神戸空港へランチクルージング♪

 神戸空港は新しく造成された空港島に昨年2月に開港した神戸市営空港だ。ボクたちヨット乗りにとっては西行きの航路が大廻りになり、いつもは迷惑しているが、「大阪湾に面白そうな小島が出来た」と捉え、さきの週末に港湾施設がある北側岸壁に乗り付けてみた。

c0041039_671723.jpg この空港島の港は連絡船桟橋があり関西空港との間に高速船ベイ・シャトルが、また中突堤(かもめりあ)からも連絡船が入っている。係留場所は勿論、小型船用船溜りのようなものはないので本船用岸壁の東端に横付け係留する。そこは連絡船などの引き波で多少は揺れるので大きめの俵フェンダーが有効だ。この岸壁は消波効果があるスリットの入ったケーソンで5m間隔に大型のゴム製防舷材が入っている。ビットは10m間隔でちょっと使いずらい。潮が引いているのでよいしょ!と岸壁に攀じ登る。

 アチコチに魚釣り禁止の看板と頑丈なフェンスが張り巡らしてあり、ウエルカムの雰囲気はない。港から陸に上がると大きな駐車場だ。やけにガードマンが多い。車は殆どが兵庫県内のナンバーだ。周辺の企業用地の売却が進まず、まだ他の建物はない。
 ターミナルビルはかなり小粒だが日曜日なので中々賑わっている。ロビーでは弦楽アンサンブルをバックにブライダルファッションショウをやっている。

c0041039_674180.jpg

 ボクたち、ちょっと場違いな格好をしたオッチャン連の目的はランチだが、折角来たので展望台から空港を見物する。丁度、ANAの中型機が出発していった。さっそく目的のレストラン街にゆく。まあそれほど沢山(6店だけ)あるわけではないので並んでないお店にはいる。よく見ればトッピングをする讃岐うどんのお店だ。これはお客の回転は速いわけだ。トレイを押しながら順に流れてゆく。「ネギとてんかす」をたっぷり入れて出来上がり。

 どこに行っても奥さんにお土産を買う“京都人”は神戸のお土産は?と捜している。春の神戸のお土産は「くぎ煮」だよと、アドバイスすると神戸空港の文字が入った小さめの箱を買っていた。

 そのほか見物かたがた付近をウロウロする。連絡船桟橋を見て、関空航路は現在も赤字でいずれ廃止の運命だろう。その暁?には立派な浮桟橋はプレジャーボートも自由に使って良いことになるかも・・・と勝手なことを散々喋っている。

 帰りは次回のランチクルージング先の下見をし、今日も良く遊んだなぁと満足げにつぶやく皆さんを乗せ陽菜号は母港に急ぐのだった。
[PR]

by pac3jp | 2007-03-21 06:20 | クルージング  

<< 救命艇の訓練? 春は移動の季節 >>