージーランド 1ヶ所
アフリカ     1ヶ所
南大西洋     1ヶ所


 調べているとトランサムに表示された「GEORGE TOWN C.I.」のC.I.は何だろうと急に気に掛かった。もしかして・・・タックス・ヘイヴンで有名なケイマン・アイランドの略だろうか?ここに船籍を置いておくと規制や税とかの維持費も安くつくし、イギリス領なので国旗はユニオンジャックでよく似ているしなぁ。

 一応、チラッと見えた国旗を根拠にオーストラリアのアデレート近くの「ジョージ タウン」から来たことにしておこう。
[PR]

by pac3jp | 2007-09-10 16:53 | ウオッチング  

<< 「Whale Song」part2 船底の点検窓 >>