ミスマッチ?

c0041039_12383160.jpg 4月には西宮浜ボートパークが出来上がったようなのに、一向に係留するヨットやボートがいないのでどうなっているのだろうと思い先日、海から見学に行った。そこには杭係留バースが50~60隻分と小さい桟橋が付いた係留バース(左の画像)が70隻分くらい出来ていた。
 20fくらいの釣り船ならばぴったりだが、付近に係留されているヨットもボートもそんなに小さな船はそうない。殆どのヨットやボートもこの桟橋に着けることは出来ないだろうと思う。


c0041039_12405112.jpg この付近の不法係留と言われているフネ等は、国がボートパークに収容しようとしている都市河川など浅くて狭い水路に不法に係留している小型のヨット・ボートではないのだ。
 広い水域で仮設桟橋とはいえれっきとした浮き桟橋に係留しているフネも多く、マリーナと違い大きさによる係留料金の縛りもないので自然フネは大きくなる。フネのサイズは30f前後が一番多く、大きいのは40fを越すヨットも係留している。このように地域によって事情が違うので国が進める画一的なボートパーク設備では中々収容しけれないのだろう。

 今日、地元新聞の朝刊に ボートパーク「狭すぎた」 利用者ゼロ さっそく改良 と1面に掲載された。

やっぱりね! 打った杭を抜くなど追加工事が200万円もかかるそうだ。工事業者はありがたいが、費用は税金から賄うんでしょうかね?


以前の記事から:西宮浜ボートパーク計画
       :西宮浜ボートパーク着工?
 
[PR]

by pac3jp | 2007-09-05 12:47 | ウオッチング  

<< 船底の点検窓 ヨットの故障 >>