ハーバーで無線LAN

 クルージングヨットでも電子海図や航海記録などパソコンが必須のアイテムになってきた。また通信機器としてヨットハーバーの桟橋でインターネットが出来たらもっと良いなと前から思っていたが、アチコチのマリーナから無線LANが出来るようになったと聞くようになってきた。サントピアマリーナは大分前から出来ると聞いていた。
 そしてつい最近、以前にお世話になっていたお隣の鳴尾ヨットクラブでも無線LANが開通したよと会長さんからメールがあった。

 システムは住宅用と違ってかなり長距離で使うのでアクセスポイント(親機)には高性能のビームアンテナが必要。各艇のクライアント(子機)はPCカードタイプよりUSB接続のアダプタータイプが電波状況に合わせてアンテナの位置を変えられるので好都合だ。どちらにしてもそう高くはない。アクセスポイントから700m離れたヨットでは受信強度は50~60%、通信速度は5.5Mbpsで繋がるそうでブロードバンドとして充分の速度はある。
c0041039_9244056.jpg

 先日、同ヨットクラブ所属のヨットにお邪魔するとお手持ちのパソコンに無線LANを導入する設定に大童だった。ブロードバンドでインターネットに繋がる様になると古いOSでCPUパワーもないパソコンはどうしても見劣りする。お隣のフネはグーグルアースがサクサクと動くのに自分のPCは止まってしまうように遅い。「新しくて速いPCが欲しい!」という誰もが罹るウイルスがこんなところまで感染してきた?

 一方、ボクたちが係留しているハーバー会社にも前から無線LAN設置の要望を出していたが、やっと具体的な動きになってきたようだ(稟議があがったとか・・・)。今年からハーバーマスターや社長にお会いするたびに《無線LAN》は未だですか?と、プッシュしようと同好の志と申し合わせている。

 でもここはサービスエリアも広いし、セキュリティやサポートにと色々ありそうだが是非とも早く作って欲しいと願っている。


参考:以前の記事から「マリーナでインターネットをしたい!」
[PR]

by pac3jp | 2007-01-05 09:31 | ウオッチング  

<< ハーバーの新年会 コンテナ船の落書き >>