スタンプラリーで関空マリーナに行く

c0041039_9393637.jpg 前日は上空に寒気が入ったとかで雷雨があったりしたが、今日の日曜日は割合良いお天気だ。4月に貰ってきた近畿「海の駅」スタンプラリーで関空に行ってみようと声を掛けるといつもの仲間が付き合ってくれた。

 本日の目的地は「いずみさの関空マリーナ」大阪・関空近くの泉佐野港にありモーターボートが多く係留しているマリーナである。新西宮ヨットハーバーから19マイル、大阪湾東岸なので潮の影響は少なく機帆走で約3時間の予定で出港。
 大阪港付近で水中の大型構造物を曳いている6隻位のダグボートに針路を譲ったたがほぼ予定通りに到着。マリーナの防波堤内側に作られたビジターバース(画像下)に舫う。先客は2隻のヨットのみ。向こうに見えるのは有名?な関空ゲートタワービル。

 まず、マリーナ事務所でビジター料金「2時間まで1,050円」を、もうこの艇でのクルージングは最後になるかもと言っていたオーナーが支払ってくれた。ボクは本日の目的であるスタンプラリーのスタンプを押してもらう。これでスタンプを2ヵ所押してもらったので何処かのマリーナは1泊は無料で泊れる権利を取ったのだ。ラッキー!!

c0041039_9401942.jpg
 もう後は昼ごはんを食べるだけだが、マリーナにもレストランはあるが、お隣の泉佐野漁協がやっている青空市場で食べることになった。
 丁度お昼時で2階のレストラン(画像左)は混んでいたが運良く空いた席があり、早速生ビールで乾杯! ボクは「アナゴてんぷら定食」750円を注文する。お仲間は「さしみ定食」1200円を注文していた。まぁそんなに美味しいとは思わなかったけど観光施設の昼食なのでこんなもんだろう。
 1階は魚市場(画像右)になっている。日曜日の昼なのでかなりの人出だなと思ったがこの付近の住人である友人は「昔は観光バスもやってきてもっと賑わっていた」だが今はそれ程でもないとの事。原因も色々あるそうだがこれだけ入れば充分かなともボクは思っていた。

c0041039_9413929.jpg さあ帰ろうと桟橋に向かって歩いていると上架ヤードでマリーンの解体をやっていた。もうそんなシーズンなんだと覗いて見ると体重132kgのカジキだ。潮岬沖15マイル付近で釣ったそうで関空マリーナ所属のボートで今年初の獲物だそうだ。釣ったボートは近くに留っていたオーシャンヨット48SS。豪華なフィッシャーマンでコクピットにまだバットが置いたあった。

 マリーナから出ると往路も上りだったが、帰途もまた風が振れて真正面の風になっていた。機走で走り出すが、暫くしたら六甲山から雷雲が南に下がってきた。遠くで稲光や雷鳴が聞こえてくる。やがてその雲からアビームの風が吹いてきた。セーリングで6.5kt。やっと走り出した。
 黒い雲は神戸港の付近にいる。かなりの雨が降っているようだ。母港に帰るまでに雷雲に出っくわすかなと心配していたが、大きな雨にもあわず雨にぬれた母港の桟橋に午後5時、無事帰着した。
[PR]

by pac3jp | 2007-06-13 09:48 | クルージング  

<< 船台を準備中! チークデッキをはる >>