神戸港サンシャインワーフへランチクルージング♪

 神戸港東部の東灘区青木にフェリーターミナル跡地を再開発したサンシャインワーフ神戸という複合施設がある。元々長距離フェリー用の港湾施設があったところなので高い岸壁と大型フェリー用の防舷材が多数残っていて、小型のヨット・ボートは係留しにくい場所だった。でもそこにはボクのランチにぴったりの、そう高くないレストランがいくらかあるのだ。
c0041039_86999.jpg

 沖側から観察すると、所々にステンレスの梯子が付いている場所がある。その場所に槍付けでアンカーを打ち、バウから梯子を昇って上陸することにしようと計画した。

 仲間に声を掛けると、最近新しいスターンアンカーシステムを開発?したオーナーがテストを兼ねて行ってみるという。いつものランチクルージング専用艇になってしまった感のあるヨットも、まだ使ったことがないアンカーモニターを使ってみたいねと提案があった。
 「昔はよくアンカーを打ったもんだ!」と古手のヨットマン達はよく言っているが、近頃は桟橋横付けばっかりでアンカーを入れる機会がぐっと少なくなってきた。アンカーは持っているが一度もアンカーリングをしたことがないヨットマンもかなり居るかもしれない。機会があれば練習しとくと後々きっと役に立つ。

c0041039_871929.jpg ハーバーから30分くらいで到着。大潮、これから潮は引いてくる。風はSW、後ろから吹いている。アンカーを打ち、10kgのモニターを入れて岸壁から艇を離す。新システムを運用するアイデアヨットマンも手順が狂ったらしく大慌てだが、何とか無事係留完了。

c0041039_884341.jpg 上陸するとガードマンがやってきて、ここは係留も上陸も出来ないと言う。でも公共岸壁に係留できないのはおかしいと反論すると。彼の上役が出てきて30分くらいならいいという。・・・もう目的の半分はしてしまったから、いまさら口論しても仕方がないので早々にランチに行く。久し振りに高めの回転寿司を賞味する。
 帰りは我艇のオーナーがヤマダ電機で買物し、引き潮で一段と下がってしまったヨットに慎重に乗り移りアンカーを揚げ、順風になってきたが、帆走するほどの距離でもない。機走で帰路につく。

 係留する場所は通船の引き波や沖から風波が直接当らない岸壁の西側が良さそう。でも、この泊地はアンカーリングが必要なことと、ガードマンと交渉することが出来る人には面白い場所だが一般的ではないようだ。困難を克服した後にこそ喜びがある(ちょっと大げさ!)が信条の方は一度試してみたらどうでしょうか!!
[PR]

by pac3jp | 2007-03-26 08:15 | クルージング  

<< デッキカバー 救命艇の訓練? >>